やさしい仮想通貨の始め方を解説

ライトコイン取引所・販売所おすすめの比較!そもそもライトコインとは?

litecoin-thumbnail

ビットコイン人気の裏で、いずれ覇権を握るのではともいわれているライトコイン。

えっ!?ライトコインってそんなに凄いの?

とお思いではありませんか?

価値という面ではビットコインに及んでいませんが、ビットコインの欠点を改良していることが強みをもたらしています。

それなら、ライトコインのどこがいいのか、売買をするにはどこがいいのかが気になるもの。

今回はライトコインは知らないという初心者の方のために、上記の疑問について答えさせていただきます。

時価総額から見ても人気のアルトコインなので、ざっとでも知っておきたいですね。

この記事では、ライトコインとはどういうものかを説明し、その上でどこで購入したらいいのかを紹介します。

ライトコインとは?

通貨コードで「LTC」とも呼ばれるライトコイン(Litecoin)。

その特徴をざっと確認してみましょう。

ビットコインから派生

ライトコインは、ビットコインを元にしたアルトコインです。

2009年に公開されたビットコインから2年後、2011年にグーグルのエンジニアであったChalie Lee氏によって公開されました。

現在ある様々なアルトコインの先駆的存在で、ビットコインに次ぐ歴史を持っています。

アルトコインとは?

ビットコイン以外の仮想通貨のこと。

世界初の仮想通貨であるビットコイン以外の仮想通貨は全てアルトコインに該当します。

ビットコインのプログラムを参考にアレンジして作られているためです。

ライトコインの特徴

ビットコインを金に見立てた場合、銀の価値を目指しているのがライトコインのコンセプトです。

今ではまさにプレミア価格となっているビットコインですが、送金に10分近くかかるなど使いやすさには難点があります。

ライトコインは、この使いやすさという点に着目しました。

そこで、以下の点をアレンジしています。

ポイント

取引データの承認時間を2.5分に設定

発行枚数を8,400万枚に設定

scryptを採用し、GPU耐性を強化

ビットコインは取引に10分以上かかるため、日常的な決済には使いにくいという欠点があります。

そこで、取引データの承認時間を2.5分に設定することでビットコインより4倍速で取引できるようにし、決済がより実用的なものになっています。

さらに、発行枚数もビットコインの4倍に設定して供給量を増やすことで、安価で取引しやすいコインにしています。

これは、ダイヤモンドが高額なのと理屈は同じ。

流通量が少ないほど希少価値は上がるので、発行枚数の上限を増やせば価格を安くできるというわけです。

また、scryptを暗号化方式で採用したことで、一般のPCでもマイニングを可能にしています。

これらのことから、ライトコインが実生活での活用を意識した仮想通貨であることが伺えます。

海外を含めたほとんどの取引所で取扱があるなど流動性も高く、少額の決済での手数料も安いという特徴があります。

ライトコイン(LTC)の基本情報
通貨シンボルLTC
取引承認のルールProof of Work(プルーフオブワーク)
ブロック生成時間約2.5分
発行上限枚数約8,400万LTC
発行開始時期2011年10月

ライトコインの価格推移

出典:https://coinmarketcap.com/

ライトコインの価格推移を見ると、2017年12月の351.16ドルをピークに徐々に値段が下がっているようです。

2018年9月20日現在、53.92ドル(日本円で約6,058円)をマークしています。

価格推移を見る限りでは2017年12月の高騰ぶりから徐々に落ち着いてきています。

しかし、これはライトコインに限った話ではありません。

ビットコインやイーサリアム、XRP等人気の仮想通貨も似たような値動きをしているからです。

価格が落ち着いている現在は、一時の状況に比べるとむしろ購入しやすくなったと言えるでしょう。

ライトコインの将来性

出典:https://coinmarketcap.com/

ライトコインの将来性は、次の2点が鍵を握っていると考えられます。

ライトコイン将来性のポイント
  1. 大手企業と提携していること
  2. 開発コミュニティが活発で問題解決に優れていること

ライトコインは、時価総額で第7位にランクインしていることからも、人気の仮想通貨であると言えます。

2017年12月に、ゲームを配信するプラットフォームであるSteamと提携し、ライトコインでの決済が可能となりました。

さらに、2018年4月にはTenX社とも提携し、仮想通貨のデビットカードサービスの開発が進められています。

大手企業の提携が進むことで、ライトコインの実用性はますます高まると考えられます。

また、開発コミュニティが活発であるため、迅速に問題解決が進められています。

ライトコインが期待されている証拠とも言えますので、今後の動向が期待されます。

ライトコインを取り扱っている取引所・販売所

ライトコインを取り扱っている主な取引所・販売所は以下のものがあります。

  • BITPoint
  • GMOコイン
  • DMMBitcoin
  • bitFlyer
  • bitbank

特に注目しておきたいのは、BITPoint、GMOコイン、DMMBitcoinの3つです。

ライトコイン取引所の比較

上記5つの会社について、簡単な比較表にしたのがこちら。

取引所名手数料LTC出金通貨ペア販売所/取引所
BITPoint無料無料LTC/JPY取引所
GMOコイン無料0.001LTCLTC/JPY販売所
DMMBitcoin無料無料LTC/JPY販売所
bitFlyer無料0.001LTCLTC/JPY販売所
bitbank無料(期間限定)0.001LTCLTC/BTC取引所

この比較をより詳細に見ていきます。

取引所と販売所の違い

仮想通貨取引所セキュリティなぜ

そもそも仮想通貨を販売している場所は「取引所」と「販売所」の2種類があります。

この二つは特徴が大きく異なっています。

取引所とは?

取引所は、ユーザー同士で仮想通貨の売買をする場所です。

その特徴は、以下の通り。

  • スプレッドが0.2%程度と狭いので、手数料が安く済む
  • サーバーが弱く、取引に時間がかかるため売買のタイミングがズレることがある
  • 送金トラブルが起こることもある

取引所のメリットは、手数料が安く余計なコストがかかりにくいことです。

その反面、取引がすぐに成立するとは限らず、不本意なタイミングで売買が成立したり、そもそも取引が失敗する場合もあります。

また、仮想通貨を相手に売っても代金が送られてこないなど送金トラブルに見舞われてしまうことも。

取引所は、手数料は安いですが安全面では劣っています。

このため、取引所での売買は相手との取引に慣れている中~上級者向けだと言えます。

スプレッドとは?
買値と売値の価格差のことで、スプレッド差が狭いほど利益が出しやすい。

売買手数料が無料である販売所では、代わりにスプレッドが設定されている。

販売所とは?

一方、販売所は仮想通貨を扱っている企業と通貨を購入したいユーザーが取引をする場所です。

  • スプレッドが5~10%程度取引所として比較すると高めで、かつ変わりやすい
  • 自分が購入したいタイミングで売買がしやすい
  • 企業との取引なので信頼性が高い

販売所のデメリットは、取引所に比べるとスプレッドによる手数料が高くつきやすいことです。

その代わり、販売所ではたいてい取引したいタイミングで仮想通貨を売買することができます。

販売者が企業なので信頼性が高く、お金だけ騙し取られるようなトラブルはまず起きません。

販売所は手数料で安全を購入しているようなものです。

取引にあまり慣れていない初心者~中級者にとっては、販売所のほうが安心して取引しやすいと言えます。

ただし、スプレッド手数料が変わりやすい販売所が多いため、手数料の増減具合は常にチェックしておきましょう。

取引所と販売所の違いまとめ

取引所は手数料が安いが取引のしやすさに難がある

販売所は手数料はやや高いが取引はやりやすい

ライトコインの手数料

気になるライトコインの手数料。

一言で手数料と言っても、仮想通貨を取引する一連の中で見ると様々な場所に手数料が課されています。

ライトコインを売買する際、どういうところに手数料が関わってくるのかまとめました。

ライトコインの取引手数料

ライトコインを販売している取引所や販売所の一部を比較した一覧がこちら。

会社名取引形式手数料通貨ペア
BITPoint取引無料LTC/JPY
GMOコイン販売無料(スプレッドあり)LTC/JPY
DMM Bitcoin販売無料(スプレッドあり)LTC/JPY
bitFlyer販売無料(スプレッドあり)LTC/JPY
bitbank取引無料(期間限定)LTC/BTC

取引回数が多ければ多いほど手数料がかさむことになります。取引手数料とは、主に仮想通貨を売買するごとに必要になる手数料のことです。

売買の取引手数料が必要なのは取引所の場合だけです。

上記の会社は、取引所でもライトコインの取引手数料が無料となっています。

販売所の場合は、売買手数料がない代わりにスプレッドが手数料の代わりとなっています。

スプレッドは一定の金額となっているのではなく、変動しやすいのが特徴です。

このため、日毎に確認しておくのがよいでしょう。

またbitbankでは、通貨ペアがライトコインとビットコインキャッシュであるため、日本円での直接購入はできません。

ライトコインの入金・出金・送金手数料

会社名入金手数料クイック入金手数料出金手数料送金手数料
BITPoint 無料(振込手数料負担)無料無料無料
GMOコイン 無料(振込手数料負担)無料無料無料
DMM Bitcoin 無料(振込手数料負担)無料無料無料
bitFlyer 無料(振込手数料負担)324円216~756円0.001LTC
bitbank 無料(振込手数料負担)-無料(振込手数料負担)0.001LTC

送金手数料とは、ウォレットから別のウォレットへ送ったり、他のウォレットから入金したりする場合にかかる手数料のことです。入出金や送金における手数料は、一部の会社を除けば基本無料というケースがほとんど。

つまり、基本的にお金を移動させるのに仮想通貨会社が手数料を要求することはほとんどありません。

ただし、もちろん銀行など金融機関の振込手数料や、取引データを保存しているマイナーへの手数料はかかることがあります。

ウォレットとは?

「ウォレット=財布」のことで、仮想通貨を保管しておく場所のこと。

口座を開いた取引所やウェブ上、自分のパソコンやモバイル、ハードウェアウォレットなどがある。

オンライン環境ではハッキングを受ける可能性もあるため、オフライン環境で保管できるほうが安全性が高い。

ライトコイン取引所選び4つのポイント


では、ライトコインはどういう基準に基づいて選んだらよいのでしょうか?

以下の4つのポイントが目安になります。

1.手数料を確認する

手数料の中で最も大きく関わってくるのが、取引所での売買の手数料、販売所でのスプレッドによる手数料です。

この二つの手数料は、売買が成立するたびに発生します。

特にスプレッドは変動することが多いため、やはり常にチェックしておきましょう。

手数料が安いほど利益が出しやすいので、なるべく複数の取引所や販売所の手数料をチェックしてみることをおすすめします。

2.信頼性

仮想通貨で怖い出来事といえば、会社の倒産やハッキング事件でしょう。

こういったリスクはできるかぎり減らすことが望ましいものです。

会社の経歴や資本金などを見るだけでも運営会社の規模が推測できるので、倒産の可能性があるかどうかの判断に役立ちます。

ハッキングに対しては、運営会社がどのように仮想通貨を管理しているのか確認します。

例えば、管理方法がホットウォレットなのかコールドウォレットなのかを確認するだけでも、セキュリティの具合がわかります。

ホットウォレットとコールドウォレットの違い
  • ホットウォレット:オンライン上のウォレット。オンライン接続されているので、その分ハッキングに遭いやすい。
  • コールドウォレット:オンラインでないウォレット。常時オンライン接続でないため、ハッキングを防ぎやすい。

3.使いやすさ

サイトやツールの使いやすさは、取引に影響します。

一つ目に、使いやすい画面であるほうが取引ミスを防ぎやすいのです。

特にスマホのように画面自体がそれほど大きくない場合、シンプルな画面のほうが操作ミスをせずに済みます。

二つ目に、取引のタイミングはほとんどチャートなどのツールを用いて判断するからです。

長く使っていくものなので、ツールには慣れておかなくてはなりません。

三つ目に、ライトコインを直接日本円での売買ができるかどうかです。

アルトコインの一種なので、場合によってはBTC(ビットコイン)でしか取引できないケースもあります。

そうなると、日本円→BTC→LTCと3つの通貨でやり取りすることになり、取引が複雑化してしまいます。

日本円から直接LTCに交換できる取引のほうが、実践しやすいものです。

4.サーバーの強度

サービスを運営する会社のサーバーが弱いと、アクセスが集中した際サーバーがダウンしてしまい、予期せぬ事態に発展することがあります。

例えば、サーバーダウンで取引したいタイミングでの売買ができなくなるケースなどが典型です。

普段、意識することはありませんが、万一の事態で損害を被ることもあり得るので、念頭に置いといて損はありません。

また、取引量を予測するには時事ニュースに目を通しておくのも有効です。

おすすめはBitPoint

以上のことを踏まえて、ライトコインを購入するのにおすすめしたい取引所はBITPointです。

  • 国内の取引所で手数料がかからない
  • LTCの他BTC、BCH、ETH、XRPなどの人気が通貨が取引できる
  • セキュリティ重視の管理体制
  • 大口投資家も支持する堅実性

理由をまとめると、ちょうど取引所選び4つのポイントをうまく満たしているからです。

ユーザーファーストの運営方針で広告費をかけていない会社なので、知らない方が多いとしても無理はありません。

まだチェックしていないなら、一考の価値あり。

実力はあるが隠れた運営会社だと言えます。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

社名株式会社ビットポイントジャパン
商号英文表示BITPoint Japan CO., Ltd
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00009号
代表者代表取締役社長 小田玄紀
本店所在地東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル2F
設立日2016年3月3日
資本金24億3,000万円(資本準備金含む)
主要株主株式会社リミックスポイント
貸金業者登録番号東京都知事(1) 第31660号
加入協会一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会

ライトコイン取引所のまとめ

銀の価値を目指しているライトコイン。

取り扱いの良さを重視することで、実用性を追求していることが人気を後押ししていると考えられます。

アップデートにより、今後も使いやすさに磨きをかけていくでしょう。

そんなライトコインの将来性が気になるという方は、ぜひ取引先としてBITPointを選択してみてはいかがでしょうか?

もし、取引所であることが不安に感じるなら、GMOコインやDMMBitcoinで取引してみるのもおすすめです。

こちらは販売所なので、手数料では劣るものの取引面ではBITPointにも引けを取らないと考えられます。

まずは納得のいく取引所・販売所でライトコインを購入してみましょう。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら