やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨は今からでも儲かるの?まだ間に合うって本当?

仮想通貨儲かる?2017年は「仮想通貨」がいっきに有名になりましたよね。

普段は投資にあまり興味がない方でも、「仮想通貨」というワードを耳にすることが多い1年になったと思います。

投資に成功して「億り人になった」なんて話を聞くと憧れてしまいますよね。

「今からでも間に合う?」「今から始めたいな」と悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、仮想通貨を始めるにはもう遅いのか?今からでも儲かるのか?などなど、今から仮想通貨を始めたい方のお悩みを解決していきます!

仮想通貨を今から始めようか迷っている方に向けて、今から始める際のポイントなどもご紹介しますので是非参考にしてくださいね。

仮想通貨を今から始めるのは遅いの?

「仮想通貨を今から始めるのは遅いのか?」

これに対しては色々な意見がありますが、まだまだ遅いということはないと思います。

ただ、「もう少し早ければ…」というのは本音です。

数年前にビットコインを購入していれば、億り人の仲間入りをしていたかもしれませんからね。

正直今から億り人を目指すのは難しいと思います。

しかし、だからと言って「遅い」ということはありません

仮想通貨にはまだまだ可能性があります。

以前のように、何十倍・何百倍という値上がりを期待するのは難しいですが、投資方法を工夫すれば利益を出すことは難しくないと思いますよ!

今からでも遅くない理由1:まだまだ将来性がある

仮想通貨投資が今からでも遅くない理由としては、まだ仮想通貨市場が成長し続けていることが挙げられます。

価格変動が激しく先が読みにくい仮想通貨ですが、将来性が高いため、長期的には今後も価値が上がっていくと思います。

上記のようなことは著名人も発言しているんですよ。

例えば、アナリストのトーマス・リー氏は「2022年にはビットコインの価格が1300万円に到達する」との予想をしていました。

他にもMcAfeeの創業者であるジョン・マカフィー氏は、「ビットコインの価値が2020年末には1億円を突破する」との予想をしています。

仮想通貨の中で最も普及しているビットコインでも、世界的に見るとまだ約3%の方しか持っていません。

これからもっとビットコインが普及していけば更に価値が上がっていくことでしょう。

今からでも遅くない理由2:以前よりリスクが下がった

ここ数年で人気のある仮想通貨は価値が急上昇しましたよね。

その後一時価値が大暴落しました。

これら一連の流れを指す「乱高下」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。

株などでも起こりますが、価値が急に上がるとその後価値の暴落が良く起こります。

ビットコインなどの人気のある仮想通貨は、これから価値の急上昇が起こりにくい代わりに、価値の大暴落も起こりにくいと言えますよね。

そのことを考えると、仮想通貨取引は以前よりも初心者の方が始めやすくなったとも言えるかもしれません。

今からでも儲かる方法とは?

仮想通貨を今から始めても遅くはないということが何となくお分かりいただけたでしょうか?

次は今から仮想通貨を始める場合、どのように儲けを出したら良いのかをお話ししていきます。

ハイリスクハイリターン狙い

今から大きな儲けを出したいとなると、ハイリスクハイリターンな投資が近道でしょう。

多少のリスクには目をつぶり、大きな利益を狙っていきます。

まだ有名でない仮想通貨やICOなどを中心とした投資がこれに当たりますね。

ICOの勝率は一説によると約4%などと言われているくらい、勝率が不安定なものですが、上手くいけば大きなリターンを得ることが可能です。

なかなか初心者の方にはおすすめしにくい方法ですが、今からハイリターンを得るにはこのような手段に頼るしかないかもしれませんね。

コツコツ利益を積み重ねる

こちらはハイリスクハイリターンとは対照的な方法です。

ある程度信頼できる仮想通貨に投資して少しずつ利益を出していきます。

大きな利益をいっきに得るのは難しくなりますが、初心者の方にはこちらの方がおすすめです。

流石に「ノーリスク」とまでは言えませんが、最初からある程度信頼できる銘柄に投資をしておけば、大きな損失は出しにくいでしょう。

2018年から仮想通貨を始めるなら以下の銘柄がおすすめです。

どれも流通量が多く、人気がある銘柄です。

まだこれからも、ジワジワと価値が上がっていく可能性が高いので要チェックですよ!

少額から始めることもできる

2018年9月現在、1ビットコインが70万円を超えています。

いきなりこんな大金を投資に使うのは抵抗がある方も多いでしょう。

そのような方は、もっと小さい単位での購入がおすすめです。

ビットコインは小数点8桁(0.00000001ビットコイン)から購入することができます。

これって意外と知らない方が多いんですよね。

1ビットコインが70万円なら、0.1ビットコイン(7万円)や0.01ビットコイン(7千円)など、ご自分にあった予算でビットコインの購入ができます。

「人気や信頼感がある仮想通貨が欲しいけど、資金の確保が難しい」と悩んでいる方は単位を小さくすることも検討してみてくださいね。

新しい投資形態を使う

仮想通貨の投資は、今やシンプルな仮想通貨取引だけではありません。

仮想通貨には色々な投資の種類があります。

  • FX
  • ETF
  • 先物取引
  • オプション
  • デリバティブ
  • バイナリーオプション

元々、FXの取引経験がある方なら、仮想通貨のFXも始めやすいかもしれませんね。

 

レバレッジをかけた仮想通貨FX取引についての詳細はこちらの記事で解説しています。

仮想通貨レバレッジ-thumbnail仮想通貨レバレッジを完全攻略!基礎知識から取引所の比較、取引方法までやさしく解説

今から始めるなら押えておきたい4つのポイント

この章では今から仮想通貨を始める方向けに、押えておきたい4つのポイントをご紹介します。

仮想通貨取引を行ったことがない方はしっかり確認してくださいね。

始める際のポイント1:全財産を使わない

仮想通貨の取引は余剰資金の範囲内で行うようにしましょう。

これは投資の基本ですね。

仮想通貨は価値の変動がまだまだ激しくなっています。

損失を出してはいけないというプレッシャーが強すぎると、正常な判断ができなくなってしまいますよね。

仮想通貨は気持ちに余裕が持てる範囲内で行うようにしてください。

始める際のポイント2:中長期的な投資をする

仮想通貨の市場は成長し続けています。

これからも市場は成長し続けていくことが予想されるので、短期投資だけでなく、中長期的な投資も選択肢の一つにはなるでしょう。

今後も人気がありそうな信頼性のある仮想通貨を選んで投資してください。

これから成長しそうなマイナーな仮想通貨を選ぶわけではないので、初心者の方でも始めやすい投資形態ですね。

始める際のポイント3:リスクを分散する

こちらも投資の基本にはなってしまいますが、リスクの分散は大切です。

仮想通貨はやはり今後の展開が読めない部分があります。

取引を始める際はいくつかの仮想通貨を購入するようにし、一種類だけに絞らないようにした方が良いでしょう。

始める際のポイント4:投資のルールを決めておく

仮想通貨を始める際は損切や利確のルールを決めておくようにしましょう。

「損失が運用資金の◯%を超えたら損切をする」「◯%の利益が出たら、利益を確定させる」などですね。

一般的には運用資金の2~3%程度を超えたら損切りのタイミングと言われています。

実際に取引をしていると、「上がると思ったのに損失が膨らんでしまった」「あの時、利確しておけば良かった」なってことは日常茶飯事です。

少しでも心の負担を軽くするためにも、「◯%で損切り、◯%で利確」といった自分なりのルールを作っておくことをおすすめします。

仮想通貨で成功するためのコツ

仮想通貨の価値を予想するには以下の方法を使うのが一般的です。

  • ファンダメンタル分析
  • テクニカル分析

ファンダメンタル分析とは、仮想通貨に関連するニュースなどを確認して価格予想をします。

例えば、「仮想通貨に関するネガティブなニュースが流れたら、人気が下がって価値も下がるだろう」という具合です。

それに対し、テクニカル分析では、チャート分析をして価格を予想します。

どちらか一方だけを使う方もいますが、個人的にはファンダメンタルとテクニカルの併用がおすすめです。

仮想通貨のニュースなどアンテナを張りながら、チャート分析をしていくのが良いでしょう。

片方だけでなく両方使って、仮想通貨の予想を繰り返していけば勝率がだんだん上がっていきますよ!

今から始める仮想通貨まとめ

以前に比べると今後は仮想通貨の値上がりもなだらかになっていくでしょう。

価値が爆発的に上がる可能性は低いので、今から「億り人」を狙うのは少し難しいですね。

しかし、仮想通貨を始めるのにもう遅いということはありません

仮想通貨市場はこれからも大きくなっていくことが予想されるので、長い目で見れば価値は上がっていくでしょう。

初心者の方は、短期的な取引だけではなく中長期的な取引もおすすめですよ。

「◯%の損失で損切り」「◯%の利益で利確」など自分ルールを作っておくと、投資の失敗が少なくなるので、是非試してみてください。

今から始める仮想通貨まとめ
  • 仮想通貨の価値は以前ほど急上昇はしなさそう
  • 仮想通貨は今から始めて遅いというわけではない
  • 短期だけでなく中長期的な取引も良い
  • 自分ルールを作ってコツコツ利益を狙うのがおすすめ