やさしい仮想通貨の始め方を解説

初心者のための仮想通貨!始め方をやさしく徹底解説

初心者向け仮想通貨とは

仮想通貨が最近注目されて、「自分もやってみたいけど、やりかたが分からない。今更恥ずかしくて聞けない」という方はいませんか?

仮想通貨の投資を始めるとわからないことがたくさんあって壁にぶち当たるという人も多いです。

そこで今回は仮想通貨の始め方を徹底解説します。

仮想通貨は簡単に始められる

今まで株式投資やFXなどの投資を行ったことが無い人はが「投資」と聞くと、「難しそう」「なんか敷居が高い」というイメージを持ちやすいです。

しかし実際に初めてみると簡単だったという声が非常に多いです。

まずは仮想通貨について簡単にご紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨の投資について説明をする前に、まずは仮想通貨について説明していきます。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、ビットコインが非常にメジャーなのですが、「仮想通貨ってそもそも何?」と思う人が非常に多いです。

仮想通貨は「インターネット上で存在する実体のない通貨」です。

つまりお金の価値を持ったデータなのです。

法定通貨のように硬貨や紙幣があるわけではなく、ネット上にのみ存在するデータのため、目に見えたり触ったりすることができません。

「電子マネーと似ているのでは?」と思われがちですが、電子マネーと仮想通貨には違いがあります。

名称違いと特徴
電子マネーカードやウォレットに日本円を入金(チャージ)して、日本円での決済に利用できるもの。

日本円でしか支払うことができない。(海外でドルなどをチャージした場合も同様)

仮想通貨円を仮想通貨に換金して、仮想通貨としてお金の価値を持つもの。

法定通貨と違い国境は関係なく、世界中どこででも送金を行うことができる。

仮想通貨はビットコインしかないのか?

仮想通貨と言えばビットコインが代表格ですが、未上場のものを含めると仮想通貨は1500種類以上あると言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼びます。

アルトコインの中には価値のないものもあるのですが、たった1年で価値が2,000倍以上にもなった仮想通貨もあります。

実際に仮想通貨を買ってみよう

では実際に仮想通貨を購入してみましょう。

仮想通貨の購入方法は簡単に説明すると以下になります。

仮想通貨を購入する3つのステップ
  1. 取引所にアカウントを作る
  2. 日本円を入金する
  3. 仮想通貨を購入する

①取引所にアカウントを作る

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所にアカウント登録をして口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引所は日本国内だけでなく、海外にも多数あるため、どこで口座を開設するのか悩むところですが、

海外の取引所は日本語対応をしていない場合が多いため、まずは国内の大手取引所に登録をしましょう。

おすすめの国内仮想通貨取引所
Zaif(ザイフ)
  • 手数料がマイナス
  • ビットコインだけでなくアルトコインの購入におすすめ
  • 積立投資ができる
bitFlyer(ビットフライヤー)
  • セキュリティが世界NO.1の仮想通貨取引所
  • 大企業からの出資が多数
  • 日本最大規模のユーザー数と取引量を誇る
bitbank.cc(ビットバンク)
  • セキュリティを重視している
  • 日本円でリップルの板取引ができる
  • 取引量が無料
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • 大手企業のDMMグループが運営している
  • アルトコインのレバレッジ取引ができる

仮想通貨取引所で取り扱いをしている銘柄はそれぞれ異なります。

そのため、自分が購入したい仮想通貨を取り扱っている取引所やセキュリティ面を重視している取引所を選ぶようにしましょう。

国内で取り扱いしていない仮想通貨はどこで買う?

仮想通貨は1500以上はありますので、日本国内で取引していない仮想通貨があるのも当然です。

もし国内で取り扱いをしていない通貨を購入したい場合は海外の取引所を利用してみると良いでしょう。

特に海外取引所のBinance(バイナンス)は海外取引所の中でダントツの取扱い銘柄数を誇っており、使いやすさも抜群ですのでおすすめです。

初心者の場合、海外取引所に対して不安もあると思いますので、まずは国内の取引所で取引になれてから海外の取引所を利用すると良いでしょう。

MEMO

仮想通貨取引所の口座についての詳細はこちらの記事で解説しています。

仮想通貨口座-thumbnail仮想通貨の口座はどう選ぶ?基礎知識から用途別のおすすめ取引所までやさしく徹底解説!

②アカウント登録の手順と必要なもの

アカウント登録はどの取引所でも手順はほとんど変わりません。

メールアドレスとパスワードを設定し、免許証などの本人確認書類を提出するだけです。

基本的な手順は以下になります。

  1. メールアドレスを入力してユーザーの仮登録を行う
  2. 基本情報の登録と本人確認書類の提出を行う
  3. 郵送で本人確認

取引所によって少し違う場合もありますが、ほとんどの場合、上記の方法で登録が完了します。

本人確認書類を提出後、郵送で本人確認完了のはがきが届きますので、届いたら無事に口座開設完了になります。

③日本円を入金する

取引所に口座を開設したら、日本円を取引所に入金します。

日本円の入金は取引所によって少し異なる部分がありますが、基本的な操作を概ね同じです。

  1. ホーム画面の入金ボタンをクリックする
  2. 銀行振込、コンビニ入金、クイック入金など入金方法がいくつかあるので選択する
  3. 振込口座が出てくるため、指定の口座に日本円を入金する

入金が取引所に反映されたら、仮想通貨の購入ができます。

なお1BTCが80万円前後でも0.0001BTCから購入することができるため、1,000円という少額でも購入することができます。

日本円を入金するときの注意点

取引所に日本円を入金する際に、ユーザーIDが振り分けられる場合があります。

ユーザーIDがある場合は、振込名義人の前か後ろにIDを入力しなければなりません。(例 123456 ヤマダタロウ)

ユーザーIDは取引所によって違いますので、必ず取引所の振込方法を守って入金をしましょう。

もし間違えてしまうと正常に入金することができなくなりますので気をつけてください。

住信SBIネット銀行に口座を開設するのがおすすめ

入金方法は銀行振込やコンビニ入金が多いのですが、手数料節約に住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行をおすすめする理由
  • 取引所への入金手数料が無料
  • 他行への入金手数料が無料(回数制限あり)
  • 24時間365日対応している
  • 反映スピードがとても速い
  • コンビニATMで引き出せる(手数料無料)
  • スマホアプリに対応
  • 国内のほぼ全ての仮想通貨取引所が指定している

特に入金手数料が無料なのは非常に魅力的です。

③仮想通貨を購入する

Cryptocurrency on a circuit board

日本円が入金できたら、仮想通貨を購入しましょう。

どの仮想通貨を購入するかで取引所を使いわけて、手数料をできるだけ安く抑えて安く買えるようにしましょう。

仮想通貨を購入したらすべきこと

仮想通貨を購入できたけどその後はどうしたらいいの?という人も多いでしょうう。

仮想通貨を購入したらすべきことを以下になります。

仮想通貨購入後にすべきこと
  • セキュリティ対策をすること
  • ハードウェアウォレットに保管する
  • 仮想通貨資産管理アプリをダウンロードしておくこと

セキュリティ対策をすること

仮想通貨はハッキングなどで流出するなどのリスクがありますので、必ずセキュリティ対策は行いましょう。

各取引所では2段階認証の設定を推奨していますので、必ず設定をしておきましょう。

そのときにスマートフォンアプリの「Google Authenticator」というGoogleが提供している認証アプリがありますので、それにダウンロードすることで設定がとても簡単にできます。

二段階認証をするのとしないのでは大分セキュリティが違ってきますので、必ず行うようにしましょう。

ハードウェアウォレットに保管する

仮想通貨はそのまま仮想通貨取引所のウォレットに保管するのではなく、ハードウェアウォレットに保管するのが望ましいです。

取引所の多くがウォレットも扱っており、無料でそこに預けることができるのですが、取引所にのウォレットに預けるのはいくつかの点でデメリットがあります。

デメリット
  • 取引所が閉鎖したら引き出せない
  • 取引所がハッキングされて流出したら戻ってこない

2018年の1月にコインチェックがハッキングされてNEMが流出する事件がありました。

この事件は流出した分の一定の額が補償されましたが、ほとんどの場合補償されずに泣き寝入りになってしまいます。

日本の銀行の場合は補償が効きますが、取引所は銀行ではありませんので補償はありません。

そのため、仮想通貨を購入したら別の専用のウォレットに移すようにしましょう。

ウォレットは基本的にウェブウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットがあります。

ウェブウォレット・ソフトウェアはウイルスによるハッキングリスクがありますが、ハードウェアウォレットはUSBをネットにつながない限りハッキングされるリスクはありませんのでこちらが最も安全に保管できます。

仮想通貨資産管理アプリをダウンロードしておくこと

仮想通貨を購入したら、資産管理アプリをダウンロードするのがおすすめです。

資産管理アプリは自分の資産が今いくらなのかを一目で知ることができます。

代表的なものとしてCryptofolio(クリプトフォリオ)コイン相場が挙げられます。

同じウォレットで保管すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、基本的に1つのウォレットに1つの銘柄しか保管することができません。

そのため、保有している仮想通貨の銘柄が多ければ多いほど管理が大変になってきます。

その管理をCryptofolioやコイン相場で知ることができるのは非常に便利です。

初心者のための仮想通貨まとめ

いかがでしたか?

今回は初心者さんのために仮想通貨の始め方を徹底解説しました。

取引所ごとの登録方法などは別記事にて詳しくご紹介していますのでそちらを参考にしていただけると良いでしょう。

ここまで読んだら仮想通貨を購入するのは難しくないと感じたのではないでしょうか?

登録と入金をするだけで仮想通貨を購入できますので怖がらずにまずは始めてみてください。