やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の始め方とは | ‎初心者でも今すぐ安心して仮想通貨を購入する方法

初心者向け仮想通貨とは

仮想通貨取引を自分もやってみたい!

やり方がわからないけど今更、恥ずかしくて聞けないなぁ。。。

仮想通貨が最近注目されて、仮想通貨の取引をはじめてみた行けど、やり方が分からなくてなかなか始められないなど悩んでいませんか?

仮想通貨の投資を始めるとわからないことがたくさんあって壁にぶち当たるという人も多いです。

そこで今回は仮想通貨の始め方を徹底解説します。この記事を読めば初心者の方でも今すぐ仮想通貨取引を始めることができるようになります。

ざっくり言うと…
  • そもそも仮想通貨とは、インターネット上のお金のこと!
  • ビットコインが目立ちがちの仮想通貨だが、ビットコイン以外の仮想通貨が存在しており、アルトコインと呼ばれている。
  • アルトコインの中で有名な銘柄は、三菱UFJ銀行やSBIグループが出資しているリップル(ripple)などが有名
  • 仮想通貨はまだまだ黎明期と言え、今後、普及していくと価格も上がっていくものと推測される。
  • しかし、コインチェックや、Zaifのハッキング事件などもあるので、仮想通貨を購入する際には、何よりもセキュリティが重要
  • 黎明期の今から仮想通貨を購入したい人は、『BITPoint(ビットポイント)』『GMOコイン』『DMM Bitcoin』から仮想通貨を購入することがオススメ。
  • 中でもビットコインもリップルも取引手数料が無料サーバーが一度も落ちたことがないセキュリティの高さを誇る『BITPoint(ビットポイント)』が使い勝手がよく一番オススメ。

 

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

 

BITPoint(ビットポイント)の口座開設はこちら

 

「ゼロはじ」読者が選んだ いま人気の取引所はこちら!
仮想通貨取引所ランキング1位1BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

(4.5)
  • 現物取引、FX取引、入金、出金の手数料がすべて無料!
  • 情報セキュリティ格付【Ais】ランクの安心セキュリティ!

BITPoint(ビットポイント)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング2位2BitMEX口座開設

BitMEX(ビットメックス)

(4.0)

BitMEX(ビットメックス)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング3位3

GMOコイン

(4.0)
  • クリック証券でもおなじみの大手、GMOグループが運営!
  • 販売所なので、すぐに仮想通貨を購入することが可能!

GMOコインの詳細を見る

※CoinMarketCap 2018年8月29日、過去24時間のBitcoin Marketsに基づく。

仮想通貨の買い方と始め方手順

仮想通貨始め方_始め方

仮想通貨は取引所で口座を開設し、入金さえ行えば、簡単に買うことができます。

仮想通貨の買い方
  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 取引所へ入金(ネットバンク・銀行・コンビニ・Pay-easy等
  3. 仮想通貨の購入

これだけのステップで、仮想通貨は購入できてしまうので、気負う必要はありません。

仮想通貨投資は数百円から始められる投資です。投資経験がなくても少額から始められますので、これから投資してみたいと思っている方にもおすすめです。

初心者にもおすすめの取引所とその特徴

仮想通貨始め方_取引所

仮想通貨を始める最初の一歩となるのが、取引所への登録です。

そうはいっても、仮想通貨取引所も複数あり特徴も様々でどの取引所へ登録するのがいいのか迷いますよね。ここでは、初心者にもおすすめな取引所をご紹介します。

BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨始め方_bitpoint

ビットポイント の特徴
  • 入出金手数料・取引手数料無料
  • 国内最大の25倍レバレッジに対応
  • 上場企業でセキュリティー対策も万全

ビットポイントの特徴は、何と言っても各種手数料が無料な点です。

さらに、レバレッジも最大25倍までかけられ、取引ツールも初心者向けのBITPoint LiteからFXなど上級者向けのMT4まであるので、初心者の時点から上級者になっても使い続けられる取引所です。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

GMOコイン

仮想通貨始め方_GMO

GMOコインの特徴
  • GMOグループなので安心のセキュリティーサーバの強さ
  • 初心者にもおすすめな使いやすいアプリやインターフェイス
  • クイック入金の手数料が無料など初心者に優しい

GMOコインの特徴は何と言っても、スマホアプリなどがとても使いやすく初心者でも直感的に操作できることです。

また、インターネット関係の事情で有名なGMOグループの運営する仮想通貨取引所なので、セキュリティー面なども安心できる取引所です。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

フィスコ

仮想通貨始め方_fisco

フィスコの特徴
  • 親会社はJASDAQ上場企業で安心して利用できる取引所
  • zaifに金融支援をいち早く行うほどの資本力
  • これからの伸びを期待できる取引所

フィスコは、株や投資情報サービス関連のJASDAQ上場企業が親会社のしっかりとしており、安心して取引が行える取引所です。

さらに、zaifの仮想通貨流出事件後いち早く金融支援を行い、zaifの事業譲渡も決まっていることからこれからさらに取引量も多くなることが予測され、サービスなどの向上も期待されるので、ぜひ登録しておきたい取引所です。

bitFlyer

仮想通貨始め方_bitflyer

ビットフライヤーの特徴
  • ビットコインをもらったり使うサービスが豊富
  • 販売所と取引所・FX取引と好きなスタイルで投資ができる
  • 初心者にも使いやすい取引所

仮想通貨を使ったりもらったりと仮想通貨の色々なサービスを体験したい人におすすめなのはbitFlyerです。

また、bitFllyerは取引所形式でも販売所形式でも取引が行えます。さらに、bitFlyer Lightningを使えばFX取引も行えるので、色々な取引に挑戦することが出来ます

bitFlyer業務改善命令について

現在、bitFlyerは金融庁からの業務改善命令を受け新規登録を受け付けていない状態なので、他の取引所への登録をおすすめします。

仮想通貨はいくらから?100円からでも始められる

仮想通貨始め方いくらから

ビットコインは何十万円もするから

始める勇気が出ない。。。

と思っている方もいるかもしれませんが、その心配はいりません。

ビットコインは小さな単位に分割して取引できるので、最小で数十円から取引できるんです。

小さい金額で仮想通貨取引を初めてみれば、失敗しても数十円単位で済みます。

慣れてきたら徐々に金額を増やせば失敗も怖くないのです。

そう聞くと、思ったよりも手軽に感じませんか?

実際に仮想通貨投資を始めてみよう

仮想通貨始め方_購入

仮想通貨の始め方は外国為替FXや株取引よりも簡単です。

仮想通貨を始めるためのステップを簡単に説明すると以下になります。

仮想通貨を始める6つのステップ
  1. 口座開設する取引所を選ぶ
  2. 取引所にアカウントを作成登録する
  3. 個人情報を入力・登録する
  4. 本人確認書類を提出する
  5. 取引所口座に日本円を入金する
  6. 仮想通貨を購入する

口座開設する取引所を選ぶ

仮想通貨始め方_取引所選び

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所にアカウント登録をして口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引所は海外の取引所も含めると数多くありますが、海外の取引所は日本円の入金ができなく日本語対応をしていない場合が多いため、まずは国内の大手取引所に登録をしましょう。

おすすめの国内仮想通貨取引所
BITPoint(ビットポイント)
  • 取引手数料が無料!
  • ビットコインだけでなくアルトコインの購入におすすめ
  • レバレッジも国内最大の25倍
GMOコイン
  • GMOグループの取引所
  • 使いやすいアプリやインターフェイス
  • クイック入金の手数料も無料
FISCO(フィスコ)
  • JASDAQ上場会社が親会社で安心の取引所
  • zaifに金融資金をいち早く行うほどの資金力
  • これからの伸びが最も期待できる取引所
bitFlyer(ビットフライヤー)
  • ビットコインが使えたりもらえる
  • 投資スタイルが豊富
  • 初心者にも使いやすい

仮想通貨取引所で取り扱いをしている銘柄はそれぞれ異なります。

そのため、自分が購入したい仮想通貨を取り扱っている取引所やセキュリティ面を重視している取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨始め方_bitpoint2

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPointの口座開設はこちら

国内で取り扱いしていない仮想通貨はどこで買う?

仮想通貨は1500以上はありますので、日本国内で取引していない仮想通貨があるのも当然です。

もし国内で取り扱いをしていない通貨を購入したい場合は海外の取引所を利用してみると良いでしょう。

特に海外取引所のBinance(バイナンス)は海外取引所の中でダントツの取扱い銘柄数を誇っており、使いやすさも抜群ですのでおすすめです。

MEMO

仮想通貨取引所の口座についての詳細はこちらの記事で解説しています。

仮想通貨口座-thumbnail仮想通貨の口座はどう選ぶ?基礎知識から用途別のおすすめ取引所までやさしく徹底解説!

取引所にアカウントを作成・登録する

仮想通貨取引所比較-ユーザビリティ

登録する取引所を決めたら、取引所での口座開設手続きを行いましょう。

まずは、口座開設手続きを行うには、取引所のアカウントを作成する必要があります。

おすすめの取引所としてご紹介したBITPointを例に、手順を詳しく見ていきましょう。

  • STEP.0
    本人確認書類の準備

    登録の操作を開始する前に、本人確認用の書類を準備しておきましょう。

    BITPointで個人用の口座を開設する場合、以下の書類が有効です。

    有効な本人確認書類
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード…など顔写真付きの本人確認書類

    顔写真付き本人確認書類がない場合は健康保険証や納税証明書などを2点提出する必要があります。

    顔写真付きの本人確認書類は裏表どちらも提出が必要です。

    事前に両面を写真に撮っておきましょう。

  • STEP.1
    取引所にアクセスする

    仮想通貨始め方_BITPoint登録

    取引所の公式サイトにアクセスし、開いた画面の中にある「いますぐ口座開設!」をクリックします。

    公式サイトには下のボタンからアクセス可能です。

    BITPointの口座開設はこちら

     

  • STEP.2
    登録アカウントの種類を選ぶ

    仮想通貨始め方_口座開設

    登録する取引アカウントの種類を選びます。

    • 日本国籍の個人
    • 外国籍の個人
    • 法人

    特別なことがない限り、「日本国籍の個人」を選択しましょう。

    それぞれのアカウントで必要な本人確認書類が表示されますので、「口座開設申込み」ボタンで進みます。

個人情報を入力・登録する

アカウント作成が出来たら次に、個人情報を登録していきます。

記入した個人情報などに基づいて取引所おは審査を行うため、情報は正確に本人書類と同様の情報を記入していくようにしましょう。

  • STEP.1
    同意内容の確認
    仮想通貨始め方_約定仮想通貨始め方_約定2

    約款などを確認のうえチェックをつけ、「情報入力へ」をクリックします。

  • STEP.2
    必要事項の記入
    仮想通貨始め方_個人情報入力

    必要項目を入力していきます。

    氏名、住所などはこのあと提出する本人確認書類の記載と同じものを入力してください。

    ここが違っていると審査が通らず、余計に時間がかかってしまいます。

    ビットポイント 小田社長

    最短で翌営業日には可能です!(中略)
    もちろん申請された際の登録住所が免許証に記載の住所と異なっているなどの不備があるとそれ以上かかることもあるのでその点はご了承いただいております。

    「BITPoint(ビットポイント)って正直どうなんですか?」小田社長に聞いてみたより引用

     

    仮想通貨始め方_登録

    「取引契約締結の主目的」は4つの選択肢の中から合うものを選択します。

    この項目で何かが変わるわけではありませんので、自分の状況に応じて自由に選んでください。

    入力内容に相違がなければ「確認」をクリックします。

本人確認書類をアップロードし登録する

次に、用意しておいた本人確認書類をネット上にアップロードしていきましょう。

本人確認書類の画像が不明瞭だったり分かりづらいと、審査に余計な時間がかかるので明確で分かりやすい画像をアップロードしましょう。

仮想通貨始め方_アップロード

本人確認資料をアップロードしましょう。

スマホ等のカメラで撮影するか、スキャンしてデータ化します。

登録画面にドラッグ&ドロップしてアップロードができます。

以上で登録の操作は完了です。

登録完了のハガキを受け取り金融機関などの登録をする

  • STEP.1
    ハガキの受け取り

    ここまでの操作が完了したら、BITPoint側で登録内容をチェックします。

    登録住所宛に完了通知のハガキが発送されますので、受け取った時点で口座開設が完了となります。

  • STEP.2
    金融機関などの登録

    ハガキが到着したら公式サイトに再度アクセスし、以下の項目を設定しましょう。

    • 取引暗証番号
    • 勤務先
    • 出金先金融機関

取引所口座に日本円を入金する方法

仮想通貨始め方_日本円入金

取引所に口座を開設したら、日本円を取引所に入金します。

日本円の入金は取引所によって少し異なる部分がありますが、基本的な操作は同じです。

取引所入金手順
  1. ホーム画面の入金ボタンをクリックする
  2. 銀行振込、コンビニ入金、クイック入金などの中から選択する
  3. 表示される振込口座に日本円を入金する

BITPointの場合、「銀行振込」「クイック入金」の二つの入金方法があります。

「銀行振込」は金融機関側の振込手数料がかかります。

「クイック入金」手数料無料で365日即時入金が可能。

簡単に家からでもできるクイック入金には「ジャパンネット銀行」を使うのがおすすめです。

まだ開設していない方は下のボタンから登録をおすすめします。

ジャパンネット銀行の口座開設はこちら

ジャパンネット銀行の口座開設はこちら

BITPointの銀行振込操作方法

おすすめなのはネット銀行を使ったクイック入金ですが、初めて仮想通貨取引をする方のほとんどは「銀行振込」を選びます。

これから仮想通貨取引をはじめる方のために、「銀行振込」の操作方法をご紹介します。

  • STEP.1
    入金先口座情報を開く

    仮想通貨始め方_入金

    BITPoint公式ホームページにアクセスします。

    上部メニュー「入出金・振替」から、法定通貨入出金の「入金先口座情報」に進みます。

  • STEP.2
    振込先口座を確認する

    仮想通貨始め方_入金2

    振込先の銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義が表示されます。

    表示された内容を控えておきましょう。

  • STEP.3
    銀行窓口で振込する

    表示された口座に窓口やATM、ネットバンキングから振り込みをすれば入金完了です。

    入金の反映は取引所によって変わりますが、基本的に当日中には反映されます。

なお1BTCが80万円前後でも0.0001BTCから購入することができるため、1,000円という少額でも購入することができます。

日本円を入金するときの注意点

取引所に日本円を入金する際に、ユーザーIDが振り分けられる場合があります。

ユーザーIDがある場合は、振込名義人の前か後ろにIDを入力しなければなりません。(例 123456 ヤマダタロウ)

ユーザーIDは取引所によって違いますので、必ず取引所の振込方法を守って入金をしましょう。

もし間違えてしまうと正常に入金することができなくなりますので気をつけてください。

ジャパンネット銀行に口座を開設するのがおすすめ

入金方法は手数料節約にジャパンネット銀行がおすすめです。

多くの取引所への入金が無料で、24時間365日対応しており、反映スピードも早いため登録してみることをおすすめします!

スマホのアプリもあり便利ですよ。

ジャパンネット銀行の口座開設はこちら

ジャパンネット銀行の口座開設はこちら

仮想通貨を購入する

仮想通貨始め方_購入

日本円が入金できたら、さっそく仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨の購入はとても簡単で、その時の通貨の価格で購入することが可能ですが、取引方法がいくつかあります。

自分のスタイルにあった取引方法を選択し仮想通貨取引をはじめてみましょう!

仮想通貨の購入方法を決めよう

仮想通貨の購入方法は主に現物取引とレバレッジ取引などによく使われる証拠金取引があります。

現物取引は、資金分の仮想通貨を購入(売却)できる取引ですが、証拠金取引は、レバレッジをかけることで資金以上の額の通貨の取引が行えます。

ただし、レバレッジ取引はルールも多く手数料も多くかかってくるので、仮想通貨をとりあえず購入したい場合は現物取引をおすすめします。

仮想通貨で一攫千金を当てたい人、現物取引に慣れてきた人はFXに挑戦してみるといいかもしれませんね!

購入に慣れていない初心者は積立投資も検討しよう!

投資を今までしたことがなく、価格の上がり下がりをみて売り買いをしていくのは少し難しそうだし面倒だけれど、仮想通貨を購入してみたい人におすすめなのが積立投資です。

積立投資は、あらかじめ決定した金額が自動的に口座から引き落とされ、その金額分の仮想通貨を購入していってくれるので、投資に慣れていない人でも定期的な仮想通貨購入が出来ますよ!

仮想通貨始め方_積立

仮想通貨の積立投資は、zaif(ザイフ)が行なっていましたが、仮想通貨流失事件を受けザイフは現在フィスコに事業譲渡中であり、新規登録は停止しております。

積立投資を始めたい方は、今のうちにフィスコ取引所に登録しておき、積立投資のサービスが始まるのを待つのがおすすめです。

→ Fiscoの公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

リップルやイーサリアム などのアルトコインのおすすめは?

仮想通貨始め方_通貨

現在仮想通貨は、1500種類以上あり仮想通貨を購入したいとは思うものの、どの通貨を購入したらいいか迷われていませんか?

そもそも仮想通貨がそれぞれどのような特徴があり、どうやって選べばいいものかと思いますよね。

ここでは、初心者にもおすすめのアルトコインとその特徴を解説していきます。

リップル(XRP)

リップルは企業などが国際送金を安く簡単に行えるように作られた通貨です。

今まで、手数料が高く時間もかかっていた国際送金が数円の手数料で数秒のうちに行えるということで注目を集めています。

Googleが出資したことや、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行イングランド中央銀行など大手の銀行が実用化に向けてリップルを研究していることから信頼度も高い通貨です。

国内の取引所でも取引でき、有名なアルトコインであることから初めて買うのにも、もちろんおすすめの仮想通貨ですよ。

イーサリアム

イーサリアム は仮想通貨の中でも時価総額がビットコインに次いで2位の有名アルトコインです。

イーサリアム は、スマートコントラクトという送金以外にも契約などの情報をブロックチェーン上に記入できるシステムを採用している点が注目されています。

さらに、トークンといった独自の仮想通貨を発行するためのプラットフォームとしても機能することから利用価値が高く、これからも需要が増えていくのではないかと予測されている通貨です。

ビットコインとアルトコインどっちを購入すべき?

アルトコインは昨今注目されてきていますが、やはり基軸となる通貨として最も使われているのは今の所ビットコインです。

しかしながら、ビットコインは、送金速度や送金手数料などの問題を抱えており、それらが解決されない限り、より機能性の高いアルトコインの価値が徐々に上がっていくことも考えられます。

ビットコインのみに投資するよりは、資産を分散しビットコインとアルトコイン両方の購入を検討することよいでしょう。

仮想通貨で勝つ為には

仮想通貨始め方_勝ち方

始めて投資を行う人は、「投資をしても損してしまうのではないか?」本当に利益をあげることができるのか?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、投資で利益をあげるために重要な要素をいくつかご紹介します。

余剰資金で始めよう

仮想通貨以外の投資にも言えることですが、投資は余剰資金で始めるようにしましょう。

投資は余剰資金で行った方がいい理由は、リスク回避という意味合いもありますが、余裕を持って投資を行えるという面でも重要です。

余裕がある方が、どこまで利益を求めるかにしても、どこまでの価格で損切りをするかにしても冷静に判断しやすいでしょう。

リスク管理のためにも資産は分散して管理しよう

仮想通貨始め方_分散

どの通貨を購入するかにしても、どの取引所で取引を行うかにしても、確実なものはないのが現実です。

色々な通貨について調べたりするのは億劫に感じるかもしれませんが、スク分散の為にも1つの通貨にかけるよりもいくつかの通貨を購入してみましょう。

また、コインチェックやザイフの様な仮想通貨流出事件が起こることなども考慮し、資産は複数の取引所に分散して預け取引を行うことをおすすめします。

自分のルールを決めて投資を行おう

運ではなく、投資で勝ち続けるには、自分のルールをきちんと決めて取引を行っていくことが重要です。

どのくらいの資産を一回の取引に当てるのか、自分かかけられるリスクはどこまでなのか、どこまでの損失なら受け入れられるのか、そういったルールをきちんと決め、そのルールに沿って投資をしていきましょう。

よくあるQ&A

仮想通貨始め方_Q&A

ここでは、初めて仮想通貨投資を行う時によくある疑問などをQ&A方式で解説していきたいと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨始め方_仮想通貨とは

そもそも仮想通貨ってなんなのでしょうか。

いまいちつかめていないものにお金を投資するのは怖いですよね。

仮想通貨の投資について説明をする前に、まずは仮想通貨について説明していきます。

仮想通貨は「インターネット上で存在する実体のない通貨」です。

つまりお金の価値を持ったデータなのです。

法定通貨(円、ドルなど)のように硬貨や紙幣があるわけではなく、ネット上にのみ存在するデータのため、目に見えたり触ったりすることができません。

仮想通貨は高度な暗号化技術によって成り立っているため、暗号通貨と呼ばれることもあります。

ビットコインは仮想通貨の原点であり、現在もっとも流通している仮想通貨の代表格です。

「電子マネーと似ているのでは?」と思われがちですが、電子マネーと仮想通貨には違いがあります。

名称違いと特徴
電子マネーカードやウォレットに日本円を入金(チャージ)して、日本円での決済に利用できるもの。

日本円でしか支払うことができない。(海外でドルなどをチャージした場合も同様)

仮想通貨円を仮想通貨に換金して、仮想通貨としてお金の価値を持つもの。

法定通貨と違い国境は関係なく、世界中どこででも送金を行うことができる。

仮想通貨はビットコインしかないのか?

仮想通貨始め方_アルトコイン

仮想通貨と言えばビットコインが代表格ですが、未上場のものを含めると仮想通貨は1500種類以上あると言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼びます。

アルトコインの中には価値のないものもあるのですが、たった1年で価値が2,000倍以上にもなった仮想通貨もあります。

日本の取引所では自主規制団体によって取り扱えるアルトコインの種類が制限されています。

厳しい基準をクリアしたアルトコインだけが流通していますので、仮想通貨投資を始めたばかりの人でも安心して取引できます。

国内取引所で購入できるアルトコイン
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム クラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(XEM)

*この他にも、トークンと呼ばれる仮想通貨も一部取り扱われています。

仮想通貨の始め方としてはまず最初にビットコインを購入し、ある程度慣れた段階でアルトコインを購入してみるパターンが多いようです。

仮想通貨で出た利益って税金がかかるの?

仮想通貨始め方_税金

仮想通貨で利益が出た場合、その利益は雑所得という所得に分類され、給与所得者の場合20万円以上、給与所得者出ない場合38万円以上の利益が出た場合、申請し税金を払う必要があります。

ただし、仮想通貨を保有しその仮想通貨の価値が上がっているだけで、税金を払わなければならないわけではありません。

購入した仮想通貨を売却しその時点で出た利益や、仮想通貨を使って決済をした場合、仮想通貨を使って他の仮想通貨を購入した場合に、最初に購入した価格よりも価格が上昇し利益が出た時に、その利益分の税金を支払う必要があります。

MEMO

仮想通貨にかかる税金について詳しく知りたい方はこちらから

tax-cryptocurrency仮想通貨で得た利益の税金はどうなる? 確定申告など詳しく解説!

今から仮想通貨を始めても遅くない?将来性はある投資なの?

仮想通貨始め方_今から

2017年末は、ビットコインは最大200万円以上の価格をつけるなど、仮想通貨は昨年は一台ブーム隣大幅な価格の上昇がありました。

今年に入り、価格は70万円ほどまで下落し停滞しており、今から始めては遅いのか?と思われる方もいるかと思いますが、今からでも仮想通貨投資は遅くありません。

仮想通貨の市場規模はまだまだ小さく、有能なコインはまだこれから価格を上げていく可能性は十分あります。

仮想通貨投資を始めたらすべきこと

仮想通貨始め方_すべきこと

仮想通貨を購入できたけどその後はどうしたらいいの?という人も多いでしょうう。

仮想通貨を購入したらすべきことを以下になります。

仮想通貨購入後にすべきこと
  • セキュリティ対策をすること
  • ハードウェアウォレットに保管する
  • 仮想通貨資産管理アプリをダウンロードしておくこと

セキュリティ対策をすること

仮想通貨始め方_セキュリティー

仮想通貨はハッキングなどで流出するなどのリスクがありますので、必ずセキュリティ対策は行いましょう。

各取引所では2段階認証の設定を推奨していますので、必ず設定をしておきましょう。

そのときにスマートフォンアプリの「Google Authenticator」というGoogleが提供している認証アプリがありますので、それにダウンロードすることで設定がとても簡単にできます。

二段階認証をするのとしないのでは大分セキュリティが違ってきますので、必ず行うようにしましょう。

ハードウェアウォレットに保管する

仮想通貨始め方_ハードウォレット

仮想通貨はそのまま仮想通貨取引所のウォレットに保管するのではなく、ハードウェアウォレットに保管するのが望ましいです。

取引所の多くがウォレットも扱っており、無料でそこに預けることができるのですが、取引所にのウォレットに預けるのはいくつかの点でデメリットがあります。

デメリット
  • 取引所が閉鎖したら引き出せない
  • 取引所がハッキングされて流出したら戻ってこない

2018年の1月にコインチェックがハッキングされてNEMが流出する事件がありました。

この事件は流出した分の一定の額が補償されましたが、ほとんどの場合補償されずに泣き寝入りになってしまいます。

日本の銀行の場合は補償が効きますが、取引所は銀行ではありませんので補償はありません。

そのため、仮想通貨を購入したら別の専用のウォレットに移すようにしましょう。

ウォレットは基本的にウェブウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットがあります。

ウェブウォレット・ソフトウェアはウイルスによるハッキングリスクがありますが、ハードウェアウォレットはUSBをネットにつながない限りハッキングされるリスクはありませんのでこちらが最も安全に保管できます。

仮想通貨資産管理アプリをダウンロードしておくこと

仮想通貨始め方 _資産運用アプリ

仮想通貨を購入したら、資産管理アプリをダウンロードするのがおすすめです。

資産管理アプリは自分の資産が今いくらなのかを一目で知ることができます。

代表的なものとしてCryptofolio(クリプトフォリオ)コイン相場が挙げられます。

同じウォレットで保管すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、基本的に1つのウォレットに1つの銘柄しか保管することができません。

そのため、保有している仮想通貨の銘柄が多ければ多いほど管理が大変になってきます。

その管理をCryptofolioやコイン相場で知ることができるのは非常に便利です。

仮想通貨の始め方まとめ

仮想通貨始め方_まとめ

いかがでしたか?

今回は初心者さんのために仮想通貨の始め方を徹底解説しました。

取引所ごとの登録方法などは別記事にて詳しくご紹介していますのでそちらを参考にしていただけると良いでしょう。

ここまで読んだら仮想通貨を始めるのは難しくないと感じたのではないでしょうか?

無料の登録と入金をするだけで仮想通貨投資を始められますので、まずは無理なく少額から始めていくことがおすすめです。

仮想通貨始め方_ビットポイント

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPointの口座開設はこちら