やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨おすすめランキング!2018年最新版

おすすめ仮想通貨ランキング

「仮想通貨で投資を始めてみたいけど、どのコインが良いの?」

これから仮想通貨の取引を始める方がまず悩むのが銘柄を選ぶということです。

ビットコインの知名度が圧倒的に高く選ばれがちなのですが、アルトコインの方が将来性などから利益を得られる可能性が高いです。

ビットコインでももちろん稼げるのですが、価格が低い今だからこそアルトコインを購入して気長に待てば利益が得られるでしょう。

そこで今回はおすすめの仮想通貨をランキングでご紹介します。

仮想通貨を選ぶポイントについて

仮想通貨は上場しているメジャーな通貨からマイナーな通貨まで全てあわせると、1,800種類以上あると言われています。

そのため、ポイントを押さえて仮想通貨を選ぶ必要があります。

この中から保有する仮想通貨を選ぶのですが、大きな利益を出せるかは銘柄選びで決まってくると言えます。

仮想通貨を選ぶポイントは以下になりますので、そのポイントを押さえて仮想通貨を選んでいきましょう。

仮想通貨を選ぶポイント
  • 将来性はあるか
  • 十分な取引量があるか

また欲しい仮想通貨が決まったら、登録する取引所も考えておきましょう。

仮想通貨日本国内取引所ランキング

その仮想通貨に将来性はあるか?

ビットコインやイーサリアム、リップルなど時価総額が高く、有名な通貨なら安心だろうと思って購入する人が多いのですが、もしがっつり稼ぎたいのなら将来性があるのかどうかをしっかりとチェックしていきましょう。

将来性が高い仮想通貨の特徴として挙げられるのが、以下になります。

将来性が高い通貨はどんな通貨なのか?
  • 短期的にも相場が上がりやすい
  • 長期的な保有も安心してできる

仮想通貨だけで毎日トレードを行う場合であっても、将来性が期待できる通貨は取引量が安定しているため、チャート分析でも予想を大きく外すということはそうそうないと言えます。

また、副業として仮想通貨の投資を行う場合は長期的に保有して稼いでいくという方が多いでしょう。

どのような投資スタイルでもある程度上がる見込みのある仮想通貨を保有しておいたほうが、稼げる確率が高いと言えるのです。

十分な取引量があるか

有名な仮想通貨は十分に取引量があるため問題はないのですが、少しマイナーな仮想通貨を選ぶときは取引量が重要です。

選んだ仮想通貨があまりにも取引量が少ないと売買をしたくても相手がいないということもあります。

また1人の人が多めに成り行き注文を入れただだけで大幅に価格変動が起こることもあります。

かなり将来性を期待した仮想通貨なら取引量が少なくても良いと思うのですが、リスクを押さえたい場合は、安定した取引量のある仮想通貨を選んだほうがいいでしょう。

初めて買うならこの通貨!おすすめの仮想通貨ランキングトップ5

では2018年も価格が上がる可能性のある仮想通貨をランキングでご紹介します。

ここでは有名な仮想通貨についてご紹介していきます。

おすすめ仮想通貨ランキングトップ5

第1位 リップル(XRP)
第2位 NEM(XEM)
第3位 イーサリアム(ETH)
第4位 ビットコインキャッシュ(BCH)
第5位 ビットコイン(BTC)

第1位 リップル(XRP)

リップルはブロックチェーンを使っていない珍しい仮想通貨で、独自の承認システムである「PoC(プルーフオブコンサセス)」を採用しています。

送金が反映されるスピードが非常に早く、さらに手数料が格安であるということで、通貨の両替に最もおすすめな仮想通貨として大注目されています。

特に既存の海外送金システムと結合しやすく、国内外の金融機関がリップルの実用化に向けて研究を行っています。

例えば、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、イングランド中央銀行などが研究しており、銀行システムとして正式に採用されればリップルの価格が高騰する可能性があるでしょう。

そのため、これから仮想通貨を始める方に得におすすめな仮想通貨だと言えるでしょう。

第2位 NEM(XEM)

NEMはハーベストという「Pol(プルーフオブインポータンス)」というシステムを採用している承認方式を行っているのが特徴です。

通常ビットコインなどと行われるマイニングと比較すると、電気代がかからず、個人でも承認作業に参加しやすいため、NEMの取引以外でのNEMの収入源となります。

今後カタパルトという機能改善がされれば1秒あたり4,000件の送金処理を行えるようになり、これはクレジットカード最大手のVISAの6,000件の次に高い取引処理能力と言えるでしょう。

勿論仮想通貨の中では最速水準の取引速度で、日常生活での決済に耐えることができると言えるでしょう。

なお、Zaifの運営会社であるテックビューロが開発しているブロックチェーンプラットフォーム「mijin」が非常に優秀で、NEMで予定されているカタパルトをシステム内に実装してβテストを始めています。

旧バージョンを利用している住信SBIネット銀行の試験運用で、問題なく銀行の台帳システムが稼働できたと証明されています。

今回のバージョンアップにより処理能力が大幅に向上したため、近々国内の金融機関で正式に導入されることが期待されています。

金融機関が注目している仮想通貨では先ほど紹介したリップルがありますが、リップルは送金や両替目的として、NEMは国内の金融システムに採用する仮想通貨としてそれぞれ住み分けができます。

そのため、海外送金システムにはリップルが採用される可能性が高いのですが、国内銀行のシステムにはmijinが採用されると期待されているのです。

もしも大手銀行がNEMを採用したら、それに伴い価格が暴騰する可能性がありますので、長期的に保有するならNEMはおすすめの仮想通貨と言えるでしょう。

第3位 イーサリアム(ETH)

イーサリアムは時価総額がビットコインに次ぐ2位の仮想通貨で、”第2のビットコイン”とも言われる超有名なアルトコインです

スマートコントラクトというシステムに対応しているプラットフォーム型の仮想通貨となっており、国内外の大手企業から大注目されています。

スマートコントラクトは自動で承認・送金をしてくれるシステムで、ブロックチェーンに̟プラスされた独自の機能です。

このスマートコントラクトが様々な業界で応用されれば、契約手続きが低コストで行えるようになるなどと言われています。

特に大手企業では、さまざまな契約を企業や個人間で日常的に行っています。

そのため、トヨタやマイクロソフト、IBM、インテルなど、イーサリアムの研究をしている企業が続々と増えています。

近いうちにイーサリアムのスマートコントラクトをシステムに応用して実装する企業が表れれば価格が暴騰していく可能性があるでしょう。

ただし、以下のような問題点もあります。

イーサリアムの問題点
  • イーサリアムを使ったアプリケーションがまだ成功していない
  • スケーラビリティ問題(送金詰まり)が起きるかもしれない
  • スマートコントコントラクト上に契約情報を記載する上でのセキュリティに対する不安

上記の問題を解決して、大手企業がイーサリアムのシステムを応用したアプリケーションやシステムの開発に成功すれば、価格がどんどんと高騰するかもしれません。

第4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォーク(分裂)されたアルトコインです。

ビットコインの問題点を解消した仮想通貨として知られており、「完成されたビットコイン」などと注目されているのです。

ビットコインの問題点
  • リプレイアタックなどのハッキングに対するセキュリティ対策

これらの問題点を改善したアルトコインであるため、今後ビットコインにとってかわる仮想通貨になる可能性もあります。

ただし、ビットコインの改良版と考えればビットコインキャッシュは非常に優秀な仮想通貨なのですが、各業界はイーサリアムやリップル、NEMなどのアルトコインに集中している状態と言えます。

そのため、それらのアルトコインと一線を画すようなことがあれば、充分に価格が高騰する可能性はあるでしょう。

第5位 ビットコイン(BTC)

仮想通貨の元祖・ビットコインは多くの億万長者を生み出し、現在も大量のビットコインの売買がされています。

そのため、短期的に一気に稼ぎたいという人にはおすすめの仮想通貨です。

また、ビットコイン決済ができるお店が増えてきたため、今後は決済方法の1つとして普及する可能性があるでしょう。

ただし、セキュリティやスケーラビリティ問題などビットコインは多くの問題を抱えており、その上イーサリアムやリップル、NEMのようなビットコインにはない機能を実装しているアルトコインが注目されています。

そのため、今後ビットコインは当初の目的である決済や送金目的ではなく、投資目的の仮想通貨というイメージになる可能性があり、長期保有での利益が出るかどうかのというところでは、他のアルトコインに少々劣るところがあると言えるでしょう。

一攫千金を狙えるかも!?おすすめの草コインランキングトップ3

先ほどはメジャーな仮想通貨についてご紹介していきましたが、ここではまだ価値の低い「草コイン」と呼ばれる仮想通貨のなかでおすすめのコインについてご紹介します。

おすすめの草コインランキングトップ3

第1位 イーサリアムクラシック(ETC)
第2位 リスク(LISK)
第3位 ナノ(NANO)

第1位 イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックはイーサリアムからハードフォークして誕生した草コインです

イーサリアムがThe DAO事件というハッキング事件があったことから、2015年に一部のイーサリアムユーザーがイーサリアムをハードフォークしてイーサリアムクラシックを作ったのです。

機能はほとんどイーサリアムと同じなのですが、セキュリティや安全性を重視したコインとなっています。

また、イーサリアムはイーサリアム財団という中央機関があるのですが、イーサリアムクラシックは運営者が権限を持たないコインのため、ユーザーがみんなで管理することができるのです。

また、スマートコントラクトだけでなく、サイドチェーンの開発も活発に行っており、IoTというシステムを実装したプラットフォームの開発が行われており、今後の将来性が期待できます。

第2位 リスク(LISK)

リスクはスマートコントラクトを採用した仮想通貨です。

同じスマートコントラクトを実装した仮想通貨と言えばイーサリアムが有名ですが、違いはサイドチェーンを用いているというところです。

メインチェーンの他にサイドチェーンを用いることで、送金をより早く行うことができると言われています。

さらに世界で最も簡単なプログラミング言語であるJavaScriptで作られた仮想通貨なので、ものすごく簡単にアプリを作ることができるコインということで注目されています。

JavaScriptを使用しているので、何かトラブルがあればすぐに対応ができると言われています。

今後アプリの作成などにLISKが使われれば価格はどんどん上昇していくでしょう。

第3位 ナノ(NANO)


出典:https://raiblocks.net

ナノは送金手数料が無料で、一瞬で取引が成立するというすごい草コインです。

ナノはリップルと同じくブロックチェーンを使っていない仮想通貨でDAGという独自の技術を実装しています。

ナノのブロックは格子のような構造になっており、取引や残高履歴がアカウントチェーンというものに記載されます。

さらに2つのトランザクションで送金されるため、送金が速いとされるリップルよりも格段に送金が速いと言われています。

仮想通貨ランキングまとめ

いかがでしたか?

今回は仮想通貨を選ぶポイントやおすすめの仮想通貨、一攫千金が狙える草コインについてご紹介していきました。

仮想通貨は1つ1つ特徴が違うため、その特徴や将来性、流通量などを見てどの仮想通貨にするか選んでいくようにしていきましょう。

仮想通貨を選んだらその仮想通貨の取引を行っている仮想通貨取引所にアカウントを登録して、売買を行っていってくださいね。

仮想通貨日本国内取引所ランキング