やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨取引所とは?初心者向けにやさしく仕組みを解説

cc-exchange-thumbnail

2017年仮想通貨はテレビのニュースでも取り上げられるほど大いに盛り上がりました。

この記事では初心者の方向けに仮想通貨取引所の概要や仕組みをやさしく解説していきたいと思います。

「仮想通貨取引所ってそもそもどんなものなの?」という方には特におすすめの内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

この記事を読めば、仮想通貨取引所のことがまるっと全部わかります!

仮想通貨取引所とは?

取引所とは

「仮想通貨取引所」とは仮想通貨の販売を行っているお店のようなものです。

たとえば牛丼屋さんに行けば牛丼を買えますし、お寿司屋さんに行けばお寿司が買えます。

それとおなじように仮想通貨取引所に行けば仮想通貨を購入できるって感じですね!

ただ仮想通貨取引所の場合は実際に町中にお店はないので、その取引所のホームページか取引所で出してるアプリを使って仮想通貨を購入します。

実際に仮想通貨を購入するまでの流れ

実際に仮想通貨を購入するまでの流れをざっくり見ていきましょう。

  • STEP.1
    仮想通貨取引所に登録する

    まずは仮想通貨取引所のホームページで会員登録をします。

    どこの取引所でも会員登録にはメールアドレスを登録する必要があります。

    スマートフォンやパソコン用のメールアドレスにしておくと何かと便利なのですが、持っていない方はグーグルが無料で提供している「Gmail(ジーメール)」というサービスがあるので作っておきましょう。

  • STEP.2
    届いたメールのリンクを開いて情報を入力
    メールアドレスの登録が終わると確認用のメールが届くので、

    メールに添付されているリンクを開き「名前」「住所」などの必要情報を入力します。

  • STEP.3
    ハガキが届くのを待つ
    必要事項の入力が終わると1週間ほどで取引所から住所確認用の「ハガキ」が届きます。

    このハガキを受け取って記載されている確認コードを取引所のページに入力します。

  • STEP.4
    お金を入金して仮想通貨を購入する
    取引所の会員ページで日本円入金の項目があるので選択します。

    入金方法は取引所によって違いますが銀行振り込みやコンビニ入金などの方法が使えます。

    自分の好きな方法で入金して仮想通貨を購入します。

こんな感じで仮想通貨を購入することができます。

STEP1からSTEP4までで大体1週間ほど時間がかかるので覚えておきましょう。

取引所は何で儲けてるの?

取引所は基本的に「手数料」で利益を出しています。

手数料は取引所によってさまざまですが取引金額に対して0.1~0.25%くらいが一般的です。

たまにキャンペーンで無料にしているところもあります。

また、取引所によっては仮想通貨の「積み立て」「レンディング」という貸し出しサービスも行っており、手数料以外でも利益をあげている取引所もあります。

販売方法は2種類ある

取引所の販売形式には「販売所形式」「取引所形式」の2種類の販売方法があります。

取引所とは買う売る

「販売所形式」では仮想通貨を取引所から直接購入します。

仮想通貨の値段は取引所が決める仕組みとなっています。

取引所とはマッチング

「取引所形式」では登録しているユーザー同士で仮想通貨の売り買いを行います。

仮想通貨の値段は取引をするユーザー同士が納得した金額で取引が行われます。

初心者の方は「販売所形式」がおすすめ!

「取引所形式」の販売方法は値段をより柔軟に調整できますが、注文方法などが少し難しくなっています。

個人的には「販売所形式」のほうがシンプルにわかりやすく購入できるので、初心者の方にはおすすめです。

日本の取引所の特徴・良いところ

仮想通貨取引所は日本にもあります。

日本の取引所にはどんな特徴や良いところがあるかを見ていきましょう。

金融庁の認可があり信頼性がある

日本国内で仮想通貨取引所をはじめるためには金融庁の認可が必ず必要となります。

つまり現在運営している取引所はすべて金融庁の認可を受けているということです。

金融庁の認可を受けるためには定められた基準を満たさなければいけませんし、法律に則って運営しなければいけません。

こうしたことからも日本の取引所は信頼性があるということができるのです。

日本語の情報がたくさんある!

日本の取引所は日本人向けに作られていることもあり、日本語の情報がたくさんあります。

なので何かわからないことがあってもインターネットで検索すればすぐに解決することができます。

海外の取引所ではなかなか日本語の情報がなかったりするので、日本の取引所は初心者の方でも安心して利用することができます。

サポートがしっかりしている!

国内の取引所はサポートもしっかりしています。

何かトラブルがあればメールを送れば返信がもらえますし、コールセンターを設けている取引所もあるので電話をかけて相談することもできます。

こうした手厚いサポートを受けることができるのも日本の取引所の特徴といえるでしょう。

誰でも登録できるの?

取引所とは登録

日本の取引所の場合、取引所によっては外国の方や未成年の方など誰でも登録ができます。

これは使う取引所や住んでいる国によっても変わってきますが、よほど変わった条件の方でなければ登録できると考えて大丈夫です。

いくらくらいあれば仮想通貨を買えるの?

取引所とはいくら

仮想通貨は小額からでも買うことができます。

仮想通貨取引所では「最低取引単位」というものが決められています。

最低取引単位とは?

1回の取引で注文することができるもっとも小さい単位のことです。

「最小注文数量」と呼んだりもします。

たとえばGMOコインではビットコインの「最低取引単位」は「0.0001BTC/1」となっています。

時期にもよりますがこれを日本円に換算すると70円から100円ほどになるので、手数料も含めれば100円くらいでビットコインを購入することができます。

ただほとんどの取引所で100円だけ入金というのはできず、1000円から日本円の入金を受け付けています。

よって手持ちの資金は「最低1000円あれば仮想通貨を購入することができる」と考えればよいでしょう。

海外の取引所ってどうなん?

取引所とは海外

仮想通貨の取引所は日本だけでなく海外にもあります。

海外の取引所と日本の取引所の1番の違いは「取り扱いしている銘柄数の多さ」です。

日本の取引所では「ホワイトリスト」という金融庁が安全だと認めた通貨しか取り扱うことができません。

なので国内の取引所では5〜10種類程度、多くても20種類程度の取り扱いとなっています。

これに対して海外の取引所では取り扱いの銘柄にそこまで規制がかかっていないので、多いところだと200種類以上の仮想通貨を取り扱っているところもあります。

なので「たくさんの仮想通貨を取引してみたい!」という方には海外取引所がおすすめとなります。

取引所選びのポイント

取引所とは選び方

ここからは取引所を選ぶ際のポイントについて解説していきたいと思います。

まずは目的をはっきりさせよう!

仮想通貨の取引所を選ぶ際には、まずは自分が「どういう目的で取引所に登録するのか」を確認しましょう。

目的に応じて行動しよう!
  • 欲しい仮想通貨がある⇒その仮想通貨を取り扱っている取引所に登録する
  • 短期で積極的にトレードしたい⇒手数料が安い取引所でトレードする
  • マイナーな仮想通貨を買いたい⇒海外取引所を使う

自分の目的に合わない取引所に登録しても時間と労力だけがかかってしまいます。

よって、こういった感じで自分の目的に合わせて取引所を選ぶことをおすすめします。

セキュリティはしっかりしているか

取引所とはセキュリティ

取引所を選ぶ上でセキュリティを確認するのは非常に重要です。

これは国内でも海外でも同様です。

仮想通貨はインターネット上のお金であるという性質上、ハッキングなどの悪意ある攻撃を受けやすくなっています。

こういったことを防ぐためにもセキュリティがしっかりとした取引所を選ぶことをおすすめします。

以下でセキュリティを確認する上で大事なポイントを見ておきましょう。

「コールドウォレット」で資産を管理しているか

取引所とはコールドウォレット

仮想通貨は「ウォレット」というデジタルなお財布で保管します。

ウォレットにはさまざまなタイプのものがありますが、資産を管理するには「コールドウォレット」がもっとも安全です。

コールドウォレットとは?

「コールドウォレット」は外部のネットワークと完全に遮断されたウォレットです。

外部と遮断されていることでハッキングの被害を受けにくくなっています。

日本では2018年に2回にわたって「コインチェック」「ザイフ」の2つの取引所がハッキング被害を受けています。

そのどちらも「ホットウォレット」という外部のネットワークとつながったウォレットで資産を管理していたことが原因となっています。

こういったことからも使っているウォレットによってはハッキングの被害を受けやすくなるので、資産の管理に「コールドウォレット」を使っているかどうかは事前に確認しておきましょう。

「マルチシグ」は採用しているか

仮想通貨は取引の際に「秘密鍵」というものを使って送金や受け取りを行います。

この秘密鍵を悪意のある第三者に知られてしまうと取引の内容そのものが書き換えられてしまいます。

この問題を解決するのが「マルチシグ」です。

マルチシグとは?

マルチシグとは1つの取引に対して複数の「秘密鍵」を使う仕組みのことです。

すべての秘密鍵が揃わなければ取引の内容を改ざんできないので、仮に秘密鍵を1つ紛失しても安心です。

このように「マルチシグ」はセキュリティを向上させてくれる大事な要素となっています。

取引所ではマルチシグを採用している場合、ホームページなどで公表しているので確認しておくことをおすすめします。

「2段階認証」には対応しているか

いろいろなサイトに登録していると、ついついIDやパスワードをおなじものにしてしまいませんか?

もしどこかでその情報を紛失してしまうと不正に自分のアカウントにアクセスされてしまいます。

これは仮想通貨の取引所でもおなじことです。

これを防いでくれるのが「2段階認証」です。

2段階認証とは?

2段階認証は通常のログイン情報にプラスで一定期間有効になるパスワードを専用のアプリで発行し、入力してログインを行う方式のことです。

2段階認証を設定することで、通常のログイン方式からさらにセキュリティを強化することができます。

初心者でもおすすめの取引所をご紹介!

初心者の方におすすめの取引所をご紹介いたします。

もしどの取引所を使えば良いかわからない場合はこちらをご利用ください。

BITPoint(ビットポイント)

取引所とはビットポイント

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BitPointのおすすめ度
使いやすさ
(5.0)
お得感
(5.0)
安心・安全レベル
(4.5)

サッカー選手の「本田圭佑」さんがイメージキャラクターを務める「BITPoint」。

上記画像にある「世界一になりたい」のキャッチフレーズにふさわしい充実したサービスが魅力です。

セキュリティには「マルチシグ」を採用しており、取引手数料が無料となっているので短期取引をしたい方にもおすすめです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

取引所とはGMO

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインのおすすめ度
使いやすさ
(5.0)
お得感
(4.5)
安心・安全レベル
(4.5)

かわいいマスコットキャラが印象的な「GMOコイン」。

東証一部上場企業であり金融業界の豊富なノウハウを持つ、「GMOインターネットグループ」が運営する信頼性の高い取引所です。

「世界一になりたい」のキャッチフレーズにふさわしい充実したサービスが魅力です。

セキュリティ面は「コールドウォレット」「マルチシグ」を採用しているため万全です。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

DMM Bitcoin(ディーエムエムコイン)

取引所とはDMM

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinのおすすめ度
使いやすさ
(5.0)
お得感
(5.0)
安心・安全レベル
(4.5)

DMMグループが運営する「DMM Bitcoin」。

親会社の安定した経営基盤で信頼性が高いだけでなく、さまざまな仮想通貨の「FX取引」にも対応しています。

FX取引とは?

FX取引とは自己資金を証拠金として取引所に提出し、その割合に応じて取引所から借り入れた資金で投資を行う取引方法のことです。「先物取引」とも呼ばれています。

ビットコインのFX取引に対応している取引所はいくつかありますが、それ以外の仮想通貨(アルトコイン)のFX取引に対応している取引所は国内では「DMM Bitcoin」だけです。

よって「FX取引を特に力を入れてやりたい!」という方には非常におすすめの取引所です。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨取引所まとめ

取引所とはまとめ

以上、仮想通貨取引所についてその概要と仕組みを解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

仮想通貨自体がまだまだはじまったばかりの分野なので、取引所を使う初心者の方には難しいものに感じるかもしれません。

しかし中身を理解すれば取引所は意外と簡単なものになっていて、少額からでも誰でも使うことができます。

みなさんもぜひ自分が欲しいなと思ってる仮想通貨があれば購入してみてくださいね!

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら