やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の市場規模はどれくらい?今後の成長を一歩踏み込んで徹底予想!

仮想通貨市場規模

2017年末から2018年初頭にかけて異常なまでの盛り上がりを見せた仮想通貨市場。

この記事では仮想通貨の市場規模を過去の事例や仮想通貨のテクノロジーの面から、

現在・短期的・中長期的にそれぞれの分析と予測をしていきたいと思います。

「仮想通貨の市場規模ってどれくらい?」

「仮想通貨の今後の市場規模が気になる!」

という方には特におすすめの内容となっております。

この記事を読んでいただければ、

「現在と今後の仮想通貨の市場規模」に関することがすべてわかります!

現在とこれまでの仮想通貨の市場規模【2018年9月時点】

出典: https://pixabay.com/ja/

仮想通貨の市場規模がもっとも高かったのは2017年末から2018年初頭にかけての期間で、

その市場規模は100兆円近くにまで達していました。

そして2018年9月時点で仮想通貨の市場規模はおよそ20兆円となっています。

金額が大きすぎてあまりピンとこないと思うので、

まずはこの市場規模がどれほどのものかを検証していきましょう。

そもそも市場規模ってなに?

出典: https://pixabay.com/ja/

仮想通貨における「市場規模」とは発行されているすべての仮想通貨の「時価総額」の合計です

時価総額は「1枚あたりの値段×発行枚数=時価総額」で計算します。

時価総額の計算方法
たとえば、1枚の値段が500円発行枚数が100枚の仮想通貨があるとします。

この場合の時価総額を上記の計算式にあてはめると、

「500円(1枚あたりの値段)×100枚(発行枚数)=50,000円(時価総額)」となり、

この仮想通貨の時価総額は「5万円」ということがわかります。

こういった感じでそれぞれの仮想通貨の時価総額を計算し、

その全部を足した金額が「市場規模」になるということです。

株との比較

仮想通貨は金融商品の「株」と似ており、よく比較対象としても使われています。

株にも「発行数」があり1株あたりいくらと「値段」がついています。

「時価総額」の計算方法も同じでその合計が「市場規模」となります。

そしてなんと現在の株の市場規模は8000兆円近くにまで到達しています。

仮想通貨のおよそ400倍なのでとてつもない金額ですね。

「だったら仮想通貨の市場ってもっと伸びるんじゃないの?」

と思うかもしれませんのでさらに深堀してみましょう。

最高値で「Apple(アップル)」現時点でも「トヨタ自動車」と同じ時価総額

出典: https://www.apple.com/jp/

冒頭で解説したように、仮想通貨の市場規模はもっとも高かったタイミングで100兆円近くにまで達しています。

これは「iPhone」「Mac」などで有名な「Apple(アップル)」の時価総額とほとんど同じです。

また、現時点での仮想通貨の市場規模はおよそ20兆円です。

これは日本の大手自動車メーカーである「トヨタ自動車」の時価総額とほとんど同じです。

2社の時価総額には「価値」を提供している裏付けがある

出典: https://www.toyota.co.jp/

「Apple(アップル)」のiPhoneは世界におけるスマートフォンのシェアの19.6%を占めています。

これは世界のスマートフォンユーザーの「4人に1人」が使っている計算となります。

日本国内だけでみればそのシェアは68.6%です。

日本人のスマートフォンユーザーの半分以上の人がiPhoneを使っていることになります。

「トヨタ自動車」の国内でのシェアは46%です。

日本人のおよそ「2人に1人」はトヨタの自動車に乗っており、さらには海外でも使われています。

このように2社の時価総額にはサービスや商品といった「価値」を提供しているという明確な理由があります。

仮想通貨の市場規模には「価値」の裏付けがない

出典: https://pixabay.com/ja/

街をあるけばたくさんの人がiPhoneを使っているしトヨタの車もガンガン走ってます。

あなたの周りでも多いでしょうし、もしかしたらあなた自身がユーザーかもしれません。

これに対して、仮想通貨を使っている人はいるでしょうか?

答えは「NO!(ノー)」です。

最近でこそ仮想通貨で支払いができるお店も出てきましたが、

それでも実際に使っている人を見ることはほぼありません。

私たちの日常生活に仮想通貨は根付いていないのです。

よって仮想通貨の市場規模はこれまでと現時点も含め、

「ふさわしくない高い時価総額になっている」と結論付けることができます。

短期的な仮想通貨の市場規模予測【2018年9月〜2018年末まで】

出典: https://pixabay.com/ja/

現在の仮想通貨の市場規模がどのような状態にあるかわかったところで、

2018年の年末までの価格予想をしていきたいと思います。

今回は過去にあった「ドットコムバブル(ITバブル)」の事例を参考にし分析してみましょう。

ドットコムバブル(ITバブル)の分析

出典: https://www.google.co.jp/

仮想通貨の市場はよく1990年代の末から2000年にかけて起こった「ドットコムバブル(ITバブル)」と比較されます。

「ドットコムバブル」ではIT関連の銘柄が期待感だけで異常なまでに値上がりしていきました。

これは現在の想通貨の市場とよく似ています

上の画像は当時IT関連の銘柄を多く取り扱っていた「NASDAQ(ナスダック)」の総合指数チャートです。

赤色の「①」が矢印で指しているポイントが指数がもっとも高かった2000年3月でおよそ「5000」です。

赤色の「②」が矢印で指しているポイントが指数がもっとも低くなった2002年10月でおよそ「1130」です。

「①」から「②」に移るまでにはおよそ「2年7ヶ月」の期間の開きがあります。

NASDAQ(ナスダック)総合指数とは?
NASDAQ上場の銘柄を対象に1971年2月5日の値を「100」として計算された株価指数のこと。

経済の状況を把握するためによく使われている。

2018年末までにはさらなる暴落が予想

上記のドットコムバブルの事例から仮想通貨の市場規模の2018年の年末までの予測・分析をしてみましょう。

もし仮想通貨が「ドットコムバブル」と同じ道を辿ると考えた場合、

仮想通貨の市場規模がもっとも大きかったのは「2018年1月」なので、

そこから「2年7ヶ月」後の「2020年8月」までは下落し続けると予想することができます。

もちろん、この予想は年月を足しただけのものすごい単純な予測なのでおそらく正解にはならないでしょう。

しかし、前の項目で考えた仮想通貨の市場規模が現時点でもふさわしくないくらい高いことも加味して考えると、

少なくとも「2018年の年末までは値下がりし続ける可能性が非常に高い」と結論付けることができます。

長期的な仮想通貨の市場規模予測【2019年〜】

出典: https://pixabay.com/ja/

短期的には市場が冷え込む可能性の高い仮想通貨ですが、

将来的には市場規模が成長する可能性は非常に高いといえます。

なぜなら仮想通貨は私たちの生活を間違いなく便利で豊かにしてくれるからです。

仮想通貨を使う人が増えれば需要が上がり、市場規模の成長へとつながります。

ここからは仮想通貨の「テクノロジー」にフォーカスして具体的にどのように使われるかを考察し、

市場規模の長期的な分析・予測をしてみます。

理解を深めるためにも下記の2つの仮想通貨の技術を確認しておきましょう。

「ブロックチェーン」と「スマートコントラクト」

仮想通貨には政府や大手企業が注目する2つの優れたテクノロジーがあります。

その1つ目が「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンは仮想通貨の取引の記録に使われている技術で「改ざん不可能」かつ「紛失しない」という2つのメリットがあります。

2つ目の技術が「スマートコントラクト」です。

直訳すると「賢い契約」という意味になり、第三者の仲介なしに自動で契約を実行することができます。

決済の利用で普及する

仮想通貨はインターネット上の「デジタルなお金」でありそのメインの役割は「決済」です。

文明社会で暮らしている私たちはお金を使い食べ物や衣服などを日常的に購入しています。

何も買わずに生きていくことはまず無理でしょう。

それくらい「決済」は私たちの生活に根付いており、仮想通貨がこの役割を担うことで大幅な需要の増加が見込めます。

スケーラビリティ問題

出典: https://pixabay.com/ja/

仮想通貨はかねてから日常生活の決済では使えないと言われてきました。

その原因は「スケーラビリティ問題」にあります。

スケーラビリティ問題とは?
仮想通貨の取引数が増加することにより、ブロックチェーンの処理が追いつかなくなる問題。

これによって送金時間の大幅な遅れと高額な手数料が発生する。

たとえば仮想通貨の代表格である「ビットコイン」では、

送金時間に丸1日かかり送金手数料で2000円なんて時期もありました。

まさか買い物でレジの前で1日待つわけにもいかないですし、

10円のガムを買うために手数料2000円とかやってられません。

ライトニングネットワーク

出典: https://pixabay.com/ja/

そんなスケーラビリティ問題の解決のために登場したのが「ライトニングネットワーク」です。

ライトニングネットワークとは?
ブロックチェーンの外側に作ったオフチェーンに決済用のチャネルを設け取引処理をする仕組みのこと。

これによって1度のブロックチェーンの記録でチャネル参加者全員との複数回取引と即時送金を可能にする。

簡単にいうと「送金がすごい速くなって手数料もめっちゃ安くなるよ!」ということです。

そして2018年についにこのライトニングネットワークはビットコインのメインネットでリリースされました。

これによって仮想通貨が日常生活の決済で使われる可能性が現実になりつつあるのです。

実際にアメリカのシリコンバレーのカフェではライトニングネットワークでの決済をすでに導入しており、

日本人のツイッターユーザーがその様子を撮影した動画を投稿しています。

仮想通貨を決済で使うメリット

出典: https://pixabay.com/ja/

仮想通貨は24時間365日どこからでも誰にでも送金することができます。

取引の記録はブロックチェーンに永遠に記録されるので、

保証書や領収書も必要なければ入出金の記録も必要ありません。

現金のように盗難されるリスクもなくなります。

その価値は世界共通なのでどこの国でも使えますし、

わざわざその国の法定通貨に交換する必要も交換手数料を支払う必要もありません。

こうしたことからも課題が解決されたことで、将来的に仮想通貨が決済で普及する可能性は非常に高くなっています。

商品・サービスに組み込まれる

出典: https://pixabay.com/ja/

仮想通貨のテクノロジーは既存の商品やサービスと組み合わせることでさらにその可能性を広げることができます。

公的な支払いの記録に

日本では税金の支払い記録が紛失した事例が過去にあります。

これもブロックチェーンを使うことで紛失も改ざんもない正しい記録を残すことができます。

アメリカでは税金の支払いを仮想通貨で受け付けている州もすでに存在します。

野菜の産地証明に

宮崎県の綾町では野菜の生産地の証明にブロックチェーンの技術を活用する試みが行われています。

パッケージについたQRコードを読み込むことで消費者は産地や生産者の確認を行うことができます。

綾町では条例に基づき化学肥料を使わない野菜作りと品質管理を行っており、

ブロックチェーンの技術でその確かな価値を正確に伝えることができるのです。

仮想通貨の技術を使った保険商品が発売

フランスの保険会社「AXA(アクサ)」が航空機の遅延による払い戻しを行う保険商品を発売しました。

この保険商品には仮想通貨の技術が使われています。

ブロックチェーンで顧客の契約内容の確認を行いスマートコントラクトで遅延による払い戻しを自動で行います。

これによって航空会社は顧客対応が不要となるので業務の効率化ができ

顧客は払い戻しのための航空会社への問い合わせも不要となります。

このように仮想通貨の技術を使った商品がすでに販売されており、

企業と顧客双方にメリットを生み出している点からも、

同様のサービスが今後いっそう普及する可能性が高いといえます。

実需が増え流動性が高まり市場規模が成長する

上述してきたことを踏まえると将来的には仮想通貨の需要が高まり、

決済でも広く使われることで流動性も向上すると考えることができます。

これによって長期的にみれば仮想通貨の市場は成長する可能性が非常に高いといえます。

仮想通貨の市場規模まとめ

出典: https://pixabay.com/ja/

ここまで仮想通貨の市場規模の分析・予測をさまざまな面から行ってきましたが、いかがでしたでしょうか?

仮想通貨にはまだまだ書ききれないほどの魅力や可能性がたくさんあります。

将来的には私たちの仕事や働き方まで変えると個人的に思っています。

みんなが自分のやりたいことに夢中になって生きれる社会になったら、

とってもハッピーじゃないですか?

仮想通貨でもっと楽しい世界が広がるように、みなさんも今後の動向にぜひ注目してみてください!