やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨取引所の大手ってどこ?特徴から運営元までやさしく徹底解説!

仮想通貨取引所大手はどこ?

大手の仮想通貨取引所ってどこなのかな?

どうせ仮想通貨を始めるなら大手が良い!

という方に向けて今回は国内と海外の大手仮想通貨取引所を独自のランキング形式でご紹介していきたいと思います!

また、運営会社や特徴などの細かい情報と、取引所を選ぶ際に気をつけておきたいポイントも合わせて解説します。

初心者の方にもわかりやすい内容となっているのでぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読めば、大手のおすすめ仮想通貨取引所のすべてがわかります!

この記事のポイントをまとめると
  • 国内の大手仮想通貨取引所は「BITPoint(ビットポイント)」、「GMOコイン(ジーエムオーコイン)」、「DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)」など
  • 海外の大手仮想通貨取引所は「Binance(バイナンス)」、「BitMEX(ビットメックス)」、「Bithumb(ビッサム)」など
  • 「セキュリティ」を確認する際には「コールドウォレット」、「マルチシグ」、「2段階認証」に対応しているかを確認しよう!
  • 「取り扱い銘柄」は金融庁の規制の影響もあり、国内取引所では少なく海外取引所の方が多い
  • 「FX取引」をしたい場合には、その取引所が対応しているか事前に要確認

仮想通貨取引所大手ランキングTOP3【国内編】

仮想通貨取引所大手国内

まずは国内の大手仮想通貨取引所を見ていきましょう。

今回は「大手レベル」、「使いやすさ」、「セキュリティ」の3つの項目で5段階評価を行っていきたいと思います。

「大手レベル」は運営会社や資金力、取引高などをさまざまな情報もとに算出した評価です。

「使いやすさ」取引画面やアプリ、サポート面の充実具合などを評価しています。

「セキュリティ」はハッキングなどに合わないようにするためにどのような対策を行っているかを評価しています。

 BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨取引所大手BITPoint

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BITPointの評価
大手レベル
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
セキュリティ
(5.0)

「BITPoint」はなんとサッカー選手の「本田圭佑」さんがイメージキャラクターをつとめています。

さらに「BITPoint」は東証マザーズに上場している「株式会社Remixpoint(リミックスポイント)」の完全子会社となっており、こういったことからも大手の仮想通貨取引所ということができます。

特徴としてほぼ全ての取引にかかる手数料が無料となっているので、できるだけ安く仮想通貨を購入したいという方にはまさにおすすめの取引所となっています。
BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPointの口座開設はこちら

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

仮想通貨取引所大手BITPoint

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインの評価
大手レベル
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
セキュリティ
(5.0)

「GMOコイン」は東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ」が運営する大手仮想通貨取引所です。

運営会社がしっかりしているのでトラブルが起きた時のサポートも安心して取引を行えます。

また、セキュリティ面でも「コールドウォレット」「マルチシグ」「2段階認証」に対応しており、万全の体制を整えています。

2018年9月からは従来の販売所のサービスだけでなく取引所のサービスもスタートしました。

MEMO
販売所ではGMOコインから直接仮想通貨を購入しますが、取引所ではGMOコインに登録しているユーザーが直接取引を行えます。

これによって販売所での購入よりも自由な価格設定で取引を行えます。

このようにサポート面だけでなく、取引を行う場合にもより柔軟な取引を行うことができます。

また、国内では数少ないアルトコインを使ったFX取引にも対応しているので、「FX取引をやってみたい!」という方にもおすすめです。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコイン【GMOコイン】スマホからレバレッジ最大25倍でビットコインFX!アプリで快適な取引

GMOコインの登録はこちら

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)

仮想通貨取引所大手DMM Bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinの評価
大手レベル
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
セキュリティ
(5.0)

「DMM Bitcoin」はさまざまな事業を展開している「DMMグループ」が運営する大手仮想通貨取引所です。

最近だと今人気のアーティストグループ「レペゼン地球」のプレゼント企画に1億円を出資したことでも話題となりました。

運営会社の事業基盤がしっかりしているので、仮想通貨取引所の中でももっとも信頼できる取引所の1つということができます。

「DMM Bitcoin」では土日を含めた24時間サポートを行っており、初心者の方でも操作方法が分からなければ問い合わせをして解決することができます。

また、GMOコインと同様にアルトコインを使ったFX取引にも対応している数少ない取引所の1つでもあるので、FX取引を行いたい方にもおすすめです。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM ビットコインアルトコインもレバレッジ取引できてアプリが使いやすい取引所DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨取引所大手ランキングTOP3【海外編】

仮想通貨取引所大手海外

ここからは海外の大手仮想通貨取引所を解説していきたいと思います。

もし国内でめぼしい取引所がなければこちらから探していくのも良いでしょう。

Binance(バイナンス)

仮想通貨取引所大手Binance

出典: https://www.binance.com/en

Binanceの評価
大手レベル
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
セキュリティ
(5.0)

「Binance」中国発の大手仮想通貨取引所で、300種類以上の通貨ペアを取り扱っています。

中国政府の規制を懸念し、中国から香港、2018年には香港からマルタへと本社の拠点を移動しています。

また、「Binance」は2017年に現在時価総額でも上位に位置する仮想通貨の「Tron(トロン)」のICOをサポートしたことでも話題となりました。

アジアではまさに最大規模の取引所となっており、「資金力」と「信頼性」の面でも十分な力を持っている取引所ということができます。

BitMEX(ビットメックス)

仮想通貨取引所大手BitMEX

出典: https://www.bitmex.com/

BitMEXの評価
大手レベル
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
セキュリティ
(4.5)

「BitMEX」サンフランシスコと香港に拠点を構える大手仮想通貨取引所です。

最大の特徴はレバレッジを100倍効かせたFX取引を行うことができます。

国内取引所ではレバレッジは最大でも25倍程度なのでこの数字がいかにすごい数字かわかりますね。

世界規模の取引所でビットコインを購入したいという方にはおすすめの取引所となっています。

Bithumb(ビッサム)

仮想通貨取引所大手Bithumb

出典: https://www.bithumb.com/

Bithumbの評価
大手レベル
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
セキュリティ
(4.5)

「Bithumb」若年層を中心に仮想通貨の投資熱が高い韓国発の大手仮想通貨取引所です。

1日あたりのビットコインの取引高も100億円以上とスケール感の大きい驚異的な数字を記録しています。

特徴として定期的に取引で使えるクーポンを発行しており、通常の取引所に比べるとより安価に仮想通貨を購入することができます。

また、日本語表示にも対応しているので英語表示が苦手な方にもおすすめの海外取引所となっています。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨取引所大手選ぶ際のポイント

ここからは仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントについて解説していきたいと思います。

セキュリティ

仮想通貨取引所大手セキュリティ

取引所を選ぶ上でセキュリティは大事なポイントです。

ニュースなどで耳にしたこともあるかと思いますが、仮想通貨にはハッキングがつきものです。

国内だけでも2018年に「coincheck(コインチェック)」と「Zaif(ザイフ)」の2つの取引所がハッキングにあっています。

自分の大切な資産を守るためにもセキュリティのしっかりとした取引所を選ぶようにしましょう。

この項目ではセキュリティを確認する際に大事なポイントを紹介していきます。

コールドウォレット

仮想通貨取引所大手コールドウォレット

日常生活で私たちが使っているお金はお財布に入れて保管・管理します。

これと同様に仮想通貨にもお財布が存在し、「ウォレット」と呼ばれるデジタルなお財布に入れて保管・管理します。

取引所で仮想通貨を購入した場合も同様で、取引所がそれぞれのユーザー専用のウォレットを用意していくれています。

この「ウォレット」は取引所によって使っているタイプが違いますが、もっとも安全に保管することができるのが「コールドウォレット」と呼ばれるものです。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは外部のネットワークと完全に遮断されたウォレットのことです。

外部のネットワークからの不正アクセスを防止し、ハッキングのリスクを軽減してくれます。

「コールドウォレット」と違い外部ネットワークと常につながっているウォレットのことを「ホットウォレット」と呼びます。

2018年に国内で起こった2つのハッキング事件は、どちらもこの「ホットウォレット」からハッキングされ仮想通貨を盗難されています。

ネットワークとつながっていると外部からアクセスされる可能性が高くなりますが、コールドウォレットでは完全に遮断されているので安心です。

こういったことからも取引所を選ぶ際には仮想通貨の保管・管理にコールドウォレットを採用している取引所を選ぶことをおすすめします。

マルチシグ

仮想通貨取引所大手マルチシグ

仮想通貨の取引の際には、その取引の信頼性を保つために「電子署名」という技術が使われており、「秘密鍵」という鍵を使うことでこの署名を認証できる仕組みとなっています。

通常、1つの取引に対して1つの「秘密鍵」が使われるようになっていますが、万が一この秘密鍵」を紛失してしまうと取引の内容を書き換えられてしまうというリスクがあります。

この問題を解決するために使われるのが「マルチシグ」です。

マルチシグとは?

「マルチシグ」とは1つの取引に対して複数の「秘密鍵」を使って取引を認証する署名方式のことです。

これによって、もし1つの「秘密鍵」を紛失しても他の「秘密鍵」が揃わなければ取引の内容を書き換えることができない仕組みとなっています。

このようにマルチシグを使うことで、取引所を経由して他の取引所に仮想通貨を送金する際なども安全にその取引を行うことができるのです。

2段階認証

仮想通貨取引所大手2段階認証

通常取引所にログインする場合にはIDとパスワードを使ってログインしますが、万が一この情報が他の人に知られてしますと不正にログインされる可能性があります。

この問題を解決するために使われるのが「2段階認証」です。

2段階認証とは?

「2段階認証」とは通常のIDとパスワードでのログインだけでなく、一定期間有効になるパスワードを発行してそのパスワードを使いログインする方式のことです。

これによって通常のIDとパスワードでのログインのセキュリティをさらに強化することができます。

取り扱い銘柄

仮想通貨取引所大手取り扱い銘柄

取引所によって取り扱いをしている銘柄はさまざまです。

基本的に国内取引所は取り扱い銘柄が少なく、海外取引所は取り扱い銘柄が多くなっています。

これは日本の金融庁が定めた「ホワイトリスト」というものが原因となっています。

ホワイトリストとは?

「ホワイトリスト」とは金融庁が安全だと定めた仮想通貨が載っているリストのことです。

国内取引所ではこのリストに載っている仮想通貨しか取り扱うことができません。

こういったことからも、たくさんの銘柄を取引したい方には海外の仮想通貨取引所を使うことをおすすめします。

FX取引の有無

仮想通貨取引所大手FXの有無

もしあなたが仮想通貨を使ったFX取引をしたいと考えている場合は、登録する取引所がFX取引に対応しているかを確認するようにしましょう。

FX取引とは?

「FX取引」とは、自己資金を証拠金として取引所に提出し、それを元手に借り入れを行い取引を行うトレード手法のことです。

証拠金に対して借り入れできる倍率のことをレバレッジと呼ぶことから、「レバレッジ取引」と言う場合もあります。

取引所によってはこのFX取引に対応していない取引所もあるため、せっかく登録しても取引をすることができないなんてこともありえます。

そうならないためにも対応の有無は事前に確認をしておくようにしましょう。

仮想通貨取引所の大手についてまとめ

仮想通貨取引所大手まとめ

以上、大手の仮想通貨取引所について解説してきましたがいかがでしょうか?

仮想通貨取引所といってもさまざまな取引所があるため、どこを選べば良いのかわからないですよね。

しかし、大手の取引所では基本的にセキュリティや補償、電話やメールなどでのサポート面が非常に充実しているので、安心して取引を行うことができるようになっています。

特に初心者の方は大手の取引所を使ったほうが安心して取引を行うことができるので、どこが良いかわからないという方にはおすすめです。

みなさんもこの記事を参考にぜひ仮想通貨取引を楽しんでくださいね!