やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の6つの稼ぎ方・手法を徹底比較!おすすめはどれ?

仮想通貨を買ってはみたものの、なかなか利益がだせない

価格が上がるのを待つだけというのは効率がわるい気がする…

と感じたことはありませんか?

仮想通貨取引では「現物取引」が基本となっていますが、現物取引では通貨価格が上がらない限り利益が出せないので、効率の悪さを感じる人も少なくありません。

しかし、実際の仮想通貨取引には現物取引以外にもいくつかの稼ぎ方があるので、自分に合った方法を選ぶことでより効率的に稼げるようになります。

そこで今回は、仮想通貨を稼ぐ6つの手法を紹介したいと思います。

それぞれの特徴やメリットも分かりやすく解説していきますので、この記事を読めば自分に合った稼ぎ方を見つけることができるでしょう!

ざっくり言うと
  • 仮想通貨を稼ぐ方法は、手堅い通貨の長期的保有短期トレードFX取引などの方法がある
  • 大きく稼ぐならICOやプレセール、草コインなどもおすすめだが、初心者は詐欺にあう可能性もあるので注意
  • ただし、大きなレバレッジやICOなどの通貨は儲けも大きければリスクも大きい
  • 初心者の方には、中長期保有(仮想通貨を買うだけ)する、仮想通貨取引がもっともおすすめ。
  • 日本で仮想通貨を買うためには、仮想通貨取引所の口座が必要で、おすすめの口座は、販売所の取引手数料が無料Coincheck(コインチェック)です。
  • 中上級者の方にも、取引手法ではCoincheck(コインチェック)にしかないものも多いので、一番おすすめできる仮想通貨取引所です!

>>>Coincheck(コインチェック )公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック )公式サイトはこちら

仮想通貨取引所ランキング

この記事を書いた人

ゼロはじ編集部(株式会社カボ)
ゼロはじ編集部(株式会社カボ)

日本最大級の仮想通貨取引所比較サービス「ゼロはじ」は最新かつ正確な情報をお届けしています。 運営する株式会社カボは一般社団法人仮想通貨ビジネス協会の準会員です。

仮想通貨の6つの稼ぎ方を難易度・収益性別に比較

仮想通貨の稼ぎ方には大きく分けて6つの方法があります。

そこでまず、それぞれがどのくらいの難易度で、どれくらいの収益性を見込めるかを比較表にしました。

表を参考に、自分のステージによって学ぶ手法を選びましょう!

手法トレードスタイル収益性リスクレベル
現物取引(中~長期取引)中長期~長期(数ヶ月~数年)初心者
現物取引(短期取引)短期(数時間~数時間)初心者〜上級者
仮想通貨FX短期(数時間~数日)中級者〜上級者
ICOコイン長期超高
草コイン長期超高
レンディング長期初心者〜上級者

表からもわかるように、最もリスクとリターンのバランスが良いのが現物取引(中〜長期保有)です。

初心者はまず現物取引の長期保有からはじめ、慣れてきたら短期トレード、次に仮想通貨FXといった流れでチャレンジすると良いでしょう。

初心者におすすめの仮想通貨の稼ぎ方

①長期保有+レンディング→②短期トレード→③仮想通貨FX

それでは以下ではそれぞれの取引の方法と特徴を解説します。

稼ぎ方①:手堅い通貨を中〜長期保有する

ビットコイン 稼ぎ方 長期投資

1つ目に紹介する仮想通貨の稼ぎ方は、手堅い人気通貨を購入して長期間保有する方法です。

この方法は仮想通貨取引の基本となる「現物取引」なので、特に難しい知識も必要なく、初心者でも手軽に始められます

また、長期保有することで複利効果が得られたり、暴落に強くなったりといったメリットもあるため、低リスクでストレスなく稼げる手法だといえるでしょう。

人気通貨を中〜長期間保有の特徴
  • リスクコントロールしやすい
  • 一度買ったらほぼ放置でいいので、時間を取られない
  • 他の方法と比べると、短期間に爆発的な利益は得られない

リスクコントロールしやすい

仮想通貨を短期間で儲けようとした場合、売り時を逃すと大きな損失になる可能性があるため、価格が暴落する前に売りぬいてしまう必要があります。

ですが、長期間保有する場合は「売らない」のが基本ですので、たとえ価格が暴落したとしても戻るまで待てば良いのです。

そのため、ある程度まで価格が上がれば多少の暴落も含み益の範囲内となり、元金がマイナスになるというリスクを避けることができるでしょう。

一度買ったらほぼ放置でいいので時間を取られない

仮想通貨の値動きはかなり激しく、一瞬で高騰・暴落する可能性も十分にあり得ます。

そのため、短期トレードをする人などはチャートに張り付いて取引をする必要があるのです。

一方長期保有では、仮想通貨を売買せず、価格が上がるのを何年も待つという手法になりますので、いちいちチャートをチェックする必要がありません。

一度ポジションを持ってしまえばあとは何年も待つだけですから、時間的なリスク分散にも優れているといえます。

他の方法に比べると爆発力は低いかも

手堅い通貨さえしっかり選べば、あとはほぼ放置状態で良いという長期保有ですが、まとまった利益になるまでには時間がかかります。

そのため、まとまったお金がすぐに欲しいという人には向きません。

また、万が一仮想通貨自体が崩壊してしまった場合は全損失になってしまいますので、その点ではこまめに取引を行っている方が安心です。

中長期保有の仮想通貨取引ならCoincheck(コインチェック)がおすすめ

仮想通貨の中長期取引にはCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

Coincheckでは、取引できる仮想通貨の数も12種類と国内最多で、一般的に取引される、ビットコインやイーサリアム ・リップルを含めた通貨を購入することができます。

また、Coincheckは初心者の方にとっては、「指値」や「成行」といった言葉がわからなくても、仮想通貨のやりとりをできるので、手軽に仮想通貨を購入することができます。(思ったより高く買っちゃった…。なんてことを回避することができます。)

合わせてCoincheckは、スマホアプリが他の取引所と比較しても、ダントツで使いやすいです。

証券アナリスト 中島 翔

Coincheckの一番の強みはやはりUI/UXと言えるでしょう。

取引画面の使い易さ、操作性、簡単でワンクリックで購入できる等ユーザーフレンドリーを徹底した作りとなっており、この簡単、手軽さで操作できる画面の作り方は日本トップで、いまだにCoincheckを利用しているユーザーがいるのはやはりこの部分が大きいと言えます。

またアプリはダウンロード数NO1で筆者自身も価格チェックのために利用しており、手軽にすぐに価格がチェック出来るのはとても便利です。

引用:Coincheck

Coincheckのスマホアプリは、上記のように「価格確認」から「通貨購入」まで、ワンタッチで行うことができます。

画面下部の通貨を選択するだけで、その通貨の価格を一目で把握すること可能です!

一部上場企業「マネックスグループ」によって運営されているので、安心感が違いますね。

もともと「マネックス証券」なども手がけており、安全性もしっかり確保されています。

このように、初心者の方から中上級者の方まで、幅広く嬉しい機能を揃えているCoincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引をされる方すべてにおすすめすることができる仮想通貨取引所です。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

稼ぎ方②:短期トレードで稼ぐ

ビットコイン 稼ぎ方 長期保有

短期トレードとは、その名の通り単時価で取引を完了させる手法です。

一般的には数分~数週間の取引をいい、短期トレードの中にもいくつかの手法が存在します。

長期保有とは違い、常にチャートを気にする必要があり難易度も高くなりますが、短時間で多額を稼げるというメリットがあるのです。

短期トレードでの稼ぎ方特徴
  • スキャルピング・スイングトレード・アービトラージなど稼ぎ方が多数
  • ファンダメンタルズを追う
  • 地合いによっては失敗する可能性も

スキャル・スイング・アビトラなど稼ぎ方が多数

短期トレードには、数分~数時間で取引をするスキャルピングや、数時間~数週間のスイング取引所間の価格差で利益を出すアービトラージなどの種類があります。

上記のような手法は、短期間で価格が上がった時に取引をし、小さな利益を積み上げるといった点で共通しています。

値幅が大きければ大きいほど利益を上げやすくなる手法のため、相場が不安定な時でも利益を出しやすいのが特徴です。

ただし、相場を読み間違えると損をしてしまうリスクもあるので中級者向けです。

とはいえ短期トレードは短期間で大きな利益を得られるため、手法を身に付けてしまえばかなり効率的に利益を生み出せるといえます。

MEMO
  • スキャルピング小さな値幅で取引をする手法。一回に得られる利益は少ないが、1日に何回か繰り返すことで利益を積み上げていくスタイル。
  • スイングトレード2・3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレード手法。スキャルピングより長期的なトレードで、自ずと1回の取引で得られる額が大きくなる。
  • アービトラージ仮想通貨取引所の価格差を利用して利益を出す手法。仮想通貨の価格は取引所ごとに違うため、価格が安い取引所で仮想通貨をかい、価格が高い取引所で仮想通貨を売却することで利益を得る。
 

ファンダメンタルズを追えば比較的やりやすい

仮想通貨は、ハードフォークやエアドロップ、リブランディングといったイベント前には、価格が上昇するのが一般的です。

短期トレードではこういった価格に影響を与えるイベントを分析するファンダメンタル分析を合わせた取引が可能ですので、比較的利益が出しやすいといえます。

MEMO

仮想通貨取引におけるファンダメンタルズ分析で有効な情報

  • 世界各国の政府機関が発表する仮想通貨情報
  • 仮想通貨取引の発表
  • 仮想通貨開発元の情報
  • 大手通信社が発表する仮想通貨関連ニュース
  • 世界経済の情報

  

低迷期には、利益を上げられなくなるので注意

短期トレードは数時間〜数週間でのトレードと解説をしました。

通常仮想通貨は上昇・下落を繰り返して推移するため、一時的な下げ相場なら利益を出すことができます。

しかし、長期的な低迷期に入ってしまうと利益を出すタイミングが減ってしまいます。

短期トレードで稼ぐならDMM Bitcoinがおすすめ

ビットコイン-今後-DMM Bitcoin

仮想通貨の短期取引にはDMM Bitcoinがおすすめです。

短期取引で気になるのは、取引するたびにかかる取引手数料や、レバレッジ取引できる通貨の数ですが、DMM Bitocoinは多くの注文手数料が無料の為、取引手数料をあまり気にせずに頻繁な取引を行うことができます。

また、仮想通貨のレバレッジ取引では、bitFlyerでは取引できないネムなどのレバレッジ取引に対応しています。

短期での仮想通貨取引で稼ぎたいという方には、DMM Bitcoinがおすすめです。

仮想通貨始め方DMMBitcoin

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinの登録はこちら

稼ぎ方③:ビットコインFXで稼ぐ

ビットコイン 稼ぎ方 ビットコインFX

仮想通貨FXとは、担保となる元手の資金に『レバレッジ』を掛け数倍の資金で取引をするという手法です。

例えば、元手の資金が1万円でレバレッジを4倍掛けたとすると、4万円を資金に取引ができます。

元手が1万円でも、4万円分の取引をした時と同じ利益が得られ、逆に4万円分の取引をした時と同じ損失も発生します。

元手の資金がすぐになくなったり、マイナスになるリスクはありますが、大きく稼ぐことができるというハイリスク・ハイリターンの手法です。

仮想通貨FXでは注文方法も独特で、通常『買い』から注文するものを『売り』から注文することができます。

少し難しい話になりますが、ポイントは『売り』から入る場合、仮想通貨の価格が下げ相場でも利益を得られる、ということだけを押さえておきましょう。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

仮想通貨のレバレッジ取引とは、口座資金の数倍から数百倍の資金で仮想通貨の売買ができる、取引サービスのことです。

それなりにリスクも大きくなりますが、念入りな仮説検証を繰り返せば初心者でも十分チャレンジできるでしょう。

一般的な為替FXよりも価格変動が大きくなりますので、短期間で大きな利益を出したいという人におすすめです。

仮想通貨FXの特徴
  • 値動きが大きいから稼ぎやすい
  • 雰囲気でやるとすぐに資金がなくなる
  • 画面に張り付いている必要がある

仮想通貨FXは値動きが大きいから稼ぎやすい

仮想通貨FXではビットコインでの取引がメインとなっており、主流コインなだけにボラティリティ(値動き)がかなり大きいというのが特徴です。

そのため、一般的な為替FXより稼ぎやすいともいわれています。

また、少ない資金でも大きな金額で取引ができるレバレッジも利用できるので、投資に使えるお金が少ない人でも、効率的に稼ぐことが可能です。

雰囲気でやるとすぐに資金がなくなる

仮想通貨FXは、大きく儲けやすい分リスクも大きいので注意が必要です。

特に、ノリで大きなレバレッジをかけたてしまうと、一瞬で追証やロスカットになる場合があります。

また、ベストなタイミングで売買するためには「いくらになったら売る」「損失がいくらになったらロスカットをする」といったルールに沿って取引することが大切です。

MEMO
  • 追証→一定以上の損失がでて、証拠金(元手の資金)の維持率が一定以下になった場合に発生する追加保証金。
  • ロスカット→一定以上の損失がでた場合、追証が発生しないように仮想通貨取引所が強制決済をする制度。
  

画面に張り付いている必要がある

仮想通貨FXではチャートの分析や観察が必要になるため、ある程度画面に張り付いていなければなりません。

もちろん、エントリーの基準やルールは人それぞれ違うため分析時間が短い人もいますが、初心者にとっては難易度が高いですので、画面に張り付く時間は長くなるといえます。

ビットコインFXにはbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ

ビットコインFXならbitFlyerがおすすめです。

bitFlyerは先ほども少しご紹介した通り、特殊な注文を多くすることが可能で、中でもbitFlyer Lightningは非常に使いやすいと評判のビットコインFXツールです。

世界のトレーダーも利用するMT4システムを導入しており、細部まで分析することができるため、初心者〜上級者にも向いています。

特に初心者は脱・初心者をするためにも、MT4のような分析ツールを用いて分析力を身につけましょう。

先ほどもご紹介した通り、IFDやOCOといった特殊注文が可能で、ビットコインFXには非常におすすめの仮想通貨取引所です。

>>>bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら<<<

bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら

稼ぎ方④:ICO・プレセールに参加する

ビットコイン 稼ぎ方 ICO

ICOとは「Initial coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略称で、簡単にいうとクラウドファンディングのような資金調達方法のことです。

ICOにはさまざまなプロジェクトが存在しており、将来性に期待ができる内容だったり、自分が応援したいと思えるプロジェクトに仮想通貨で投資を行います。

その際、参加報酬としてICO独自の仮想通貨がもらえ、これに価値が付くことによって儲けることができるのです。

ICO・プレセールの特徴
  • 詐欺も多く、有望なプロジェクとを見極めるのが超困難
  • 上場するまではICOに独自仮想通貨は利用できない
  • 成功プロジェクトを引き当てた時の爆発力はすごい

詐欺も多く有望なプロジェクトを見極めるのが超困難

現代では数多くのICOプロジェクトが存在しますが、その中の多くは詐欺だといわれており、利益が見込めるICOを選ぶのはかなり難しくなります。

運よくプロジェクトが成功した場合は100倍以上の膨大なリターンが見込めますが、プロジェクトが失敗した場合は、投資分の資金がまるまる消えてしまうことに。

上場するまで取引できない

ICOプロジェクトは、プロジェクトが完了し仮想通貨取引所に上場することで成功となります。

しかし、取引所に上場するまでには2~3年を要するのが一般的で、それまでは当然取引ができません。

プロジェクトの期間は各ICOによって異なりますが、だいたい中~長期保有と同じくらいの期間だと認識しておきましょう。

引き当てた時の爆発力はすごい

ICOは当てた時の利益が大きいというのが最大の魅力だといえます。

これまでに成功したICOの中には数千倍になった案件もあり、宝くじ感覚で購入する人も少なくありません。

最近ではICO参入の壁が高くなってきてはいますが、英語表記に対応できる人や、時間をかけて調査ができる人にはおすすめです。

稼ぎ方⑤:草コイン(超マイナーアルトコイン)を買う

ビットコイン 稼ぎ方 草コイン

草コインを購入するという手法は、時価総額500位以下の誰も知らないような通貨の中から、有望な通貨を探して保有するというもの。

これも中~長期保有と同じ要領となりますが、草コインは価格が安いため購入しやすく、中には1日で10倍になるような通貨も存在するのです。

草コインを買う
  • 数千ある通貨から有望なものを探す気力が必要
  • 必ず価値が上がるとは限らない
  • 1日で10倍になることも

数千ある通貨から有望なものを探す気力が必要

現在、世界中には1,000種類以上もの仮想通貨が存在しており、その中から有望な草コインを探すとなるとかなりの根気が必要になります。

また、公式サイトなどの情報源は英語表記が基本となりますから、英語が苦手な場合は膨大な時間と労力がかかることでしょう。

必ず価値が上がるとは限らない

投資する草コインの選定にはかなりの労力がかかりますが、かといって必ず利益が出るとは限りません。

そもそも、草コインは誰も知らないような通貨ですので、買われる機会が極めて少ないのです。

そのため、価格があがるまで待つという忍耐力も必要でしょう。

1日で10倍になることも

草コインの魅力は、ほんの少し注目されただけで簡単に値上がりするという部分にあります。

もともと取引されている量がすくないので、買い手の数が少しでも増えればすぐに価格が上がり、利益を出しやすいといえるのです。

また、苦労して選んだ草コインの価格が上がった際は大きな達成感が感じられ、これも人気の秘訣となっています。

草コインの購入はバイナンスから始めよう

草コイン購入を検討している方はバイナンスで売買している通貨の購入から始めることをおすすめします。

国内の取引所ですと、どうしても購入できる通貨は限られてきますが、バイナンスでは160種類以上の通貨の売買が可能です。

海外の取引所として世界トップの取引所であるバイナンスは、取引高も高く顧客対応もとても良いと評判で使いやすいので初めて海外の取引所を使う方にもおすすめの取引所です。

ADA購入バイナンス

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら

稼ぎ方⑥:レンディングをする

仮想通貨の稼ぎ方6つ目は、レンディングをするという方法です。

レンディングとは保有している仮想通貨を仮装通貨取引所に貸し、期限がきたら利子付きで返してもらう『貸仮想通貨』と呼ばれる手法です。

この手法は今日損失リスクが非常に低いことや、何もしなくても儲けることができるという点で人気で注目を集めています。

半年〜1年間ほど仮想通貨を取引せずに保有する長期トレードを検討している人には、合わせて活用することをおすすめします。

2020年現在、国内でレンディングができる仮想通貨取引所は『GMOコイン』です。

GMOコインでレンディングをする

国内でレンディングができる仮想通貨取引所は『GMOコイン』です。

GMOコインのレンディングの特徴は、短期間で少額から始められるという点です。




レンディングは保有する仮想通貨の量が多い方が、比例して利率も上がるので必然的に仮想通貨の保有量が多い人が利用します。

しかし、少量だから稼ぐことができないという訳ではありません。

確かに稼ぐことのできる総額は少額ですが、GMOコインなら貸す仮想通貨の最低ラインは低く、誰でも始めることができます。

ただ保有するだけなら、少額でもノーリスクで稼ぐことのできるレンディングがおすすめです。

注意

レンディングの募集は毎月15日に、1度だけ行われます。

GMOコインのレンディングは人気で、すぐに枠がなくなってしまうと口コミ多数なのでお早めに応募しましょう!

仮想通貨始め方

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインの登録はこちら

GMOコインレバレッジ最大4倍でビットコインFX!スマホアプリで快適に取引【GMOコイン】

仮想通貨を稼ぐには自分に合った稼ぎ方を見つけるのがポイント!

ビットコイン 稼ぎ方 仮想通貨

仮想通貨取引を行う人の多くは儲け目的で取引を行っており、少ない損失で大きな利益を出したいと考えていることでしょう。

しかし、仮想通貨取引にはいろいろな手法があって、大きな利益が出せるものほどリスクも大きくなるといえます。

そのため、効率よく稼ぐためには自分に合った方法で取引を行うのがおすすめです。

「なるべく早く利益を出したい!」という心理もわかりますが、それで損失を増やしてしまっては意味がありませんので、まずはじっくりと自分に合う手法を検討してみましょう!

仮想通貨取引を初めてみるならCoincheck(コインチェック)から初めて見るのがおすすめです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

この記事に登場した専門家

ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト ひろぴー

  2010年から外国為替FX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、外国為替FX取引で資産を急激に増加、この年から外国為替FX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。   2014年には、ZAIFXとYahooファイナンスのコラボレーション企画で、タレントのボビー・オロゴンさんや福田萌さんとのトレードバトルが話題となり、2016年から2019年まで、ラジオNIKKEIの外国為替FX番組「トレードパーティー」でラジオパーソナリティーを務める。   現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。

Twitter @hiropi_fx

ZAIFX×Yahooファイナンスのコラボレーション特設ページ

ラジオNIKKEI「トレードパーティー」公式サイト