やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FXの魅力や注意点、おすすめ取引所を徹底検証!

fx-osusume-thumbnail

「仮想通貨FXと為替FXでは何が違うの?」

「仮想通貨でFXトレードをするとどんなメリットがあるんだろう?」

と思ったことはありませんか?

仮想通貨取引をしていると「仮想通貨FX」という文字を頻繁に目にしますが、具体的にどういったものかを知らない人は多いはずです。

「FX」というだけに「難しい」「リスクが大きい」といったイメージを持ってしまうのが一般的かもしれませんね。

しかし、仮想通貨FXは効率的な取引ができますから、仕組みをしっかりと理解すれば初心者でも十分チャレンジは可能です。

そこで今回は、仮想通貨FXのメリットやデメリット、取引におすすめの取引所を紹介していきたいと思います。

この記事を読み終わる頃には仮想通貨FXを理解し、効率的に資産を増やせる術が身につきますよ!

仮想通貨FXとは?

出典: https://www.shutterstock.com/home/

仮想通貨FXは、仮想通貨を利用した証拠金取引のことをいいます。

証拠金取引というのは、いくらかの証拠金を預けることで実際の数倍〜数十倍の資金が動かせるという、いわゆる「レバレッジ取引」のこと。

仮想通貨取引は大きく分けて「現物取引」「証拠金取引」の2種類があり、この証拠金取引として仮想通貨FXが存在しています。

現物取引証拠金取引
取引所
販売所
FX
先物
信用

また、証拠金取引(レバレッジ取引)は「FX・先物・信用」の3つに分類でき、これらは微妙に違った特徴を持っているんです。

証拠金取引の種類
  • FX:取引の結果分だけを動かす差金取引
  • 先物:いつ・何を・いくら買う(売る)という約束をする取引
  • 信用:取引所から融資を受けて取引するもの
MEMO

レバレッジ取引についての詳細はこちらの記事で解説しています。

仮想通貨レバレッジ-thumbnail仮想通貨レバレッジを完全攻略!基礎知識から取引所の比較、取引方法までやさしく解説

仮想通貨の差金取引

仮想通貨FXでは「差金取引」が行われます。

差金取引というのは、実際に仮想通貨を移動させて取引するのではなく、仮想通貨を借りて取引をするというもの。

例えば、現物取引で10万円分のビットコインを購入すると

  • 日本円口座から10万円引き落としする
  • 取引所口座に10万円分のビットコインが入金される

また、購入したビットコインが12万円で売却できた場合は

  • 取引所口座から12万円分のビットコインを引き落としする
  • 日本円口座に12万円が入金される

といった資金の動きが発生し、購入10万円・売却12万円で合計22万円の資金を動かしたことになりますよね。

これが仮想通貨FXになると、証拠金を預ければ取引が可能となりますので、10万円分のビットコインを購入しても日本円は減らず、取引所口座にも振り込まれません。

簡単にいうと、架空の資金で取引をするようなイメージです。

そして架空で購入したビットコインが12万円で売却できた際は、プラスとなる2万円だけが口座に反映されます。

つまり、取引をするために架空の仮想通貨を借りているということなのです。

値動きが非常に大きい

仮想通貨FXには値動きが非常に大きい(激しい)という特徴があります。

仮想通貨FXではビットコインを利用するのが一般的なのですが、その場合は為替FXで主流となる「ドル/円」の10倍以上も値動きすると言われているのです。

これは、仮想通貨がまだ発展途中であることと、ブロックチェーンを元に取引を行なっているためコントロールができないというのが大きな理由。

さらに仮想通貨取引ではレバレッジが利用できますから、値動きの影響が非常に大きくなるといえるでしょう。

仮想通貨FXのメリット

出典: https://www.shutterstock.com/home/

一般的な現物取引とは大きく異なる仮想通貨FXですが、現物取引よりも断然効率的に利益が出せるといわれています。

初心者にとってはリスクしか感じられないかもしれませんが、具体的には3つのメリットがあり、これら全てが仮想通貨FXの大きな魅力となっているのです。

では、3つのメリットについてさっそくチェックしていきましょう!

メリット1:「買い」と「売り」の両方で取引ができる

現物取引においては「安く買って高く売る」がモットーとなりますが、仮想通貨FXでは「高く買って安く売る」という、いわゆる売り注文ができます。

しかし、FX経験がない場合は「売る」という感覚がよく分からないかもしれませんね。

売り注文では、「ショートポジション(空売り)」という機能を活用して仮想通貨を売却します。

そもそも仮想通貨FXでは架空の資金で取引を行うため、「仮想通貨を所持している」という前提で売却することもできるのです。

買い注文(現物取引・仮想通貨FX)

1BTC=5万円→購入(買い)

1BTC=10万円→売却(売り)

*価格が上がった時に買って、下がった時に売る

売り注文(仮想通貨FX)

1BTC=10万円→購入(買い)

1BTC=5万円→売却(売り)

*価格が下がった時に買って、上がった時に売る

つまり、価格が上がらないと利益が出ない現物取引に対し、仮想通貨FXでは価格が上がっても下がっても利益が出せるということ!

そのため、かなり効率的に取引が行えることになるのです。

メリット2:大きな利益を狙える

これは証拠金取引全般にいえることですが、レバレッジを利用することで実際の資金よりも大きな金額で取引できるというメリットがあります。

レバレッジの倍率については利用する取引所によって違いますが、大きな倍率をかけるほど得られる利益も大きくなるということ。

例えば、10万円の資金に10倍のレバレッジをかけると、100万円の取引が可能となります。

そのため、小さな資金でも効率的に利益が出せるのです。

メリット3:24時間365日対応

通常の為替FXでは土日に取引をすることができません。

また、アメリカのニューヨーク時間が元になりますので、土日以外で取引できない日も随時発生するものです。

しかし、仮想通貨FXでは24時間365日取引を行うことができますから、仕事や学校といったライフスタイルに囚われず取引することができるでしょう。

さらに、ポジションを持ったまま操作できなくなることもありませんから、為替FXよりも扱いやすいといえますね。

仮想通貨FXのデメリット

出典: https://www.shutterstock.com/home/

仮想通貨FXには大きな魅力がありますが、その分気をつけなければいけない点もあります。

おそらく、仮想通貨FXが危険だといわれる理由も、これらの注意点と一致するのではないでしょうか。

しかし、リスクやデメリットを理解しておけば安心な取引にも繋がりますので、仮想通貨FXを始める前にしっかりとチェックしておきましょう。

デメリット1:金額が大きい分リスクも大きい

仮想通貨FX最大のリスクとなるのが損失の大きさです。

前述したように、仮想通貨FXではレバレッジ取引が可能ですので、少ない資金で大きな利益を出すことができます。

しかし、意図せぬ方へ値動きしてしまった場合はその分損失も大きくなるのです。

これはレバレッジの倍率が大きい、つまり、利率が高いほど損失も大きくなるといえます。

さらに、仮想通貨FXは値動きが非常に激しいというのが特徴ですから、順調に利益が出ていたとしても一瞬で大きな損失になる可能性もあるのです。

デメリット2:含み損が増えると強制終了になる

仮想通貨FXでは「証拠金」を預けることで取引が可能となりますが、マイナス取引が続き含み損が増えていくと、「追証(おいしょう)」を請求されます。

MEMO

追証というのは「追加証拠金」の略で、取引における信用を得るための証拠金が一定額以下となった場合、取引所から追加するよう注意喚起が促されます。

さらに、追証を入金せずそのまま取引をし、含み損が一定の割合まで増えてしまった際には、取引を強制終了させる「ロスカット」というシステムが適用されるのです。

ロスカットは「これ以上損失が大きくならないように」という制御システムである反面、自分の意思に関係なく強制終了となるので、ユーザーにとっては厄介なことも。

ロスカットで取引が強制終了した場合はその時点で損益が確定し、新たに証拠金を預けて一から取引を行うこととなります。

ちなみに、追証とロスカットの設定値は各取引所によって違います。

bitFlyer(ビットフライヤー)の場合
  • 証拠金維持率:80%
  • ロスカット:50%

仮想通貨FXが利用できるおすすめの取引所

ここでは、仮想通貨FXを利用するうえでおすすめの取引所をまとめてみました。

今回は、初心者にも扱いやすい国内取引所のおすすめを取り上げてみましたので、これから仮想通貨FXにチャレンジしようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

①DMM Bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMMグループが運営している国内取引所で、FXや証券といった金融商品に精通しているという面でも安心して利用することができます。

追証ロスカット
取引手数量ポジション料最大レバレッジ取り扱い通貨
なし80%0% 0.04%5倍BTC
ETH
XRP
LTE
BCH
ETC
NEM

DMM Bitcoinの登録はこちら

②bitbank Trade(ビットバンクトレード)

出典: https://www.bitbanktrade.jp/

bitbank Trade(ビットバンクトレード)では、仮想通貨取引ではなく「先物取引」となりますが、同じ証拠金取引となるため効率的に通り引きが行えます。

レバレッジが最大20倍と大きく、大きな金額て取引をしたい人におすすめです。

追証ロスカット取引手数料ポジション料レバレッジ取り扱い通貨
なし20%0.01%0%20倍BTC

bitbank Tradeの登録はこちら

③BITPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BITPoint(ビットポイント)は、為替FXトレーダーの間で人気の「MT4」というプラットフォームを唯一導入している取引所。

取引画面はもちろん、チャート画面を自分流にカスタマイズできたり、細かい分析が行えて非常に便利です。

追証ロスカット取引手数料ポジションレバレッジ取り扱い通貨
なし100%0%0.04%25倍BTC

BITPOINTの登録はこちら

仕組みが理解できたら実践あるのみ!

出典: https://www.shutterstock.com/home/

仮想通貨FXでは、確かにリスクが大きくなる場合もありますが、レバレッジの使い方や変動の大きさを良く理解しておけば決して難しい取引ではありません

買い注文のみならず売り注文ができるというのも非常に魅力的ですし、曜日や時間を気にせず取引できるというのも嬉しいポイント。

とはいえ、利用する取引所によって追証ロスカットの設定が違ってきますので、自分に合った取引所を見つけることも大切です。

仮想通貨FXは見ているだけではなかなか理解できませんので、実際に取引をしながら徐々に感覚を身につけていきましょう!