ビットコインの簡単な始め方

【保存版】海外取引所『Huobi(フオビ)』とは?~登録方法や使い方を徹底解説~

Huobi

「Huobi(フオビ)ってどんな特徴のある取引所なんだろう?」「信頼できるのかな?」「手数料はいくらだろう?」など、Huobiを使う前に気になる点を分かりやすくまとめています。

また「よし!Huobiを使ってみよう!」という方には、Huobiの登録方法や使い方も画像で分かりやすく解説しています。

Huobiの登録はこちら

Huobiってどんな取引所?

Huobiはシンガポール、アメリカ、日本、韓国、香港にオフィスを構え、グローバル(世界130カ国)に展開する中国系の仮想通貨取引所です。

日本語での読み方は「フオビ」、発音によっては「フォービー」「フオビー」と言ったりします。

元々は中国を拠点に2013年9月に創業しましたが、2017年10月31日に中国で仮想通貨取引所への規制が入った関係で取引を一旦停止、同年11月1日に香港とシンガポールに拠点を移し「Huobi pro」として新しくサービスを再開しました。

2018年5月10日現在、Binance、OKExに次いで世界第3位の取引量を誇り、ユーザー数も世界で数百万人(300万人以上?)と言われており世界でも有数の大手仮想通貨取引所です。

2017年12月には日本の大手金融会社「SBIホールディングス」との業務提携を発表したことで日本でも大きな話題となりました。(後に業務提携は取りやめとなりました。)

参考 Huobi(フオビー)グループとの資本および業務提携の取り止めに関するお知らせSBIホールディングス

取引所独自トークン「Huobi Token(HT)」を発表したり、上場するコインを投票で決めるサービスがあったり、レバレッジ取引ができたりと積極的にサービス展開をしており、いまもっとも勢いのある海外取引所のひとつです。

サービス内容はどんな感じ?

サービス内容一覧表

2018年5月10日現在

取り扱い通貨数104種類
通貨ペアUSDT建て:40種類
BTC建て:103種類
ETH建て:85種類
入出金手数料入金:無料
出金:通貨によって異なる。
取引手数料全通貨一律0.2%
※別途割引き制度あり
トレードの種類現物取引
レバレッジ取引(デリバティブ)
OTC(相対取引)
アプリiOS、Android、Windows、Mac
※アプリのインストールや使い方はこちら
APIあり
日本語対応
ソーシャルFacebook
Twitter
YouTube
Telegram
Medium
Instagram
weibo

取り扱い通貨について

2018年5月10日現在、Huobiの取り扱い通貨数は104種類です。

世界最大の取引所バイナンスで約120種類以上なので、バイナンスには及ばないもののかなり多くの銘柄の取引ができます。

新規上場するトークンも多く、上場スピードも早いのでバイナンスと相互補完的に使うと将来性のあるアルトコインを早めに仕込むことができるかもしれません。

またユーザーの投票により上場するトークンを決める仕組みもあります。

Huobiにあってバイナンスにはないトークン一覧(2018年5月10日現在)
ZLA、YEE、WPR、WICC、WAX、UTK、TOPC、THETA、SWFTC、STK、SRN、SOC、SNC、SBTC、RUFF、QUN、QASH、PROPY、PAY、OCN、NAS、MTX、MTN、MEET、MDS、LET、ITC、HT、GNX、GNT、ELA、EKO、EDU、DTA、DBC、DAT、CVC、CTXC、BTM、BIFI、BFT、BCX、BCH、AIDOC、ACT、ABT

取引手数料について

Huobiの取引手数料はメイカー、テイカーとも0.2%です。(全通貨ペア同じ)

国内大手取引所のビットフライヤーと同じでまあまあ標準的な手数料と言えます。

ただしバイナンスは0.1%(さらに独自トークンによる50%割引きあり)であることを考えるとまだまだ改善の余地はありますね。

「ポイントカード」と「VIP登録」による手数料の割引制度があります。

ポイントカードによる割引

Huobiではポイントカードという名称ですが、プリペイドカードと呼んだ方がしっくりきます。

先に手数料相当額のポイントカードを購入しておき、ポイントカードで手数料を支払うことで割引となります。

ポイントカードは額面の金額よりも少し安く購入できるのでその分実質的に手数料が割引になるというわけですね。

ポイントカード価格割引率
100ポイント90USDT10%
1000ポイント800USDT20%
10000ポイント7000USDT30%
100000ポイント5000USDT50%

ポイントカードはUSDTだけでなくBTC、BCH、LTC、ETH、ETCでも購入可能です。

ポイントカードの1ポイントは1USDTとして自動的に手数料に充当されます。

VIP登録による割引

Huobiが発行する取引所独自トークン「Huobi Token(HT)」でVIP会員権を購入することで取引手数料が割引になります。

VIP会員権は1ヶ月単位で購入することができ、複数月分をまとめて購入すると価格が少し安くなります。

種別割引率価格
1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
VIP110%120 HT360 350 HT720 650 HT1440 1000 HT
VIP220%600 HT1800 1750 HT3600 3250 HT7200 5000 HT
VIP330%1200 HT3600 3500 HT7200 6500 HT14400 10000 HT
VIP440%6000 HT18000 17500 HT36000 32500 HT72000 50000 HT
VIP550%12000 HT36000 35000 HT72000 65000 HT144000 100000 HT

2018年5月10日現在、1HTは3.74USDT(約417.7円)なので、10%割引のVIP1へ1ヶ月登録するだけでも120HT×417.7円=50124円必要となります。

最高ランクのVIP5の12ヶ月登録なんてしようと思えば100000HT×417.7円=41,770,000円必要となります。

一般のユーザーがこれだけの金額を払って手数料の割引を受けたところで、とてもペイするとは思えません。

このVIP登録制度にはサービス内容の改善が望まれるところです。

ちなみに「Huobi Token(HT)」はトークン上場以降、順調に値上がりしており、当初の1HT=1USDT程度から1HT=3.74USDTまで4倍近い高騰を見せています。

VIP会員権は購入しないにしても「HT」の値上がり益を狙うのはまだまだアリかもしれません。

『HADAX』~ユーザー投票で決まる新規上場トークン~

Huobiではメインの取引所「Huobi Pro」に加えてサブの取引所「HADAX」も使うことができます。

HADAXの一番の特徴は「上場するトークンをユーザーからの投票で選ぶ」という点です。

「Huobi Pro」に上場するトークンは独自の評価基準による厳しい審査を通過したものに限定しています。

故に「Huobi Pro」に上場されているトークンは詐欺コインなどが紛れ込みにくく、投資価値がしっかりあるものとなります。

そのため上場までに時間がかかるというデメリットがあります。

「HADAX」では最低限のリーガルチェックと信頼性の確認を行うのみで、あとはユーザーに委ねられています。

これにより多くのトークンを取引でき、新規上場までのスピードが早くなるというメリットがあります。

ただし玉石混交なので大きく伸びるトークンを仕込める可能性もありますが、価値のない詐欺コインをつかんでしまうリスクもあります。

また「HADAX」に上場されたトークンの中から「Huobi Pro」の基準も満たしているトークンは「Huobi Pro」に昇格します。

HADAXの始め方はこちら

『レバレッジ取引』~最高レバレッジ3倍のデリバティブ取引~

Huobiではレバレッジ取引もできます。

最大レバレッジは3倍で、現物取引ではなくデリバティブ取引となっています。

BTCやETHなどのメジャーなコインだけでなく、様々な通貨ペアのレバレッジ取引が可能です。

『OTC』~法定通貨による他ユーザーとの相対取引~

OTC取引によって他ユーザーとの相対取引もできます。

アリペイやPayPalなどの決済手段を使い、CNY(人民元)やUSD、SGDなど様々な法定通貨での取引が可能となっています。

ただしCNY(人民元)によるアリペイやWechatによる取引となっている中国ユーザーがほとんどなので、日本人の我々からはあまり実用的ではありません。

Huobiの登録方法

以下のボタンをクリックしてHuobi公式ページを開きます。

Huobiの登録はこちら

表示が英語になっているので日本語にする場合は右上の赤枠で囲った所から変更できます。

かなり多くの言語に対応しています。

日本語になりました。

少し翻訳が変な気もしますが、気にせず「すぐ新規登録へ」をクリックしましょう。

携帯電話番号かメールアドレスのどちらでも登録可能です。

今回の例ではメールアドレスで進めます。

まずは国籍が初期設定ではChinaになっているのでJapanに変更しましょう。

メールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードは8~20文字の半角英数字です。

招待コードはそのままでOK。

規約に同意は最初からチェックが入っているはずですが、もし入っていない場合は忘れずにチェックを入れておきます。

最後に「無料アカウント作成」をクリックします。

「私はロボットではありません」にチェックをいれます。

難しいと評判の画像認証があります。

画像認証を突破できれば「確認」をクリック。

入力したメールアドレスに認証コードを送信したとのことなので、メールボックスを確認します。

「【Huobi】セキュリティ認証」という件名で上図のようなメールが来ています。

数字6桁の認証コードをコピーします。

「メール認証コード」の欄にコピーした認証コードを貼り付け「完了」をクリック。

登録手続きが完了し、ログイン画面となります。

メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

スライドによる認証画面が表示されるので、バーを一番右までスライドします。

以上で口座開設の手続きは完了です。

初回のみ初心者ガイドが表示されます。

初心者ガイドは後から何回でも見ることが可能です。

セキュリティ設定の手順

入金する前に基本的なセキュリティ設定を済ませておきましょう。

2段階認証の設定

右上のメールアドレス(もしくは携帯電話番号)が表示されている所にマウスカーソルを持って行くと、上図のようなメニューが開きます。

メニューから「セキュリティ」をクリック。

GA認証器という変な翻訳になっていますが、Google authenticatorアプリによるTwo-factor authentication(2段階認証の設定)のことです。

こちらの右端の「バインド」をクリックします。

Google authenticatorアプリのダウンロードがまだの方は下記からできます。

Google authenticatorアプリを起動します。

右上の「+」マークをタップします。

「バーコードをスキャン」をタップします。

QRコードをスキャンします。

秘密鍵は無くさないようにメモしておきましょう。

万が一、スマホを紛失したり故障したりしてGoogle authenticatorアプリを使えなくなったときに使います。

数字6桁の認証コードが表示されます。

「GA認証コード」の欄に認証コードを入力して「バインド」をクリック。

メールアドレスによる認証が入るので、「送信」をクリック。

認証コードをコピーします。

認証コードを入力し「確認」をクリック。

以上で2段階認証の設定が完了です。

次回からログイン時や出金時などに2段階認証コードの入力が必須になります。

携帯電話認証

セキュリティを高めるためついでに携帯電話の認証もしておきましょう。

「GA認証器」の上に「携帯電話」とあります。

右端の「バインド」をクリックします。

携帯電話番号には国番号が必要なので「Japan」を選択します。

先頭から0を省いた携帯電話番号を入力します。(番号が090-1234-5678なら9012345678と入力。)

携帯電話番号の入力ができれば「送信」をクリックします。

携帯電話にSMSで認証コードが届きます。

認証コードを入力して「バインド」をクリック。

設定を完了させるにはメール認証と2段階認証が必要です。

まずはメール認証コードの欄の「送信」をクリック。

「【Huobi】セキュリティ認証」という件名で上図のようなメールが届きます。

数字6桁の認証コードをコピーします。

Google authenticatorアプリを立ち上げ2段階認証コードも確認します。

メール認証コードと2段階認証コードの2つとも入力して「確認」をクリックします。

以上で携帯電話の登録も完了です。

Huobiの基本的な使い方

入金方法

右上のメニューから「口座管理 > 入金&出金」をクリック。

通貨一覧が表示されるので入金したい通貨の「入金」をクリック。

ウォレットアドレスが表示されるのでこのアドレスに他の取引所等から送金すればOKです。

入金手数料は無料です。

通貨ごとに最小入金額が決められているので注意しましょう。

出金方法

出金も入金と同じ通貨一覧画面から「出金」をクリックします。

日本語表記なので特に難しくはないと思いますが、最小出金数量が決められていることと、出金手数料が通貨ごとに異なることは注意しましょう。

またセキュリティ上の理由で、パスワードの変更などセキュリティ設定が変更された場合や新しいウォレットアドレスに出金する場合には、Houbiスタッフによる手作業での承認が必要となります。

電話またはメールで出金確認が入るので注意しましょう。

セキュリティ対策もしっかりしていて安心できますね。

トレード画面はこんな感じ

トレード画面はバイナンスに似た感じで豊富な情報がシンプルにまとまっていて使いやすいです。

選択しているトークンの説明や公式サイトへのリンクなどがまとめられている銘柄資料が地味にうれしいですね。

右上の歯車マークをクリックすれば、

換算通貨の変更、昼・夜モードの切り替えができます。

白に切り替えたらこんな感じ。

買い方・売り方

注文方法は指値と成行のみです。

指値注文と成行注文の切替は注文パネル左上からできます。

指値注文では価格と数量を指定して注文を出します。

最初は最終取引価格が入力されていますが、手動で希望価格を入力してもいいですし、板の注文をクリックすれば注文パネルに反映させることもできます。

円換算の価格も出してくれるのが助かります。

成行注文ではそのときの相場価格で売買するので注文数量のみ指定します。

HADAXの始め方

HADAXを利用するための条件などは特になく、開始時に簡単な注意事項と利用規約に同意するだけで始めることができます。

ただし投票に参加するには本人確認書類(パスポート)のアップロードが必要となります。

左上のメニューから「HADAX」をクリック。

「リスクがあるから自己責任でよろしくね。」といった注意事項が書いてあります。

「取引をスタート」をクリックするとHADAXが使えるようになります。

無料投票に参加すればAirDrop(エアドロップ)によって無料でトークンをもらえたりします。

iPhoneアプリのインストール&使い方

HuobiのiPhoneアプリは日本のApp Storeで配信されています。

「huobi」と検索すれば「Huobi App」が見つかりますのでここからインストールしましょう。

起動すると通知許可を求めてきます。

許可しておきましょう。

新規登録の画面になるので、一番下の「ログイン」をタップします。

メールアドレス(または携帯電話番号)とパスワードを入力してログインをタップ。

セキュリティ認証が入ります。

(設定している場合)2段階認証が入るので、Google authenticatorアプリを起動して認証コードを確認します。

入力できれば「確認」をタップすればログイン完了です。

iPhoneの顔認証や指紋認証にも対応しています。

ログインできました。

基本的なメニューはアプリ下部にあります。

「相場(market)」では通貨ペアごとの相場状況を見られます。

上部のタブで「Huobi Pro」と「HADAX」の切替ができます。

「取引(trade)」画面はこんな感じ。

Huobi ProとHADAXどちらも取引可能です。

「買い」と「売り」の切替は真ん中のタブからできます。

左上のメニューからトレードする通貨ペアの切替ができます。

Huobi ProとHADAXの切替もここでできます。

右上の棒グラフのようなアイコンをタップするとチャートを表示できます。

右上のアイコンをタップすれば全画面表示にもできます。

非常に見やすいチャートです。

アプリでもレバレッジ取引ができます。

「本人(Account)」では各種設定や入出金などができます。

入出金は「本人資産」をタップします。

口座内の資産状況が表示されます。

入出金したいトークンをタップします。

下部の「入金」「出金」から入出金ができます。

以上のようにパソコンでできることがほぼ全てできるので、iPhoneアプリのみで完結します。

非常に動作も軽くサクサク動くのでおすすめのアプリです。

まとめ

以上、Huobiのサービス内容の紹介、登録方法や使い方の解説をしました。

現物取引、デリバティブ取引、新規上場トークンのユーザー投票など仮想通貨取引時に欲しいサービスがひととおり揃っており総合的にバランスの良い取引所です。

日本語にも完全対応しており初心者ガイドやトークンの解説などもあり、初心者にもやさしい気の利いた作りになっています。

デメリットは一律0.2%という少々割高の手数料と手数料割引システムの分かりにくさでしょうか。

セキュリティもしっかりしていますし、システムも安定していて軽いので、手数料の面さえ改善できれば世界でナンバーワンの取引所になれるポテンシャルがあると思います。

Huobiの登録はこちら