やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインの評判やメリット・デメリットは?

GMO-hyouban-thumbnail

GMOクリック証券でもおなじみのGMOグループが開設した仮想通貨取引所がGMOコインです。

あのGMOグループが仮想通貨取引所を開設するということで、前評判も高いものでした。

ではGMOコインの評判はどのようになっているのでしょうか。

今回はGMOコインの評判やメリット・デメリットをご紹介します。

そもそもGMOコインってどんな取引所?

会社名GMOコイン株式会社
設立年月2016年10月
事業内容仮想通貨交換事業
代表取締役会長高島秀行
代表取締役社長島村富隆
資本金17.58億円(準備金含む)
住所東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー
金融庁登録2017年9月

GMOコインはGMOクリック証券やインターネット関連事業などを行っているGMOグループが運営している仮想通貨取引所です。

これまでGMOグループが行ってきた事業で培われてきた金融サービス提供のノウハウがGMOコインにもバッチリ生かされています。

GMOグループは2016年10月11日にGMO Wallet株式会社という準備会社を設立すると、仮想通貨交換事業の参入を決め、GMO-Z.comコイン株式会社に社名変更をして、そして2017年8月9日に現在のGMOコインになったのです。

GMOコインの登録はこちら

口座開設は簡単にできる

GMOコインは3つのステップで簡単に口座開設をすることができます。

口座開設の方法
  • アカウントを作成する
  • 本人確認をする
  • 入金する

アカウントを作成する

アカウントはメールアドレスとパスワードの2つさえあれば作成できます。

一応GoogleアカウントとFacebookのアカウントでも開設することはできます。

しかしFacebookやGoogleのアカウントをハッキングされて、パスワードを抜き取られるなどリスクがありますので、セキュリティをできるだけ強くするためにメールアドレスで作成しましょう。

本人確認

必要事項をすべて入力した後は、本人確認を行います。

運転免許証や健康保険証、住民票など本人確認ができるものをアップロードしないといけませんので、用意しましょう。

入金

本人確認ができれば入金や取引を行うことができます。

日本円の入金は即時入金や銀行振込、コンビニ払いなどいくつか方法がありますが、即時入金が手数料無料で早く入金できますのでおすすめです。

GMOの評判は?

では実際のGMOコインの評判はどのようなものなのでしょうか。

ここでは口コミをまとめてみました。

アプリが大人気

GMOコインがリリースしている仮想通貨FX専用アプリの「ビットレ君」の評判が非常に高いです。

いくつか入力するだけで取引成立するという使いやすさや、チャート機能が入実しているところが魅力的です。

実際チャートを見るためだけに「ビットレ君」をダウンロードするというユーザーも多いようです。

手数料が安い

GMOコインは手数料無料の取引が多いのが魅力の1つですが、これが非常に評判がよく、手数料が無料だからとGMOコインに口座を開設する人がかなり多いでしょう。

口座開設手続きのスピードが速くなっている

2018年1月時点では口座開設に1ヶ月近くかかり、Twitterでも評判があまり良くありませんでした。

他の取引所が1週間前後、海外なら即日に開設できるところもありますから、1ヶ月かかるのはとても遅く、文句も言われていました。

しかし、口座開設のスピードがどんどん上がっているようで、2018年7月現在では3日程度で手続きが完了していますので、どんどんとサービスの質が改善されているといっていいでしょう。

値動きが激しいスプレッド

Conceptual illustration of altcoins cryptocurrency logos coming out of a smartphone screen

GMOコインと言えば、FX取引、そしてスプレッドの狭さです。

スプレッドは相場の変動によって広がりが非常に激しく、当初期待していたよりもスプレッドが広いなど不満が多いものでした。

実際スプレッドの狭さに魅力を感じてGMOコインに口座を開設した人がそれだけ多かったということでしょう。

それでも2018年8月現在では相場が落ち着いており、スプレッドも1円単位で変動するようになっていますので、スプレッドの広さの問題は改善しつつあると言えるでしょう。

GMOコインの登録はこちら

GMOコインのメリット・デメリット

Woman hand using mobile phone with online transaction application, Concept e-commerce and internet investment

ではGMOコインのメリットやデメリットはどのような点なのでしょうか。

メリットとデメリットを順番にご紹介します。

メリット

GMOコインのメリットは5つあります。

スプレッドが狭い

スプレッドは通貨の買値と売値の差額のことを言います。

一般的には買値は相場よりも高くして、売値は相場よりも安くすることで、相場との差額分が取引所の利益になるようになっています。

GMOコインではFX取引のスプレッドが他の取引所と比較して圧倒的に狭いです。

一般的な仮想通貨取引のスプレッドは5%前後なのですが、GMOコインではビットコインのFX取引では最低500円に統一ということになっています。

もちろん相場によって変動はあるいものの、このスプレッドの狭さは非常に評判が良いです。

アプリで簡単にFX取引ができる

GMOコインは仮想通貨FX取引専用アプリの「ビットレ君」をリリースしています。

このアプリを使うことで、いつでもどこにいても仮想通貨のFXをスマホで行うことができます。

買値、売値、取引量を入力すれば取引が完了するのが嬉しいですね。

さらにチャート機能も非常に充実しており、5種類のチャートと4種類のテクニカル指標を確認することができます。

しかもビットコインだけでなく、イーサリアムやライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュなどのアルトコインのFXもできます。

そのため、本格的に仮想通貨のFXを楽しみたい方にもおすすめです。

最大10倍のレバレッジ取引が魅力

取引所名最大レバレッジ倍率
コインチェック5倍
DMMビットコイン5倍
Zaif7.77倍
GMOコイン10倍
ビットフライヤー15倍

国内にある主要取引所のレバレッジ取引のレバレッジ倍率が上の表になります。

一番倍率が高いのはビットフライヤーですが、それに次いで2番目に倍率が高いのがGMOコインです。

しかも追加証拠金制度もなく、証拠金維持率が75%を下回ったときに強制的にロスカットされるため、損益が少ないのが嬉しいですね。

手数料が無料

日本円や仮想通貨入出金手数料、仮想通貨現物取引手数料、送金手数料、仮想通貨FX新規注文・決済注文手数料など、GMOコインではかかるはずの手数用がほとんど無料になっているのです。

レバレッジ手数料は建玉ごとに0.05%/日かかってしまいますが、手数料無料が多いのは嬉しいですね。

他の取引所で手数料が高いなぁと思っている人も多いと思いますが、GMOコインでは取引手数料がかかりませんので心配する必要はありません。

大手GMOグループが運営している

GMOコインを運営しているGMOコイン株式会社はあの大手GMOグループ傘下の会社です。

大手企業が運営していることで、サーバーが強いですので、アクセスが殺到したとしても、簡単にダウンすることがありません。

またマウントゴックス事件のように、取引所が利用者の資産を持ち逃げするなどという事件が起こる可能性が低いのもメリットですね。

デメリット

次にデメリットについてご紹介していきます。

相場が荒れとスプレッドが広がる

仮想通貨はボラリティが高く、価格が乱高下しやすいです。

もし相場が広がるとスプレッドが広がってしまうため、注意しなければなりません。

FX取引だとスプレッドは基本的には500円なのですが、2017年度末から相場が荒れ、ビットコインのスプレッドが最大50,000円にまでなりました。

そのため、相場が荒れているときにFX取引をする場合慎重になったほうがいいでしょう。

時々買い規制が入る

2017年12月と翌年1月に価格が急騰しているタイミングでリップルが買い規制されました。

ユーザーを勝たせないために規制されたなど様々な憶測がされていますが、買いたいタイミングで仮想通貨が買えないのは取引所としては望ましくありません。

同じように売り規制が入ることもありますので注意しましょう。

GMOコインの登録はこちら

GMOコインの評判まとめ

Gincoウォレット

いかがでしたか?

今回はGMOコインの評判やメリットデメリットについてご紹介していきました。

GMOコインは多くの手数料が無料で、さらにアプリが使いやすいと評判が非常に高いです。

また、GMOコインはプロ野球の千葉ロッテマリーンズのスポンサーになるなど、非常に宣伝に力を入れています。

そのため、国内での知名度はどんどん上がっていくでしょう。

GMOコインは初心者から上級者まで幅広くおすすめです。

GMOコインの登録はこちら