やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインの評判を徹底検証!メリットを生かした使い方をしよう!

GMOコインはどんな取引所なんだろう…

他の取引所と何が違うの?

大手ITグループのGMOは運営していることでも有名なGMOコイン

GMOコインは仮想通貨取引所ではなく販売所です。

販売所と言えば、スプレッド(手数料)が高いというイメージがありますが、GMOコインはスプレッドが狭いという評判があります。

ではGMOコインは実際はどのような取引所なのでしょうか。

今回はGMOコインの特徴や評判などを徹底解説します!

この記事を読んだらGMOコインがどのような取引所なのかがわかります!

ざっくり言うと...
  • GMOコインは大手ITグループのGMOグループ運営の仮想通貨取引所
  • 販売所や取引所、FXなどの機能が充実しているため、初心者からベテランまで利用できる。
  • リップルなどのアルトコインのレバレッジ取引もできる
  • スマホアプリの「ビットレ君」が使いやすい!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインってどんな取引所?

GMOコイン 評判
出典: https://coin.z.com

会社名GMOコイン株式会社
設立年月2016年10月
所在地東京都渋谷区桜ヶ丘20-1
渋谷インフォスタワー
登録番号関東財務局長 第00006号 (仮想通貨交換業者)
サービス取引所
販売所
仮想通貨FX
取り扱い通貨ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
リップル

GMOコインは2016年からサービス開始された仮想通貨取引所で、大手ITグループであるGMOインターネットグループが運営しています。

また、GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく仮想通貨FXも利用することができ、最大10倍のレバレッジをかけることができます。

さらにほとんどの取引が手数料無料となっていますので、無駄なく取引をすることができます。

GMOコインで出来ること

GMOコイン できること

GMOコインでは主に以下の取引をすることができます。

GMOコインで出来ること
 
  • 販売所
  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 仮想通貨FX

以前はGMOコインでは販売所のみでしたが、2018年秋から現物取引やレバレッジ取引、仮想通貨FXなどサービスが充実しています。

取引所形式で現物取引とレバレッジ取引ができるようになったため、初心者から上級者まで幅広い層が利用できる総合力の高いサービスになっています。

MEMO
  • 販売所:運営元(GMOグループ)が保有している仮想通貨を購入する
  • 取引所:ユーザー同士で売買する

GMOコインのメリットを口コミから検証

GMOコイン メリット

ではGMOコインは他の取引所と比較して何がいいのでしょうか。ここではGMOコインのメリットを口コミから検証してみました。

GMOコインのメリット
  • 運営会社の信頼性が高い
  • 初心者でも使いやすい
  • 10倍のレバレッジがかけられる
  • アルトコインのFX取引が出来る
  • 手数料がかからない
  • 口座開設は遅かったのが改善!

運営会社の信頼性が高い

仮想通貨取引所を選ぶときに気になるのが信頼性ですが、GMOコインの運営元は東証一部上場企業であるGMOグループというだけがあって、非常に信頼性が高いです。

また、登録しているメールアドレス1つ変えるだけでも手間がいるほどセキュリティを重視しています。

また、GMOグループは11年以上も金融システムを手掛けているため、ノウハウをしっかり持っています。

例えば、顧客の資産と会社の資産を別々に管理したり、2段階認証やコールドウォレットの採用、マルチシグの徹底、24時間365日システム監視するなど、徹底しています。

そのため、仮想通貨の取引が目的ではなく、保管目的でGMOコインを利用する人も多いです。

初心者でも使いやすい

GMOコインは取引画面は非常に使いやすいと評判が高いです。

特に「ビットレ君」というスマートフォン用のアプリが高い評判を得ており、初心者でも簡単に取引できると評判です。

「ビットレ君」での取引はいくつかの項目を入力するだけでよく、さらにチャート機能が充実しています。

また、仮想通貨FXは建玉サマリーやリアルタイムレート、注文一覧などを表示できるため、スマホでチャートを見たいという方もアプリをダウンロードしています。

10倍のレバレッジがかけられる

GMOコインはレバレッジの倍率がビットコインなら最大10倍、アルトコインなら5倍と国内取引所の中でも倍率が高めです。

倍率が25倍という取引所もありますが、そこはビットコインのみなどが多いです。

また、いきなり高い倍率でレバレッジ取引をして損をするという失敗をしにくいのもGMOコインの良いところです。

下記に取引所のレバレッジ倍率を比較しましたのでご確認ください。

取引所名対応通貨レバレッジ
GMOコインBTC
ETH
XRP
BCH
LTC
5倍~10倍
DMM BitcoinBTC
ETH
XEM
XRP
LTC
ETH
BCH
5倍
LiquidBTC
ETH
2倍~25倍
BITPOINTBTC2倍~25倍
ZaifBTC
MONA
1倍~7.77倍
bitbank TradeBTC10倍~20倍
bitFlyerBTC
1倍~15倍
coincheckBTC
ETH
ETC
5倍

アルトコインのFX取引が出来る

他の取引所はFX取引ではビットコインだけやアルトコインを取り扱っていても種類が少ないところが多いです。

しかし、GMOコインはビットコイン以外に4種類ものアルトコインのFX取引に対応しています。

そのため、アルトコインでFX取引をしたいという方におすすめです。

手数料がかからない

GMOコインはあらゆる手数料が無料となっています。そのため、この手数料の安さで惹かれて登録するという人も多いです

GMOコインと他の取引所の手数料を比較しました。

取引所名取引手数料出金手数料送金手数料
GMOコイン無料無料無料
BITPoint無料実費出金手数料無料
DMM Bitcoin無料無料0.0008BTC~
bitbank.cc無料540円/756円(3万円以上)0.001BTC
bitFlyer0.01%~0.15%216円~756円0.0004BTC~
Bit Trade0.2%648円0.001BTC
coincheck無料400円0.001BTC
SBIバーチャルカレンシーズ無料165円/268円(3万円以上)外部送金不可

GMOコインは仮想通貨FXのレバレッジ以外手数料がありません。

マイナーへの手数料はどうしてもかかってしまうのですが、その他の取引では手数料が一切かからないため、取引を頻繁に行う方でも安心です。

口座開設は遅かったのが改善!

https://twitter.com/ayane20180401/status/1017684929264537601

以前はGMOコインの登録が完了するまで1ヶ月以上もかかっていて不評でしたが、現在は登録してから3日程度で完了するほどスピーディーになっています。

そのため、口座開設してからの対応が早いと評判になっています。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインのデメリットを口コミから検証

GMOコイン デメリット

次にGMOコインのデメリットを口コミから検証してみました。

取引所を選ぶときにメリットの部分だけ見て登録してしまう方も多いのですが、デメリットの方もしっかり見てから登録する必要があります。

実際に使って「思っていたのと違う」と後悔することもありますので、悪い部分も見てから自分に合っているか判断しましょう。

GMOコインのデメリット
  • スプレッドが広い
  • 買い規制が入ることもある
  • 取り扱い通貨が少ない

相場によってスプレッドが広くなる

仮想通貨は価格変動が激しいため、価格が乱高下することもあります。

また、GMOコインのFX取引をする場合、相場が荒れることでスプレッドが広がることもありますので気をつけましょう。

一般的なFX取引のスプレッドは500円が基本なのですが、ビットコインのスプレッドが最大50,000円になるほど相場が荒れたことがありました。

そのため、価格変動が激しいときに取引をすると損益が大きくなる可能性がありますので気をつけましょう。

買い規制が入ると取引ができなくなる

https://twitter.com/inago_surfer/status/943602163355287552?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E943602163355287552&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.zerokarabitcoin.com%2Fentry%2Fgmocoin-hyoban-merit-demerit

GMOコインでは買い規制になることがあります。

特定の仮想通貨が購入できなくなることを買い規制といい、売買数量やカバー取引のバランス調整をするために行うと言われています。

買い規制となった仮想通貨は解除されるまで購入することができないため、絶好のタイミングを逃してしまうことがあります。

取り扱い通貨が少ない

GMOコインでは全部で5種類の仮想通貨を取り扱っています。

国内取引所の中では少ない方ではありませんが、海外取引所は100種類以上もの仮想通貨を取り扱っているところも多いです。

そのようなところと比較するとどうしても見劣りして見えてしまうと言わざるを得ません。

GMOコインの取り扱い通貨
 
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

他の取引所と比べてGMOコインってどうなの?

GMOコイン比較

GMOコインは他の取引所と比べてどうなのでしょうか。まずは手数料や倍数を比較してみましょう。

取引所の手数料などを比較してみた

会社名取引所手数料販売所手数料アルトコイン手数料FX手数料レバレッジ取引取り扱い仮想通貨数レバレッジ倍率スマホ対応
GMOコインMaker:0%
Taker:0.01%
無料:スプレッド約14,000円新規約定:スプレッド1,200円前後
スワップ手数料:0.04%
新規約定:無料
レバレッジ手数料:0.04%/日
5種類最大10倍
bitbank無料(2019年1月4日まで)無料(2019年1月4日まで)6種類最大20倍
BITPOINT無料無料新規約定:建玉金額の0.035%
スワップ等:建玉金額の0.035%
新規約定:建玉金額の0.035%
スワップ等:建玉金額の0.035%
5種類最大25倍
Liquid無料0.25%5種類最大25倍
DMMBitcoin無料:スプレッド約18,000円無料:通貨ごとに売買の価格差が異なる新規約定:無料(スプレッド約2,000円)
スワップ等:建玉金額の0.04%/日
7種類最大5倍

GMOコインは手数料の多くが無料となっているほか、スプレッドも10倍となっています。他の取引所のスプレッド倍率の方が高く見えますが、他の取引所はビットコインだけしかFX取引ができないため、アルトコインのスプレッドとしては非常に高いです。

セキュリティは?

 コールドウォレットマルチシグサーバーSSL評価資本金
GMOコインA17億5,800万円
BitPointA+44億3,000万円
Fisco(フィスコ)A3億8,706万円
DMM BitcoinA12億9,000万円
BitbankA+11億3,100万円
zaifA3億8,706万円
bitFlyerA+41億238万円

セキュリティはどこも重視している点ですが、GMOは大手IT企業のGMOグループとしての信頼性の高さもあります。

そのため、初心者としてまず始める取引所としてぴったりでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインは結局使うべきなのか?

GMOコイン 使える

このようないい口コミも悪い口コミもあるGMOコインですが、仮想通貨取引所として登録すべきなのかというのが疑問かと思います。

結論としては、仮想通貨取引所は、それぞれに特徴があるので、使う側が自分の目的などに合わせて登録するかしないか決めることが大切です。

そして、GMOコインは下記のような人にはおすすめな取引所です。

GMOコインを使うべき人
  • 初めて仮想通貨を購入するならGMOコイン
  • 仮想通貨FXを始めるならGMOコイン
  • 仮想通貨を長期保有することを考えているならGMOコイン
  • 海外取引所への送金用の取引所にはGMOコイン
  • 仮想通貨の動きの指標にもなる
  • 今なら20,000satoshiプレゼント中!

初めて仮想通貨を購入するならGMOコイン

GMOコイン 仮想通貨

GMOコインはGMOグループが運営しているということもあり、高い信頼性安全性を誇っています。

さらに、GMOコインは販売所形式で通貨の購入ができ、取引画面やアプリもとても使いやすいので初心者で初めて仮想通貨を購入する人にもおすすめの取引所です。

また、取り扱い通貨数は少ないものの、主要仮想通貨はありますので、メインの仮想通貨取引所としておすすめです。

仮想通貨FXを始めるならGMOコイン

仮想通貨FX GMOコイン

GMOコインは使いやすいから初心者でもFXが始めやすいです。

また、GMOコインは外貨FXを長年やっていることもあり、ノウハウもあり、新興仮想通貨よりも安心して利用できます。

また、他の取引所は25倍と高いですが、GMOコインは最大でも10倍ですので、初心者の損益を出すリスクが小さいのもおススメの理由です。

仮想通貨を長期保有することを考えているならGMOコイン

GMOコイン 長期

仮想通貨を頻繁に売買する時間はないけど、長期的にみれば将来あがる可能性があるため保有しておきたいという人もいるでしょう。

GMOコインは簡単に仮想通貨を購入できて、さらにセキュリティもしっかりしているため、そのまま安心して預けることができます。

海外取引所への送金用の取引所にはGMOコイン

GMOコイン 送金

海外取引所にある仮想通貨を購入したいという場合は、国内の取引所で仮想通貨を購入し送金する必要があります。

GMOコインは、簡単に仮想通貨が購入でき、さらに仮想通貨の送金手数料は無料なので、海外取引所への送金の際に使うのに最適な仮想通貨取引所です。

仮想通貨の動きの指標にもなる

GMOコイン チャート

GMOコインのデメリットとして売り規制やスプレッドが大きくなることがありますが、それは逆に仮想通貨のトレンドとして参考にできます。

売り規制やスプレッドが大きくなった時は、仮想通貨の市場が大きく動く時と見るとこれほどわかりやすく仮想通貨市場のトレンドを教えてくれるところはないと言えます。

GMOコインと他の仮想通貨取引所の口座を開設し、GMOコインでの取引が規制されていたりスプレッドが大きくなっている時は、GMOコインのトレンドを参考にしながら他の取引所で取引を行うという使い方もできますよ。

今なら20,000satoshiプレゼント中!

GMOコイン キャンペーン
出典: https://coin.z.com

GMOコインでは、口座開設を行うと20,000satoshi(0.0002BTC)もらえるキャンペーンが行われています。

どうせなら、お得に口座開設したいと思っているのでしたら、こう言ったキャンペーンを利用して仮想通貨取引所への口座開設を行ってみましょう。

キャンペーン期間は特に明記されていませんが、今のうちにGMOコインに口座開設するのがお得だと言えるでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインの評判まとめ

GMOコイン ビットコイン

GMOコインは使いやすさや信頼性の高さが非常に高い仮想通貨取引所です。

GMOコインを運営しているGMOグループは大手ITグループとして知られていますが、外貨FXも行っているため、そのノウハウがGMOコインに詰まっています。

規制が入ったり、海外の仮想通貨取引所と比べて取り扱い通貨が少ないなどデメリットもありますが、国内の取引所の中ではおすすめの取引所です。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら