やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインはFX取引に最適!特徴や取引の始め方を紹介

GMOコインFX

仮想通貨FXって難しそう…

仮想通貨FXをやってみたいけど、どこの取引所を使うべきなんだろう…

とお考えではないですか?

仮想通貨取引はリスクが大きいというイメージがありますが、現物取引よりも効率的に取引が行え、利益が出やすいという魅力も持ち合わせています。

今回は、仮想通貨FXの取引所選びで困っている人のために、GMOコインのFX取引について紹介します。

GMOコインならではの特徴や、実際の取引手順もわかりやすく解説していきますので、この記事を読み終わる頃にはアナタの不安もすっかり解消されることでしょう!

GMOコインとは

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは2016年に誕生した国内仮想通貨販売所で、大手インターネットサービスで知られる「GMOインターネット株式会社」が大元の会社となっています。

金融庁からの認可を受けていることや、大手FX会社の「GMOクリック証券」も手がけているなど、金融全般のノウハウを持っているのが特徴。

そのため取引ツールも非常に洗練されていて、仮想通貨初心者でも使いやすいと人気です。

GMOコインの概要
運営会社GMOコイン株式会社
登録番号関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
設立2016年10月
資本金17億5,800万円(準備金含む)
取引の種類現物取引・FX取引
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインレバレッジ最大25倍でビットコインFX!スマホアプリで快適に取引【GMOコイン】

GMOコインの登録はこちら

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00006号

GMOコインのFX取引の特徴

出典: https://coin.z.com/jp/

FXのノウハウを持っているGMOコインでは、仮想通貨FXを利用するにあたり大きく4つの特徴を持ち合わせています。

これらはGMOコイン最大の魅力ともいえ、中には国内取引所唯一となるサービスも。

では、さっそくGMOコインの魅力をみていきましょう!

特徴その1:アルトコインでFX取引ができる

FX取引が利用できる国内取引所は他にもありますが、どこもビットコイン取引しかできないのが一般的です。

しかし、GMOコインではアルトコインでのFX取引が可能で、取り扱い通貨は全部で5種類となります。

FX取引の取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)/JPY
  • イーサリアム(ETH)/JPY
  • ライトコイン(LTC)/JPY
  • ビットコインキャッシュ(BCH)/JPY
  • リップル(XRP)/JPY

ビットコイン以外に、アルトコイン4種類のFX取引ができるのは国内取引所の中でもGMOコインのみなので、アルトコインでFX取引をしたい人は登録必須といえます。

また、どのコインについてもロスカット75%ロスカットアラートは100%となり、急な価格変動で大きな損失が出てしまうのを未然に防げるようになっているんです。

特徴その2:レバレッジは最大10倍

GMOコインのレバレッジは最大10倍

本来は最大25倍まで利用が可能でしたが、2018年1月ビットコインの大きな価格変動があったことにより、現在は10倍までとなっています。

ただ、最大10倍となるのはビットコインのみで、他のアルトコインについては5倍が最大です。

最大レバレッジ
ビットコイン(BTC/JPY)5倍・10倍
イーサリアム(ETH/JPY)5倍
ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)5倍
ライトコイン(LTC/JPY)5倍
リップル(XRP/JPY)5倍

とはいえ、5倍であれば10万円の資金があったとすると50万円分の取引が可能になりますから、仮想通貨FXに慣れていない人にとっては十分な倍率だといえるでしょう。

特徴その3:取引手数料が無料

GMOコインでは現物取引はもちろん、FX取引においても売買手数料が無料となっており、特に費用をかけずに取引を始めることができます。

また、入出金についても手数料は無料ですので、何度も取引をしたい人や、その日ごとに日本円を出金したいという人でも安心。

逆に、かかる費用といえば「スプレッド」と「スワップポイント」だけですから、この2つさえ気をつけておけば手数料を気にする必要がないのです!

スプレッドとは?

スプレッドというのは「売値」と「買値」の差額のことをいいます。GMOコインは販売所形式となっているため板がなく、取引所と比べるとスプレッドがやや広め。

平常時では500円ほどの差額になりますが、相場が荒れた際は1,000円以上、暴落・暴騰の際には5,000円以上も開く場合があるので注意が必要です。

スワップポイントとは?

スワップポイントは、ポジションを保有して特定の期間が経つと発生するお金のこと。GMOコインでは「レバレッジ手数料」と呼ばれており、1日0.04%と決められています。

このレバレッジ手数料が発生するタイミングは「ニューヨーク市場がクローズする時間」になりますから、日本時間でいえば午前7:00。ニューヨークで夏時間が適用されている間は午前6:00がクローズ時間となります。

そのため、午前6:00までに決済するようにすれば、レバレッジ手数料を払わずに取引することができますよ!

特徴その4:約定率が高くスピーディー

GMOコインは、他の取引所に比べて約定立が高いと評判です。

これは販売所というのが大きな理由になっていて、注文をすればほぼ確実に約定ができますから、スピーディーに取引を楽しむことができるんですね。

また、取引所の場合は相場が荒れている時ほど注文のタイミングが遅れ、時には約定拒否になる場合もあります。

ですがGMOコインの場合は、相場が荒れている時でもすぐに約定でき、成行注文であったとしてもほぼ希望通りの価格で約定が可能です。

そのため、初心者でも安定した取引ができると高く評価されています。

GMOコインのFX取引の注意点

出典: https://www.shutterstock.com/home/

今度は、GMOコインでFX取引をする際の注意点を紹介します。

これらを知らずに取引を行うと、思いがけないところで損失を出す可能性がありますから、注意点こそしっかり確認しておきたいところ。

注意点その1:スプレッドが広い

前述した通り、GMOコインは取引所ではなく販売所となりますので、スプレッドがやや広めに設けられています。

通常時で500円ほど、広い時では5,000円以上もの差額になり、販売所と比べると価格の開きも激しいのです。

そのため、初心者は特にこのスプレッドに注意をするべきだといえるでしょう。

注意点その2:水曜日は取引できない時間がある

GMOコインでは「毎週水曜の15:00〜16:00」が定期メンテナンスの時間となっており、この1時間は取引ができません。

時々メンテナンスが長引き、16:00以降であるにも関わらず操作ができない場合も…。

そのため、ポジションを持ったままメンテナンスになり、このタイミングで価格変動が起きてしまうと、どうにも手がつけられず損失を被ってしまう可能性があります。

心配な人はメンテナンス前に一度決済するのがおすすめです。

GMOコインでFX取引をする手順

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインレバレッジ最大25倍でビットコインFX!スマホアプリで快適に取引【GMOコイン】

GMOコインの登録はこちら

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00006号

GMOコインでFX取引をする場合は、現物取引と若干操作が違ってきますので、ここでは操作手順について紹介していきます。

操作が違うといえども難しい操作ではないので、初めてでも迷うことなく取引できると思いますよ!

①口座に入金をする

1)GMOコインにログインし、マイページ左側にある「入出金」をクリックする。

2)入金を行う金融機関を選択し、取引したい金額を入力して入金を実行する。

②トレード画面へ移行

マイページ左側にある「仮想通貨FX」、もしくは画面上にある「チャート」をクリックする。

③通貨ペアを選択

チャート画面が表示されたら、上のバーで取引したい通貨ペアを選択する。

④注文方法と取引数量を選択

「成行・指値・IFD・OCO・IFD-OCO」から希望の注文タイプ、さらに取引数量を選択し、「確認画面へ」をクリックして注文する。

*「許容スリッページ」は空欄でも特に問題ありません。

⑤決済する

注文を入れ、その後含み益が出た場合は利確、含み損が出てしまったら損切りをします。

決済注文をする場合は、チャート画面上部にある「決済注文」から行いましょう。

GMOコインのFX取引で利用できる注文方法

出典: https://www.shutterstock.com/home/

GMOコインでは難しい操作が一切なく、誰でも簡単にFX取引を行うことができます。

しかし、FX取引ではさまざまな注文方法があり、時と場合によって注文の仕方を変えるのが一般的。

もちろん、慣れるまでは一つの注文方法で取引するのも良いですが、どんな方法があるのかは知っておおいたほうが良いでしょう。

成行注文

成行注文というのは、注文時に値段を決めない注文方法です。

売り注文に対してはその時最も低い価格で、買い注文に対してはその時最も高い価格で注文が成立します。

指値注文

指値注文というのは、買い、もしくは売り注文をする際に値段を指定して注文するという方法。

そのため、自分の希望する金額になるまで注文は成立しません。

IFD(イフダン)

IFD(イフダン)とは、新規注文と決済注文を同時に出すという方法。

例えば、「1BTCが100万円になったら買い、110万円になったら決済する」という注文の仕方ができ、利確と損切りの両方に使うことができます。

OCO(オーシーオー)

OCO(オーシーオー)は、違う注文を2つ同時に出せるという注文方法です。

OCOを使うと2つのポジションを持つことになりますが、どちらか一方の注文が約定したら、もう片方の注文は自動でキャンセルとなります。

例えば、1BTC100万円で買いポジションを保有していた場合、「110万円で利確」と「95万円で損切り」という注文の仕方ができるのです。

IFD-OCO

これは名前の通り、IFDとOCOの両方を合わせた注文方法をいいます。

GMOコインは高い信頼性と使いやすさが魅力!

出典: https://www.shutterstock.com/home/

GMOコインの大元である「GMOインターネット株式会社」は、FXや証券といった金融行を幅広く手がけている会社なだけに、信頼度もかなり高めといえます。

また、大手FX会社のノウハウがチャート画面に行かされているため、その使いやすさは幅広い層から高く評価されているんです。

ビットコインのみならず、アルトコインでFX取引ができるというのも大きな魅力ですので、この機会にぜひ仮想通貨FXにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインレバレッジ最大25倍でビットコインFX!スマホアプリで快適に取引【GMOコイン】

GMOコインの登録はこちら

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00006号