やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインFXの使い方|手数料・スプレッド・レバレッジ・ロスカットまで総まとめ

GMOコインFX

GMOコインFXってどうやるんだろう?

手数料スプレッドレバレッジロスカットについても全部知りたい!

こんな気持ちを持っていませんか?

この記事では、GMOコインのFX取引について徹底解説していきます!

具体的には、使い方やメリットデメリット、手数料やスプレッドなど総まとめで紹介しています。

この記事を読めば、GMOコインのFX取引に関するすべてがわかります!

ざっくり言うと
  • GMOコインのFX取引は手順もシンプルで簡単にできる
  • GMOコインは初心者におすすめの見やすく使いやすい取引画面が特徴
  • GMOコインアルトコインのFX取引にも対応している数少ない国内取引所
  • GMOコインは大手企業の運営で信頼性が高く資金力のある取引所
  • 相場の状況によってはトレードの規制レバレッジの変更が入る場合もあるので注意しておこう
  • 安心して手軽に取引をスタートしたい初心者の方はGMOコインに登録しよう

GMOコイン_FX

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインFXの使い方・やり方

GMOコイン_FX_やり方・使い方

GMOコインのFX取引の使い方・やり方について確認していきましょう。

後ほど詳しく解説しますが、GMOコインのFXでは「レバレッジ取引」と「仮想通貨FX」の2つの取引方法があります。

今回はそれぞれの方法で、初心者の方でもすぐにできる「成行注文」でビットコインを購入してみたいと思います。

成行注文とは?

成行注文」とは、仮想通貨を買いたい量だけ指定して、値段を指定せずに購入する注文方法です。

自分が買いたい量から、その時に購入できるもっともお得な値段が、システムによって自動で設定されます。

まずは「レバレッジ取引」から確認していきましょう。

GMOコインの「レバレッジ取引」のやり方・使い方

  • STEP.1
    GMOコインの会員用ページにて「レバレッジ取引」をクリックする

    GMOコイン_FX_レバレッジ取引
    出典: https://coin.z.com/jp/

    GMOコインにログイン後、会員用ページにて赤枠で囲った「レバレッジ取引」をクリックします。

  • STEP.2
    注文画面のざっくりとした見方

    GMOコイン_FX_取引画面
    出典: https://coin.z.com/jp/

    すると上記のレバレッジ取引の画面に移動します。

    ①番は取引板です。

    現在発注されている注文の一覧が表示されています。

    ②番は注文画面です。

    仮想通貨を購入する場合は、この画面から注文を出します。

    ③番は取引の情報が表示されています。

    現在のレバレッジの倍率や、自己資金、証拠金維持率などが表示されています。

    現在の自分の状況を把握するのに役立ちます。

  • STEP.3
    ②の注文画面に必要事項を入力する

    GMOコイン_FX_必要事項入力
    出典: https://coin.z.com/jp/

    まずはじめに、①の赤枠で囲った「買」をクリックします。

    その次に②の赤枠で囲ったところに「数量」を入力します。

    ③の「成行」のチェックボックスにチェックを入れましょう。

    すべて完了したら、④の「確認画面へ」をクリックします。

    ちなみに、値段を指定して購入する「指値」注文では、「注文レート」の項目に購入したい価格を入力します。

    慣れてきたらそちらにもチャレンジしてみてくださいね。

  • STEP.4
    「確定」をクリックする

    GMOコイン_FX_確認
    出典: https://coin.z.com/jp/

    注文内容の確認画面に移動します。

    内容に問題がなければ、赤枠で囲った「確定」をクリックします。

    以上で購入は完了です。

GMOコインの「仮想通貨FX」のやり方・使い方

  • STEP.1
    会員用ページで「仮想通貨FX」をクリックする

    GMOコイン_FX_レバレッジ取引
    出典: https://coin.z.com/jp/

    GMOコインのホームページにログイン後、会員用のページで赤枠で囲った「仮想通貨FX」をクリックします。

  • STEP.2
    取引画面のざっくりとした見方

    GMOコイン_FX_画面の見方
    出典: https://coin.z.com/jp/

    上記の画面は、GMOコインの仮想通貨FXの取引画面です。

    ①は銘柄の選択タブです。

    仮想通貨FXで取引したい銘柄を、このタブから選択します。

    ②は注文画面です。

    この画面から買い注文や売り注文を出します。

    ③はリアルタイムのチャートです。

    取引したい銘柄のチャートが、リアルタイムで変動しながらこちらに表示されます。

    ④は取引情報です。

    レバレッジや自己資金維持率など、取引に関する情報がこちらに表示されます。

  • STEP.3
    ①から銘柄を選択する

    GMOコイン_FX_銘柄を選択する
    出典: https://coin.z.com/jp/

    まずは取引したい銘柄を選択しましょう。

    ①をクリックし銘柄を表示させましょう、その後②の「BTC/JPY」をクリックします。

  • STEP.4
    必要事項を入力する

    GMOコイン_FX_必要事項
    出典: https://coin.z.com/jp/

    すると上記の画面に移動します。

    まずは①の赤枠で囲った「買」をクリックします。

    次に②の赤枠で囲ったところに「数量」を入力します。

    ③には「許容スリッページ」を入力します。

    「許容スリッページ」とは、注文を出した時にどこまでのズレを認めるかの値になります。

    上記の入力が完了したら④の「確認画面へ」をクリックします。

  • STEP.5
    「確定」をクリックする

    GMOコイン_FX_確定をクリック
    出典: https://coin.z.com/jp/

    すると上記の注文内容確認画面に移動します。

    入力した内容に問題がなければ、「確定」ボタンをクリックします。

GMOコインFXのメリット

GMOコイン_FX_メリット

ここからは、GMOコインでFX取引をするメリットを確認していきましょう。

GMOコインのFX取引のメリット
  1. 取引画面が見やすく使いやすい
  2. 大手企業の運営で信頼性が高い
  3. セキュリティがしっかりしている
  4. アプリを使って外出先でも取引できる
  5. アルトコインのFX取引にも対応している
  6. 入出金手数料が無料

①取引画面が見やすく使いやすい

GMOコインのメリットその①は、取引画面が見やすく使いやすい点です

初心者の方でも、操作方法で悩まずに、シンプルに直感的に取引をすることができます。

②大手企業の運営で信頼性が高い

GMOコイン_FX_GMOインターネット株式会社

出典: https://www.gmo.jp/
GMOコインの運営会社は、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社です。

金融業界で長年に渡って事業を行ってきた企業で、資金力信頼性はどちらもバツグンです。

初心者の方でも、安心して取引を楽しむことができます。

③セキュリティがしっかりしている

GMOコイン_FX_セキュリティ

出典: https://coin.z.com/jp/

セキュリティが強いことも、GMOコインの魅力の1つです。

日本国内でも、2018年だけで2回も大規模なハッキング事件が起こりました。

こうした点から、セキュリティを強化しているかどうかは、取引所を選ぶ大事な基準の1つです。

GMOコインの取り組の一例として、仮想通貨の管理に、コールドウォレットを採用している点があげられます。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは、外部のネットワークから、完全に遮断されたウォレットのことです。

仮想通貨の移動が行いづらいというデメリットがある反面、ハッキングに強いというメリットがあります。

この他にも、GMOコインではセキュリティを強化するための、さまざまな取り組みをしています。

こうしたことから、ハッキングにも強いセキュリティの高さが、GMOコインのメリットの1つとなっています。

④アプリを使って外出先でも取引できる

GMOコイン_FX_ビットレ君
出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインではスマートフォン用の取引アプリ「ビットレ君」を提供しています。

外出先でもアプリを使って、簡単に取引できる点も魅力の1つです。

家より外にいる方が多いという方は、こちらのアプリを使ってみると良いでしょう。

⑤アルトコインのFX取引にも対応している

GMOコインのメリットの1つとして、アルトコインを使ったFX取引に対応していることもあげられます。

アルトコインのFX取引は、現在国内ではDMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)GMOコインの2社だけです。

こうしたことからも、GMOコインの貴重なメリットの1つと言えるでしょう。

入出金手数料が無料

GMOコイン_FX_手数料

GMOコインでは、入出金手数料無料となっています。

そのため、手数料を安く抑えて仮想通貨を購入できます。

注意
通常の「振込入金」の場合には、振り込み手数料がかかります。「即時入金(クイック入金)」の場合は手数料がかかりません。

「即時入金(クイック入金)」についての詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてください。

クイック入金の対応状況まとめ|送金制限・反映時間・手数料一覧

GMOコインFXのデメリット

GMOコイン_FX_デメリット

GMOコインには先ほど紹介したように、素敵なメリットがたくさんあります。

しかし、もちろんデメリットもあります。

ここからは、そのデメリットについて確認していきましょう。

GMOコインのFX取引のデメリット
  1. アルトコインFXのスプレッドが大きい
  2. トレードの規制が入ることがある

①アルトコインFXのスプレッドが大きい

GMOコイン仮想通貨FXスプレッド(2018年11月28日)Bid(売)Ask(買)スプレッド
ビットコイン(BTC)457,788円458,476円688円(0.15%)
イーサリアム(ETH)12,891円13,283円392円(3%)
リップル(XRP)41.852円43.127円1.257円(3%)
ライトコイン(LTC)3,629円3,740円111円(3%)
ビットコインキャッシュ(BCH)20,486円21,536円1,050円(5%)

GMOコインのデメリットの1つとして、アルトコインFXのスプレッドが大きい点があげられます。

スプレッドとは?

スプレッドとは、「買い」と「売り」の差額のことです。

この開きが大きければ大きいほど、トレードで利益を出しづらい仕組みとなっています。

ビットコインが0.1%台となっているのに対して、アルトコインは3%〜5%となっています。

後ほど詳しく説明しますが、これはアルトコインFXが、販売所であることが原因です。

GMOコインスプレッドについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

GMOコインのスプレッドは高い?他の取引所と徹底比較!【2018年最新版】

②トレードの規制が入ることがある

GMOコイン_FX_規制

GMOコインでは、相場の状況によって、トレードの規制が入る場合があります。

過去には、リップルの買いや売り注文を一時的に規制したりレバレッジの倍率を引き下げるといった事例があります。

今後も突発的に起こる可能性もあるので、注意しておきましょう。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)とは?

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://coin.z.com/jp/

取引所の評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.0)
安心度
(5.0)

GMOコインは東証一部上場企業の、GMOインターネット株式会社が運営する取引所です。

見やすく使やすい取引画面で、初心者の方に特に人気の高い取引所となっています。

GMOコインのFX取引は2種類

GMOコイン_FX_2種類

GMOコインのFX取引は、以下の2種類になります。

GMOコインのFX取引
  • 取引所の「レバレッジ取引
  • 販売所の「仮想通貨FX

ここからは、販売所と取引所の違いや、それぞれの取引方法のメリットデメリットなどを確認していきましょう。

取引所と販売所の違い

 販売所取引所
メリット操作がわかりやすく簡単に仮想通貨が買えるスプレッドが狭く安く仮想通貨を買える
デメリットスプレッドが広く少し価格が高い操作が少し難しい
こんな人におすすめ手軽に仮想通貨を買いたい初心者の人価格にこだわって安く仮想通貨を買いたい人

取引所販売所の違いも、ここで確認しておきましょう。

取引所と販売所の違い
  • 取引所では取引板というものを使いユーザー同士が直接売買を行います
  • 販売所では販売会社(今回の場合GMOコイン)から直接仮想通貨を購入します

それぞれのメリットとデメリットは、上記の表でまとめていますので、そちらでご確認ください。

GMOコインの「レバレッジ取引」とは?

GMOコイン_FX_レバレッジ取引

GMOコインの「レバレッジ取引」は、取引所でのFX取引になります。

そのため、スプレッドが狭く、できるだけ安く仮想通貨を購入したい人に向いています

取引できる対応通貨は、2018年12月時点では「ビットコイン」のみとなっています。

また、レバレッジ10倍です。

GMOコインの「仮想通貨FX」とは?

GMOコイン_FX_仮想通貨FX

GMOコインの「仮想通貨FX」は、販売所形式でのFX取引になります。

ワンタッチでシンプルに購入できるため、初心者の方でも簡単に取引できる点が魅力です

2018年12月時点で取引できる対応通貨は、2018年12月時点で以下の4種類になります。

仮想通貨FX対応通貨
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

レバレッジ5倍10倍から選択します。

GMOコインの手数料一覧表

GMOコイン手数料一覧表販売所取引所
(現物取引)
取引所
(レバレッジ取引)
仮想通貨FX
注文手数料無料Maker:0%
Taker:0.01%
無料無料
ロスカット手数料--建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料--建玉ごとに
0.04% / 日
建玉ごとに
0.04% / 日
現引 / 現渡し手数料--建玉ごとに20%

上記の表は、GMOコイン手数料一覧表です。

建玉」という見慣れない言葉が出てきてますので、確認しておきましょう。

建玉とは?

建玉」とは仮想通貨を購入してから、決済せずに保有し続けている注文のことを指しています。

ポジション」と呼ぶこともあります。

たとえば、ビットコインを1,000円分購入して、そのまま日本円に交換せずに保有し続けている場合を考えてみましょう。

この場合、保有している1,000円分のビットコインの注文が「建玉」にあたります。

FX取引ではよく出てくるワードなので、この機会にぜひ覚えておいてくださいね。

GMOコインFXまとめ

GMOコイン_FX_まとめ

以上、GMOコインのFXについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると
  • GMOコインのFX取引は見やすく使いやすい取引画面初心者でも簡単にできる
  • GMOコインは国内では2社しかないアルトコインのFX取引にも対応
  • GMOコインは大手企業のGMOインターネット株式会社が運営
  • トレードの規制レバレッジの変更が入る場合もあるので注意
  • 入出金手数料も無料でお得にトレードを始められるGMOコインに登録しよう!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインは初心者にも使いやすい、見やすく使いやすい取引所です。

運営企業も大手の上場企業で、信頼性も資金力もバツグンです。

今回紹介してFXに関しても、アルトコインでのFX取引ができる数少ない取引所となっています。

登録がまだ済んでいない人は、とりあえずでも登録しておくことをおすすめします!

みなさんもGMOコインでのFX取引を、ぜひ楽しんでくださいね!