やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインは良取引所!実際の評判と口座開設方法、手数料などの口コミから見るメリット・デメリット

GMOコイン気になるけどメリット・デメリットって何だろう?

実際GMOコイン最近の評判ってどうなの?

GMOコインってよく目にする有名な取引所だけれど、良い評価も悪い評価もあって、実際どうなのか気になりますよね。

GMOコインといえば、手数料が無料であることやアプリが使いやすいことで有名です。

しかし一方でレバレッジに関する悪い評判もよく目にします。

そこでここでは、2019年9月最新のGMOコインのメリット・デメリットや評判を紹介。

そしてこの記事の最後には、GMOコインの口座開設の手順まで画像付きで解説します!

この記事読んで、最新のGMOコインの全てを知り尽くしましょう

この記事を書いた人

ゼロはじ編集部(株式会社カボ)
ゼロはじ編集部(株式会社カボ)

日本最大級の仮想通貨取引所比較サービス「ゼロはじ」は最新かつ正確な情報をお届けしています。 運営する株式会社カボは一般社団法人仮想通貨ビジネス協会の準会員です。

ざっくり言うと
  • 世界最高峰のセキュリティー
  • 取引のコストは低い
  • 相場が荒れた時の対応に対策が必要

GMOコインとは?概要と特徴をチェック

GMOコイン_公式

出典:https://coin.z.com/jp/

GMOコインとは東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

アプリで取引ができる手軽さや手数料の安さから注目を浴びています。

実際に、2018年には利用者数が20万人を突破しており抜群の人気を誇っています。

会社名GMOコイン株式会社
設立年月2016年10月
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ リップル(XRP)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)
サービスの種類販売所/取引所/仮想通貨FX
実は、GMOコインユーザーの9割以上は2017年以降から初めて仮想通貨取引をする人だそう。初心者にも始め易い取引所であることがわかりますね。(GMOコイン調べ 2019年1月 利用者アンケートより)

ゼロはじ・髙橋

GMOコイン_アンケート1出典:GMOコイン公式HP

GMOコインの特徴 ざっくりいうと
  • 選べるカンタン取引
  • 20歳なら誰でも口座開設できる!

GMOコインは、選べるカンタン取引

ゼロはじ・髙橋

取引方法が複数あるので、変更も簡単にできます。

GMOコインでは、3種類の取引方法があり、相場状況や自分のステージに合わせて取引を変更することが可能です。

以下で取引方法の違いを簡単に説明します。

販売所

販売所では、運営会社から仮想通貨を売買します。

よって取引相手は「運営企業となります。

販売所を使った取引は、操作が簡単なため初心者向けの取引方法です。

GMOコイン_販売所

ひろぴー_販売所_アイキャッチ仮想通貨販売所って取引所と何が違う?ひろぴーが教える販売所のメリット・デメリット

取引所

取引所では、ユーザーがユーザー同士で自由に仮想通貨を売り買いします。

よって取引相手は「一般ユーザー」になります。

取引所を使った取引には、必要な作法などもあり難易度が高いです。

しかし自分で売買価格を設定できるため、通常よりもお得に売買ができます。
GMOコイン_取引所
ひろぴー_仮想通貨取引所_アイキャッチ仮想通貨取引所とは何するところ?取引所のメリットをひろぴーがかんたん解説!  

仮想通貨FX(仮想通貨のレバレッジ取引)

仮想通貨FXとは、元手の数倍のお金で取引をすることが可能な「レバレッジ」を活用した仮想通貨取引のことです。

例えば元手が5,000円で、GMOコインで取引をするとします。

GMOコインでは最大レベレッジが4倍なので、5,000×4という計算になります。

つまり、20,000円で取引をすることが可能になるのです。

少ない元手でハイリターンが望めるため、人気な取引方法になっています。

ちなみにGMOコインでは取引所でもレバレッジ取引が利用できます

仮想通貨FXの方が決済方法が豊富なのでおすすめです。

GMOコイン_レバレッジ取引"「site:zerokarabitcoin.comひろぴー_レバレッジ取引_アイキャッチ仮想通貨のレバレッジ取引(FX)って実際どうなの?ひろぴーが教える取引の流れと仕組み

このような取引方法の違いからもわかるようにGMOコインでは、幅広いステージの人が利用できるようになっています。

また、取引方法の変更が簡単にできるという点でも、GMOコインは利用しやすい取引所です。

GMOコインは20歳以上なら、誰でも口座開設ができる!

GMOコインなら学生でも仮想通貨取引が始められます。

ゼロはじ・髙橋

GMOコイン_年齢規約

GMOコインでは満20歳であれば基本的に誰でも口座開設が可能です。

ただし満20歳というのは、申し込み時に20歳を迎えていることを指しています。

19歳で数え年が20歳という方は口座開設ができないので注意が必要です。

GMOコインのメリットは?

GMOコイン_メリット

数ある取引所中でGMOコインに決めるメリットは何でしょうか?

ゼロはじ・髙橋

取引所選定のために見るべきポイントは何と言ってもセキュリティ利用コストです。

仮想通貨自体は、ブロックチェーンと呼ばれる不正がほぼ不可能な技術が基盤です。

高い信用性ゆえに、貨幣に代替する価値を持つことができています。

つまり盗難などのリスクは、取引所のセキュリティーに依存するものです。

そのため運営会社のセキュリティーをチェックするということは、リスク回避の点でも非常に重要です。

またせっかく投資を始めたとしても、金銭的・肉体的・時間的コストがかかってしまったら嫌ですよね。

特に少額から投資を開始したい方にとっては、費用対効果が悪くなってしまう原因になります。

そこでここでは特にセキュリティ利用コストを軸にGMOコインのメリットを5つ挙げます。

GMOコインのメリット ざっくりいうと
  • 大手企業の信頼できるセキュリティー
  • 各種手数料が無料
  • 即時に金額が反映される、即時入金に対応
  • スマホアプリで簡単に取引ができる
  • 1,000円未満から取引ができる

企業の信頼できるセキュリティー

GMOコイン_セキュリティー1

出典:GMOコイン公式HP

GMOコインは大手企業ということもあり、セキュリティーは特に高く評価されています。

以下ではGMOコインのセキュリティーに関して、「仮想通貨の管理方法」と「サイバー攻撃対策」の2つにわけて説明します。

仮想通貨の管理方法

GMOコイン_コールドウォレット

出典:GMOコイン公式HP

GMOコインでは仮想通貨を「コールドウォレット」にて保管しています。

コールドウォレットとは、インターネットから完全に切り離されたウォレットのことです。

インターネットから切り離されているため、ハッキング等による仮想通貨の盗難のリスクはありません

また、仮想通貨送付の際には「マルチシグ(マルチシグネチャ)」の導入もしています。

マルチシグとは仮想通貨の移転時に複数鍵を使用し、不正転送を防ぐ方法です。

さらにマルチシグの複数鍵も、セキュリティー構成の異なる複数の場所に保管しています。

仮想通貨の管理方法は、文句なしの徹底ぶりです。

サイバー攻撃対策

GMOコイン_セキュリティー2

出典:GMOコイン公式HP
GMOコインでは「アカウント乗っ取り」と「システムへの侵入」の2軸でサイバー対策をしています。

前者では、「2段階認証」の義務化と履歴・記録の通知によって防いでいます。

これにより第3者からの不正ログインのリスクを軽減しています。

また後者では、自社の企業力を生かした「24時間体制の監視」と「グループ会社間での脆弱性情報の収集」

他にも、定期的な「第3者機関によるシステム診断」によって対策をしています。

mulch-thumbnail仮想通貨取引所はマルチシグ&コールドウォレット対応が安心

GMOコイン株式会社の属する「GMOインターネットグループ」のグループ会社は、FX取引高7年連続世界第1位を獲得しています。

この実績からも、GMOインターンネットグループはIT関連事業・金融事業に関する豊富な知見を持っていることがわかります。

以上のことからGMOコインは、高い信頼性に足るセキュリティー対策がなされているといえます。

GMOコインユーザーの約70%が、会社の信頼性で利用を決めたそうです。会社の信用が信頼されていることがわかりますね。(GMOコイン調べ 2019年1月 利用者アンケートより)

ゼロはじ・髙橋

GMOコイン_アンケート2

出典:GMOコイン公式HP

各種手数料が無料

GMOコインでは通常はかかる手数料各種が無料で、低コストで取引ができることもメリットです。

口座開設無料
入出金無料
仮想通貨送金無料
年会費無料
通常はかかる仮想通貨送金の手数料も無料なのは大きいメリットですね。取引コストを下げることで、投資に使える資金を増やすこともできます。

ゼロはじ・髙橋

注意

仮想通貨FX利用する際には下記のような手数料がかかります。

レバレッジ手数料 0.04%/日

即時に金額が反映される即時入金に対応

GMOコインでの入金の方法は「即時入金」か「振込入金」の2種類があります。

振込入金

各種金融機関の口座から、インターネットバンキングATM銀行窓口からGMOコインの口座へ入金ができます。

入金額の上限がない他、どの金融機関からも振込が可能です。

振込入金の振込先口座としては「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の2つが利用が可能です。

各金融機関 振込反映までの時間
  • GMOあおぞらネット銀行→数分でユーザーの口座残高に反映
  • 楽天銀行→17時までに振込が完了していれば当日中
  • 上記の2つ以外の金融機関→金融機関の営業時間までの振込は当日中に反映、それ以降は翌金融機関営業日扱い

即時入金

即時入金とは、インターネットバンキングから口座への入金がリアルタイムで余力に反映されるサービスです。

24時間いつでも入金が可能で、仮想通貨を取引をしたい時に便利です。

即時入金は前述したように手数料無料で利用できます。

即時入金は、Pay-easy(ペイジー)GMOあおぞらネット銀行住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行のいづれかの金融機関で利用が可能です。

GMOコイン使うなら絶対作った方がいい!GMOあおぞら銀行の詳細

いずれもGMOコインと同じGMOグループGMOあおぞら銀行が、手数料が無料で、即時入金も可能なのでオススメです。
→ GMOあおぞらネット銀行公式サイトはこちら

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちら

MEMO
Pay-easyを利用する場合、次のネットバンキングにて振込が可能です 
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行(旧三菱東京UFJ銀行)
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行


またPay-easyを利用する場合は、入金額相当の仮想通貨の送付が7日間制限されます。

注意
即時入金対応時間は24時間365日ですが、以下のようなときには入金ができません。
  • 金融機関のシステムメンテナンス時間
  • 毎月第3日曜日3:00〜6:00
  • GMOコインのシステムメンテナンス時間

特にシステムメンテナンス時間は予告されていることが多いので逃さずチェックしましょう。

スマホアプリで簡単に取引ができる

 GMOコイン_アプリ

GMOコインでは「仮想通貨ウォレット」「ビットレ君」2種類のアプリが利用でき、いつでもどこでもスマートフォンで取引が可能です。

また下記のように、それぞれで対応する取引方法が違います。 

  • 仮想通貨ウォレット販売所・取引所
  • ビットレ君仮想通貨FX

仮想通貨ウォレットは最大4分割まで可能なチャートをはじめ、充実したチャート機能が搭載されています。

またビットレ君には、スピード注文をはじめ多彩な注文方法が搭載されています。

以下では参考にビットレ君の操作性について少しだけ紹介します。

スピード注文

GMOコイン_ビットレ君1

多彩な注文方法の中で例えばスピード注文は、画像のように表示され直感的に注文ができます

GMOコイン_ビットレ君2

スピード注文であれば、このようにチャートを表示させたまま注文することができます。

チャート

GMOコイン_ビットレ君3

チャートは全部で5種類あります。

GMOコイン_ビットレ君4

5種類あるチャートは全てを1つの画面に表示することも可能です。GMOコイン_ビットレ君5

また4種類のライン描画機能があり、PCに劣らない本格的なチャート分析がスマホで行えます。

実際に操作してみましたが、ズームやズームアウトも指で行うことができストレスなく操作することができました

自分の投資スタイルに合わせてチャートを編集することができ、注文もワンクリックで済むGMOコインのスマホアプリ。

高い操作性・多彩な機能からも、初心者から上級者にとっても使いやすいアプリと言えます。

売り買いしたいときを逃さずすぐに注文できるということは仮想通貨取引をする上で非常に重要な点です。

ゼロはじ・髙橋

アプリの詳しい使い方は以下の記事で確認できます。

GMOコイン_アプリ_アイキャッチGMOコインのアプリ「ビットレ君」の使い方からよくある質問まで徹底解説!

1,000円未満から取引ができる

初めて仮想通貨取引をする場合、少額から始めたいという方も少なくないですよね

ゼロはじ・髙橋

GMOコインでは1000円未満の少額から人気銘柄の取引が始められます。

各取引所の取り扱いコインと、最小注文額を以下に表にしました。

ビットコインイーサリアムリップル ビットコインキャッシュライトコイン
販売所0.0001 BTC / 回0.01 ETH / 回1 XRP / 回0.01 BCH / 回0.1 LTC / 回
取引所0.0001 BTC / 回0.01 ETH / 回1 XRP / 回0.01 BCH / 回0.1 LTC / 回
仮想通貨FX0.01 BTC / 回*0.1 ETH / 回100 XRP / 回0.1 BCH / 回0.1 LTC / 回

*新規・決済ともに

実際の日本円は「コインのレート×コインの最小額」をすることにより求められます。

例えば取引所で1,036,609円のレートのビットコインを最小額購入するとします。

この場合、販売所での最小額は0.0001BTCなので「1,036,609円×0.0001」となります。

つまり取引のできる最小の価格は「104円」です。

このようにGMOコインでは、少額から仮想通貨を購入できます。

GMOコインのデメリットは?

GMOコイン_デメリット

ここまでメリットをお伝えしてきましたが、どんな取引所にもデメリットがあります。

リスクを加味せず後で「こんなはずじゃなかった…」と思うのは嫌ですよね。

ここからはそんな結果を回避すべく、GMOコインで取引をするデメリットを3つ取り挙げます。

GMOコインのデメリット ざっくりいうと
  • 相場が荒れるとスプレッドが広くなる
  • 買い入れ規制が入る
  • 取り扱い銘柄の種類が少ない

相場が荒れるとスプレッドが広くなる

スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。出典:GMOコイン公式HP

簡単にいうと売り買いの価格差のことです。この差が広がると損をする可能性があるので要注意。

ゼロはじ・髙橋

上記の引用の通り、スプレッドの値幅は相場により左右されます。

GMOコインも例外ではなく過去には、ビットコインのスプレッドが最大50,000円にまで達した事例もあります。

このような局面では、逆に大きな損失が出る可能性もあります。

これはコントロールできないリスクのため、スプレッドが大幅に広がった際には取引をしない・複数の口座を持っておくなどの対策を講じることで防ぎましょう。

GMOコイン_スプレッド_アイキャッチGMOコインのスプレッドってどうなの?他の取引所と徹底比較!

買い入れ規制がかかる

買い入れ規制とは、運営会社が仮想通貨の取引を制限し取引ができなくなることです。

当社は、リスク管理の徹底により、財務の健全性を維持し、ひいては、お客様からお預かりした資産の保護を図っております。このようなリスク管理の一環として、全てのお客様を対象として、新規のお取引を一時制限させていただく場合がございますので、何卒ご了承ください。出典:GMOコイン公式HP

取引規制についてGMOコイン公式サイトでは上記のように説明されており、詳細な原因は公開されていません。

仮想通貨の人気高騰によりGMOコインが保有する通貨が不足したことが原因ともされていますが、いずれも一時的に取引ができないという点でデメリットであることは確かです。

このようなケースも起こりうることを前提として、複数口座を開設するなどの対策を講じる必要があります。

取り扱い銘柄の種類が少ない

GMOコイン_取り扱い通貨出典:GMOコイン公式HP

かつてGMOコインには”取引所”による取引ができないなど、銘柄がかなり少ない時期がありました。

しかしGMOコインでは現在、5種類の銘柄を販売所・取引所・仮想通貨FX全てで取引ができます。

特に、レバレッジをかけた取引所取引では、銘柄数No1です。(2019年2月 GMOコイン調べ)

GMOコイン_銘柄数

このデメリットは改善されたと言えますが、海外取引所と比べるとまだまだ銘柄の数差はあります。

規制の厳しい日本で仮想通貨取引をするとなると、仕方がない点でもあるでしょう。

もしGMOコインで取り扱っていない銘柄を購入したい場合は、以下の手順で解決できます。

GMOコインで取り扱いしていない銘柄を購入する方法
  1. GMOコインでビットコインを購入
  2. 希望の通貨を取り扱う取引所にビットコインを送金
  3. 送金したビットコインで希望の通過を購入
もし知らなかったら、損失が出てしまいそうなデメリットばかりですが、GMOコインの対応を把握して対策を講じればデメリット面は対処できます

ゼロはじ・髙橋

GMOコインの評判

GMOコイン_評判

GMOコインのメリット・デメリットを紹介してきましたが、ユーザーの生の声も気になりますよね。

ここからはGMOコインの良い評判・悪い評判について口コミを参考に紹介します

GMOコインの評判 ざっくりいうと
  • 良い評判:アプリ・手数料がいい!
  • 悪い評判:手続き関連に時間がかかる

良い評判

GMOコインユーザーが高く評価している点は、GMOコインのアプリや手数料に関することでした。

スマホで取引が完結し始めやすい!

GMOコインのスマホアプリは出先でも使えることや、機能が評価されています。

手数料が安い

GMOコインのメリットユーザーに評価されていることがわかります。

続けていく上で使いやすさや、資金に関わることはやはり重要なようです。

悪い評判

一方でGMOコインユーザーの評価が低い点は、口座開設などの手続きが遅いことに関してでした。

口座開設に時間がかかる

一方で口座開設にかかる時間に対して厳しい口コミもあります。

口座開設が遅かったことから、他の取引所で口座開設をしたという口コミもあるようです。

入金に時間がかかる

GMOコインの入金反映が遅いという口コミも多数ありました。

特にこうした口コミは、ビットコイン人気が急騰した2017-2018年に多いようです。

今後の改善に期待ですね。

結局GMOコインは使うべき?他の取引所と比較

GMOコインは使うべき? ざっくりいうと
  • ネム(XEM)のレバレッジ取引をしたい人はDMM Bitcoin
  • ネム(XEM)のレバレッジ取引を考えていない人はGMOコイン

国内取引所を選ぶとき、GMOコインと並ぶ人気取引所としてDMM Bitcoinが有名です。

GMOコインと同じくアプリや手数料が安いなどの特徴があり、比較の対象になることもあるのではないでしょうか。

そこでここでは、DMM BitcoinとGMOコインの販売所でサービスの内容を簡単に比較しました。

GMOコインDMM Bitcoin
レバレッジ最大4倍最大4倍
ロスカット証拠金維持率75%証拠金維持率80%
現物取引
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
レバレッジ取引
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCT)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCT)

特筆すべき違いは、現物取引とレバレッジ取引の銘柄の種類の違いです。

表からもわかるように、DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引に特化しています。

またDMM Bitcoinは、ネム(XEM)のレバレッジ取引ができることで有名です。

そのため、ネム(XEM)のレバレッジ取引をしたい人はDMM Bitcoinがおすすめ。

ただし現物取引の銘柄の扱いが少ないため、ネム(XEM)の取引を考えていない人はGMOコインでの取引をおすすめします。

DMM Bitcoinとの比較もっと知りたい人は…

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は実際どう?50人の本音で分かったメリット・デメリット

GMOコイン口座開設の手順

GMOコインの口座開設に必要なものは、以下の2点のみです。

口座開設に必要なもの
  • メールアドレス
  • 本人確認書類

ここからは写真と共に、口座開設の手順を詳しく解説します。

口座開設までの4ステップ
 
  1. メールアドレスを登録
  2. 個人情報を登録
  3. 本人確認書類をアップロード
  4. ハガキを受け取り口座開設コードを打ち込む

まず公式サイトを開きます。

GMOコイン_口座開設

上記リンクから公式HPに飛び、赤枠の『口座開設』をクリックしたら準備完了です。

メールアドレスを登録

GMOコイン_口座開設手順1

まず上記のリンクで公式ホームページへ飛んだら、メールアドレスを登録します。

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「無料口座開設」をクリックします。

ゼロはじ・髙橋

GMOコイン_口座開設手順2

アドレスを入力したら、GMOコインから登録メールアドレス確認のメールきます。

受信したメールに記載されているURLをクリックしたら、指示どおりにパスワードと2段階認証の設定をしましょう。

個人情報を登録

GMOコイン_口座開設手順3

設定したパスワードと2段階認証でログインをすると、次は個人情報を入力し登録します。

本人確認書類をアップロード

GMOコイン_口座開設手順4

次に本人確認方法を選択します。

選択肢は本人確認書類の画像をアップロードするか、登録後に来るハガキ受け取り時に本人確認書類を提示するのどちらかとなります。

前者は本人確認書類を撮影し、そのままアップロードすれば簡単なので、前者がおすすめです。

注意!有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート(日本国籍の方のみ)
  • 健康保険書
  • 個人番号カード(マイナンバー通知カード不可)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

ハガキを受け取る

GMOコイン_口座開設手順5

口座開設の登録がオンラインで済むと数日ほどで「口座開設のお知らせ」というハガキが届きます。

GMOコインにログインし、このハガキに記載してある口座開設コードを入力すれば口座開設完了です。

 口座開設にかかる期間

GMOコイン_口座開設手順6

公式HPによると、口座開設の申し込みの当日〜1営業日以内に審査が実施されます。

審査完了の翌営業日にはハガキの発送されるため、最短で翌営業日からの取引が可能。

またゼロはじ編集部が2019年7月に行ったアンケートでは、平均3日はかかるという結果が出ています。

余裕を持って口座開設に臨みましょう。

GMOコインのメリット・デメリットまとめ

GMOコインには、万全のセキュリティーと利用コストの低さというメリットがありますが、同時に相場が荒れた時の対応に関するデメリットもあります。

メリットの面では言うことなしですが、デメリットの面には注意が必要ですね。ただどの取引所にも起こりうることを考慮すれば、総じてGMOコインは優秀な取引所であるといえます。

ゼロはじ・髙橋

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

まとめ
  • 世界最高峰のセキュリティー
  • 取引のコストは低い
  • 相場が荒れた時の対応に対策が必要