やさしい仮想通貨の始め方を解説

FXの4つのトレードスタイル|初心者でも勝ちやすい取引手法を見つけよう!

FXトレードスタイルサムネイル

FXにはトレードスタイルが4種類あるって聞いたけど、初心者でも勝ちやすいのはどれか知りたいわ。

クイーンさん

トレードスタイルってそもそも何のことなの?

ジョーカーさん

ジャック先生

取引のやり方を表すものをトレードスタイルといいますが、FXでは、ポジションを保有する時間の違いによって4つに分けることができます。

ジャック先生

自分に合ったトレードスタイルを選ばないと、狙い通りの取引ができず、大きな損失に繋がってしまう可能性があるので注意してください。

ジャック先生

今回は、4つのトレードスタイルを比較しながら、どんな人に向いているのか、おすすめの通貨などもご紹介します!

「4つのトレードスタイルとは?」6行で解説!

  • FXのトレードスタイルには、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード」の4つがある
  • スキャルピングは、数十秒~数分の間に取引を繰り返して利益を出す手法で、FXに1日中取り組める人向け
  • デイトレードは、数分~数時間で取引を完了する手法で、1日の中でFXに取り組む時間を自由に作れる人向け
  • スイングトレードは、1日~数週間かけて利益を出す取引手法で、時間の融通は利かないが副業でFXをしたい人に向いている
  • 長期トレードは、数週間~数年ポジションを持ち続けて大きな利益を狙う手法で、忍耐力のある人向け
  • FXができる時間や資金、自分の性格を踏まえて、トレードスタイルを選ぶのがおすすめ

FXの専門用語集
FXって専門用語が多くて不安…という方は、こちらの記事をチェック!

FX用語集サムネイル 【保存版】FX用語集!初心者が最初に覚えたい重要語句をかんたん解説

FXのトレードスタイルとは

FXランキングスプレッド

トレードスタイルとは、文字通り取引のやり方のことです。

ポジションを保有する期間の違いによって次の4つに分けられます。

4つのトレードスタイル

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

FXでは、平日は24時間取引ができ、ロスカットにならない限りポジションを持ち続けることができます。

そのため、ポジションの保有期間や、注文と決済のタイミングは、自分で決めて取引しないといけません

ジャック先生

生活の中でFXに割ける時間は人によって様々。

ジャック先生

取引を有利に進めるためには、4つのトレードスタイルの中から自分に合ったものを選ぶことが大切です!

トレードスタイル① スキャルピング

スキャルピングとは、数十秒~数分の間に取引を繰り返して利益を出す取引手法で、2 – 10pips程度の利益を狙って、1日に何度も取引します。

4つのトレードスタイルの中で最もポジションの保有期間が短く、超短期トレードといわれています。

簡単に思われがちなスキャルピングですが、注文と決済のタイミングを逃さない瞬発力や、損切りでも動揺しないメンタルなどが必要で、上級者向けのトレードスタイルです。

一部のFX会社は、スキャルピングを禁止しています。

知らずにスキャルピングをしてしまい、口座を凍結されないように注意してください。

スキャルピングのメリット

スキャルピングには、次の3つのメリットがあります。

スキャルピングのメリット

  • 小さな利益を積み上げることで、大きなトレンドがない時でも、コツコツと利益を出すことができる
  • ポジションを保有している期間が短いため、相場が大きく動くリスクが低い
  • 翌日にポジションを持ち越さないので、寝ている間に相場が大きく変動して損失が出てしまわないか心配する必要がない

以上の3つは、1日で取引が完了する超短期トレードならではのメリットといえます。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングのデメリットは、次の4つです。

スキャルピングのデメリット

  • 注文や決済のタイミングを逃さないように、チャートをずっと見続けられる集中力と体力が必要
  • 注文や決済を繰り返すことによる機械的な作業を根気よく続けないといけない
  • 1日の中で利確と損失が何度も発生することが多く、精神的な負担が大きい
  • 売買の回数が増えので、スプレッドを支払う回数が増え、取引コストが高くなる

数十秒~数分の間で取引を繰り返すので、瞬きする間もない程に集中し、どんな損益があろうとも動揺しないメンタルが必要です。

スキャルピングにおすすめの通貨

スキャルピングにおすすめの通貨は、スプレッドが小さく、短期間で大きな値動きが発生するものです。

スキャルピングにおすすめの通貨

  • ドル円
  • ユーロ円
  • ポンド円

以上の通貨ペアであれば、取引コストを抑えながら大きな利益を狙えるので、スキャルピングで勝ちやすいといえるでしょう。

スキャルピングに向いている人

スキャルピングに向いているのは、次のような人です。

スキャルピングに向いている人

  • 集中力が長く続く
  • 体力がある
  • メンタルが強い
  • 売買ルールを守って取引ができる
  • 1日中チャートを見る時間の余裕がある

トレードスタイル② デイトレード

デイトレードとは、数分~数時間で取引を完了する取引手法で、5 – 100pips程度の利益を狙います。

取引回数は1日に数回程度なので、24時間チャートに張り付く必要がありません。

デイトレードでは、相場の動きが激しくなるといわれる時間帯を狙って取引すると、利益を上げやすくなります。

相場の動きが激しくなる時間

  • 15 – 18時頃(ヨーロッパタイム前半)
  • 21 – 25時頃(ニューヨークタイム前半)

1日の中でFXに取り組む時間を自由に作れる人向けのトレードスタイルで、FX初心者の方にもおすすめです。


FXの時間帯についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

FX時間帯サムネイル FXは時間帯ごとに特徴がある?!癖・傾向・取引におすすめの通貨など疑問を解決

デイトレードのメリット

デイトレードのメリットは、次の2つです。

デイトレードのメリット

  • 会社員などで副業としてFXをしたい人でも、帰宅後の数時間で取引ができる
  • 高度なテクニカル分析のスキルを使わなくても、基本的な分析方法で利益を出すチャンスがある

スキャルピングと比べて、取引回数や、チャートを見ている時間が少なくて済み、初心者でも取引しやすいトレードスタイルといえます。

デイトレードのデメリット

デイトレードのデメリットは、次の2つです。

デイトレードのデメリット

  • 値動きが小さい通貨や、値動きが小さいタイミングでは利益を出しづらい
  • 予測が外れてしまうと、損失を取り返そうと感情的な取引をしてしまいがちになる

デイトレードでは、1日の中で行う数回の取引で勝負が決まります。

小さな利益しか出ないときや、損失が続いたときは感情的になりがちですので注意しましょう。

デイトレードにおすすめの通貨

デイトレードにおすすめの通貨は、スキャルピングと同様で、次の3つです。

デイトレードにおすすめの通貨

  • ドル円
  • ユーロ円
  • ポンド円

4つのトレードスタイルの中では、スキャルピングの次に取引回数が多くなります

なので、取引コストを極力抑えるために、スプレッドが小さい通貨を選びましょう。

また、1日数回の取引で利益を上げるため、短時間で値動きがある通貨を選ぶのがおすすめです。

デイトレードに向いている人

デイトレードに向いているのは、次のような人です。

デイトレードに向いている人

  • 副業でFXを始めたい
  • 損失が出ても平常心を保つことができる
  • 1日のうちチャートを自由に見る時間の余裕がある

 

トレードスタイル③ スイングトレード

fx初心者おすすめローリスク

スイングトレードとは、1日~数週間の売買で利益を出す中長期的な取引手法で、1回あたりに狙う利益は100 – 300pips程度です。

1日~数週間に1回の取引回数なので、チャートの確認は1日1回~数回程度で大丈夫です。

忙しい会社員や主婦の方にも人気のトレードスタイルです。

スイングトレードは、デイトレード同様に初心者にもおすすめのトレードスタイルですが、トレンドに沿った取引ができるかが勝率を左右するため、テクニカル分析のスキルが必要になります。

スイングトレードのメリット

スイングトレードのメリットは、次の2つです。

スイングトレードのメリット

  • 1日1回チャートを確認すれば良いので、仕事が忙しい人でも副業で始めやすい
  • トレンドを読むことができれば、スキャルピングやデイトレードよりも大きな利益を狙えるチャンスがある

毎日取引する必要がなく、中長期的な取引で大きな利益を狙うことも可能なトレードスタイルです。

スイングトレードのデメリット

スイングトレードのデメリットは、次の3つです。

スイングトレードのデメリット

  • 週末の取引できない時間で相場が大きく変動する可能性がある
  • トレンドを読むためのテクニカル分析の知識が、ある程度必要になる
  • 大きな相場変動が急に起きたときにロスカットにならないように、十分に資金を準備しておく必要がある

デイトレードよりもポジションの保有期間が長くなるため、一時的な相場変動ではなく、トレンドを読む分析力が必要になります。

スイングトレードにおすすめの通貨

スイングトレードでおすすめの通貨は、次の2つです。

スイングトレードにおすすめの通貨

  • ドル円
  • ポンド円

スイングトレードでは、取引量が多い通貨がおすすめです。

引量が多いと安定した値動きになる傾向があり、チャート画面を見ない時間が多くても安心して取引できるといえます。

コツコツと利益を貯めたい方は「ドル円」、ドル円よりも値動きが大きい通貨で利益を上げたい方は「ポンド円」を選びましょう。

 スイングトレードに向いている人

スイングトレードに向いているのは、次のような人です。

スイングトレードに向いている人

  • テクニカル分析の勉強をするのが苦にならない
  • 兼業トレーダーとしてFXを始めたい
  • 売買のタイミングを待つことができる

トレードスタイル④ 長期トレード

長期トレードは、数週間~数年ポジションを持ち続ける取引手法です。

1回あたりに狙う利益は500pips以上

今回ご紹介する4つの中では一番大きな利幅を狙うトレードスタイルです。

長期間ポジションを持ち続けるので、スワップポイント狙いでコツコツと利益を貯める運用も可能です。

ただし、スワップポイントがマイナスの通貨ペアを持っている場合は、スワップポイントを支払い続けることになるので注意が必要です。

長期トレードのメリット

長期トレードのメリットは、次の3つです。

長期トレードのメリット

  • スワップポイントが高い通貨ペアを選べば毎日スワップポイントを受け取れるので、コツコツと利益を蓄積できる
  • 1回の取引で大きな利幅を狙える
  • ポジションを保有したままある程度放置しても良いので、忙しい人でも取引しやすい

長期トレードでは、差額で利益を狙うだけでなく、スワップポイントでの運用も可能です。

長期トレードのデメリット

長期トレードのデメリットは、次の2つです。

長期トレードのデメリット

  • マイナスポジションを持ち続けることになった場合は、損失が大きくなるリスクがある
  • 取引回数が少ないので、短期取引と比較すると資金効率や時間効率が悪い

長期間ポジションを持ち続けるトレードスタイルのため、忍耐力が必要になります。

長期トレードにおすすめの通貨

長期トレードにおすすめの通貨は、次の3つです。

スイングトレードにおすすめの通貨

  • ドル円
  • 豪ドル円
  • ニュージーランドドル円

為替の差額によって利益を狙いたい場合は、安定して取引できる「ドル円」がおすすめです。

スワップポイントで利益を貯めたい場合は、スワップポイントが多くもらえる「豪ドル円」「ニュージーランドドル円」がおすすめです。

長期トレードに向いている人

長期トレードに向いているのは、次のような人です。

長期トレードに向いている人

  • 短期的な相場変動に一喜一憂したくない
  • スワップポイントでコツコツ利益を貯めたい
  • チャートを毎日確認できない
  • テクニカル分析とファンダメンタル分析を使って相場を予想したい

自分に合ったトレードスタイルを見つけるポイント

FX口座開設確認

自分に合ったトレードスタイルを見つけるためには、

自分に合ったトレードスタイルを見つけるポイント

  • 生活サイクル
  • 資金
  • 性格

以上の3つのポイントを確認しましょう。

生活サイクル

FXに使える時間が1日にどの程度あるかを把握しましょう。

FXに使える時間が多い方は「スキャルピング」「デイトレード」、少ない方は「スイングトレード」「長期トレード」に向いているといえます。

資金

ポジションを保有する期間が長い場合は、ロスカットのリスクを低くするためにも、余裕を持って資金を準備する方が良いといえます。

少額から始めたい場合は、「スキャルピング」「デイトレード」から取引を始めましょう。

 性格

「スキャルピング」「デイトレード」では、集中力、瞬発力、体力の有無が勝負を左右します。

また、相場変動や損失の発生にも動揺しない、メンタルの強さが必要になります。

忍耐力がある人や、慎重に取引したい人は、「スイングトレード」「長期トレード」がおすすめです。

診断付き!「FXのトレードスタイル」まとめ

4つのトレードスタイルで、結局私はどれが合っているんだろう…。

クイーンさん

ジャック先生

4個の質問に答えるだけでおすすめのトレードスタイルがすぐに分かる適正診断を用意したので、参考にしてみてください。

おすすめのスタイル診断

  • 1日でFXに使える時間は?
    A:制約がない
    B:3時間以内
    C:1時間以内
    D: ほとんどない
  • 集中力は高いか?
    A:高い
    B:どちらかというと高い
    C:普通
    D:低い
  • 熱くなりやすいか?
    A:なりやすい
    B:どちらかというとなりやすい
    C:普通
    D:なりにくい
  • 分析は得意か?
    A:苦手
    B:どちらかという苦手
    C:普通
    D:得意

FXスタイル診断結果!

  • Aが多かった人 → スキャルピング
  • Bが多かった人 → デイトレード
  • Cが多かった人 → スイングトレード
  • Dが多かった人 → 長期トレード

Aが多かったから、スキャルピングでFXを始めてみます!

ジョーカーさん

ジャック先生

トレードスタイルが決まったみたいですね。

では、最後にこの記事のおさらいです。

「4つのトレードスタイルとは?」6行でおさらい!

  • FXのトレードスタイルには、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード」の4つがある
  • スキャルピングは、数十秒~数分の間に取引を繰り返して利益を出す手法で、FXに1日中取り組める人向け
  • デイトレードは、数分~数時間で取引を完了する手法で、1日の中でFXに取り組む時間を自由に作れる人向け
  • スイングトレードは、1日~数週間かけて利益を出す取引手法で、時間の融通は利かないが副業でFXをしたい人に向いている
  • 長期トレードは、数週間~数年ポジションを持ち続けて大きな利益を狙う手法で、忍耐力のある人向け
  • FXができる時間や資金、自分の性格を踏まえて、トレードスタイルを選ぶのがおすすめ

ジャック先生

自分に合ったトレードスタイルを見つけることが、利益を上げやすくする第一歩です!

4つのトレードスタイルの違いを理解し、自分に合ったものを選びましょう!