やさしい仮想通貨の始め方を解説

原油減産が為替に与える影響とは?中学生でもわかる背景&見通しカンタン解説

原油が減産されて為替が動いてるって聞いたけど、どういうこと?

キングさん

私も気になってたけど、なんだか難しいわよね。
今後の為替はどうなるのかな?

クイーンさん

ってか、原油が減ったら、なんで為替に影響が出るんだろ?

ジョーカーさん

ジャック先生

みなさん、原油減産による為替への影響が気になっているようですね。
では今回は、原油減産について、わかりやすく解説していきますね!

原油の減産は為替への影響が大きく、稼げるチャンスともいえます。

OPEC+やシェールガスなどの関係がわかれば、為替の動きが見えてくるので、おさえておきましょう!

原油減産と為替への影響を7行で解説

  • OPEC+とは、産油国の利益を守るための組織のこと
  • OPEC+は、原油価格下落を防ぐために協調減産に踏み切った
  • 原油価格下落の主要因はコロナショック
  • 協調減産の効果は供給量の減り幅が少なく、大きな効果は見られていない
  • 今後、原油価格上昇すると、円高のストップにつながりやすい
  • OPEC+には反米的な国があり、減産をやめて原油価格を上げる状況も想定される
  • アメリカのシェールガス採掘コストは高く、何らかの対応をする可能性がある

OPEC+の原油減産が話題に!何が起きてるの?

減産 為替_イメージ画像

原油減産って、結構な話題になってるよね。
何が起こってるの?

キングさん

ジャック先生

OPEC+が原油を減産することで、原油価格がどうなるかが話題になってるんです。
アメリカのシェールガス事業にも大きな影響が出ているなど、世界経済への波及も大きいんですよ。

また、原油減産は為替にも影響しており、円高が進んでいます。

原油減産によって為替がどう動いたのかを知りたい方は、以下の章からご覧くださいね!

為替はどうなった?OPEC+の原油減産効果

ジャック先生

また、原油減産の基礎から知りたい方は、次の章で解説していきます!

OPEC+による原油減産の基礎知識

減産 為替_原油のイメージ画像

原油減産っていっても、右も左もわかんない状態なんだよね。

キングさん

ジャック先生

では原油減産に関する基礎知識から、サクッと把握していきましょう!

OPEC+とは?

ちょっといいにくいんだけど…まずOPEC+がなにかわかんないんだ。
これって、ヤバい?

キングさん

ジャック先生

まったく問題ありません!
この機会にサクッとOPEC+について、おさえておきましょう!

OPEC+は産油国の利益を守るための組織のこと

OPEC+とは、OPECにロシアなどの加盟していない国を加えた主な産油国のこと。

石油輸出国機構と呼ばれ、1960年につくられました。

ジャック先生

ちなみにOPECとは、産油国の利益を守るために結成されたチームのことです!
有名どころの国は、サウジアラビアクウェートイラクなどがあげられます。

OPEC+はシェールガスの勢力に脅かされている

OPEC+はシェールガスの勢いに押されています。

この背景が、2020年4月の協調減産の引き金と考える人も。

ジャック先生

ざっくりいうと、シェールガスとは化石燃料の一種です。
原油や液化天然ガスと同じジャンルだと思ってください。

一時期シェール革命って言葉をよく聞いたけど、これのことだったんだ!
シェールガスがザクザク採れるって聞いたよ!

ジョーカーさん

ジャック先生

2006年以降、技術が発達してシェールガスの採掘が可能になりました。
アメリカにはシェールガスがたくさん眠っているので、バンバン採れるわけです。

ジャック先生

それがアメリカの経済を大きく動かす原動力となっているんです。

アメリカっていったら世界トップの経済大国だもんね。
そりゃOPEC+から見たら、独り勝ちされちゃうんじゃないかって心配になるだろね。

キングさん

ジャック先生

OPEC+の国は、アメリカから経済的な圧力を加えられている国が多いんです。
たとえば、ロシアやサウジアラビアなどは、反米的と考える人も少なくありません。

ふーん、OPEC+とアメリカは仲が悪いんだね。

ジョーカーさん

【目的】なんのために原油を減産するの?

OPEC+が原油の協調減産に踏み切った理由は、原油価格の暴落を食い止めるためです。

原油をたくさん採り、余っている状態が進むと原油価格が下がります。

そのため、原油の採掘量を減らして、需要と供給のバランスをとろうとしているんです。

なんだか円高と円安の関係に似てるな。
通貨の価値も需要と供給のバランスで決まるっていってたし。

キングさん

(そんな話、聞いたっけ…?)

ジョーカーさん

円高や円安について気になる方は、以下のページをあわせてご覧くださいね!

円安・円高サムネイル 【保存版】円高・円安とは、2020年はどっち?覚え方をわかりやすくイラストで解説!

【理由】なぜ原油を減産するの?

OPEC+が原油の減産を決めた背景には、新型コロナウイルスの拡大があるとされています。

世界中の経済が停滞することで、原油のニーズが大幅に減ったんです。

確かに、旅行や外出が激減したもんね。
ってことは、飛行機や車のガソリンも使わなくなるもんな。

キングさん

企業の生産活動もガクンと落ち込んでるから、エネルギーが余っちゃってるのね。

クイーンさん

ジャック先生

新型コロナウイルスの拡大によって原油の需要が激減したんです。
そのため原油の供給が増え過ぎ、減産の必要性が生じたんです!

新型コロナウイルスって、マジでヤバいね。

ジョーカーさん

為替はどうなった?OPEC+の原油減産効果

減産 為替_原油減産効果のイメージ画像

ジャック先生

OPEC+の協調減産って、為替にどんな影響を与えたの?

ジャック先生

いまのところ、効果は思わしくないようです。
協調減産によってどんな影響があったのか、わかりやすくお伝えしますね!

リスク回避の円高が加速

ジャック先生

OPEC+の協調減産によって、リスク回避の円高が進行しました。
協調減産が合意にいたった2020年4月9日の原油価格は以下のとおりです!

減産 為替_協調減産が為替に与えた影響のイメージ画像

出典:jp.tradingview.com

原油価格、かなり落ちてるね…。

ジョーカーさん

原油減産の効果が出なかった理由

原油を減産しても効果が出なかった理由は、需要の減り具合が大きかったから。

原油減産による供給減より、コロナショックによる需要減の方が大きかったことが原因です。

ジャック先生

原油の需要ってコロナショックでどれくらい減ったの?

ジャック先生

2,000万バレル~3,000万バレルとされています。
それに対し、今回OPEC+の協調減産量は970万バレル。

ジャック先生

このように需要減よりも供給減が少なかったので、原油の価格を食い止められなかったんです。

コロナショックって、本当に深刻なのね…。

クイーンさん

今後の為替は?原油減産の注目ポイント3つ

減産 為替_原油減産の注目ポイントイメージ画像

今後の為替を左右する原油減産について、注目ポイントは以下の3つです。

今後の為替を左右する原油減産の注目ポイント3つ

  1. 新型コロナの終息
  2. アメリカの動向
  3. OPEC+の追加減産

いずれも原油価格の上昇は投資家心理の改善につながり円高が止まりやすくなります。

反対に原油価格の下落は投資家心理の悪化につながり、円高になりやすくなるでしょう。

ポイント① 新型コロナの終息

原油価格の今後を大きく左右するのは、新型コロナの終息です。

新型コロナが終息に向かうと、世界経済が活発になるので、原油の需要の上がるでしょう。

それに伴って、リスク回避の流れが止まり、円高傾向も落ち着くと考えられます。

ジャック先生

逆に新型コロナが終息に向かわなかった場合、原油価格の上昇は見込めません。

為替についても有事の円買いが加速しやすいでしょう。

投資家心理が悪化すると円高になりやすいもんね。

クイーンさん

ポイント② アメリカの動向

原油価格の下落で苦しんでいるのは、アメリカも同じ。

シェールガスを採るときのコストが大きいからです。

ジャック先生

そのため、原油減産に向けた対応をとるかもしれません。

さらに減産されると、原油価格が上昇することも考えられます。

ジャック先生

原油価格の上昇は、円高の流れを止めやすいと予想できます。

その一方で、アメリカが何らかの対応をすることで原油減産がストップすると円高が進みやすくなります。

ポイント③ OPEC+の追加減産

OPEC+が追加減産をすると、円高が止まりやすくなるでしょう。

減産量の追加は原油価格の上昇につながり、為替相場でもリスクオンの流れになりやすいからです。

ジャック先生

その一方で、協調減産がストップすると円高が進みやすくなります。
原油価格が暴落する恐れがあるからです。

有事の円買いが加速するってことか。
でも原油を減らさないと、原油価格が下落しちゃうからOPEC+は減らすしかないんじゃないの?

キングさん

ジャック先生

そうとも限りません。
OPEC+のなかにはアメリカを敵視している国があるとされています。

ジャック先生

なので、あえて原油価格を吊り上げて、アメリカの勢いを止めようとする可能性があるんです。
アメリカの採掘コストは、サウジアラビアやロシアの何倍にもなるといわれていますからね。

前にも協調減産が一時破綻したって聞いたけど、そのせいかもね。
OPEC+の協調がおじゃんになったように見せて、アメリカを追い詰めたかったのかも。

クイーンさん

ジャック先生

さすがクイーンさん!
OPEC+は2020年3月に協調減産をやめた経緯があります。

ジャック先生

そのため、協調減産が今後も安定的に続くとは言い切れないんです!

原油価格がどうなるか、今後が気になるな。

キングさん

ジャック先生

では次は、為替のプロがどんな見通しを立てているのか、見ていきましょう!

原油減産でどうなる?為替のプロによる見通し

減産 為替_プロの見通しのイメージ画像

ジャック先生

原油減産に関する為替のプロによる見通しについて、以下の4点をご紹介しますね!

為替のプロによる見通し

  1. ニッセイ基礎研究所
  2. FXプライムbyGMO
  3. 大和投資信託
  4. あおぞら銀行

プロの見通し① ニッセイ基礎研究所

ジャック先生

ニッセイ基礎研究所は原油と為替の両方が、短期的に下落すると予想しています。
ですが、長期的には回復に向かうといった見通しを立てているようです!

最後に今後の原油相場を展望すると、現在の1バレル20ドルという原油価格は長期的には持続不可能だろう。そもそも、この水準が続けば、高コストのシェールオイルや深海油田が生産停止に陥っていくうえ、世界的に新規の設備投資が手控えられることもあり、生産は減少に向かうはずだ。また、新型コロナウィルスの感染拡大もいずれ終息に向かうと見込まれる4ため、経済活動の再開に伴って需要も徐々に回復するだろう。

ただし、当面は供給過剰感が強く、原油価格の上値は押さえられるだろう。次回OPECプラス会合(前倒しがなければ6月)までは20ドル弱~30ドルでの推移を予想しているが、特に需給の緩みが意識される場面では、一時的に15ドル前後まで落ち込む可能性があると見ている。
出典:Bloomberg

プロの見通し② FXプライムbyGMO

以下はFXプライムbyGMOの常務取締役、上田真理人氏の見通しです。

海外勢が不在の中、本邦実需が売ったところでドル・円は海外勢を含めたストップを誘発
株を見ていると、不安感からポジションをあまり持ちたくないというところで、108円台でロングにしていた向きが次々手放している感じ。今のところ107円50銭はサポートされるとみているが、欧州も休みなので、あまりにもマーケットが薄く、不透明なところもある
出典:Bloomberg

ジャック先生

原油減産によって為替だけでなく、株も下落傾向にあると見ているようですね!

プロの見通し③ 大和投資信託

次は、大和投資信託調査部のチーフエコノミスト、亀岡裕次氏の見通しをご紹介します。

株安と円高の動きで、米企業決算への警戒感、OPECプラス合意の減産規模が事前報道の範囲内だったことでの材料出尽くしや需給改善には不十分との見方が影響
今後、米国などで新規のコロナウイルス感染者数が増えていかなけければ、その部分はややリスクオンの円安要素になるが、米指標などで実体経済の悪さがあらためて確認される可能性もあり、ドル・円は大きな方向感は出にくい可能性も
出典:Bloomberg

ジャック先生

コロナショックが落ち着けば円安になりやすいとの予想です。
アメリカの経済指標が悪いと、レンジ相場になる可能性も考えられるとのことですね!

アメリカの経済指標について詳しくお知りになりたい方は、以下の記事もどうぞ!

米国経済指標サムネイル 【最重要7選】FXでチェックするべき米国経済指標を事例つきで解説!

プロの見通し④ あおぞら銀行

最後に、あおぞら銀行の総合資金部部長、諸我晃氏の見通しを見てみましょう!

感染拡大はピークアウトしたとの話も出てきているが、米ミネアポリス連銀総裁から景気回復まで1年以上かかるとの話もあり、米株先物が下落し、午後になり日本株も一段と下げてきたことでドル・円は弱い展開
米株は先週楽観的に上げ過ぎていた面もあり、その調整もあって海外市場にかけても円高地合いが続きそう
出典:Bloomberg

ジャック先生

景気回復までの目安は1年と考えているようです。
株との兼ね合いを見ながら、リスクオンの傾向が出ると円高になるとの見通しです!

【まとめ】原油減産による為替への影響を理解して稼ごう!

減産 為替_まとめのイメージ画像

最後に原油減産について、おさらいしておきましょう!

原油減産と為替への影響のまとめ

  • OPEC+とは、産油国の利益を守るための組織のこと
  • OPEC+は、原油価格下落を防ぐために協調減産に踏み切った
  • 原油価格下落の主要因はコロナショック
  • 協調減産の効果は供給量の減り幅が少なく、大きな効果は見られていない
  • 今後、原油価格上昇すると、円高のストップにつながりやすい
  • OPEC+には反米的な国があり、減産をやめて原油価格を上げる状況も想定される
  • アメリカのシェールガス採掘コストは高く、何らかの対応をする可能性がある

原油減産って、新型コロナの拡大が背景にあったんだね。
あらためてコロナショックのインパクトがわかったよ。

キングさん

OPEC+には反米的な国があって、意図的に原油価格を上げるケースがあるなんて知らなかったわ。
シェールガスの勢いってすごいのね。

クイーンさん

とりあえず原油価格が上がれば円高が落ち着きやすいってことだね!
そのためにも、新型コロナの状況から目が離せないね!

ジョーカーさん

ジャック先生

みなさん、原油減産による為替の動きを理解されたようですね。
大局的に見れば原油減産や為替の状況を把握することは難しくありません。

ジャック先生

今後も原油価格や新型コロナに注目しながら、為替でチャンスを狙っていきましょう!

現在、新型コロナによって、世界的に金融緩和の流れが加速しています。

金融緩和については以下の記事でわかりやすく解説しているので、ぜひあわせてご覧くださいね!

FX金融緩和サムネイル 【2020】金融緩和がFXに与える影響は?基礎~最新情報を網羅!ドル円の為替、どうなる?