やさしい仮想通貨の始め方を解説

XMのレバレッジ888倍をフル活用するために必要なすべて!レバレッジ規制から設定変更方法、計算方法まで徹底解説

xm-leverage01

XMの最大レバレッジ888倍ってどのくらいの大きさ?
XMでレバレッジ規制がされるケースってどんなケース?
XMのレバレッジ設定・変更の仕方が知りたい!

国内の口座登録者は100万人を超え、運営歴10年の実績を誇る人気海外FX会社の「XM Trading」。

そんなXMの大きな特徴はレバレッジにありますが、「レバレッジ888倍がどのくらいの大きさなのか」「実際はレバレッジ何倍がいいのか?」「レバレッジ規制の詳細について」など疑問を抱える方も少なくありません。

そこで本記事では、XMのレバレッジについて全ての疑問をわかりやすく徹底解説しました!

本記事でわかること
  • XMのレバレッジ888倍がどのくらいの大きさなのか
  • XMでレバレッジは何倍に設定するのがおすすめなのか
  • XMでレバレッジ規制がされるのはどのようなケースなのか
  • XMでもしレバレッジ規制がされた場合の解除方法
  • XMのレバレッジを知るために必要な情報とその計算方法
  • XMのレバレッジについての利用者の声

この記事を読めば、XMのレバレッジについてもう悩むことはありません!

XMの最大レバレッジ888倍ってどのくらい?わかりやすく解説

xm-leverage02

レバレッジとは

レバレッジとは、預け入れた資産の数倍の金額の取引を可能にする仕組みのことを指し、直訳すると「てこの原理」と訳すことができます。
よく言われるレバレッジ〇〇倍というのは、預け入れた資産の〇〇倍を動かすことができるという意味です。
つまり、レバレッジ10倍であれば1万円で10万円を、100倍であれば1万円で100万円を動かすことができるのです。

まずは、XMの最大レバレッジ888倍がどのくらいの大きさなのか、888倍でどのくらいのポジションを持てるのかを国内FX業者と比較しながらわかりやすく解説していきます。

XMの最大レバレッジ888倍がどのくらいの大きさなのかを簡単に言うと、同じ証拠金(FXに利用できる資金)の量であれば、XMのレバレッジを利用することで国内FX業者の35.52倍の金額を動かせると言うことになります。

具体的に前提条件を、「資産額を10万円・通貨ペアをドル円(1ドル/100円)」とした場合の持てるポジションと1円の値動き時の損益を表したものがこちらの表になります。

 国内FX業者XM
最大レバレッジ25倍888倍
持てるポジション250万円8880万円
1円の値動き時の損益2.5万円88.8万円

こちらの表を見てわかるように、資産額が同じ10万円でも最大レバレッジが異なると、持てるポジション大きく異なり、損益の量も変わります。

次に取引条件を、「取引額(持ちたいポジションの額)100万円・ドル円(1ドル/100円)」とした場合に必要な証拠金で比較します。

 国内FX業者XM
最大レバレッジ25倍888倍
必要証拠金4万円1126円

こちらも表を見てわかるように、XMのレバレッジ888倍で取引をする場合、1万通貨での取引をするのに必要な証拠金が1126円で済むため、同じポジションを持つ場合でも国内FX業者と比較して必要資金が少なくて済みます。

つまり前述した内容をまとめると、国内業者と比較して、XMのレバレッジ888倍での取引は同じ資金でも持てるポジションが大幅に大きくなり、さらに同じ取引条件で取引をする場合にも必要な資金が大幅に下がると言うことになります。

以上がXMの最大レバレッジ888倍の大きさと具体的なメリットです。

XMの最大レバレッジ888倍がおすすめの3つの理由

xm-leverage03

XMでは、最大レバレッジ1倍から888倍まで16種類の細分化された倍率の中から口座レバレッジを設定できます。

XMで設定できるレバレッジ倍率
  • 1:1(最大レバレッジ1倍)
  • 1:2(最大レバレッジ2倍)
  • 1:3(最大レバレッジ3倍)
  • 1:5(最大レバレッジ5倍)
  • 1:10(最大レバレッジ10倍)
  • 1:15(最大レバレッジ15倍)
  • 1:20(最大レバレッジ20倍)
  • 1:25(最大レバレッジ25倍)
  • 1:50(最大レバレッジ50倍)
  • 1:66(最大レバレッジ66倍)
  • 1:100(最大レバレッジ100倍)
  • 1:200(最大レバレッジ200倍)
  • 1:300(最大レバレッジ300倍)
  • 1:400(最大レバレッジ400倍)
  • 1:500(最大レバレッジ500倍)[XM Zero口座はここまでになります]
  • 1:888(最大レバレッジ888倍)

しかし余程の理由がない限りは選択できる最大のレバレッジで口座を開設することをお勧めします。

ここからは、レバレッジ倍率の中でも888倍での口座開設をおすすめする理由をご説明します。

最大レバレッジを888倍にしても常に888倍のポジションを持つ必要はない

xm-leverage04

最大レバレッジを888倍をおすすめする1つ目の理由は、「最大レバレッジを888倍にしても常に888倍のポジションを持つ必要はなく、単純に取引をする上での選択肢を増やすことができるから」です。

FX取引のレバレッジにおいては、口座開設の際に設定するレバレッジを口座レバレッジといい、実際に運用する際にかけるレバレッジを実行レバレッジと言います。

MT4とcTraderについて
  • 口座レバレッジ:利用する口座でかけることのできる最大のレバレッジ倍率。ここで888倍を選択することがレバレッジ888倍で取引をすることには直結せず、あくまで最大で888倍での取引ができる設定であることを指す。
  • 実効レバレッジ:設定した口座レバレッジの中で、実際に運用する際にかけるレバレッジ。これは「取引額÷証拠金額」で割り出すことができます。実効レバレッジは、取引をする際に「レバレッジ〇〇倍で注文する」とするわけではなく、取引額(持ちたいポジションの額)と証拠金額(取引に利用する実際の金額)を調整することでコントロールする。

ここで選択する最大レバレッジ888倍というのは口座レバレッジのことを指すので、実際に取引する際は実効レバレッジをコントロールしながら1倍〜888倍の間で取引をすることができます。

ここで1つ注意が必要なことは、慎重に取引をしたい方やギャンブル気質の方など、絶対にレバレッジ888倍では取引をしたくない方は、口座レバレッジを低めに設定することをおすすめしたいということです。

口座レバレッジを888倍に設定しても、取引の際の実効レバレッジを調整すれば問題ないことはお分りいただけたかと思いますが、それは逆に言うと調整の仕方次第で888倍にもなりうるということです。

取引の性質上や自身の性格上あらかじめ最大で取れるレバレッジを制限して置きたいという方は、口座レバレッジを低めに設定することで自制をかけることができます。

基本的には888倍でのレバレッジ設定をおすすめしますが、自身の取引性質や性格を考慮した上で、レバレッジは設定するようにしましょう。

ハイレバ取引とXMの取引環境の相性が良い

xm-leverage05

最大レバレッジを888倍をおすすめする2つ目の理由は、「XMの取引環境とハイレバレッジの相性が非常に良いため」です。

XMの取引環境は、「追証なしのゼロカットシステム採用」「最小取引通貨が1000通貨から」「初回最低入金額が500円から」と少額でのハイレバ取引に最適な取引環境になっています。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わず、残高がマイナスになった際に、FX業者がマイナス分を帳消しにしてくれるシステムのです。ゼロカットシステムを導入しているとトレーダーに生じた損失を全てFX会社が補填してくれるので、ハイレバレッジでの取引などに挑みやすくなります。

上記の制度によりXMでは他社と比較してもかなり少額からの取引をすることが可能であり、この制度に高いレバレッジを掛け合わせることで少額で大きな利益を生み出すことができる仕組みになっています。

少額でハイレバ取引をすることで、利益が出た際は大きく儲けることが可能であり、損益が出た際はゼロカットシステムで最小リスクで済ませることができるのです。

せっかくXMを利用するのであれば、レバレッジを最大限活用し、ローリスクハイリターンなトレードを実現できる取引環境を活かすことをおすすめします。

少ない資金(証拠金)から取引を始められる

xm-leverage06

最大レバレッジを888倍をおすすめする3つ目の理由は、「少ない資金(証拠金)から取引を始められるから」です。

これは前段の「XMの最大レバレッジ888倍ってどのくらい?わかりやすく解説」でも解説をしましたが、最大レバレッジを888倍にすることで、国内FXの25倍と比較して必要資金を約35分の1に抑えることができます。

レバレッジを低く設定すると、その分必要になる資金(証拠金)は多額になります。

よく「ハイレバ取引は危険である」「ハイレバ取引は上級者向けである」と言われますが、実際にはハイレバにすることで少額の資金で済ませることは、リスクを最大限抑えることにも繋がります。

FXに使える資金がそこまで潤沢でない方や、始めから多額の資金を投入するのが怖い初心者の方など、少ない資金から取引を始めたいトレーダーの方にこそ高いレバレッジでの取引をおすすめします。

XMでレバレッジ規制がされる3つのケース

xm-leverage07

XMでは特定のケースにおいては、レバレッジ規制がかかり、最大レバレッジを低く制限されることがあります。

ここからは、これらのレバレッジ規制がかかる3つのケースを詳しくご紹介いたします。

有効証拠金が一定の額を超えたケース

xm-leverage08

まず1つ目は、「有効証拠金が一定の額を超えたケース」です。

XMでは、有効証拠金が一定の額を超えるとレバレッジに制限がかかります。

規制がかかる有効証拠金額とレバレッジ倍率については下記の表をご覧ください。

有効証拠金額最大レバレッジ
2万ドル(200万円)以下上限レバレッジまで
2万ドル(200万円)以上10万(1000万円)ドル未満200倍まで
10万(1000万円)ドル以上100倍まで

このように、XMでは有効証拠金額が2万ドル(200万円)相当を超えると最大レバレッジに制限がかかります。

この時に気をつけなければいけないのは、「有効証拠金には含み益やボーナスも含むという点」と「有効証拠金の額はアカウント全体での合計金額であるという点」の2点になります。

まず「有効証拠金には含み益やボーナスも含むという点」については、有効証拠金の額は未決済のポジションの含み益も含まれるので、この含み益と残高、さらにボーナスの合計が2万ドル(200万円)相当を超えないように気をつけましょう。

また、「有効証拠金の額はアカウント全体での合計金額であるという点」については、XMでは口座を1アカウントにつき複数作ることができますが、有効証拠金の額はアカウント全体での合計額になるということです。

口座を分けて資金を複数に分散させている場合でも、有効証拠金額は全体の合計額で計算され、全ての口座でレバレッジ規制がかかってしまうので気をつけましょう。

マイナー通貨での取引を行なったケース

xm-leverage09

次に2つ目のレバレッジ規制がかかるケースは、「マイナー通貨での取引を行ったケース」になります。

XMでは、マイナー通貨での取引にはレバレッジの制限がかけられています。

理由は、マイナー通貨はメジャー通貨と異なり変動性が大きいため、ハイレバで取引をしていると少しの変動で大きな損失を生んでしまうためです。

レバレッジ制限をかけられているマイナー通貨は全て以下にまとめてありますので、これからご紹介するマイナー通貨で取引をする際には注意するようにしましょう。

レバレッジ制限のあるマイナー通貨
  • 最大レバレッジ400倍

CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
CHF/SGD(スイスフラン/シンガポールドル)

  • 最大レバレッジ100倍

USD/TRY(ドル/トルコリラ)
EUR/TRY(ユーロ/トルコリラ)

  • 最大レバレッジ50倍

EUR/DKK(ユーロ/デンマーククローネ)
EUR/HKD(ユーロ/香港ドル)
GBP/DKK(英ポンド/デンマーククローネ)
USD/DKK(ドル/デンマーククローネ)
USD/HKD(ドル/香港ドル)
USD/CNH(ドル/中国元)
EUR/RUB(ユーロ/ロシアルーブル)
USD/RUB(ドル/ロシアルーブル)

ご紹介したマイナー通貨は、トレーダーの間でも変動性が大きいことで有名であり、制限自体もトレーダーを大きな損失から守るためにあるものでもあるので、取引の際には自身にとって最適なレバレッジを見極めるようにしましょう。

世界的に大きなイベントが起こるケース

xm-leverage10

最後に3つ目のレバレッジ規制がかかるケースは、「世界的に大きなイベントが起こるケース」です。

アメリカの大統領選挙などの政治的なイベントや経済指標時など、価格相場が大きく変動するタイミングでは、レバレッジに制限がかけられます。

規制がかかるタイミングはXMからお知らせが届くので、通知に気をつけていれば基本的に突然レバレッジ規制がかかることはありません。

このレバレッジ規制は、トレーダーがハイレバでポジジョンを持っている際に相場が急変して大きな損失を受けないための仕組みになっています。

世界的に大きなイベントが起こる前後は要注意です。

XMでレバレッジ規制がされた時に解除するための手順

xm-leverage11

前段では、XMのレバレッジ規制に関する仕組みやタイミングについてご説明しましたが、実は最初にご説明した「有効証拠金が一定の額を超えたケース」のみ規制の解除をすることができます。

ここからは、レバレッジ規制をされてしまった場合の規制解除をするための手順をご説明していきます。

手順①|有効証拠金の額を一定以下にする

まずはアカウントの有効証拠金の額を一定以下に下げましょう。

「有効証拠金が一定の額を超えたケース」で紹介した通り、レバレッジ規制は2万ドル(200万円)相当を超えた場合にかかります。

そのため、まずは出金手続きをして、口座の残額(複数持っている場合は全て足した額)を有効証拠金の額を2万ドル(200万円)相当以下になるように調整します。

その後は、出金完了メールが届くのを待ちましょう。

手順②|サポートに制限の解除を申請する

出金が完了し、XMからの出金完了メールが届いたら、次はライブチャットかメールでサポートにレバレッジ制限の解除を申請します。

XMのサポートは、平日の9時〜17時まで対応が可能なライブチャットと平日24時間対応が可能なメールのどちらかを選びましょう。

対応速度は、ライブチャットが即時でメールが1〜2営業日になるので、即時対応がしてほしい場合はライブチャットをおすすめします。

XMサポートに送る内容には、「口座ID・口座残高を2万ドル以下にした旨・レバレッジ制限を解除してほしい旨」の3点を記載しましょう。

サポートへの連絡の後は、XMから数日以内にレバレッジ制限を解除できる旨の連絡が来ますので、連絡を待ちましょう。

手順③|マイページでレバレッジの設定を変更する

XMからレバレッジ制限を解除できる旨の連絡が来たら、マイページからレバレッジの制限を解除することができます。

マイページの「マイアカウントの概要」から「オプションを選択する」→「レバレッジ変更」でレバレッジ制限の解除手続きは完了です。

手続き後はすぐに制限は解除されますが、やはり手続き自体は少し面倒です。

面倒な手続きをしたくない方は、レバレッジ制限がかからないよう有効証拠金の額を一定額以下に保っておくようにしましょう。

XMのレバレッジや証拠金を知るため必要な計算法

xm-leverage12

ここまでXMの最大レバレッジ888倍がどの程度の大きさなのか、またレバレッジ888倍のメリットなどをご説明して来ました。

ここからは、レバレッジや証拠金などのXMでFX取引をする上で必要な情報についての解説とその計算方法をご紹介していきます。

実効レバレッジの計算

実効レバレッジの計算方法

取引額÷有効証拠金=実効レバレッジ

例)2,000,000円÷20,000円=100倍

実効レバレッジは、前述した通り実際に「運用する際にかかるレバレッジ」のことを指します。

前段でも少し述べましたが、実効レバレッジは選択して設定するものではないので、あくまで結果的にかかるレバレッジの計算方法として捉えてください。

必要証拠金の計算

必要証拠金の計算方法

取引通貨量×為替レート÷レバレッジ=必要証拠金

例)1000通貨(0.1lot)×100円(ドル円)=100,000円

必要証拠金は、取引をする際に必要になる資金のことを指し、簡単に言うと「ポジションを持つために必要な金額」のことを指します。

実効レバレッジによって必要証拠金は異なり、レバレッジが高くなるほど必要証拠金は少なくなっていきます。

有効証拠金の計算

有効証拠金の計算方法

証拠金(口座資金)+含み損益=有効証拠金

例)100,000円+10,000円=110,000円

有効証拠金は、簡単に言うと「取引に利用する実際の金額」のことを指します。

有効証拠金は、口座の資金に加えてボーナスや含み損益を加算するので状況に応じて常に変化し続けます。

証拠金維持率

証拠金維持率の計算方法

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

例)110,000円÷100,000円×100=110%

証拠金維持率は、現在持っているポジションの必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことで、簡単に言うと「どの程度の余裕を持って取引ができているのか」を表す指標になります。

証拠金維持率を高く保つことで、トレードがどの程度上手くいっているのかを測る指標になり、XMの場合だとこの証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットをされてしまいます。

XMのレバレッジに対するネットの口コミ・評判は?

xm-leverage13

最後に、XMのレバレッジに関するネットの口コミや評判をご紹介します。

XMのレバレッジについて迷ったら、実際の利用者の声も参考にしてみましょう。

やはりXMのレバレッジ888倍の一番の魅力は少ない資金で大きな金額のトレードができる点と言う人が多いようです。

ハイレバでの少額投資でローリスクハイリターンのトレードができるのは初心者に取っても嬉しいですよね。

一方で、「レバレッジ888倍だと一瞬で飛んでしまう」との声もあるので、最高レバレッジで取引をする際にはリスク管理にも注意が必要のようです。

XMのレバレッジを徹底解説のまとめ

xm-leverage14

いかがだったでしょうか。

本記事でXMのレバレッジ888倍がどのくらいの大きさなのか、メリットやレバレッジ規制のルールへの理解が深まっていれば幸いです。

レバレッジ888倍は、注意が必要な点はあるものの基本的にはメリットが非常に大きい仕組みになっています。

本記事でご紹介した情報を元に、是非一度利用を検討してみてください!

XMのレバレッジを徹底解説のまとめ
  • XMの最大レバレッジ888倍がおすすめな理由は3つ
    ① 最大レバレッジを888倍にしても常に888倍のポジションを持つ必要はないから
    ② ハイレバ取引とXMの取引環境の相性が良いから
    ③ 少ない資金(証拠金)から取引を始められるから
  • XMでレバレッジ規制がされる3つのケースは
    ① 有効証拠金が一定の額を超えたケース
    ② マイナー通貨での取引を行なったケース
    ③ 世界的に大きなイベントが起こるケース
  • レバレッジ規制の解除はできるが少し面倒くさい!面倒な手続きをしたくなければ有効証拠金の額を一定額以下にしましょう。
  • 口コミではレバレッジ888倍は資金効率が良いとの声が多い一方で、888倍だと一瞬で飛んでしまうとの声も