やさしい仮想通貨の始め方を解説

Tradeview(トレードビュー)の評判を徹底解剖!口コミから分かった11のメリットとデメリット

tradeview評判

Tradeviewについてわかりやすく知りたい!
Tradeviewってどんな業者?
Tradeviewの評判って実際どうなの?

日本での知名度はまだまだ低いものの、業界最高レベルに狭いスプレッドと世界最高水準の取引環境で一部のトレーダーからは根強い人気のあるTradeview。

今年で運用歴は16年を超え、最近では日本でも徐々に注目を浴び始めました。

そんなTradeviewですが、口座開設を検討しているものの、他のFX業者との違いや詳細が分からずに迷っている方も多いのではないでしょうか。

本サイトでは、そんな方に向けてTradeviewのメリット・デメリットからよくある質問、ネット上のリアルな口コミまでを徹底解剖します!

この記事を読めば、Tradeviewについて迷うことはもうありません!

LAND-FXの評判を徹底解剖をざっくり言うと

  • Tradeviewの魅力は大きく分けて8つ、特に
    ① 業界最高レベルのスプレッドの狭さ
    ② 豊富な107種類の取引銘柄
    ③ 取引プラットフォームは充実の4種類
  • LAND-FXのデメリットは3つ
    ① ボーナスキャンペーンがない点
    ② 国内送金に対応していない点
    ③ 初回入金額が高く設定されている点
  • 口コミでは、狭いスプレッドと手厚い日本語サポートが評判
  • 結論、Tradeviewにはデメリットもあるがメリットの方が大きい!特にスプレッドなどの基本スペックは他のFX業者より圧倒的に高い!

Tradeviewとは?まずは基本情報をざっくり解説

tradeview01

Tradeviewは、運用歴は16年と意外に長い世界的に人気の海外FX業者です。

ケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを取得しており、信頼性も高いので日本人が海外FX業者を検討する際によく選択肢に挙げられます。

日本国内での普及はまだまだなものの、圧倒的に狭いスプレッドと高速で安定した約定力から一部のトレーダーには根強い人気があります。

Tradeviewのスペックを先にざっくりまとめると、Tradeviewは、ボーナスが一切なくレバレッジも他社と比較して平均的な一方で、圧倒的に狭いスプレッドと豊富な取引銘柄が強みになっております。

口座とタイミング次第で0.1pips前後で取引できる圧倒的スプレッドの狭さと、107種類の取引銘柄の数、さらに高い約定力により基本スペックは非常に高めといえます。

具体的なメリットは後述していきますが、Tradeviewは中級者以上のトレーダーの方なら口座開設をしておいて損のないFX業者といえるでしょう。

Tradeviewの5つの評価
レバレッジ
(3.0)
スプレッド
(5.0)
ボーナス
(1.0)
取引通貨数
(4.5)
信頼性
(4.5)

Tradeviewはここがおすすめ!最大のメリット8選

tradeview02

まずはTradeviewのおすすめポイントとTradeviewを利用する8つのメリットをご紹介します。

他社の海外FX業者と比較した際に、以下の8つの点はTradeviewの特徴的なおすすめポイントになるので、他のFX業者と迷った際は参考にしてみましょう。

Tradeviewの魅力①|業界最高レベルのスプレッドの狭さ

tradeview03

スプレッドとは

スプレッドとは、FXを購入における売値と買値の価格差のことを指します。
FXにおいて、この売値と買値の価格差が手数料としてFX会社に支払うものになり、実質的な取引コストになります。
またスプレッドにはpipsという単位をよく用い、このpipsは、日本では1pips=0.1円(1銭)として捉えることができます。

Tradeviewの大きな魅力の1つは何と言ってもスプレッドの狭さです。

Tradeviewには、基本的にスタンダード口座とICL口座の2種類がありますが、スプレッドの狭さでおすすめしたいのはICL口座です。

tradeview04

画像をみていただければお判りいただけるかと思いますが、ドル円が0.1pips、ユーロドルが0.2pipsと、圧倒的に狭いスプレッドになっています。

これは、他の海外FX業者はもちろんのこと、国内FX業者と比較してみても遜色ないどころかそれより狭いレベルです。

ICL口座の場合には、取引手数料として10万通貨で$5.0(0.5pips)かかってしましますが、その点を考慮してもTradeviewのICL口座で取引をすれば、圧倒的に取引コストを抑えられるのは大きな魅力であると言えるでしょう。

Tradeviewの魅力②|107種類の取引銘柄でFX通貨以外も充実

tradeview05

Tradeviewでは、FX通貨ペアが36種・株式37種・EFT27種・株式インデックス7種・資源、貴金属5種の合計107種類の取引銘柄を取り扱っています。

FX通貨のメジャー通貨はもちろん、それ以外にも様々な取引商品の品揃えが充実しているので、FX通貨以外の取引にも興味のある方はTradeviewを利用することをおすすめします。

特に、EFTを取り扱っているFX業者はあまりないので、EFTトレードに興味のあるトレーダーの方はTradeviewがいいでしょう。

しかしFX通貨のみを見るとLAND-FXの67種類と若干見劣りしてしまう点や、FX通貨とそれ以外の銘柄を1つの口座で一括でやり取りすることができない点などには要注意です。

LAND-FXの評判を徹底解剖|注意すべき3つの謎と落とし穴とは

Tradeviewの魅力③|ハイレベルなインフラで安定した約定力

tradeview06

Tradeviewは、インフラ整備にかなり力を入れており、非常に安定した約定力があります。

Tradeviewでは、世界の大手金融機関や証券取引所も利用するEQUINIX社のデータセンターを利用することで、超高速で強固な約定力を担保しています。

実際に利用して見るとよくわかりますが、取引をしていて滑ったと感じることはほとんどなく、想定していたスプレッドそのままで取引をすることが可能になります。

FXを取引の約定において非常に重要である「高速であること」と「安定していること」の両方を高い水準でクリアするTradeviewで、ストレスなく快適に取引をすることができるのも大きな魅力です。

Tradeviewの魅力④|日本人も安心の手厚い日本語サポート

tradeview07

Tradeviewでは、電話・メール・チャットでの日本語サポートが用意されています。

平日であれば24時間対応してもらうことができ、日本人スタッフからのサポートを受けることができます。

特にチャットでのサポートは、気軽にLINEのように相談や質問ができるのでおすすめです。

海外FX業者の利用が初めての方にとっては、わかないことがあった時にサポートしてくれる日本人スタッフがいて、平日24時間の対応を受けられる点は非常に安心で魅力的なポイントです。

Tradeviewの魅力⑤|透明性の高いNDD方式を採用

tradeview08

NDD方式とDD方式の違いとは

DD方式は、トレーダーの注文をインターバンクへ流す間にFX業者が介在する方法を指し、NDD方式は、トレーダーの注文を直接インターバンクへと流す方式を指します。
DD方式の場合は、トレーダーはFX業者と取引をしているため、いわゆるFX業者の言い値で取引をしていることになり、NDD方式と比べて売買の実態が不透明と言います。
一方でNDD方式の場合は、トレーダーの注文をそのままインターバンクへと流すためDD取引と比べて透明性が高く、不正の心配がない方式であると言えます。

Tradeviewでは、透明性の高いNDD方式が採用されているので、不正の心配なく安心して取引を行うことができます。

海外FX業者の中には、NDD方式を採用していると謳ってはいるものの、実際はDD方式を採用している業者も散見されますが、Tradeviewの場合は間違いなくNDD方式を利用しています。

不利約定やスリッページ、ストップ狩りなどの心配なく取引をしたいのであれあればTradeviewは安心して利用することができるでしょう。

Tradeviewの魅力⑥|取引プラットフォームは充実の4種類から利用可能

tradeview09

それぞれのプラットフォームの違いとは

  • MT4:MT4は、世界で最も人気のFX取引プラットフォームです。自動売買システムやツールが充実しており、初心者から中上級まで幅広く人気です。また、解説サイトなども多く存在するため、わからないことがあってもすぐに対応することができます。
  • MT5:MT5は、MT4の次世代型としてリリースされたものです。動作スピードが早く、時間足の種類も豊富なので魅力のあるプラットフォームであり、特に裁量取引をメインにしているトレーダーには人気になっています。
  • cTrader:cTraderはスキャルピング特化型の取引プラットフォームです。板情報の閲覧が可能で、ワンクリック機能や複数ポジションの同時決済などもできるため、スキャルピングトレーダーには非常にオススメできるプラットフォームです。
  • Currinex:取引手数料が高く、まだまだ利用しているトレーダーも少ないものの、約定速度に強みを持った取引プラットフォームです。超上級者級のプロトレーダーなどが多く利用しています。

tradeview10

Tradeviewでは、MT4・MT5・cTrader・Currenexの4種類の取引プラットフォームを利用することができます。

MT4を利用できるFX業者は多いですが、MT5やcTraderを利用することのできる業者はまだまだ少ないため、上記4種を利用することができるのはTradeviewならではの魅力です。

中でもMT4・MT5・cTrader・Currenexの4種類のうちcTraderは非常におすすめで、スキャルピングに特化したプラットフォームになっています。

ハイレバのスキャルピング取引をしたいというトレーダーの方は、TradeviewのcTraderをぜひ一度使ってみましょう。

Tradeviewの魅力⑦|追証なしのゼロカットシステム採用でローリスク

tradeview11

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わず、残高がマイナスになった際に、FX業者がマイナス分を帳消しにしてくれるシステムのです。ゼロカットシステムを導入しているとトレーダーに生じた損失を全てFX会社が補填してくれるので、ハイレバレッジでの取引などに挑みやすくなります。

Tradeviewでは、追証なしのゼロカットシステムが採用されています。

ゼロカットシステムは、国内FX業者にはない大きな魅力であり、これがあることでローリスクでハイレバ取引に挑むことができます。

借金のリスクなしで安心して取引をすることができるという点において、ゼロカットシステムを採用していることも海外FX業者のメリットの1つです。

Tradeviewの魅力⑧|口座開設が簡単5分で完了する

tradeview12

Tradeviewでは口座開設を簡単5分で完了することができます。

以前までは口座開設フォームが日本語対応しておらずわかりにくいことから、口座開設をするまでに非常に面倒で時間がかかりました。

しかしその口座開設フォームの日本語対応化も進み、今では5分とかからずに完了することができます。

英語がわからない方でも簡単に口座開設ができるのも非常に嬉しいポイントですね。

口座開設の簡単さでいうと、同じ海外FX業者のXMもあっという間にすることができるので、すぐに口座開設をしてすぐに取引を始めたいという方はXMもぜひチェックしてみてください。

xm評判サムネイル 【噂の海外FX会社】XMの評判は?安全性・メリット・デメリットを辛口調査!

XM口座開設を2分で完了させる方法|画像で分かる簡単3ステップ

Tradeviewはここが微妙!最大のデメリット3選

tradeview13

次にTradeviewの弱みと利用する際のデメリットをご紹介します。

Tradeviewにはメリットだけではなくデメリットもあります。

Tradeviewに登録する際は、これからあげる3つのポイントも考慮して選ぶようにしましょう。

また、こちらの記事では海外FX業者のおすすめ出来ないポイントを詳しく解説しているので、メリットだけでなく海外FX業者全体の注意点についても知りたいという方は、こちらもぜひご覧ください。

【海外FX】本当におすすめ?海外FXの利用がヤバすぎる4つの理由

Tradeviewの弱み①|海外FX業者では珍しくボーナスキャンペーンがない

tradeview14

Tradeviewは、海外FXでは非常に珍しくボーナスキャンペーンが一切ありません

ボーナスにコストをかけるなら狭いスプレッドを提供したいということが理由のようですが、初心者はボーナスで得た資金をもとに取引に勝負をかけることも多いでしょう。

口座開設直後からボーナスを元手に弾みをつけたいという方や自己資金に不安がある方にとってはボーナスがないのは大きなデメリットになるでしょう。

スプレッドの狭さかボーナスの充実かどちらを取るかは利用者次第ですが、ボーナスが充実した海外FX業者を知りたい場合はこちらの記事をぜひ読んでみてください!

海外FXの新規口座開設ボーナスと入金ボーナス情報を徹底解説

Tradeviewの弱み②|国内送金に対応していなくて不便

tradeview15

Tradeviewは国内銀行送金に対応していません

しかし、クレジットカード・海外銀行送金・決済サービスでの入金を認めているため、クレジットカードを持っている方は問題なく入金をすることができます。

クレジットカードであれば入金手数料も無料なので、Tradeviewを利用するのであればクレジットカード入金をおすすめします。

国内銀行送金に対応している海外FX業者が多い中で、Tradeviewでは未対応のため、クレジットカードを持っていない方や使えない方にとっては非常に使い勝手の悪いFX業者といえるでしょう。

Tradeviewの弱み③|初回入金額が高めに設定されている

tradeview16

Tradeviewでは、スタンダード口座以外のICL口座・cTrader口座・Viking口座は最低入金額が10万円からと高めに設定されています。

他の海外FX業者と比較すると10倍近い金額が必要になってくるため、初心者の方にとっては少し手が出しづらいでしょう。

前述しましたが、Tradeviewにはボーナスもないので、初めから10万円を投下するほど自己資金に余裕のない方や初心者にとってはこちらも大きなデメリットになります。

Tradeviewのリアルな評判!忖度なしの口コミ15連発

tradeview17

ここまででTradeviewについてのメリットとデメリットは十分にご理解いただけたでしょうか。

さて、ここからはTradeviewのネット上のリアルな口コミを15つ連続でご紹介していきます!

Tradeviewへのポジティブな意見とネガティブな意見を忖度なしで一挙にご紹介しますので、迷った際は実際の利用者の声も参考にしてみましょう。

スプレッドについての評判・口コミ

やはりTradeviewのスプレッドの狭さは好評で、特にポンドル0などを見て驚く人もいるようです。

スプレッドの狭さを活かしてスキャルピングをする人も多く、スキャルピングをする上では、Tradeviewの利用が良いことが非常によくわかります。

出入金に関する評判・口コミ

出入金に関しては、国内送金ができない点や最低入金額が高額な点、出入金に時間がかかる点などデメリットを指摘する評判が多く見られました。

Tradeviewを利用する際は、出入金のデメリットについては十分に考慮した上で利用したほうが良さそうです。

サポートに関する評判・口コミ

Tradeviewのサポートについては、高評価の人が多く、日本語対応が良い点や問い合わせの返事が早い点などメリットが多く見られました。

一方で公式サイトの日本語情報が少ない点もデメリットとの声も見られました。

信頼性についての評判・口コミ

Tradeviewの信頼性は非常に高く、特に不正行為などを行わない業者としてオススメする人も見られました。

口コミサイト等でも評判が良いと言う人もいる一方で、ツールの信頼性に難色を示すユーザーも一部存在しました。

TradeviewについてのQ&A|よくある質問4選

tradeview18

この章ではTradeviewについてよくある質問をご紹介します。

あらかじめQ&Aを確認しておくことでできるだけ不安や不明点なく口座開設をするようにしましょう。

Tradeviewではレバレッジは何倍までかけられる?

レバレッジとは

レバレッジとは、預け入れた資産の数倍の金額の取引を可能にする仕組みのことを指し、直訳すると「てこの原理」と訳すことができます。
よく言われるレバレッジ〇〇倍というのは、預け入れた資産の〇〇倍を動かすことができるという意味です。
つまり、レバレッジ10倍であれば1万円で10万円を、100倍であれば1万円で100万円を動かすことができるのです。

Tradeviewでかけられる最大レバレッジは、口座ごとに異なります。

スタンダード口座なら500倍まで、ICL口座なら200倍まで、cTRADER口座とViking口座なら400倍までレバレッジをかけることができます。

口座ごとに最大レバレッジはもちろん、平均スプレッドなども異なるのでそれぞれの特徴を加味した上で自分にあった口座を選ぶようにしましょう。

Tradeviewの過去のトラブルや事件はある?

Tradeviewは、サービスを開始してから今までの16年間から出金拒否などの大きなトラブルや事件は起こっていません。

これだけの運用歴がある海外FX業者でトラブルが全くない業者も意外に珍しいので、Tradeviewが安全で信頼性がある証拠であると言えるでしょう。

Tradeviewの取引時間は?

Tradeviewの取引時間は、夏時間と冬時間で異なるので注意が必要です。

夏は月曜日の6:05から土曜日の5:55まで、冬は月曜日の7:05〜土曜日の6:55までが取引時間になります。

Tradeviewはどんな人に向いている?

Tradeviewは、低コストで安定した取引を行いたいトレーダーに向いていると言えるでしょう。

狭いスプレッドと低い取引手数料により極力コストを抑えて取引を行うことができます。

また信頼性も高く、日本語サポートも充実しているため、安定した取引をすることも担保することができます。

一方で、ボーナスがない点など初心者が1番最初に利用を始める海外FX業者としては若干レベルが高いとも言えます。

以上のことから、Tradeviewが最も向いている人はFX中級者以上で低コストで安定した取引を行いたいトレーダーと言えるでしょう。

TradeViewの基本情報

tradeview19

最後にTradeviewの基本情報をまとめて記載します。

問い合わせ先や入金方法などを知りたい方はこちらをチェックしてみてください!

会社概要

正式名称Tradeview Ltd.
所在地94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
事業開始年2004年
問い合わせ先(電話)+1-345-945-6271
問い合わせ先(メール)japanesesupport@tvmarkets.com

入金方法

tradeview20

 銀行送金決済サービスEウォレット
反映までの時間1〜3営業日即日即日
手数料無料無料無料

Tradeviewの出入金方法は、銀行送金・決済サービス・Eウォレットの3つから選べます。

Tradeviewでは国内送金の利用ができないので、クレジットカード等の決済サービスを利用した出入金がベターでしょう。

Tradeviewの評判を徹底解剖のまとめ

tradeview21

いかがでしたか?

Tradeviewには、デメリットもありますが、中級者以上のFXトレーダーの方にとっては魅力的に感じるメリットが非常に多いFX業者なのではないでしょうか。

基本スペックも非常に高く目立ったトラブルもないので、利用を迷っている方は一度口座開設をしてみて、自分で利用した上で使い続けるかどうかを考えてみてもいいでしょう。

本記事でご紹介した、メリットやデメリット、さらに実際に利用してる人の評判をみた上で是非一度利用を検討してみてください!

LAND-FXまとめ

  • Tradeviewの魅力は大きく分けて8つ、特に
    ① 業界最高レベルのスプレッドの狭さ
    ② 豊富な107種類の取引銘柄
    ③ 取引プラットフォームは充実の4種類
  • LAND-FXのデメリットは3つ
    ① ボーナスキャンペーンがない点
    ② 国内送金に対応していない点
    ③ 初回入金額が高く設定されている点
  • 口コミでは、狭いスプレッドと手厚い日本語サポートが評判
  • 結論、Tradeviewにはデメリットもあるがメリットの方が大きい!特にスプレッドなどの基本スペックは他のFX業者より圧倒的に高い!