やさしい仮想通貨の始め方を解説

【2019年】FXのスイスフラン(CHF)円の特徴は?おすすめのFX会社を徹底解説

FXスイスフランアンケート

ジャック先生

みなさんは、スイスフランのことを知っていますか?

名前は聞いたことはあるけど、詳しい特徴までは知らないな〜。

そういえば、日本と同じ安全通貨って友人が言ってたかも。

キングさん

ジャック先生

おっしゃる通り、スイスフランは安全通貨として世界的に有名です。

しかし過去には、大暴騰したこともあり、リスクも存在します。

大暴騰は恐ろしいわね。

今度のためにも、なぜ大暴騰してしまったのかしっかり把握しておきたいところね!

クイーンさん

ジャック先生

そこで今回の記事では、スイスフランの特徴・トレード方法・オススメのFX会社などを詳しく解説していきます。
スイスフランの特徴を6行で解説!
  • スイスフランは日本円と同じく安全性が高い通貨
  • 発行しているスイスは永世中立国
  • スイスフランはキャリートレードで利益を狙う
  • スイス中央銀行の為替介入でも利益を狙える
  • 流動性が低い点には要注意
  • ヨーロッパ経済にも影響を受ける

FX用語がわからない!という方はこちらの用語集を確認しながらお読みください。

この記事を書いた人

ゼロはじFX編集部
ゼロはじFX編集部

ゼロはじ編集部(株式会社Kcabo) は、初心者向けの仮想通貨情報サイト「ゼロはじ」の運営や、仮想通貨交換業者の比較サービスを提供する会社です。一般社団法人仮想通貨ビジネス協会(所在地:東京千代田区 会長:ビットバンク株式会社 代表取締役 廣末 紀之)の準会員で、仮想通貨メディアの運営で培った情報力と投資ノウハウを活かし、為替FXの情報をわかりやすく発信しています。

FX用語集サムネイル 【保存版】FX用語集!初心者が最初に覚えたい重要語句をかんたん解説

FXのスイスフランの特徴は安全通貨であること

FXスイスフラン特徴

スイスフランは名前の通りスイスで流通している通貨です。

ジャック先生

省略するときは、ラテン語の頭文字(Confoederatio Helvetica Franc)をとってCHFと表記します。

日本円と同じく、安全通貨として世界的に広く認識されています。

安全通貨とは?
戦争などの世界的な危機が起きた時に買われる通貨のことです。

スイスは永世中立国

ご存知の方も多いと思いますが、スイスは中央ヨーロッパにある永世中立国です。

さらに世界で最も国際競争力の高い国のひとつと言われ、精密な時計の産地としても知られています。

一方で金融政策の面では、2015年2月からマイナス金利へとカジを切り、通貨の流動性を高めようとしています。

マイナス金利って、日本と同じだね!

ジョーカーさん

安全性も高いし、日本円と共通点が多い気がするな。

キングさん

高いスワップポイントが狙えるマイナス金利通貨

ジャック先生

日本と同じマイナス金利の通貨であるスイスフラン。

この性質を利用して、利益を狙う方法があるんです!

スイスフランを借りて、高い金利の通貨に投資するキャリートレードに向いています。

キャリートレードがどんな取引か、スイスフランで利益を狙うポイントや注意点があるのかについて、次の章で詳しく確認していきましょう。

スイスフラン円(CHF)FXはキャリートレードがオススメ

FXスイスフランキャリートレード

キャリートレードとは、金利の低い通貨を借りて、金利の高い通貨を買うトレード手法です。

あまりにも金利が高いトルコリラなどは、その分リスクも高い通貨です。

一方でスイスフランと円ではお互いが安全通貨です。

スワップポイントは他の通貨ペアに比べれば少ないですが、その分リスクも抑えられるという特徴があります。

ではさらに詳しく注意点などもご紹介していきますね。

スイスフラン円FXは売り(ショート)で利益を狙う!

スイスフランを売り(ショート)ポジションで持っておくと、スワップポイントを受け取ることができます。

つまりスイスフランでキャリートレードを行う場合は、スイスフラン売り(ショート)が基本です。

またスイス中央銀行はスイスフラン売りの為替介入を行う場合があります。

売りの為替介入が起これば、スイスフランの価格が下がるため、このタイミングで買い戻すことでも利益を出すことが可能です。

スイスフラン円FXの取引での注意点2つ

スイスフランには次のような注意点があります。

スイスフラン円(CHF/JPY)の注意点
  • 流動性が低い
  • 買いポジションでマイナススワップが大きくなるリスク

ジャック先生

流動性が低いと、極稀にレートが飛ぶことがあります。

この現象が起きたのが、スイスフランショックです。

レートが飛ぶとどうなちゃうの?

キングさん

ジャック先生

ロスカットを設定していてもその数値を飛び越えてしまい、強制ロスカットが発動しない可能性があります。

ジャック先生

通常は10、9、8と下がりますが、

レートが飛ぶと、10から一気に7になることもあります。

なるほど!

この例で言うと、ロスカットを8に設定していたら、ロスカットが発動せずに追証を請求されてしまうということですね。

クイーンさん

ジャック先生

その通りです。

またスイスフランはマイナス金利のため、買いポジションではマイナススワップが大きくなる可能性があるので注意しましょう。

ジャック先生

さらにユーロ圏との関係が強いため、ヨーロッパ諸国の経済状況にも左右させるので要チェックですよ。

スイスフラン円の取引はどのFX会社がオススメ?

FXスイスフラン会社

ここでは、スイスフラン円の取引を行うのにオススメのFX会社を3社ご紹介します。

スイスフラン円(CHF)おすすめFX業者① みんなのFX

FXスイスフランみんなのFX-ロゴ

出典:min-fx.jp

みんなのFXスイスフランの評価
スワップポイント
(5.0)
スプレッド
(5.0)
始めやすさ
(5.0)
安心度
(4.5)
総合評価
(4.5)

みんなのFX はスイスフラン円の売りスワップが30円(1万通貨の売買時)と国内ではトップクラスを誇ります。

またスプレッドも1.7銭と狭いため、利益を狙いやすいのでオススメです。

取引単位は、1,000通貨単位からになるため初心者でも比較的始めやすいFX会社と言えますね。

みんなのFXの特徴
  • 業界最高水準のスワップ
  • スイスフラン円のスプレッドも狭い
  • スマホアプリが使いやすい

>>> みんなのFXに登録してみる!<<<

みんなのFX 公式サイトはこちら

スイスフラン円(CHF)おすすめFX業者② GMOクリック証券

FXスイスフランGMOクリック証券-ロゴ

出典:click-sec.com

GMOクリック証券スイスフランの評価
スワップポイント
(4.5)
スプレッド
(4.5)
始めやすさ
(4.5)
安心度
(5.0)
総合評価
(4.5)

GMOクリック証券は、年間取引高が7年連続世界第一位のFX会社。

とにかく安心してFXをしたい方にはオススメの証券会社です。

またスイスフラン円の売りスワップは26円(1万通貨の売買時)と高く、スプレッドも1.8銭と狭いという特徴があります。

ただ最低でも1万通貨単位からのトレードになるため、少額でFXを始めたい方には向きません。

そのような人は、次で紹介するFXプライムbyGMOがオススメです。

GMOの特徴
  • 年間取引高は7年連続世界第1位
  • 手数料が安く、取り扱い商品も多い
  • 通貨のスプレッドが小さい

>>> GMOクリック証券に登録してみる!<<<

GMOクリック証券 公式サイトはこちら

スイスフラン円(CHF)おすすめFX業者③ FXプライムbyGMO

FXスイスフランFXプライムbyGMO-ロゴ

出典:min-fx.jp

FXプライムbyGMOスイスフランの評価
スワップポイント
(4.0)
スプレッド
(4.0)
始めやすさ
(5.0)
安心度
(4.5)
総合評価
(4.0)

みんなのFXと同じく1,000通貨単位から取引を開始できるため、初心者でも始めやすいFX会社です。

ただスイスフラン円の売りスワップでは20円(1万通貨の売買時)、スプレッドは1.8銭みんなのFXには劣ってしまいます。

しかし安心のGMOグループの証券会社を利用したい方には、オススメできるFX会社です。

FXプライムbyGMOの特徴
  • 少額から取引ができる
  • 取引ツールが使いやすい

>>> FXプライムbyGMOに登録してみる!<<<

FXプライムbyGMO 公式サイトはこちら

スイスフラン円(CHF/JPY)FXの特徴は?おすすめのFX会社まとめ

FXスイスフランまとめ

スイスフランは日本円同様、安心通貨として世界的に有名です。

最後にオススメのトレード方法をまとめると、以下のようになります。

スイスフラン円の特徴まとめ
  • スイスフラン円ではスイスフラン売りでスワップを狙う
  • スイス中央銀行の為替介入(売り)で利益を狙う
  • ユーロ圏の経済にも影響されるので要チェック
  • オススメのFX会社は「みんなのFX

数千円の少額からでもFXの取引を始めることができます。

スイスフラン円の取引は、スワップを狙う取引のため長期的なトレードです。

簡単に言えば、ポジションを持っておくだけのトレード手法ですので、ぜひ気軽にはじめてみてはいかかでしょうか?