やさしい仮想通貨の始め方を解説

FLOC、「ブロックチェーン×ビジネス活用」を目的にしたコミュニティスペースをオープン【フィスコ・ビットコインニュース】

ブロックチェーン総合スクールの「FLOCブロックチェーン大学校」を運営するFLOCは、12月10日、ブロックチェーン技術のビジネスへの応用を目的にしたコミュニティスペース「丸の内vacans」を東京丸の内にオープンする。オープン初日の12月10日には記念イベントを開催する。

同社は、ブロックチェーン関連の取り組みに対して、スペースを無料で開放する。同社が運営する「FLOCブロックチェーン大学校」は、最速3ヵ月で実践的なブロックチェーン技術を習得できる学校である。「丸の内vacans」では、同学校で既に提供している48時間のスクールコンテンツのほか、ブロックチェーン業界の最新情報を得られる「中上級ゼミ」、ブロックチェーンに関わる法律との付き合い方を学ぶ「レギュレーション研究会」など、全20種類のゼミを提供する予定だという。

この他にも、ブロックチェーンを使ってビジネスを行っている第一人者によるセミナーやコミュニティメンバーによるイベントの継続的な開催、ビジネスアイディアをブロックチェーンの専門家に相談できる「無料コンサルデイ」の毎月の設置を行うと発表している。

12月10日に開催されるオープニング記念イベントでは、FLOC 代表取締役CEOの泉正人氏、ビットバンクCEOでありFLOCの講師である廣末紀之氏などが登壇し、「丸の内vacans」に関する説明のほか、ブロックチェーン業界の行方についての講演を行うようだ。参加費は無料で、公式サイトにて応募可能となっている。