やさしい仮想通貨の始め方を解説

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所の登録や入出金方法,使い方を徹底解説!|安心の国内取引所の実力とは

現在はさまざまな仮想通貨取引所が存在しており、それぞれ独自の強みを持っているものですよね。

そんな中、2017年に『fisco(フィスコ)』が仮想通貨交換業として金融庁に登録されました。

仮想通貨交換業の登録というのは、問題のある通貨を取り扱っていないことや、システムの安定性、コンプライアンスの確保等の厳しい条件をクリアした取引所だけが認められるもの。

つまり、fisco(フィスコ)は信頼性の高い仮想通貨取引所だといえるのです。

今回はそんなfisco(フィスコ)の登録方法や使い方を紹介していきたいと思います。

この記事を読み終わる頃にはfisco(フィスコ)の使い方をマスターしていることでしょう!

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所とは?

出典: https://fcce.jp/

fisco(フィスコ)は2016年4月に設立された国内仮想通貨取引所です。

『株式会社フィスコ仮想通貨取引所』という会社によって運営されているのですが、ここはジェスダックに上場している会社であるとともに多くの金融サービスを提供している会社としても有名。

そのため、社会的知名度・信頼性が非常に高く、安心して利用できる取引所です。

運営会社株式会社フィスコ仮想通貨取引所
資本金3億8,706万円
設立2016年4月
取り扱い通貨
    • ビットコイン(BTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • モナコイン(MONA)
    • フィスココイン(FSCC)
    • ネクスコイン(NCXC)
    • カイカコイン(CICC)
セキュリティ
  • 2段階認証ログイン
  • コールドウォレット
  • マルチシグネチャウォレット

こう見ると資本金の少なさ、取り扱い通貨の少なさが目につくかもしれませんが、運営会社の安定性は抜群

また、fisco(フィスコ)では取り扱い通貨を『取引所』扱いで購入できるというのが大きな魅力となっていて、余計な手数料がかからず利益が出やすいんです。

もちろん『販売所』扱いでも購入ができるので、すぐに購入したい人でも使うことができます。

MEMO

ちなみに、販売所で購入ができるのは『ビットコイン(BTC)』『モナコイン(MONA)』の2種類のみです。

fisco(フィスコ)公式サイト

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所の特徴

それぞれの仮想通貨取引所に特徴があるように、fisco(フィスコ)にも独特の特徴があります。

ここでは、他の取引所との違いをチェックしてみましょう。

Zaifと同じシステムを導入している

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

まずfisco(フィスコ)の大きな特徴となるのが、導入されているシステムの一部がテックビューロ社のものだということ。

テックビューロ社は、同じ国内取引所である『Zaif(ザイフ)』を運営している会社ですから、取り扱い通貨やチャートなどはZaifとほぼ同じ機能が備わっています。

新しく誕生した取引所では運営力やセキュリティ面が懸念されやすいのですが、fisco(フィスコ)では他社の仕組みをうまく取り入れ、経験値のなさをしっかりとカバーしているんですね。

3種類のトークンを扱っている

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

取り扱い通貨の表でもわかるように、fisco(フィスコ)では『フィスココイン』『ネクスコイン』『カイカコイン』の3種類のトークンを取り扱っています。

現状、これらのトークンはfisco(フィスコ)Zaif(ザイフ)でしか売買できませんので、他の取引所と大きく違う部分といえるでしょう。

3種類のトークン

ちなみに、『フィスココイン』というのは株式会社フィスコが発行しているトークンのことで、2016年10月と2017年5月に一部の株主に配布されています。

また、『ネクスコイン』『カイカコイン』についても株式会社フィスコのグループ会社によって発行されたトークンとなり、各企業が提供している商品との交換も可能。

fisco(フィスコ)の登録方法

信頼性重視の人や、トークン売買をしたい人におすすめのfisco(フィスコ)。

取引画面や登録も非常にシンプルなので、気になる人はぜひ自分の目で使い勝手を確認してみましょう!

まずは、fisco(フィスコ)の登録手順について紹介していきます。

fisco(フィスコ)公式サイト

① メールアドレスの登録

出典: https://fcce.jp/

1)まずは、fisco(フィスコ)の公式サイトにある『無料登録はコチラ』をクリックします。

出典: https://fcce.jp/

2)するとメールアドレスの登録画面が出てきますので、自分のメールアドレスを入力し、『私はロボットではありません』にチェックを入れて『登録』をクリックします。

② パスワードの入力


出典: https://fcce.jp/

1)入力したメールアドレスに届いた登録用のURLを開くとこのような画面が出ますので、まずは半角英数字を組み合わせたパスワードを入力します。

*パスワードを入力すると『パスワード強度』が自動でチェックさるので、50%以上になるようなパスワードを設定しましょう。

出典: https://fcce.jp/

③ 個人情報の入力・本人確認

出典: https://fcce.jp/

1)『本人手続きを開始』をクリックすると、今度は個人情報の入力画面が表示されます。

STEP1からSTEP4までありますので、指示通りに必要情報を記入していきましょう。

出典: https://fcce.jp/

2)STEP4まで進むと、今度は本人確認書類のアップロード画面になりますので、免許証やパスポートなど、提示可能な書類の写真をアップロードします。

本人確認書類
【以下いずれか1点】

  • 運転免許証(表記と住所が異なる場合は裏面も)
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)
  • 住基ネットカード(顔写真付き)
  • 在留カード(表記と住所が異なる場合は裏面も)

【日本国パスポートかビザの場合は下記のどれかと組み合わせで2点】

  • 公的証明書 (保険証・住民票)
  • 公共料金の明細書(氏名・住所・発行日)

【顔写真なしの公的証明書の場合は下記のいずれかを組み合わせで2点】

  • 公的証明書 (保険証・住民票)
  • 公共料金の明細書(氏名・住所・発行日)

出典: https://fcce.jp/

本人確認書類をアップロードしたら登録は完了…と言いたいところですが、ここからはfisco(フィスコ)側の確認作業となりますので、fisco(フィスコ)から登録完了のメールが来るのを待ちます

注意

fisco(フィスコ)から登録完了のメールが届くまでは全ての取引ができませんので、すぐ使いたい人は早めに登録を済ませておいた方が良いでしょう。

fisco(フィスコ)への入金方法

出典: https://fcce.jp/

fisco(フィスコ)から登録完了のメールが届いたら、さっそく入金をして取引を初めていきましょう。

fisco(フィスコ)では日本円入金ができるので、初心者の人でも銀行から簡単に振りみができますよ!

1)fisco(フィスコ)にログインをしたら、『アカウント』『日本円入出金』『日本円入金(銀行振込)』の順にページを開きます。

2)振込名義には『自分の名前+ユーザー識別用のID』を入力して振込を行います。

MEMO

ユーザー識別用のIDは、『アカウント』→『日本円入出金』→『JPY入金(銀行振り込み)』の画面で確認が可能で、アカウント登録ごに自動で生成された番号になります。

日本円の入金は銀行振込のみとなり、郵便為替や現金書留、現金では入金できませんので気をつけましょう!

ちなみに、銀行営業時間内の振込の場合は数分以内、住信SBIネット銀行からの振込であればほぼリアルタイムで入金が反映されます。

→ 住信SBIネット銀行公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

注意
万が一振込名義にIDをつけ忘れてしまった場合は、入金として反映されないことがあります。
その際は、fisco(フィスコ)が登録情報を参照して調べてくれるので、下記情報を添えて『お問い合わせフォーム』から問い合わせをしましょう。

  • 名前・フリガナ
  • 登録の住所
  • 入金日時
  • 振込名義
  • 入金金額

また、振込さきを間違えてしまった場合はfisco(フィスコ)側でも確認が取れなくなりますので、利用した銀行側への問い合わせが必要となります。

そうなるとかなり厄介ですから、振込内容に間違いがないことを確認してから実行するのが安心です!

fisco(フィスコ)からの出金方法

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

fisco(フィスコ)で取引を行い、保有している通貨を出金したい場合は日本円・ビットコイン・モナコインのいずれかで出金することができます。

日本円で出金する

日本円で出金したい場合は、『アカウント』『入出金と履歴』→『日本円入出金』『 日本円出金』とページを開き、『出金金額』のところに金額を入力します。

日本円での出金手数料
  • 50万円未満:350円(1回)
  • 50万円以上:756円(1回)

*当日11:00までの申請で1日1回、2営業日以内の手続き

ビットコインで出金する

ビットコインで出金したい場合は、『アカウント』『入出金と履歴』『BTC入出金』とページを開き、『BTC出金』のタブを選択します。

『出金アドレス』の部分にビットコインアドレス、『出金金額』の部分にビットコイン数を入力すればOKです。

反映には数分〜1時間くらいかかるのが一般的ですが、マイニングや承認処理よっては24時間以上かかる場合も。

その際、マイナーへの手数料を0.0003BTC以上に設定すると比較的早く承認されるようになりますよ!

モナコインで出金する

モナコインで出金したい場合は、『アカウント』『入出金と履歴』『MONA入出金』とページを開き、『MONA出金』のタブを選択します。

こちらもビットコイン同様、『出金アドレス』の部分にモナコインアドレスを、『出金金額』の部分にモナコイン数を入力すれば完了です。

モナコインの場合は、手数料として一律0.001MONAがかかり、即時に反映される場合もあれば1時間程度かかることもあります。

fisco(フィスコ)公式サイト