やさしい仮想通貨の始め方を解説

FacebookのLibra(リブラ)はすでに失敗している、とスイスの大統領が発言

  • スイスのウエリ・マウラー大統領は、Libra (リブラ)の開発はすでに失敗していると発言
  • マウラー大統領は、Libra (リブラ)は中央銀行が発行する仮想通貨による支援が欠如していることを非難

スイス連邦大統領のウエリ・マウラーは、Facebookの仮想通貨Libra (リブラ)の開発は「失敗」したと述べています。

マウラーは、12月27日にスイスの放送局SRFとのインタビューで、中央銀行の支援がないため、Libra (リブラ)は仮想通貨として成功するチャンスがないと主張しました。

以下、マウラーの発言です。

なぜなら、Libra (リブラ)で預けられた主要通貨(米ドルやユーロ、日本円)は、国の中央銀行によって受け入れられないからです。

さらにマウラーは付け加えました。

Libra (リブラ)と同じ形式のプロジェクトは実際に失敗しました。

Libra (リブラ)の最新のプロジェクト計画によると、現段階でLibra (リブラ)は2020年の公開を予定していますが、実際にリリースされるかは不明です。 以前に報告されたように、Libra Association(リブラ協会)の理事であるパトリック・エリスは、Libra (リブラ)のプロジェクトには明確な戦略が欠けていると、12月の初めにロイターで語りました。

エリスは、「現段階でLibra (リブラ)は、市場や製品、実際にどのように展開されるかについて、具体的な戦略はありません。」と付け加えました。

10月、Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグは議会で、Libra Association(リブラ協会)が米国の規制当局から承認を得られなかった場合は、FacebookはLibra (リブラ)を放棄すると発表しています。

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら