やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨ADAとは?特徴・将来性・取扱取引所を徹底解説


カルダノプロジェクトのADA(エイダコイン)を知っていますか?

ADAは日本国内の取引所では取り扱いをしていないため、あまり認知度が高くない仮想通貨ですが、投資家たちの間では注目度の高いコインとして知られています。

そこで今回はADAの特徴や価格、取扱い取引所などについてご紹介します。

最後まで読めばきっとADAの魅力を知ることができるでしょう!

ADA(エイダコイン)の基本情報
通貨名ADA(エイダコイン)
通貨単位ADA
公開日2017年10月
時価総額順位8位(¥434,233,658,812)
発行枚数450億ADA(内市場に流通しているのは320ADA)
取扱い国内取引所なし
取扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットレックス)
など多数
公式サイトCardano(ADA)の公式サイト
Cardano(ADA)の日本語公式サイト
ホワイトペーパーCardanoのホワイトペーパー
Cardanoの日本語ホワイトペーパー

ADA(エイダコイン)とはどんな仮想通貨?


出典: https://www.cardano.org

ではまずADA(エイダコイン)についてご紹介します。

ADA(エイダコイン)について

ADA(エイダコイン)は通貨単位がADAの仮想通貨です。

2017年1月までプレセールを行い、その後10月2日にBittrexにて売買が始まった比較的新しい仮想通貨です。

本当は2017年9月末に公開する予定だったのですが、少し遅れてのリリースとなりました。

2018年7月現在ではBittrex以外にBinanceなどの仮想通貨取引所でも購入することができます。

ADA(エイダコイン)の成り立ち

ADA購入今後

ADA(エイダコイン)はCardano(カルダノ)という分散型プラットフォームで使用される仮想通貨です。

開発当初は現在のような仮想通貨ではなく、オンラインカジノ用という目的で開発が始まりました。

しかし、開発途中でADA(エイダコイン)に多くの機能を持たせるという路線に方針転換をしています。

通貨の名称は「ADA」でビットコインのようにコインが入っていないのですが、読み方は「エイダコイン」です

プレセールは日本でも行われ、全4期にわたって販売されました。

ADA(エイダコイン)は発行量が非常に多いのですが、プレセールは好調に終わりました。

ADA(エイダコイン)の開発にある天才数学者の存在が—。

実はADA(エイダコイン)の開発にはチャールズ・ホスキンソンが携わったという事で大きな話題になりました。

チャールズ・ホスキンソンは時価総額第2位のBitShares(ビットシェアーズ)という暗号通貨の開発に携わり、『暗号通貨の第一人者』と呼ばれた天才数学者です。

この人がCardanoプロジェクトに参加していたこともあるのですが、「エイダコインは詐欺」という噂もあり、良い意味でも悪い意味でも注目されていたコインでした。

そして2017年10月に海外の大手取引所のBittrex(ビットレックス)で取り扱いが開始されたことで、悪い評判は少なくなりました。

「Cardano Foundation(カルダノ財団)」について


出典: https://www.cardano.org

ADA(エイダコイン)の運営や管理は「Cardano Foundation(カルダノ財団)」が行っています。

カルダノ財団以外に、このカルダノプロジェクトには3つの組織が参加しています。

カルダノプロジェクトに関わる3つの組織
  • Carudano Foudation(カルダノ財団):ADA(エイダコイン)の運営・管理
  • IOHK(Input Outout HongKong):カルダノの技術開発
  • Emurgo(エマーゴ):カルダノプラットフォームの利用の宣伝・広報

簡単にいうとカルダノ財団がIOHKとEmurgoに仕事を外注しているようなものなのです。

ADA(エイダコイン)の保管方法


出典: https://www.cardano.org

ADA(エイダコイン)の保管はダイダロスウォレットで行います。これはADA(エイダコイン)のウォレットページよりダウンロードをすることができます。
参考 ダイダロスウォレットCARDANO公式HP

Cardanoプラットフォームについて

Cardanoプラットフォームでは独自のPoS(プルーフオブステーク)アルゴリズムの「ウロボロス」を採用しています。

そしてCardanoプラットフォームは以下の特徴を持ちます。

  • 台帳システムと計算処理を別々の階層に分離する
  • コアとなるコンポーネントをモジュール性の高い関数によって実装する
  • 査読が行われる研究と競合する学者や開発小規模グループを作る
  • InfoSecの専門家を早期に採用するなど学際的なチームを多用する
  • ホワイトペーパー、実装、そしてレビュー中に発見された問題を修正するための研究を迅速に行う
  • ネットワークを破壊することなく、導入後のシステムをアップグレードする機能を構築する
  • 今後の研究となる分散型資金調達の仕組みを開発する
  • モバイルデバイス上で安全に動作するための長期的な仮想通貨の設計の改善を行う
  • 仮想通貨を運用および維持するために、ステークホルダー同士の関係を密接にする
  • 同じ台帳システムで複数の資産を運用する必要性を認識する
  • 従来のシステムのニーズに応えるために、オプションとしてメタデータを含むことができるようにトランザクションの抽象化を行う
  • 約 1,000 のアルトコイン から理にかなっている機能を学習し、採用する
  • 最終的なプロトコル設計を決定するためにインターネット技術タスクフォース(IETF)に触発された規格駆動のプロセスを採用する
  • 商業の社会的側面を探求する
  • ビットコインから継承した基本原則を損なうことなく、規制機関が商取引と対話するための健全な妥協点を見つける

出典:ADA(エイダコイン)のHP

ADA(エイダコイン)の将来性について


出典: https://www.coingecko.com

ADA(エイダの価格)は現在1ADAあたり17円とまだまだ安値なのですが、将来性はあるのでしょうか。

ADA(エイダコイン)の将来性
  1. 発行上限枚数:450億ADA
  2. 上場前は詐欺コインという噂があった
  3. 日本のATMでADA(エイダコイン)が引き出せるようになる!?
  4. Cardanoは独自のブロックエクスプローラーを持っている
  5. Cardanoデビットカードで買い物や支払いが可能に

①発行上限枚数:450億ADA

仮想通貨FX(ビットコインFX)成長

ADA(エイダコイン)は開発当初発行上限枚数が630億ADAになる予定でした。

しかし、上限枚数は現在の450億ADAにまで減少しました。

それでも発行枚数は仮想通貨市場トップクラスだと言えます

この発行上限枚数の内訳は市場に流通する約320億ADAとマイニング報酬の130億ADAとなっています。

②上場前は詐欺コインという噂があった

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは

2018年には人気仮想通貨の仲間入りをしたADA(エイダコイン)ですが、開発当初は詐欺コインだと噂されました。

ADA(エイダコイン)はICOを行ったときに、日本向けのマーケティングとして広告代理店で行いました。

その当時ICOがまだ一般的でないことと、マーケティングが胡散臭いとされ、さらに開発が予定よりも遅れていたため詐欺コインだと噂されたのです。

その後先述したようにBittrexに上場してから海外の取引所で上場が始まり、人気コインとなったのです。

③日本のATMでADA(エイダコイン)が引き出せるようになる!?

ADA(エイダコイン)は仮想通貨取引所での売買が主流ですが、今後ATMで引き出せるようになると言われています。

またADA(エイダコイン)は日本のATMでも取り扱いを予定しています。

最初は5ヶ所のATMからスタートし、公開後1年以内に25ヶ所のATMで取り扱いができるように目指しています。

④Cardanoは独自のブロックエクスプローラーを持っている

仮想通貨取引所idea

カルダノは独自のブロックエクスプローラーを持っています。

これはカルダノのブロックチェーン上の取引履歴を確認するのに非常に便利なツールです。

ADA(エイダコイン)の取引はブロックチェーン上に記録・公開され、ユーザーは特定の取引情報の検索ができるようになりました。

例えば、送金したADA(エイダコイン)の金額、取引を行った日時、送金者の公開アドレスなどを閲覧することができます。

⑤Cardanoデビットカードで買い物や支払いが可能に

仮想通貨FX(ビットコインFX)違い

Cardanoデビットカードを使って、他の法定通貨のように買い物や決済でADA(エイダコイン)が使えるようになる計画があります。

カードの申請・取得を行うと、ダイダロスウォレットからCardanoデビットカードにADA(エイダコイン)の送金が可能になります。

そしてADA(エイダコイン)はユーザーが選んだ通貨に自動で両替されます。

このようにCardanoデビットカードでお店やオンラインショップでの決済ができるようになるのです。

さらにCardanoデビットカードをアプリと連携させれば、ADA(エイダコイン)の残高や取引履歴を簡単に確認できます。

ADA(エイダコイン)の取扱い取引所

WorldSpectrum / Pixabay

ADA(エイダコイン)を購入したいけど、どこで購入すればいいのかと気になった人も多いのではないでしょうか。

ADA(エイダコイン)は国内での取り扱いがないため、海外取引所を利用する必要があります。

ADA(エイダコイン)を取り扱っている海外取引所は以下になります。

取扱い取引所
  • Bittrex
  • Binance
  • Upbit
  • Coinnest
  • Gate.io
  • Mr.Exchange

おすすめはBinance(バイナンス)!


出典: https://www.binance.com

中国の会社が運営している取引所で取引量・手数料は世界一を誇ります。

さらにビットコインだけでなく、アルトコインを数多く取り扱っており、その数量は100種類を超えています。

手数料は0.05%~0.10%と比較的安めです。

Binanceの口座開設はこちら

ADA(エイダコイン)まとめ

いかがでしたか?

今回はADA(エイダコイン)の特徴や将来性、取引所についてご紹介していきました。

ADA(エイダコイン)は上場してからまだ半年という新しいコインですが、時価総額8位まで上がった人気急上昇中の仮想通貨です。

今後国内取引所への上場や、ATMでの取り扱い開始、そしてデビットカードが普及すればどんどんと価値は上がっていくでしょう!

今注目の仮想通貨であることは間違いありませんので、ぜひ購入してみてください。