やさしい仮想通貨の始め方を解説

目的別で徹底比較!日本のおすすめ仮想通貨取引所まとめ

exchange-japan-thumbnail

「仮想通貨への投資を始めたけど、どの取引所を使えばよいのか分からない・・・」

この記事にたどり着いた方はこのように感じているのではないでしょうか?

仮想通貨取引に慣れていないうちは、どの取引所を使えばよいのか分からないですよね。

そこで今回は、以下のような仮想通貨取引の目的に応じた適切な取引所を紹介しています。

この記事で想定している取引の目的
  • レバレッジを効かせた取引をしたい!
  • なるべく安全な取引所を使いたい!
  • なるべく多くの仮想通貨を取引したい!

なお、この記事で紹介している仮想通貨取引所はすべて「仮想通貨交換業者」として業者登録済みです。

5分で読めるこの記事のポイント
  • 取引所選びには5つのポイントに着目しよう!
  • 仮想通貨取引所は目的に応じて使い分けよう!

日本で仮想通貨取引所を選ぶ方法

はじめに:そもそも仮想通貨取引ってどうやるの?

もし、この記事を読んでいるあなたが、仮想通貨取引を行ったことがなく、取引の方法がイメージできないとしたら、まずは以下の記事を読んでみてください。

仮想通貨に関する基礎知識から仮想通貨取引所への登録方法、取引のやり方などを分かりやすく網羅的に解説しています。

やさしい仮想通貨の始め方・購入方法(買い方)|初心者でもいますぐ始められるビットコインの買い方をかんたん解説

仮想通貨取引所選び、5つのポイント

仮想通貨取引所は、日本円などの法定通貨と仮想通貨や仮想通貨どうしを交換する場所です。

自分の資産を預けることになるので、少しでもよい取引所を利用したいですよね。

そんなあなたのために、仮想通貨取引所を選ぶ際に着目すべき5つのポイントを網羅的に整理しました。

ぜひ、これから仮想通貨取引所に登録するという方は参考にしてみてください。

ポイント①手数料

取引手数料や入出金手数料が安いに越したことはありません。

現物取引に関しては、ほぼすべての仮想通貨取引所で手数料が無料となっています。

ただし、「販売所」方式か「取引所」方式かで発生するスプレッド(同時刻における買値と売値の差額)が異なる点には注意が必要でしょう。

一般的に、仮想通貨取引所とユーザーが直接取引を行う「販売所」方式の方がスプレッドが大きいため、取引手数料は無料でも含み損が発生しやすいのです。

また、レバレッジを効かせた取引の場合は、新規注文時や営業日を超えてポジションを持っていると手数料が発生します。

ポイント②取り扱っている仮想通貨の種類

自分が取引したい仮想通貨を扱っているかどうかも、取引所を選ぶポイントになります。

特に、以下の仮想通貨は日本国内では、1箇所しか取り扱いがありません(2018年10月10日現在)。

1箇所しか取り扱いがない仮想通貨
  • イーサリアムクラシック(ETC、bitFlyer/ビットフライヤーのみ)
  • リスク(LISK、bitFlyer/ビットフライヤーのみ)
  • キャッシュ(QASH、QUOINEX/コインエクスチェンジのみ)
  • ネム(XEM、Zaif/ザイフのみ)

なお、ネム(XEM)とイーサリアムクラシック(ETC)に関しては現物ではなくレバレッジ取引であれば、DMM Bitcoinでも取引可能です。

ポイント③スマホアプリの使いやすさや取引ツールの機能

対応するスマホアプリや取引ツールの機能や使いやすさも取引所選びのポイントとなります。

例えば、GMOコインやbitbank(ビットバンク)は、テクニカル指標が使えるアプリがリリースされているため、外出先でも市場の状況をチェック可能です。

また、BITPoint(ビットポイント)では、投資家の間で世界的に使われており、自動売買も可能な「Meta Trade4」(MT4)が提供されています。

これらのアプリやツールは、取引の円滑化と精度を高めるサポートをしてくれるので、必ず確認しておきましょう。

ポイント④取引所のセキュリティ

多額の資産を管理する仮想通貨取引所では、強固なセキュリティが必須といえ、実際に監督省庁である金融庁は仮想通貨取引所に金融機関並みのセキュリティ構築を求めています。

一般的には、仮想通貨の管理には「コールドウォレット」というネット環境から遮断されたウォレットに大半を保管し、「マルチシグ」という暗号化方式を用いて、資産移転の条件を厳しくする必要があります。

取引所の資産管理状況(コールドウォレットやマルチシグに対応しているかどうか等)は、判断材料になるでしょう。

ポイント⑤口コミ

仮想通貨取引所選びに迷った場合は、ネット上の口コミも参考になります。

Twitterなどを使って取引所名を検索すると「サーバーが重くて取引注文が通りづらい」「問い合わせたけど返答が遅かった」など、実際の利用者のリアルな感想がヒットするはずです。

ネット上の情報なので、すべて信じる必要はありませんが、取引所選びに役立つでしょう。

なお、当サイトでもSNS上の口コミをまとめてレポートしているので、参考にしてみてください。

BITPoint(ビットポイント)の評判は?辛口過ぎる50人の本音・メリット・デメリット

日本の仮想通貨取引所おすすめランキング

2018年10月9日現在、日本で仮想通貨交換業者として登録されているのは以下の16社で、原則的にはこれ以外の企業は仮想通貨取引所を運営することができません。

そして、実際に取引所サービスをリリースしているのはこのうち10社です。

日本の仮想通貨交換業者【一覧】
  • 株式会社マネーパートナーズ
  • QUOINE株式会社(Liquid運営)
  • 株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)
  • ビットバンク株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社ビットアルゴ取引所東京
  • Bitgate株式会社
  • 株式会社BITOCEAN
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社(Zaif運営)
  • 株式会社Xtheta

仮想通貨取引における3つのニーズ

今回は以下の3つのニーズを想定して、おすすめの取引所を紹介しています。

今回想定しているニーズ
  • レバレッジを効かせた取引をしたい!
  • なるべく安全な取引所を使いたい!
  • なるべく多くの仮想通貨を取引したい!

仮想通貨投資では「法定通貨を増やしたい」という目的を持っている方がほとんどだと考えられます。

価格変動は激しいものの、将来有望なテクノロジーである仮想通貨に対して早くから投資していた人は、2016〜2017年の価格高騰で大きな利益を手にしました。

それゆえに、投資家のなかには仮想通貨への投資で大きな利益を獲得したいと考える方も多いのではないでしょうか?

さらに、価格変動がより激しいアルトコインなども投資対象として好まれています。

その一方で、相次ぐ仮想通貨取引所のハッキング事件を受けて、取引所のセキュリティへの関心も高まっています。

ハイリスクでもOK!レバレッジを効かせた取引をしたい方向けの取引所とは?

多くの取引所が手持ちの資産よりも大きな金額を取引できる「レバレッジ取引」サービスを提供しています。

レバレッジ取引はハイリスクな投資手法なので、倍率は取引所によって様々ですが、日本国内では最大25倍のレバレッジ取引が提供されています。

なお、業者団体「日本仮想通貨交換業協会」(JVCEA)は、自主規制としてレバレッジ取引の倍率を最大4倍まで引き下げる方針を発表しているので、高いレバレッジ取引はできなくなる可能性が高いです。

おすすめ①BITPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/lp/cpn/

ビットポイント(BITPoint)の概要
運営会社株式会社ビットポイントジャパン
所在地〒106-6236
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
資本金44億3,000万円(資本準備金含む)
設立日2016年3月3日
代表取締役小田 玄紀
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00009号
貸金業者登録番号東京都知事(1) 第31660号
取引の種類現物取引
レバレッジ取引
ビットポイント FX取引
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

BITPoint(ビットポイント)では、最大25倍のレバレッジ取引が可能です。

対応している仮想通貨はビットコインのみですが、2018年10月時点では国内最大の倍率となっています。

なお、新規注文時と建玉(たてぎょく)を翌取引日に持ち越した場合には手数料として、0.035%が発生します。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

おすすめ②bitbank Trade(ビットバンクトレード)

出典: https://www.bitbanktrade.jp/

レバレッジ手数料(建玉(たてぎょく)を翌取引日に持ち越した場合の手数料)を避けたいなら、bitbank Trade(ビットバンクトレード)がおすすめです。

取引できるのはビットコインのみですが、レバレッジ手数料が無料で取引できます。

さらに、最大20倍のレバレッジ取引が可能で追証がない点も魅力的なポイントでしょう。

利益が出たときには、利益に対して0.2%の手数料が発生する点はデメリットに感じるかもしれませんが、この手数料があるおかげで追証が発生しない仕組みになっているので、一長一短かもしれません。

なお、bitbank Trade(ビットバンクトレード)の運営会社は、後述するbitbank(ビットバンク)と同じです。

bitbank Trade公式サイトはこちら

bitbank Tradeの登録はこちら

おすすめ③DMM Bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinの基本情報
運営会社株式会社 DMM Bitcoin
設立2016年11月7日
資本金12億9000万円
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00010号
取引の種類現物取引・レバレッジ取引
取引可能な通貨・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサクラシック(ETC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

国内でアルトコインのレバレッジ取引をしたい場合、7種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMM Bitcoinでは、以下の仮想通貨がレバレッジ取引に対応しています(倍率は5倍で固定)。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引可能な仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

なお、よりハイレバレッジでの取引をしたい方は、100倍レバレッジで追証なしで取引できる海外取引所BitMEX(ビットメックス)がおすすめです。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方【日本語対応】ビットコインFXなら外せない海外取引所~

安全第一!安全な取引所を使いたい方向けの取引所とは?

仮想通貨取引所は多額の資産を管理しているため、ハッカーに狙われやすく、実際にハッキングによる仮想通貨の流出事件が何件も発生しています。

2018年1月にはcoincheck(コインチェック)が、同年9月にはZaif(ザイフ)がハッキング被害に遭い、多額の仮想通貨が流出しました。

したがって、安全性に重きを置いて運営されている取引所を選びたいという方も少なくありません。

おすすめ取引所①bitbank(ビットバンク)

出典: https://bitbank.cc/lp/altcoin/

bitbank(ビットバンク)の概要
会社名
ビットバンク株式会社
設立
2014年5月
資本金
11億3100万円
所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
代表取締役
廣末紀之氏
取引の種類
現物取引
取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCC)

bitbank(ビットバンク)では、仮想通貨を以下のように保管しています。

このように、bitbank(ビットバンク)ではイーサリアム以外のすべての仮想通貨に対してコールドウォレット&マルチシグが適用されています(イーサリアムもコールドウォレットは適用)。

これはインターネット経由の攻撃のみならず、内部犯行など物理的な接触を通じた攻撃を想定した対策です。

MEMO
  • コールドウォレット:ネット環境から遮断された状態のウォレット
  • マルチシグ:仮想通貨を使うのに複数の許可(署名)が必要な仕組み

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

おすすめ取引所②BITPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/lp/cpn/

BITPoint(ビットポイント)もセキュリティ対策を重要視している仮想通貨取引所のひとつです。

運営会社であるビットポイントジャパンの小田社長へのインタビューによれば、社内人員の7〜8割をセキュリティ対策に回しており、サーバーも証券会社が使うような安全性の高い場所に設置してあるとのことです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

「BITPoint(ビットポイント)って正直どうなんですか?」小田社長に聞いてみた

秘密鍵の自己管理のススメ

なお、どれだけセキュリティ対策を行っていても、インターネットに接続されている仮想通貨取引所に資産を預けるのはリスクが伴います。

なぜなら、仮想通貨の使用権ともいえる秘密鍵を自分でコントロールできないからです。

より資産の安全性を高めたい方は、秘密鍵を自分でコントロールできる「Ginco」のようなウォレットアプリやハードウェアウォレットを活用してください。

Ginco(ギンコ)の特徴や使い方~日本発!仮想通貨のモバイルウォレットアプリ決定版~

アルトコイン重視!なるべく多くの仮想通貨を取引したい方向けの取引所とは?

取引できる仮想通貨の種類は取引所によって異なります。

せっかくなら、なるべく色んな種類の仮想通貨に投資したいという方も多いのではないでしょうか?

おすすめ取引所①bitbank(ビットバンク)

出典: https://bitbank.cc/lp/altcoin/

bitbank(ビットバンク)では以下の6種類の仮想通貨を取引できます。

bitbank(ビットバンク)で取引できる仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

いずれも取引手数料は無料です。

また、bitbank(ビットバンク)はリップルの取引量が世界でもトップレベルに多い取引所であるため、リップルを取引するなら必ず登録しておきたい取引所だといえるでしょう。

【参考】仮想通貨の種類がもっとも多いのはbitFlyer(ビットフライヤー)

なお、国内の仮想通貨交換業者の中でもっとも取り扱い仮想通貨の種類が多い(*カンターパーティートークンは除く)のはbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、現在新規登録を停止しているため、ここでは参考程度に紹介しておきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引できる仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • モナコイン(MONA)

なお、リスクとイーサリアムクラシックの現物を扱っている登録業者は、bitFlyer(ビットフライヤー)だけです。

より多くの種類を取引したい場合は海外取引所へ!

日本では規制があるため、金融庁のホワイトリスト(承認された通貨の一覧)に入った仮想通貨しか取引できません。

もし日本の取引所が扱っていない銘柄を取引したい場合は、海外取引所に登録する必要があります。

海外取引所では、380種類以上の仮想通貨を取り扱うBinance(バイナンス)がおすすめです。

バイナンス(BINANCE)の登録,入金方法と使い方|アプリが使いやすい手数料激安の取引所

仮想通貨取引所は目的別に使い分けよう

この記事のポイントをおさらい
  • 取引所選びには5つのポイントに着目しよう!
  • 仮想通貨取引所は目的に応じて使い分けよう!

この記事では、目的に応じたおすすめの仮想通貨取引所を紹介してきました。

今回紹介したように、仮想通貨取引所ごとに特色があるため、基本的には取引をする場合は複数の取引所で口座を開設することをおすすめします。

なお、当サイトでは、より多くの仮想通貨取引所を網羅的に紹介した記事がありますので、さらに一段と深く取引所について知りたい方は以下の記事も併せてご覧ください。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング!上位11社と人気32社の評価一覧