やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨投資の初心者は手数料の高い販売所から卒業して取引所を使おう

仮想通貨 販売所 取引所

仮想通貨取引を始めて間もないみなさんは、『販売所』と『取引所』の違いを理解していますか?

始めたばかりの方は、とっつきやすい販売所だけを使っているかもしれません。

しかしそれでは売買のたびに手数料分を損しているので、できるだけ早いうちから取引所を使うことをおすすめします。

販売所から卒業しよう

GMOコイン、bitFlyer、Zaifには『販売所』があります。

仮想通貨 販売所

運営会社とユーザーの取引なので、好きな数量売買できるメリットはありますが、手数料が高いというデメリットがあります

仮想通貨 販売所

仮想通貨から投資を始めたような方は、わかりやすく簡単に売買できるので最初はここからデビューすることになるでしょう。

 

しかし、何度も売買を繰り返すようになると手数料がばかにならなくなるので、手数料の安い取引所を使うべきです。

仮想通貨 取引所

販売所と取引所では、手数料が100倍近く違う場合があります。

国内のアルトコイン”取引所”は少ない

ビットコインはどこでも板取引ができますが、アルトコインの『取引所』は少ないのが現状です。

国内で手数料の安い板取引ができるのはZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)です。

中でもbitbank(ビットバンク)は、リップル(XRP)を日本円(JPY)で取引できるのが強みです。

ですが、取引所の場合は価格が思っていたよりも高くなってしまうケースや、なかなか取引が成立しないなど、取引所にもデメリットはあるので、取引所も販売所も両方対応することが予定されているGMOコインも持っておくと良いでしょう。

GMOコインの登録はこちら

アルトコインは海外取引所を使おう

国内の取引所はアルトコインの取り扱いが圧倒的に少ないので、板取引ができるようになったら積極的に海外取引所を使うべきです。

海外の取引所では、数百種類の仮想通貨をトレードすることができます。

 

海外取引所というと、表記が全て英語だったり、信頼性に欠けるといった理由で敬遠しがちかもしれません。

しかし、BINANCE(バイナンス)という取引所は日本語に対応しており、現在日本での展開を予定しているなど、使いやすさ・信頼性ともに高いと思います。

取り扱い銘柄数は100種類近く、さらに続々と銘柄を増やしている勢いのある取引所で、12月には取引高世界最大の取引所となりました。

BINANCEの登録はこちら

すぐに取引が始められる

最近仮想通貨を始めた方は、取引所からのハガキが届かず、なかなか取引が始められないことを経験したかもしれません。

しかしBINANCE(バイナンス)は海外取引所なので、メールアドレスとパスワードの設定だけで、数分ですぐに取引可能です。

ただし日本語に対応はしていますが、日本円は使えません。

まずは国内取引所でビットコインやイーサリアムを買って、バイナンスに送って取引しましょう。

入金方法など使い方は以下の記事を参考にしてください。

バイナンス 登録バイナンス(BINANCE)の登録,入金方法と使い方|アプリが使いやすい手数料激安の取引所

取引所を使って脱初心者!

「簡単だから」と販売所ばかり使っていると、知らず知らずのうちに手数料でかなり損をしているかもしれません。

これまで販売所をメインにしていた方は、取引所を使っていきましょう。

もしも販売所を使い続ける場合は、近く取引所にも対応を予定しているGMOコインがおすすめです。

GMOコインの登録はこちら

バイナンスの登録はこちら

板取引の方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

販売所と取引所の違いと使い方【ビットコイン購入方法】仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いについて|取引所での注文方法