やさしい仮想通貨の始め方を解説

イーサリアムのウォレット徹底比較!オススメ6選

イーサリアムウォレット比較

みなさんは購入したイーサリアムを取引所のアカウントに置きっぱなしにしていませんか?

イーサリアムに関わらず、初心者の方はついつい仮想通貨を放置しておきがちですが、それはあまりおすすめできません。

大きな資金が集まる仮想通貨の取引所は、常にハッカーたちから狙われていると言っても良いでしょう。

そのような場所に大事な仮想通貨を預けておくのは少し心配ですよね。

そこで今回はおすすめのイーサリアムのウォレットをご紹介します。

やはりイーサリアムは自分のウォレットで管理した方がセキュリティ面では安心です。

この記事を読み終わる頃には最適なイーサリアムのウォレットを選ぶことが出来るでしょう!

イーサリアムのウォレットをこれから探す方は是非参考にしてくださいね。

イーサリアムのウォレットとは?

イーサリアムを含め、仮想通貨を保管・管理するにはウォレットが必要となります。

ウォレットとは仮想通貨のお財布のようなもので、仮想通貨を保管するには必需品です。

みなさんも普段お金は財布や金庫などで管理しますよね。

お札をむき出しのまま保管はしないと思います。

仮想通貨も同じようにウォレットで保管しましょう。

ウォレットの種類

ウォレットにはいくつか種類があります。

以下の5種類です。

  • ハードウェアウォレット
  • デスクトップウォレット
  • ペーパーウォレット
  • モバイルウォレット
  • ウェブウォレット

名前からどんなウォレットか何となくイメージができると思います。

ハードウェアウォレット、デスクトップウォレット、ペーパーウォレットはオフラインで仮想通貨を保管します。

それに対し、モバイルウォレットやウェブウォレットはオンラインですね。

オフラインでの管理はセキュリティ面でメリットが多く、オンラインでの管理はアクセスのしやすさで優れています。

それぞれメリット・デメリットがあるので、仮想通貨をどのように保管したいのかを考えながらウォレットを用意するのが良いでしょう。

場合によってはウォレットを複数使い分けるのもおすすめですよ。

長期保有を検討中ならオフラインでセキュリティ対策がしやすいウォレットがおすすめです。

それに対し、長期保有よりもアクセスのしやすさなどを重視したいならオンラインのウォレットの方が便利ですね。

イーサリアムのおすすめウォレット

この章ではおすすめのイーサリアムのウォレットをご紹介します。

同じように見えるウォレットでもそれぞれ特徴があります。

初心者の方はどれを選べば良いのか迷ってしまうと思いますが、まずはセキュリティや利便性など重視したいポイントを絞ってから探すとウォレットを選びやすいですよ。

おすすめウォレット1:Ledger Nano S

Ledger Nano Sは知名度も人気もあるハードウェアウォレットです。

有名なので聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

イーサリアムだけでなくリップルにも対応しています。

価格は1万円程度です。

おすすめウォレット2:Trezor


出典: http://hardwallet.store/product/trezor/ref/38/

Trezorは人気のハードウェアウォレットです。

イーサリアム以外にも以下の仮想通貨に対応しています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • ライトコイン(LTC)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ダッシュ(DASH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

価格は1万円~1万5千円前後とやや高めですが、セキュリティの高さや対応通貨を考えると高くはないでしょう。

おすすめウォレット3:MyEtherWallet

出典: https://bit-weather.com/myetherwallet-custom-token/

MyEtherWalletはデスクトップウォレットです。

デスクトップウォレットとはデスクトップ上で仮想通貨を管理するウォレットです。

パソコン自体がハッキングやウイルスの被害に遭わなければ安全なので、セキュリティ面はとても優れています

パソコンを2台以上のお持ちの方であれば、普段はあまりオンラインにしない方のパソコンで保管をすればセキュリティ対策はバッチリですね!

また、MyEtherWalletは日本語に対応しています。

公式サイトでは言語切替機能で簡単に日本語訳が見られるので、初心者の方にもおすすめですよ。

日本語に対応しているウォレットはまだまだ少ないので、MyEtherWalletは貴重ですね。

おすすめウォレット4:Jaxx

出典: https://blog.brickblock.io/how-to-sign-a-transaction-using-the-jaxx-wallet-b0db6b5a80fd

Jaxxはスマホで使えるモバイルウォレットです。

AndroidやiOSはもちろん、WindowsやMac、Google Chrome、FireFoxなど様々なブラウザにも対応しています。

モバイルウォレットは他にもたくさんありますが、Jaxxは9種類もの仮想通貨を管理できるのが魅力です。

持ち運びのしやすいスマホで使えるウォレットなので利便性が高いのが嬉しいですね。

ただ、スマホがウイルスに感染するとウォレットにある仮想通貨が盗難被害にあることもあるので注意が必要です。

おすすめウォレット5:metamask

出典: https://medium.com/@appcoins/how-to-buy-appcoin-tokens-using-metamask-e2024d0011e8

metamaskはGoogle Chromeで使えるデスクトップウォレットです。

複数のアドレスを作って、切り替えながら使えますよ。

EtherDelta(運営者のいない分散型取引所)を使用する際にはmetamaskが必要となります。

EtherDeltaの使用を視野に入れている方はmetamaskを準備しておくと良いでしょう。

また、MyEtherWalletも持っていれば連携させ、イーサリアム系トークンの送受信もできるようになります。

おすすめウォレット6:mist

出典: https://fintecherlab.com/ethereum-mist

Mistはデスクトップウォレットです。

イーサリアムの公式サイトでも紹介されています

公式ホームページのお墨付きというのは信頼できますね。

イーサリアムの公式ホームページから直接ダウンロードができますよ。

同期作業が長いなどの短所はありますが、日本語に対応しているので安心してお使いいただけます。

ハードウェアウォレット購入時の注意点

ハードウェアウォレットはオークションサイトやフリマアプリなどでも販売されています。

通常より安く、簡単に手に入るのは魅力的ですよね。

しかし、ハードウェアウォレットを一度開封し、悪いソフトをインストールしてから販売するという事件も発生しています。

安全のためにも、公式サイトや正規の代理店から購入するようにしましょう。

公式サイトは英語のページも多いので、慣れていない方はできるだけ日本の代理店から購入した方が安心ですよ。

ウォレットの使い方

この章ではウォレットの使い方をご紹介します。

ここでは、イーサリアムのウォレットとして定番のMyEtherWalletを例にして解説します!

まずはMyEtherWalletの公式サイトを開きましょう。

インターネットの検索画面で検索すると詐欺サイトが出てくることがあります。

間違って利用することのないよう、公式サイトはブックマーク登録しておくと良いでしょう。

イーサリアムの送金・受信方法

イーサリアムの送金は簡単です。

以下の手順で送金の手続きを行いましょう。

  1. 公式サイトを開く
  2. 画面上部の「Eher/トークンの送出」をクリック
  3. Keystoreをアップロード
  4. パスワードを入力したらアンロックをクリック
  5. 宛先アドレス、送出数量、ガスリミットを入力
  6. 「トランザクションを生成」をクリック
  7. 「トランザクションの送出」をクリック
  8. 確認画面を確認して「はい、確かです。処理を実行します。」をクリック

「Eher/トークンの送出」をクリックするとログイン情報が求められます。

「Keystore/JSON File」か秘密鍵を使ってログインしましょう。

ログイン出来たら、宛先アドレスや送金したい数量を入力するだけなので簡単ですね。

宛先アドレスを間違えて送ったイーサリアムを取り戻すことはできません

確認画面では宛先アドレスや送出数量に誤りがないかしっかり確認するようにしましょう。

ガスとは?

イーサリアムを送金する際には、宛先アドレスや送出数量と一緒に「ガスリミット」を入力しますよね。

このガスとはイーサリアムの送金手数料のようなものです。

混雑している時にイーサリアムを送金しようとすると承認されるまでに時間がかかってしまいます。

そのような時にガスを支払うと通常よりも承認までの時間が短くなるということです。

例えばビットコインでは、この送金手数料にBTCを支払いますが、イーサリアムではETHではなくGasを支払います。

名前が異なるだけでGasも元々はETHであることに違いはありません。

Gasには送金手数料やストレージ使用料など「燃料」のような用途で使われるためこう呼んで区別されています。

以下はガスの設定額の目安です。

  • 2Gwei:数分以内に承認される
  • 20Gwei:数ブロック以内に入る可能性がある
  • 40Gwei:ほとんどの場合、次のブロックに入る

基本的にはデフォルトのままで大丈夫だと思いますが、送金を急ぎたい時などにはガスを設定すると良いでしょう。

ただ、取引が多くなればそれだけGasの価格もどんどん上がっていきます。

送金ページにアクセスすると「Gas Price」といったガスの目安の設定額が確認できるので、送金前に混雑状況にチェックしておくようにしてくださいね。

イーサリアムのおすすめウォレットまとめ

イーサリアムのウォレットはイメージできましたか?

気になるウォレットは見付けられたでしょうか?

ウォレットにはそれぞれメリットもあればデメリットもあります。

利便性を考えるとオンラインウォレットの方が扱いやすいものの、セキュリティ面を考えるとオフラインウォレットの方が安心ですね。

イーサリアムのウォレットにもスマホアプリで使えるものから、ハードウェアを使うものまで様々です。

長期保存が目的なら特にセキュリティ対策がしやすいものを選び、利便性を重視したいのであればスマホアプリを使い分けるなどをすると良いかもしれません。

その他にも日本語に対応しているものや他の仮想通貨の管理ができるものなど、それぞれ特徴があるのでご自分のスタイルにあったイーサリアムのウォレットを探してみてくださいね。

イーサリアムのおすすめのウォレットまとめ
  • イーサリアムを購入したらウォレットを準備しよう
  • ウォレットはオンラインとオフラインのものがある
  • それぞれ特徴があるので複数持つのもOK!
  • 初心者は日本語対応しているウォレットがおすすめ!
  • ウォレットは正規店で購入しよう