やさしい仮想通貨の始め方を解説

イーサリアム(Ethereum)の今後と特徴をやさしく解説!2018年の価格予想とこれからの将来性

Ethereum-thumbnail仮想通貨の上昇が目覚しかった2017年。

ビットコインの価格上昇はネットだけでなく、新聞やTVでも報じられたため多くの人が興味を持ち、結果現在は値下がりしています。

「ビットコインは期待できないから仮想通貨はもういいかな…」

そう感じる人が多い今だからこそ、2018年はビットコイン以外の仮想通貨に目を向けるチャンス。

ビットコインの次に注目されているのが時価総額第2位のイーサリアム(Ethereum)です。

この記事では、イーサリアムの特徴や2018年の価格予想、将来性、オススメの取引所までをやさしく解説します!

まずはイーサリアムの現在の価格をチェック!

イーサリアムはどのくらいの価格なのか、まずはみてみましょう。

イーサリアム価格(2018年7月現在)は約53,000円ほどです。

ビットコインが約82万円、単純に比較はできませんがイーサリアムの方が買いやすい印象です。

ビットコインとイーサリアムの価格上昇を比較

イーサリアムの今後の価格を予想するには、今までの価格変動を理解する必要があります。

ここではビットコインとイーサリアムの価格上昇を比較してみます。

以下は2017年11月と2018年7月の価格です。

イーサリアムとビットコインの価格比較

イーサリアム:40,486円→54,615円

ビットコイン:875,817円→837,078円

イーサリアムは2017年11月から2018年7月までに1.341倍上昇しています。

逆にビットコインは40,000円ほど価格が下がっていることがわかるでしょう。

この上昇は今に始まったことではありません。

2017年4月のイーサリアムの価格は5,675円でしたから、2018年7月までに約10倍も価格が上がっています。

イーサリアムの価格推移
2017年11月から2018年7月までに価格が1.34倍上昇、2017年4月からなら11倍も上昇。

2018年1月が最高値の18万越え

トータルでみるとイーサリアムの価格は上昇していますが、最高2018年1月の186,000円

そこから価格がぐっと落ちて50,000円を割り込みました。

2018年7月現在50,000円あたりで停滞しているので、ここを底値として上昇と下降を繰り返す可能性が高いのではないでしょうか?

イーサリアムの最高値は2018年1月
2018年1月に約19万円を記録、その後下落し2018年7月時点では5万円前後で停滞。

イーサリアムの特徴を理解しよう

出典:https://www.ethereum.org

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。

イーサリアムの基本情報を一覧表にまとめたのが以下です。

通貨名イーサリアム(Ethereum)
通貨略号ETH
通貨リリース2014年
発行枚数9900万ETH
時価総額2位(2018.7現在)
開発チームイーサリアム財団
開発者Vitalik Buterin
運用元所在地
公式サイトhttps://www.ethereum.org

通過の単位はETH(イーサー)です。

最小の単位は0.000000000000000001ETH

時価総額ってなに?
仮想通貨の規模や価値を示すもので計算方法は「通貨発行量×市場価格」で算出される。時価総額が大きいほど注目度も高く、その価値がゼロになる可能性が低く、将来的に価値が上がる可能性が高いとの見方もある。

イーサリアムの2つの特徴を解説

ここからはイーサリアムが持つ大きな2つの特徴を解説します。

たった2つのポイントをおさえるだけで、イーサリアムを理解することが出来ます。

イーサリアムの特徴は?
特徴1:中央管理する団体がない仮想通貨
特徴2: 「スマートコントラクト」という技術を利用

イーサリアムの特徴1:中央管理する団体がない仮想通貨

イーサリアムは開発者チームは存在しますが、ビットコインと同様に中央管理をする団体は存在しません。

ビットコインにも開発者チームが存在します。

同様にイーサリアムにも開発者チームが存在しているだけです。

中央管理者が存在しないことで、利用者にとってメリットはあるのでしょうか?

中央管理者がいないメリットとして、倒産や情勢不安などにより信用が失われるリスクが軽減し、コスト削減で手数料が安くなる点があげられます。

デメリットは誤操作が発生した時に対処してくれる存在がいないことでしょう。

中央管理が存在するかしないか双方に良さがありますが、イーサリアムに中央管理者が存在しないことは法定通貨にはない魅力のひとつです。

中央管理者が存在しないことによるメリットは、倒産や情勢不安がない、手数料が安いなどがあげられます。
中央管理者とは?
日本通貨で言うところの銀行です。イーサリアムは中央管理者は存在しません。

イーサリアムの特徴2:「スマートコントラクト」という技術を利用

スマートコントラクト(smart contract)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

イーサリアムについて調べるとこの「スマートコントラクト」という言葉にぶつかります。

難しいことは考える必要ありません。

イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を利用しているんだなぁ。これで十分です。

スマートコントラクトは中央機関を通さずに契約内容を自動執行できます

私たちがスマートコントラクトから受ける恩恵は、自動執行のおかげで「相手への信頼、仲介者の存在、相手への問い合わせ」などの手間がなくなります。

さらに改ざんも出来ないためセキュリティ面でも安心です。

イーサリアムのスマートコントラクトは利用者にもメリットがある技術なんだと理解しておけば問題ないでしょう。

スマートコントラクトとは
契約の自動化。あらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするもの。

2018年!イーサリアムの価格が上昇する4つのファクターとは?

出典:https://coinmarketcap.com/ja/

仮想通貨の価格が上がるのか、これは誰も正確に予想することは出来ません。

ですが、イーサリアムの価格が上昇するファクターはいくつか存在します。

ここでは4つの価格上昇が期待できる要因を解説します。

イーサリアムの価格上昇が期待できる要因
  • 要因1:アップデートが行われている
  • 要因2:ICOプラットフォームとして利用されている
  • 要因3:有名企業がイーサリアムを活用
  • 要因4:専門家による分析

要因1:アップデートが行われている

イーサリアムの価格が向上する要因として「アップデート」があげられます。

アップデートはスマホなどでも機能を拡張・修正するために度々行われているのでご存知の方も多いでしょう。

スマホなどと同様にイーサリアムもアップデートを段階的に行っています。

このアップデートを重ねるたびに機能が向上していき、問題点を解決しています。

ですから、アップデートごとに価格は上がっていくという予想が成立します。

厳密にはこのアップデートをハードフォークアップデートと呼びます。

イーサリアムのハードフォークアップデートは4段階。Frontier(フロンティア)・Homestead(ホームステッド)・Metropolis(メトロポリス)・Serenity(セレニティ)さらに、MetropolisはByzantium(ビザンティウム)とConstantinople(コンスタンティノープル)の2つがある。
ハードフォークとは?
一般的にはブロックチェーンの分岐による新たな仮想通貨の誕生。イーサリアムにおいてはブロックチェーンの仕組みなどをアップデーするために行われる仕様の変更のこと。

要因2:ICOプラットフォームとして利用されている

ICO procedure Initial coin offering poster.

「ICO」という言葉を知っていますか?

ICOは近年急速に増えているので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ICOとは簡単に説明するとお金を集めるための方法です。

発行側は、新規プロジェクトの資金調達のために独自の仮想通貨(トークン)を発行します。

ビットコインやイーサリアムなどでそのトークンを安い価格で手に入れるという仕組みです。

ではなぜイーサリアムなのか?

実はこのICO、イーサリアムで購入するパターンが近年増えています。

ですから、ICOの流行がイーサリアムの価格上昇させるのでは?という見方ができます。

なぜICOでイーサリアム?
トークンの発行者は新しいトークンを作るよりも、イーサリアムブロックチェーンを利用して独自のトークンを作った方が容易だからと言われています。

要因3:有名企業がイーサリアムを活用

イーサリアムのおさらいをしてみましょう。

ブロックチェーンの技術と中央管理組織のない環境で、様々なシステムによるサービスを実現可能とするプラットフォームです。

またイーサリアムは分散型アプリケーションやスマートコントラクトの構築が可能です。

イーサリアムは、契約に関する取引をブロックチェーンに記録するための仕組み。

ですから使い手によって応用した利用が可能になります。

そこに目をつけたのがMicrosoftやJPモルガン

世界的に有名な会社や、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループなど150社以上がイーサリアム企業連合(EEA)に参加しています。

イーサリアムの仕組みを活用する有名企業が増えることで、イーサリアムの価格が上昇する可能性は上がるでしょう。

イーサリアムの本来の意味
イーサリアムとは本来、「イーサリアム・プロジェクト」を表す総称。イーサリアム・プロジェクトのために作られた仮想通貨が「イーサ(Ether)」です。
osusume-ico2【仮想通貨】ICOおすすめ情報・2018年スケジュール【総まとめ】

要因4:専門家による分析

価格を予想するには専門家の意見を聞くのが一番です!

イーサリアムに関し詳しい専門サイトから今後の価格予想をいくつかピックアップしました。

Wallet Investor(海外の仮想通貨価格予測サイト)
2019年5月に1370ドル(約15万円)となっている
サウスチャイナ・モーニング・ポスト(香港で発行されている英字新聞)
今年の年末までにイーサリアムの価格が2,550 ドル(約28万円)になり得る
WebBot(Microsoftの元コンサルタントが開発した予測サービス)
2018年3月に価格が数倍になる

イーサリアムの価格は上昇するいう見方が専門家などの間では多いようです。

現在のイーサリアムの価格が日本円で5万円ほどですから2018年〜2019年にかけて3倍以上、上昇すると予想しています。

イーサリアムの取引所でオススメは?「DMM Bitcoin」が魅力的

出典:https://bitcoin.dmm.com

最後にイーサリアムの購入について解説します。

イーサリアムは様々な取引所で購入することが可能。

どこで買うか悩んだときにオススメなのは「DMM Bitcoin」です。

DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。

ローラさんがCMを担当しているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

超大手が運営するので安心

出典:https://bitcoin.dmm.com

DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはスマホゲームや電子書籍、FXなど幅広いジャンルの販売を手がける日本が誇る超大企業。

大手が運営しているメリットは、やはり圧倒的な安心感でしょう。

何かあったときに対応がしっかりしている大手取引所は初心者にもオススメです。

取引できる仮想通貨の種類が豊富

出典:https://bitcoin.dmm.com

DMM Bitcoinは「イーサリアム」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能です。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ネム
  4. リップル
  5. ライトコイン
  6. イーサクラシック
  7. ビットコインキャッシュ

アプリも充実

出典:https://bitcoin.dmm.com

iOS、Androidに対応したアプリをリリースしています。

機能性も高く、PC版取引システムに匹敵する機能を搭載しているので、出先での管理にも適しています。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

イーサリアムは「DMM Bitcoin」が使いやすくてオススメです!

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

イーサリアム(Ethereum)の今後と特徴をやさしく解説!2018年の価格予想まとめ

イーサリアムは2018年、さらに価格が上昇する可能性を秘めています。

イーサリアムの今後のまとめ
  • 要因1:アップデートが行われている
  • 要因2:ICOプラットフォームとして利用されている
  • 要因3:有名企業がイーサリアムを活用
  • 要因4:専門家による分析

価格が上がりきってからでは遅いので、まだ価格が安いうちに手に入れておくと良いでしょう。

ICOもこれからどんどんと流行る気配があるので、イーサリアムの未来も明るい?のではないでしょうか。

ただし、価格が下がる可能性ももちろんありますので、ご自分の経済状況をしっかりと把握して無理のない仮想通貨ライフを送ってください!