やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨業界は今後どうなるの?DMMbitcoin田口社長に聞いてみた

dmm-interview-taguchi2

前編の模様はこちら!

dmm-int2-thumbnailDMM Bitcoin(DMMビットコイン)って正直どうなの?田口社長に聞いてみた

お話を伺ったDMM Bitcoinの田口 仁社長について

田口 仁(たぐち ひとし)氏

DMM Bitcoin 代表取締役社長

 

早稲田大学政治経済学部を1994年に卒業。

 

同年、三菱商事株式会社に入社。

 

その後はlivedoor、DeNAなどで新規事業の立ち上げや運用を手がける。

 

2017年に東京ビットコイン取引所の代表取締役に就任し、2018年から現職。

仮想通貨が今後決済に使われるようになったら?

田口社長は「仮想通貨が通貨として振る舞う社会*」はどのようにして訪れると考えていらっしゃいますか?

高橋

*詳しくは前編をチェックしてみてください!

dmm-int2-thumbnailDMM Bitcoin(DMMビットコイン)って正直どうなの?田口社長に聞いてみた

田口社長

そうですねー、、

そもそもグローバルで信任されている通貨は厳しく見れば4つくらいしかありません。

米ドル、ユーロ、ポンド、日本円があり、そこにオーストラリアドルやキウィ(ニュージーランド・ドル)、中国系も入るかな、というくらいです。

田口社長

仮想通貨というものを端的に表現すると、「仮想通貨が通貨たりうる世界」を目指すために決済の領域で殴り込みをかけている存在だと思うんです。

田口社長

僕はそれを通貨チャンピオンと表現することがあります。

この通貨チャンピオンというのは中央銀行だったり銀行を中心とした金融村みたいなものです。

各国の金融村が、通貨チャンピオンになるために名乗りをあげているイメージですね。

そして、そこでは為替の交換というネットワークが作られていて、仮想通貨はそこに殴り込みをしている感じだと思うんですよ。

田口社長

なので、そこに殴り込みをし、成功していく通貨がどれくらいあるのかなというのが、まだ分からないなと思っています。
そこでいくつかの仮想通貨が通貨としての役割を果たすようになった時には取引所の役割は今とはもちろん変わってきますよね?

高橋

田口社長

そうですね。

現在は仮想通貨交換業者自体も仮想通貨のボラティリティーに対する依存度が高いビジネスモデルになっています。

決済のサービスが普及し、仮想通貨だったりトークンが使われる時代になった場合、このモデルから脱却する必要がある思っています。

田口社長

ですが、それがどれくらいのスピードで変わっていくのかが僕らには明確にはわかりません。

早くて、1年-2年かもしれないし、長く見ると5年-10年後という人もいるかもしれません。

仮に10年かかったとして、仮想通貨に対する世間の関心がそこまで維持できるかというと、それも見当がつきませんよね。

仮想通貨事業の今後のチャレンジとは?

田口社長は、仮想通貨の未来はどうなって行くとお考えですか?

仮想通貨の通貨としての役割が今後どうなるかも含めて、ご意見をお聞かせください。

高橋

田口社長

コラムにもたまに書かせていただいているんですけど、仮想通貨は2つの領域に対して壮大なチャレンジをしていると思っています。

ひとつ目は、先ほど言った通貨チャンピオンを目指すチャレンジです。

もうひとつは、ネットガリバーと呼ばれる存在に対するチャレンジです。

ネットガリバーにチャレンジしているというのは具体的にどのようなことでしょうか?

高橋

田口社長

ネットガリバーといえば、facebookAmazon、日本でいえばYahoo!楽天のことです。

言い換えると、この20年くらいで世の中のビジネスモデルを変えてきた人たちのことを指しています。

田口社長

ネットガリバーの人たちは、インターネットという基盤を用い、インターネットの利用価値を高めるために、インターネットの利用シーンを増やしてきたんです。

そうすることで世の中のビジネスモデルを塗り替えてきました。

つまり、この人たちは産業界の人たちから広告料をもらって、もらった広告料をもとに無料サービスをたくさん立ち上げてきたんです。

田口社長

このモデルはフリーミアムという呼ばれることもあります。

仮想通貨はフリーミアムモデルでここ20年間のインターネット業界を牽引してきた人たちにチャレンジしていると思います。

田口社長

SNSのいいねでポイント・トークンをあげます、というキャンペーンはよくありますよね。

あれはまさしくそのモデルです。

情報自体が中央集権的に管理されていない、というようなことです。

田口社長

そうすると、その仕組みが普及した場合、無料で使えているメールはどうなっちゃうんでしょうか。

トークンが使えなくなっちゃうのでポイント化されるのかな、と考えてしまいます。

それが世間の人たちに受け入れられるのかどうか、その辺が分からないんです。

田口社長

なので、通貨チャンピオンとネットガリバーの二つの領域にチャレンジしているのが、仮想通貨だったりトークンと呼ばれる人たちだと思っています。

仮想通貨vsネットガリバー勝敗はどうなるのか?

そのチャレンジは今後どうなって行くと思われますか?

高橋

田口社長

チャレンジされるということは、応戦されることも当然考えられますよね。

応戦された時に、仮想通貨のコミュニティーがそれに耐えられるのかというと、断言はできないですよね。

ほぼ無理だと思います。
偶発的にできた仮想通貨コミュニティと、すでにネットガリバーと呼ばれるGAFA(Google, Amazon, Facebook, Apple)などが作る経済圏を超える仮想通貨の経済圏を作るのは時間がかかるのと、そもそもチャンレンジする相手が強すぎると思います。

高橋

田口社長

そうなんですよね。

だとすると、分散台帳技術(ブロックチェーン技術)が高度に発展した世界であっても、決済など様々な領域で生き残っている仮想通貨はないということになっちゃうんですよね。

田口社長

その時に生き残っている仮想通貨というのは、元々いた通貨チャンピオンだったり、ネットガリバーの人が独自に発行するものに置き換わっているだけかもしれません。

これはどうなるかは分からないと思います。

田口社長

どう転ぶか分からない。

おそらく去年ぐらいまでは、仮想通貨が一方的に攻撃する側に回っていました。

そして今年の夏以降から反撃を受けていた、というのはおそらくみんなが感じているんじゃないでしょうか。

ネットガリバーや通貨チャンピオン達の反撃

通貨チャンピオンやネットガリバーは仮想通貨の「挑戦」に対して、今後どのような動きをしてくるとお考えですか?

高橋

田口社長

通貨チャンピオンは通貨チャンピオンで自分の土壌を守ろうとするでしょうね。

そうすると何が起こるかというと、法定通貨にペッグした独自の通貨を電子マネーとして出してきます。

Gincoさんなどがすでに実施していますよね。

田口社長

また、ネットガリバーは自分の経済圏を明け渡さないために、自分たちのトークンを発行し始めます。

LINEさんはもう始めましたしね。

その様子を横目に見ながら、SBIさんもSコインを発表しています。

楽天さんもそれに続くんじゃないでしょうか。

田口社長

楽天さんは、トレーダーズさんが運営する「みんなの仮想通貨」という会社を買収しましたしね。

ところで、この際に買収した会社の親会社がどこだかご存知ですか?

存じ上げません。

高橋

田口社長

楽天さんの本体や楽天証券さんではないんですよ。

実は、楽天カードさんなんです。

田口社長

楽天カードは楽天グループの収納代行的な勤務や、ポイントサービスの中核にいる会社です。

その会社が仮想通貨の事業を買ってライセンスを持つことにしたようです。

田口社長

では、彼らはコアビジネスであるカード領域で、仮想通貨の売買で利益を上げようと考えていると思いますか?
。。。

高橋

田口社長

売買で利益を上げたいのなら、証券で買いますよね。

ということは、おそらく別の狙いがあると考えられますよね。

今後の仮想通貨事業のゆくえは?

今のお話からすると、今後の仮想通貨事業は仮想通貨の売買で利益をあげるモデルとは別の方向に流れて行くのでしょうか?

高橋

田口社長

そうですね。

最近のGMOさんの動きを見ている中で、やはり仮想通貨は証券ではないのだと感じました。

田口社長

DMMでいうと、金融事業はグループ全体に比べてポーションが低く、決して全体の主流ではありません。

GMOさんはお名前.comやECプラットフォームなど色々なサービスを提供していますよね。

けれども、実はGMOさんは金融会社なんですよ。

株価みるとよくわかります。

田口社長

GMOインターネットさんの時価総額はだいたい1700億から1800億円程度だと言われています。

その重要な子会社をご存知ですか?

田口社長

GMOペイメントという収納代行の会社で、そこの時価総額は5000億円にも登ります。

そして、その株式の50%をGMOインターネットが保有しています。

5000億円の会社の50%持っているということは、簡単にいうと2500億円の資産があることになりますね。

田口社長

他にも、証券などを抱えてるGMOフィナンシャルホールディングスの時価総額は1000億円程度。

GMOインターネットはその株式も8割保有しています。

つまり800億円ですね。

田口社長

その2つを足すと3300億になりますよね。

しかし、GMOインターネットさん自体の時価総額はその半分なんですよね。

アンダーバリューということです。

親子の価値が逆転しているねじれ現象が起きているんです。

田口社長

つまり、実態としては彼らの市場から一番評価されているのは金融部門です。

そしてその中核を担っているグループが、円にペックしたトークンを独自に発行すると言っているわけです。

これはかなり注目に値するな、と思っているんです。

田口社長

何がすごいかというと、彼らは収納代行で年間2.5兆円を商っています。

あとペイメントで250億円ぐらい手数料売り上げがあり、1%ほどの売上があります。

田口社長

これがまるっとトークンに振り替わったとしたら、どうなると思いますか?

田口社長

年間2.5兆円、ぐるぐるぐるぐる回る経済圏が、GMOのステーブルコイン(GJY)でできるってすごいことですよね。

仮想通貨事業は証券と違う方向に進んでいくのか?

証券ではなく収納代行でトークンなどを発行する方向の仮想通貨事業も今後増えていきそうですね。

高橋

田口社長

そうですね。

そう言った意味合いでいうと、いわゆるネットガリバーの人たちの反撃はすでに始まっているんでしょうね。

田口社長

結果的に、非中央集権型と呼ばれるものが望まれてそれがゴールインできるのか

そうではなくて、チャレンジを受けていた側が自分たちの経済圏を守るという意味を含めて、ビジネス自体をブロックチェーンを含めたものに変えていくのか、というところでしょうね。

田口社長

どちらが勝ちそうな感じがします?
ほとんどの確率でネットガリバーの方が勝つと思います。
やはりすでに経済圏を持っていて、その経済圏に独自のトークンを使って広げていく方がはるかに醸成が早いと思います。

ただ、僕は使用シーンが違うと思うんです。

支払いやポイント制度は仮想通貨の方が相性がいいですし、今おっしゃっているペッグ通貨でいうとステーブルコインの方も開発がどんどん進んでいます。

高橋

また、Ethereumに代表されるようにプロトコルレイヤーブロックチェーンの技術はやはり企業ではなくオープンソースとして各国から優秀なエンジニアが開発、発展させていくだろうと思います。

これから全然期待していいのかなと思って見ています。

高橋

田口社長

そうだよねー。そうそう。

ただ、ここは難しいところです。

今、プラットフォームを提供しているイーサなどの通貨は、日々の生活で使うシーンが限定的ですよね?

田口社長

そうした通貨の普及が早いのか、それともLINEが仮想通貨交換業に登録し、自分たちのトークンを発行し、LINE Payなどで店舗決済に使える体制を整えるのが早いのか。

やはり、こういったところが分からないですね。

やはり、そこもネットガリバーの方が早いのでしょうか?

高橋

田口社長

普通に考えると、資金力もあるガリバーのが有利かな、とも思いますね。

田口社長

ガリバーの強みが何かというと、やはり財務力です。

元々の収益力があることと、自分たちのトークンを持つことで、簡単にいうと経常利益が5%〜8%引き上がるというのは大きな要因です。

田口社長

つまり、トークン開発などの事業を行うと、それまでクレジットカード会社や銀行に払ってた手数料などが不要になるわけです。

田口社長

仮に年間5000億円の売り上げがあり、5%手数料が削減できたとすると、削減額は250億円になりますよね。

250億円が毎年出てくるんですよ。

そうしたら、技術力も全て買ってこれてしまいますよね。

田口社長

なので、後発でも資本力あるところが反撃に出ると、現在の主要な仮想通貨は劣勢に立たされる可能性が出てくるのではないかなとも思います。

DMM Bitcoinは今後どのように仮想通貨事業を進める?

そう考えると、現状の仮想通貨事業の将来も厳しいものがありますか?

高橋

田口社長

そうですね。

今日は暗めな話になっちゃいましたが、明るい未来を語る人もいます。

僕は個人的には結構シュールに見ています。

どんなシナリオでもDMM Bitcoinが生き残る術を考えなければ、と思っています。

それは、具体的にいえばLINEがLINE payの方で自分の証券で買うようなことではありませんか?

また、Yahoo!が最近Pay Pay買収した点を見ても、今後は決済系の動きが活発になりそうです。

中国などの動きを見れば明らかですが、スマホ決済が主戦場になる。

そこにトークンが使えればいいのかなと思っていたりします。

その点についてどうお考えですか?

高橋

ガリバーがそこを先取っていくという論理で言えば、かなり近いかと思っています。

高橋

田口社長

実は、DMMグループは収納代行や決済サービス事業を持っていません。

DMM Bitcoinを中心に収納代行や決済サービス事業領域を展開する、という戦略を具体的に描けるかは分かりませんが、やったら面白いかなという気がしていています。

dmm-interview-meeting


DMM Bitcoin インタビューまとめ

田口社長による競合他社の分析から、DMM Bitcoinとしての今後の展望まで、普段なかなか聞けない刺激的な話がたくさん飛び出しました。

既存の金融ネットワークや業界の有力企業からの反撃に晒されるという今後の仮想通貨。

主要仮想通貨 VS 通貨チャンピオン&ガリバー」という今後の構図は、バトル漫画のようでなんだかワクワクします。

今後の仮想通貨市場、そしてDMM Bitcoinの動向に注目です。

DMM Bitcoinでは現在、口座開設で1000円をキャッシュバック中!

今回のインタビューで興味を持った方は、ぜひ下のボタンからDMM BitcoinのHPをチェックしてみてください!

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら