やさしい仮想通貨の始め方を解説

初心者必見!仮想通貨「販売所」と「取引所」の違いとは?

仮装通貨販売所_アイキャッチ

仮想通貨取引に販売所や取引所の口座登録が必要な理由が知りたい!

販売所と取引所の違いが知りたい!

仮想通貨の取引を始める際、販売所や取引所の基本的な仕組みを理解しておかなくてはなりません。

ただ何となく取引を始めても無駄な取引を繰り返したり、余計な手数料を払ってしまうことになるでしょう。

今回は仮想通貨取引をするために必ず登録しなくてはならない販売所と取引所の違いやメリット・デメリットなどわかりやすく解説させていただきます。

この記事を読めば仮想通貨の販売所と取引所の違い等を完全に理解できます!

仮想通貨の販売所をざっくり言うと

  • 取引所:個人間の売買をする場所
  • 販売所:取引所の運営会社との売買をする場所
  • ビットコイン(仮想通貨)が早く欲しい時は、『販売所』
  • ビットコイン(仮想通貨)を安く買うなら、『取引所』
  • オススメの販売所は「GMOコイン」

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

仮想通貨取引には「販売所・取引所」の口座登録が必須!

仮想通貨取引所とは読んで字の如く「仮想通貨を取引する場所」のことです。

仮想通貨で利益を上げるためには取引所との関わりは欠かせないものです。

仮想通貨を取引するということは、日本円などの法定通貨を仮想通貨に交換するか、仮想通貨同士を交換するかのどちらかに分けられます。

そのため、販売所または取引所の口座がなければ仮想通貨取引をすることができません。

つまり、仮想通貨の取引所が担っている役割は、仮想通貨を売買したい人に売買する場所を提供することである、と言えますね!

販売所・取引所を徹底比較!どっちがお得?

 

販売所と取引所の違いですが、あまり難しく考えることはありません。

販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。

「販売」というと購入しかできないと思われがちですが、通貨を売ることも可能です。

取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。

取引所で私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます。

自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と言います。

株式の売買などに使われる『板(いた)』があるのが取引所の特徴です。

また、取引所は交換所とも呼ばれていますが一般的には「取引所」と呼ばれることが多いです。

それでは販売所と取引所の違いを詳しく見ていきましょう!

板とは?

買い板は仮想通貨を購入したい人が購入希望を登録することで、売り板は売却したい人が登録することを意味します。

販売所と取引所の違い①「取引相手が違う」

前述から取引所と販売所では「取引をする相手が違う」ということが言えますね!

販売所はその販売所の運営会社から直接通貨を買うことになりますので、取引相手は「運営会社」です。

その一方、取引所では人々が自由に売り買いするため、取引相手は「匿名の人々」です。

この機会に覚えておくとよいでしょう。

販売所と取引所の違い

販売所:仮想通貨を店から購入する「専門店」例:ZOZO Townなど

取引所:仮想通貨をお客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」例:メルカリなど

販売所と取引所の違い②「価格差」

また、販売所と取引所で最も大きな違いは「価格差」です。

販売所の方がユーザーが儲かりにくい値段設定になっています。

なぜなら、販売元に手数料が多くとられてしまうからです。

つまり、販売所では仮想通貨が実際の値段より高く売られ、売る際には実際より低い値段で売ることになります

さらに詳しく販売所と取引所の仕組みを理解するために、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみましたので参考にしてください。

販売所のメリットとデメリット

「販売所」はまさにお店から品物を購入するというイメージです。

「販売所」ではお店が売っている仮想通貨を店の指定する価格(=手数料)で購入することになります。

販売所の場合、販売手数料はどこでも無料です。

ただし、買値と売値の差(スプレッド)は大きい傾向があります

そのため、スプレッドが小さい取引を希望する場合は、取引所で売買しましょう。

なお、販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるというメリットがあります。

比較的大きな数量を売買したい場合は、販売所も選択肢に入れてみてくださいね。

ビットコイン(仮想通貨)が早く欲しい時は、『販売所』がおすすめです。

販売所のメリット

・売買したいときに販売所が開いていればいつでも取引できる

・指定した量をリアルタイムですぐに売買することができる(すぐに取引が成立する)

・比較的大きな数量を売買することができる

・提示された金額を支払うことで確実に仮想通貨の売り買いができる

・大きな変動が起きたときにもすぐに売却できる

・購入・売却価格は取引所よりも高くなる傾向にある

販売所のデメリット

販売手数料の上乗せなどに伴い、取引所よりも割高になる場合がある

・購入金額(手数料)が高くなる(運営会社が示す値段で取引をする必要がある)

スプレッド・レバレッジとは?

スプレッド:売買をする際に生じる価格の差額

レバレッジ:手元の資金の何倍もの金額の取引を可能にすること

取引所のメリットとデメリット

ビットコイン今から_間に合う

「取引所」はユーザー同士の発注や取引を行うプラットフォームです。

つまり、他のユーザーとの「売り注文」と「買い注文」がマッチした時点で売買が成立します。

言い換えれば、他のユーザーがいなければ取引が成立しないため、タイミング等によっては取引成立まで時間がかかることもありますので注意が必要です。

ビットコイン(仮想通貨)を安く買うなら『取引所』がおすすめです。

取引所のメリット

・自分が売買したい値段を示すことができる

取引所のデメリット

・他のユーザーと取引条件がマッチしなければ売買できない(個人間の値段の折り合いがつかないと取引が成立しない)

・取引のタイミングを逃してしまうケースもある

仮想通貨「販売所」と「取引所」の比較まとめ

仮想通貨の取引を可能にしてくれる販売所と取引所の違いを一目でわかるように表にまとめました。

比較内容販売所取引所
取引相手 仮想通貨取引所ユーザー(不特定)
数量指定あり
あり
価格指定なしあり
メリット・成立しやすい
・確実な数量を取引可能
・簡単な操作
・安く買って高く売れる
デメリット・価格が指定できない・成立しない可能性あり
・操作や仕組みがやや複雑

ビットコイン現物取引オススメの販売所「GMOコイン/DMM Bitcoin」

ビットコイン現物取引にオススメの販売所は、ズバリ「GMOコイン」「DMM Bitcoin」です。

現物取引は、ビットコインを買うのに必要な資金全額の準備が必要ですが、レバレッジを効かせた取引では、少額で大きな額の取引ができます。

GMOコインとDMM Bitcoinはレバレッジ取引手数料が無料であるため、お得にレバレッジ取引をしたい方はこれら二つの販売所が候補となるでしょう。

おすすめ販売所①GMOコイン

GMOコイン 口座登録

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、2017年5月末にリリースされたばかりのGMOグループの子会社が運営する仮想通貨交換業者で、使いやすいと人気が高い国内取引所の一つです。

GMOコインは販売所としてのスプレッド手数料がダントツで安いのも大きな魅力です!

現在GMOコインは以下の5つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

ビットコインFXでは最大10倍、アルトコイン各銘柄FXでは最大5倍までのレバレッジを利用することができます。

また、スマホアプリの「ビットレくん」も非常に見やすく、出先や移動中でも手軽に取引をすることができます。

しかし、この便利なアプリのビットレ君(ビットコインFX)上で売買できるのはビットコインのみです。

最低スプレッドは500円に設定されているので、仮想通貨FXが初めての方はGMOコインを利用するとよいでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの口座開設はこちら

おすすめ販売所②DMM Bitcoin

仮想通貨FX DMMビットコイン

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、アルトコインのFX取引が国内最多の取引所です。

運営会社であるDMM.comは、メディアでもよく目にする動画コンテンツや証券、為替FXといった幅広い事業を手がけており、こちらも信頼性の高い取引所だと言えます。

また、FXについては「口座数日本一!」の実績がありますので安心して取引ができますね!

DMM Bitcoiが扱っている7つの通貨はこちらです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

最大レバレッジ5倍の「DMM Bitcoin」はビットコインだけではなく、アルトコインFXもできます。(14種の通貨ペア)

複数通貨ペアがあると、万一の場合でもショート・ロング戦略を分散して行えるので安心ですよね。

仮想通貨初心者でも扱いやすいチャート画面や外出時の強い味方であるスマホアプリも完備されています。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの口座開設はこちら

ビットコイン現物取引オススメの取引所「BITPoint」

ビットコインを現物で買うならば「BITPoint」がオススメです。

仮想通貨FX BitPoint

出典: https://www.bitpoint.co.jp//

BITPointでは、最大レバレッジ25倍で外貨を含めた4通貨ペアの仮想通貨FXが可能です。

現在BitPointは以下の5つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

現物取引での取り扱い通貨は5種類ですが、レバレッジ取引の扱いはビットコインのみです。

国内ではBitPointにしかないトレードツール「MT4(メタトレーダー4」を無料で使うことができます。

また、「近い将来海外取引所に乗り換えたい!」とお考えの方はBITPointの利用をお勧めします。

その理由は、BITPoint側が送金手数料を負担してくれるため、証拠金を現物で調達して海外取引所に送るときに便利だからです。

MT4(メタトレーダー4)とは?

MT4(メタトレーダー4)とは、自動売買(EA)機能や数十種類のテクニカルツールを備えた高機能PCソフトです。

スマホでも利用可能です

注意

BitPoint FXサービスを利用するには「BITPoint FX取引口座」の開設が必要です。

BITPointの公式サイトはこちら

BITPointの口座開設はこちら

初心者必見!仮想通貨「販売所」と「取引所」の違いとは?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨取引初心者は確実に取引が行える販売所で、まずは少額から取引を始めてみてください。

その際、取引手数料がどのくらい発生するのかもチェックしましょう。

また、仮想通貨の価格が高騰・暴落している際も販売所で売買するのがおすすめであることも覚えておくとよいと思います。

この機会にぜひ自分のニーズに合った販売所または取引所を見つけて仮想通貨取引をさらに楽しみましょう!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら