やさしい仮想通貨の始め方を解説

BITPOINT(ビットポイント)での送金方法と注意点とは?【徹底まとめ】

BITPoint-thumbnail

本田圭佑のCMで知ったけど、どんな取引所なのか知りたい!」

「BITPOINT(ビットポイント)で仮想通貨を送金するにはどうすればよいの?」

「仮想通貨の送受金にBITPOINT(ビットポイント)を使いたい!」

この記事に辿り着いたあなたは、このようなことを考えているのではないでしょうか?

今回は仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)での仮想通貨の送金方法や注意点をすべて解説していきます。

BITPOINT(ビットポイント)での送金はこの記事を読めばOKといっても過言ではありません。

この記事では送金方法だけではなく、送金時の注意点なども掲載しています。

5分ほどでサクッと読み切れますので、BITPOINT(ビットポイント)の利用を検討している方はもちろん、BITPOINT(ビットポイント)をすでに使っている方も目を通して損はないはずです。

それでは、BITPOINT(ビットポイント)での送金方法を見ていきましょう。

5分で読めるこの記事のポイント
  • BITPOINT(ビットポイント)での送金方法を完全まとめ!
  • 送金時にBITPOINT(ビットポイント)でかかる手数料は?
  • 仮想通貨の送金で注意するポイントとは?

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPointの登録はこちら

BITPOINT(ビットポイント)とは?どんな仮想通貨が購入できる?【簡単まとめ】

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

本題に入る前にBITPOINT(ビットポイント)で提供されているサービスや購入できる仮想通貨、BITPOINT(ビットポイント)の概要を見ていきましょう。

すでにBITPOINT(ビットポイント)を利用している方は次のセクションへどうぞ!

BITPOINT(ビットポイント)が提供しているサービスは?

BITPOINT(ビットポイント)では以下のサービスが提供されています。

BITPOINT(ビットポイント)の提供サービス
  • 仮想通貨現物取引
  • レバレッジ取引
  • ビットポイントFX取引(日本円以外の通貨ペアも利用可能)

ビットポイントFX取引とは、日本円以外の海外通貨で取引ができるサービスのことで、利用する場合は通常の取引口座とは別に「ビットポイントFX取引口座」を開設する必要があります。

では、BITPOINT(ビットポイント)では、どのような仮想通貨が取引できるのでしょうか?

BITPOINT(ビットポイント)で購入できる仮想通貨とは?

まずはBITPOINT(ビットポイント)で取引できる仮想通貨を見てみましょう。

通貨ペア取引手数料レバレッジ
ビットコイン/円
(BTC/JPY)
無料(※)2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/米ドル
(BTC/USD)
無料(※)2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/ユーロ
(BTC/EUR)
無料(※)2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/香港ドル
(BTC/HKD)
無料(※)2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコインキャッシュ/円
(BCH/JPY)
無料非対応
イーサリアム/円
(ETH/JPY)
無料非対応
ライトコイン/円
(LTC/JPY)
無料非対応
リップル/円
(XRP/JPY )
無料非対応

※レバレッジ取引の際には、新規注文時に新規建玉金額の0.035%を建玉管理料として、建玉を翌取引日へ持ち越した場合も建玉金額の0.035%が建玉管理料として発生します。

まず、注目すべき点は、BITPOINT(ビットポイント)ではビットコインのレバレッジ取引が最大25倍となっている点で、これは国内の仮想通貨取引所では最大倍率のレバレッジです。

さらに、BITPOINT(ビットポイント)では、日本円だけではなく米ドルやユーロ、香港ドルとビットコイン通貨ペアも提供されているので、もっとも有利なレートでの取引を行うこともできます。

MEMO

外国通貨とビットコインのFX取引には「MetaTrader4」という、FX取引では世界的に利用されているツールも提供されています。

MetaTrader4について詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨でMT4に対応しているビットポイントとビットトレードとは

親会社は東証マザーズ上場企業!

BITPOINT(ビットポイント)の親会社は、東証2部に上場している株式会社Remixpoint(リミックスポイント)という会社です。

グループとして実績がある点は信頼できるといえるでしょう。

 

MEMO

BITPOINT(ビットポイント)についてより詳しく知りたい方は、株式会社ビットポイントジャパンの小田社長にインタビューした以下の記事がおすすめです。

BITPOINT-thumbnail「BITPoint(ビットポイント)って正直どうなんですか?」小田社長に聞いてみた

BITPOINT(ビットポイント)の送金方法は?

それでは、BITPOINT(ビットポイント)内の口座から仮想通貨を送金する方法を解説していきます。

BITPOINT(ビットポイント)の口座から仮想通貨を送金するには?

まずは公式サイトからログインをして、マイページを表示させ、ページ上部のメニュー欄から「入出金・振替」を選んでください。

そして、プルダウンメニューの中から「送金(送付)」を選択します。

すると以下のような「仮想通貨送受金」のページが表示されます。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/service/soujukin/

仮想通貨を送金するには、ページ右側の「仮想通貨送金内容」というブロックを使用します。

仮想通貨の銘柄を選択して、送金先アドレスと送金額を入力してください。

送金額の通貨単位は、ビットコインと日本円のどちらかを選択して表示できるので、使いやすい方を選択しましょう。

最後に、入力事項に間違いが無いかを確認して、取引暗証番号を入力、「確認画面」をクリックします。

以上で仮想通貨の送金は完了です。

注意

なお、送金アドレスを入力するときは、コピー&ペーストを使うなどして間違えずにアドレスを入力しましょう。

間違ったアドレスに送金してしまうと、二度と仮想通貨を取り戻せなくなる可能性があります。

送金手数料は?

BITPOINT(ビットポイント)から外部のウォレットに仮想通貨を送金する場合の手数料は無料になっています。

これは、マイナーに支払う手数料をBITPOINT(ビットポイント)側が負担しているおかげです。

ただし、手数料無料で送金できる代わりに、後述するような送金数量の最小値が設定されている点には注意が必要かもしれません。

国内の取引所の傾向として、仮想通貨の送金手数料が無料である事と送金数量の最小値が設定されている事はトレードオフの関係(両立しない関係)にあります。

送金から着金までにかかる時間は?

仮想通貨の種類に関係なく、BITPOINT(ビットポイント)内の口座から送金して、送金先である外部のウォレットに着金するまでには約10分〜30分ほどかかります。

なお、リップルについても所要時間は同様です。

取引所によっては、送金されたリップルが着金するまでにかかる時間を数秒程度としている所もあるので、利用時には注意が必要かもしれません。

また、どの仮想通貨も送金依頼が急激に増加した場合には、送金の実行まで数日かかる可能性があります。

送金数量の最小・最大値は?

BITPOINT(ビットポイント)では、仮想通貨の送金について、数量の制限があります。

送金数量の最小値と最大値をまとめたものが以下の表です。

【早見表】送金数量制限(1回あたり)
銘柄送金数量最小値送金数量最大値
ビットコイン(BTC)0.01BTC1,000BTC
ビットコインキャッシュ(BCH)0.02BCH1,000BCH
イーサリアム(ETH)0.1ETH5,000ETH
ライトコイン(LTC)0.1LTC1,000LTC
リップル(XRP)10XRP100,000XRP

リップル以外の仮想通貨は小数点第8位まで、リップルは小数点第6位まで指定することが可能です。

ただし、送金数量の最小値以上である必要はあります。

【参考】外部のウォレットからBITPOINT(ビットポイント)に送金する場合

参考までに、外部のウォレットからBITPOINT(ビットポイント)内の口座に送金する場合の方法も記載しておきます。

マイページの「入出金・振替」タブから、「受金(預入)」を選択してください。

すると、以下の画像のようにそれぞれの仮想通貨のアドレスと対応するQRコードが表示されるので、コピーするかQRコードをスキャンして、送金元のウォレットに受金アドレスを入力します。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/service/soujukin/

このとき、仮想通貨の種類と対応するアドレスを間違えないように注意しましょう。

あとは、外部ウォレット側で送金手続きをすれば、BITPOINT(ビットポイント)内の口座への送金が完了します。

BITPOINT(ビットポイント)で仮想通貨を送金するときの注意点

最後に、BITPOINT(ビットポイント)で仮想通貨を送金するときの注意点をまとめておきます。

送金の取り消しは原則できない!

まず、仮想通貨を送金するときに注意すべきポイントは、送金の取り消しが不可能です。

これはブロックチェーン上に記録されたデータは書き換えられないという性質があるからで、単純なアドレスの入力間違いや異なる仮想通貨のアドレス宛に送金した場合なども基本的には取り消せません。

ただし、ブロックチェーンに送金記録が書き込まれる前であれば、キャンセルできる可能性があるので、以下の手順で送金依頼の取り消しを行ってください。

BITPOINT(ビットポイント)で送金を取り消す手順
  • マイページの「入出金・振替」タブの「送受金履歴」を選択
  • 送受金状況が「送金待ち」であることを確認
  • 「取消」ボタンをクリック

上記の操作で送金の取り消しが可能ですが、場合によっては間に合わない可能性もあります。

ブロックチェーンの書き込みが開始された段階で「送金中」に表示が変わり、こうなると取り消しも不可能です。

銀行と違って組戻しができないので、送金には十分注意しましょう。

リップル(XRP)の送金には注意が必要

リップルを送金するときに、受け取る側のアドレスが初めての受金となる場合には、ブロックチェーン上でアドレスを有効化するための費用として、20XRPが受金者負担で発生します。

この費用は送ったリップルの中から引かれるため、初めてリップルを受け取るアドレスに、20XRP未満を送金してしまうと数量が足りずに送金エラーとなってしまいます(エラーの場合、リップルは送金元に返却)。

BITPOINT(ビットポイント)での送金は簡単!

本記事ではBITPOINT(ビットポイント)で仮想通貨を送金するときの方法や注意点をまとめました。

BITPOINT(ビットポイント)で送金をする方法自体は簡単なので、仮想通貨の送金に慣れていない方でもすぐに手順を覚えることができるはずです。

送金数量の最小値が決められているものの、BITPOINT(ビットポイント)では送金手数料が無料なので、ある程度の資産を持っている方にとっては、利便性の高い取引所だといえます。

MEMO

もし利用しようか迷っている場合は、BITPOINT(ビットポイント)の評判をまとめているこちらの記事も参考にしてみてください。

BITPoint(ビットポイント)の評判は?50人の本音で分かったメリット・デメリット
BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPointの登録はこちら