やさしい仮想通貨の始め方を解説

どこが一番安い?仮想通貨取引所のスプレッドを徹底比較

spread-thumbnail

FX(為替証拠金取引)の経験がある人には馴染みがある「スプレッド」は、仮想通貨を取引する人にとっても必ず知っておかなければならない重要な仕組みです。

取引所を選ぶ上においても、スプレッドは重要なポイントで、スプレッドをよく理解せずに取引すると、余計なコストを支払うことにもなりかねません。

この記事では、スプレッドの仕組みをわかりやすく解説し、取引所のスプレッド比較とおすすめの取引所を厳選して紹介します。

スプレッドとは

仮想通貨取引所セキュリティなぜ

スプレッドとは、仮想通貨を取引する際に発生する買値(ASK)と売値(BID)の差です。

例えば、取引所のビットコイン(BTC)価格が、

買値(ASK)「700,000JPY」
売値(BID)「690,000JPY」

と表示されている場合、買値(ASK)と売値(BID)の差額「10,000JPY」がスプレッドとなります。

スプレッドは、「広い」「狭い」と表現することが多く、

スプレッドが「広い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が大きい
スプレッドが「狭い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が小さい

ということになります。

スプレッドは、取引所ごと・通貨ペアごとに設定が異なり、仮想通貨の相場状況や取引板の状況によって変動します。

スプレッドを考慮せずに取引すると、取引で利益を上げてもスプレッド負けしてしまうこともあり、場合によっては相場の大きな変動で思いもよらない損失を被ることもあります。

ポイント
  • スプレッドは、仮想通貨を取引する際に発生する買値(ASK)と売値(BID)の差
  • スプレッドが「広い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が大きい
  • スプレッドが「狭い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が小さい

取引所と販売所の違い

仮想通貨取引所販売所

スプレッドを理解する上で、まず取引所と販売所の違いを理解することが重要なカギになります。

取引所と販売所はよく似ていますが、実際には以下のような違いがあります。

取引所と販売所の違い
  • 取引所:個人間で売買する場所
  • 販売所:販売所と売買する場所

取引所とは

取引所とは、仮想通貨を保有するユーザー同士が売買する場所です。

取引所では、どの値段で売買注文がどのくらい出ているかを把握する「板」と呼ばれる場を介して取引します。(これを「板取引」といいます)

板取引では、ユーザーが買いたい・売りたい価格が合致した場合のみ取引が成立し、取引所は取引する場所を提供しているだけに過ぎません。

取引所は、ユーザー同士が提示した価格がマッチすれば安い価格で購入できますが、マッチしなければいつまでたっても取引が成立しません。

販売所とは

販売所とは、販売所(販売所の運営会社)と売買する場所です。

一定数の仮想通貨を保有している販売所に、仮想通貨を売ってもらったり、あるいは買ってもらうことができます。

あらかじめ各仮想通貨の価格が設定されており、基本的に売却価格よりも購入価格の方が高くなっているのが特徴です。

取引所の板取引に比べると、売買方法が簡単でわかりやすく、販売所が提示した価格であれば確実に売買が成立します。

一方、取引所のようにユーザー同士で価格を提示して売買することはできず、取引所に比べて割高になります。

スプレッド=取引所の収益

スプレッドは、本来の仮想通貨価格に上乗せされた実質的な手数料で、取引所はこの買値(ASK)と売値(BID)の差額であるスプレッドで収益を得ています。

取引所の場合、買う側と売る側の価格が一致した時にのみ取引が成立するため、スプレッドはごくわずかです。

しかし販売所の場合、本来の仮想通貨の価格に販売所の取り分が上乗せされるため、取引所に比べてスプレッドが広くなります。

スプレッドが「広い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が大きい=手数料が高い
スプレッドが「狭い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が小さい=手数料が安い

日本でも仮想通貨業者が増えてきたことから、他社との競争に勝つために「取引手数料無料」を打ち出す業者も多く見られます。

「取引手数料がかからないからお得だ」と思いがちですが、取引手数料が無料であるかわりにスプレッドを広く設定しているケースもあります。

また、スプレッドは通貨ペアごとに設定が異なる点にも注意が必要です。

一般的に、アルトコインなど出来高の少ない通貨や、ボラティリティ(価格の変動幅)が大きい通貨ほどスプレッドが広くなる傾向があります。

仮想通貨の取引で利益を出しても、スプレッドで損を出してしまっては意味がありません。

複数の取引所に登録し、スプレッドを比較して適宜使い分けるなどの工夫をしましょう。

ポイント
  • 取引所はスプレッドで収益を得ている
  • 取引所と比べると、販売所のスプレッドの方が広い
  • 取引所ごと・通貨ペアごとにスプレッドが異なる点に注意

おすすめの取引所6選

最後に、国内の仮想通貨取引所の中からおすすめの取引所を6つ紹介します。

取引所買値(ASK)売値(BID)スプレッド
bitbank711,384円711,363円21円0.003%
DMMビットコイン726,268円707,268円19,000円2.69%
GMOコイン713,000710,000円3,000円0.42%
BITPoint713,202円711,588円1,614円0.23%
Liquid711,409円711,396円13円0.002%

上記の表は、2018年9月19日のほぼ同時刻のビットコイン価格をもとに、おすすめの取引所のスプレッドを比較したものです。

Zaifやbitbank、QUOINEXなど板取引で売買できる取引所は、ほとんど誤差のような水準までスプレッドが狭くなっています。

またDMMビットコインは、販売所形式のため他社と比べるとスプレッドが広いですが、信用取引のスプレッドは数千円程度となっています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

大手取引所に比べると知名度はまだ低いですが、取り扱っている全ての通貨ペアで取引手数料無料のキャンペーンを実施しています。

取引画面もシンプルで無駄がなく、初心者から上級者まで使いやすい取引所として知られています。

BITPoint(ビットポイント )

BITPoint(ビットポイント)は、新規口座開設で3,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーンが人気の取引所です。

現物取引のスプレッドはやや広めですが、取引手数料についてはビットコイン・アルトコイン共に無料となっています。

またレバレッジ取引についても、取引手数料はビットコイン・アルトコイン共に無料です。(別途建玉管理料が0.035%かかります)

BITPoint(ビットポイント)は、国内の仮想通貨取引所で唯一MT4に対応しています。

「MT4」とは、もともとFX取引のために開発された取引ツールで、優れた機能面から多くのトレーダーに利用されています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXは、アプリが使いやすいと評判の取引所です。

最近リリースされた「QUOINEXライト版」は、Google Play のファイナンス部門で1位を獲得しました。

現物取引・レバレッジ取引ともに取引手数料は無料です。(レバレッジ取引は別途ポジション料が0.05%かかります)

取引可能な通貨ペアは52種類もあり、日本で唯一QASHを購入できる取引所としても有名です。

GMOコイン

GMOコインは、「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所です。

GMOは東証一部に上場しており、金融商品を主力にしているため、セキュリティや信頼性が高いとされています。

取扱通貨は5種類で、入金・送金・出金・取引手数料が全て無料となっています。

スマホのアプリの評判も良く、アルトコインも最大10倍のレバレッジをかけて購入できます。

同社は2018年9月5日から、従来の販売所サービスに加えて取引所形式のサービス提供を開始しました。

取引所で現物取引とレバレッジ取引が可能となりますが、取り扱い通貨はビットコイン(BTC)のみとなります。

スプレッドはやや広めですが、取引所形式サービスの開始で顧客が増えてくれば、スプレッドの縮小も期待できそうです。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinは、2018年1月11日からサービスを開始した新しい仮想通貨販売所です。

株や証券、FXなどの金融系サービスを提供しているDMMグループが運営しており、取引ツールやスマホアプリの使いやすさや信頼性は折り紙つきです。

他の取引所に比べるとスプレッドは広めですが、現物取引の手数料はすべて無料で、5倍のレバレッジをかけたFX取引にも対応しています。

スマホ一つで現物取引とFX取引を両方したい人には、DMM Bitcoinがオススメです。

スプレッドの比較まとめ

スプレッドとは、仮想通貨を取引する際に発生する買値と売値の差です。

スプレッド
  • スプレッドが「広い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が大きい=手数料が高い
  • スプレッドが「狭い」=買値(ASK)と売値(BID)の差が小さい=手数料が安い

スプレッドは、本来の仮想通貨価格に上乗せされた実質的な手数料で、取引所はスプレッドで収益を得ています。

スプレッドは取引所ごと・通貨ペアごとに異なり、取引所に比べて販売所のスプレッドは広くなっています。

この記事で紹介したスプレッド比較表などを参考にして、自分に合った取引所を見つけてください。