やさしい仮想通貨の始め方を解説

【2018年】仮想通貨はまだ儲かる!今から始める人が知っておくべき3つのこと


2017年は仮想通貨が急速に盛り上がりを見せました。

主要な通過は軒並み価格が急上昇し、2017年12月末にはビットコインの最高価格は200万円を超えました。

ただ、その後の急下落があり、これから仮想通貨の取引を始めるのに不安を感じる方も多いようです。

しかし、仮想通貨の将来性は高く、総合的に見て下落した今買えば儲かる可能性の方が高いでしょう。

そこで今回は、今から仮想通貨を始める人が儲けるために知っておくべきポイントを3つお伝えします。

「もう仮想通貨は儲からないのではないか」と不安に感じている方はぜひチェックしてくださいね。

仮想通貨の未来は明るいが、価格の急騰は期待してはいけない

日本をはじめ、世界各国で認知度が急激に高まったことで2017年は仮想通貨元年と言われました。

取引量も一気に増え、それに伴い価格もどんどん高くなっていきましたね。

そのため、2017年夏頃までにある程度の仮想通貨を保有していた方は、大きな利益を出したことでしょう。

2018年に入ってからは仮想通貨全体が大きく値を下げ、「仮想通貨は終わった」という人もいます。

しかし、マーケティング目線で考えると、この値動きは今後に期待できる可能性が非常に高い状況です。

仮想通貨が今後も値上がりする根拠
  • ハイプ・サイクルに沿った値動きをしている
  • 銀行や大手企業がブロックチェーン技術に注目している
  • 決済方法として仮想通貨を導入するケースが増えている

これらの要素から、長期的には2017年末の高値を上回ることは容易に想像できます。

ハイプ・サイクルの視点で見る仮想通貨のチャート

出典: ガートナー | リサーチ・メソドロジ | ハイプ・サイクル

ハイプ・サイクルとは、アメリカのマーケティング事業やリサーチ事業を手がけるガートナー社が提唱する指標で、商品やサービスの価値がどのように推移するのかを示しています。

市場規模が大きくなる商品・サービスは、概ねこのハイプ・サイクルに沿って価値が推移します。

例えば、誰もが知るAmazonの株価を見てみましょう。

出典: Amazon.com Inc (AMZN.O) | 株価・企業情報・為替 チャート | ロイター

Amazonの株価は近年急上昇したので、上場当初のデータはほぼ横ばいに見えてしまいます。

しかし、1999年頃に一度大きく上昇しているのが分かりますよね。

一旦株価は落ち着き2006年までは横ばいですが、その後徐々に勢い付き右肩上がりになります。

この値動きは見事にハイプ・サイクルに合致していますね。

幻滅期が少々長くなってしまいましたが、近年の勢いなら1株2,000ドルを超えるのも時間の問題でしょう。

仮想通貨の値動きもハイプ・サイクル通り!


出典: ビットコイン/日本円 チャート – Zaif Exchange

仮想通貨の2017年末の値動きもまた、このハイプ・サイクルにピッタリ合致します。

ビットコイン自体は2009年に発行されましたが、多くの人に認知されたのは2016年〜2017年です。

つまり、ビットコインは黎明期が非常に長かったということですね。

2017年末の急激な価格上昇が、「過度な期待のピーク期」に当たります。

そして2018年に入って価格が下落し、幻滅期に突入したと見られます。

主要な仮想通貨は将来性があるので、この後もハイプ・サイクルに沿って価値を高めていく可能性が非常に高いでしょう。

結論として、2017年までのような「なんとなく」取引して億り人になるのは難しくなりました。

しかし「堅実な取引」では、まだまだ稼げる状況にあるということですね!

ここまでのまとめ
  • 仮想通貨は今後上昇する期待大
  • 2017年末の様な爆上げには期待できない
  • 「なんとなく儲かる」から「堅実に儲ける」に遷移した

仮想通貨取引所は必ず複数使う

仮想通貨の取引をこれから始める方は、「どの取引所がいいのか?」と悩みがちです。

大切な資産を預けるのだから、1番いいところを使おうと多くの取引所を比較してしまいますよね。

しかし、1つの取引所に運用資産を全て預けるのではなく、複数の取引所を開設することを強くおすすめします。

複数の仮想通貨取引所を使う理由
  • システムトラブルへの対策
  • 取引所へのハッキングなど、万が一の事態への対策
  • 取引所によって取り扱う通貨が異なる

システムトラブルへの対策

仮想通貨取引所に限らず、株式やFXなどもパソコンやスマホで行うのが主流になっています。

もし利用している取引所のシステムが停止すると、儲かるチャンスを失う可能性がありますよね。

複数の取引所を開設して入金しておけば、万が一メインの取引所にトラブルがあった場合にも対処できます。

もちろん、取引所に預けている仮想通貨を別の取引所で売買することはできません。

しかし、サブの取引所で反対の建玉を保有することで、それ以降の値動きに関係なく利益を確保できますよね。

常に複数の取引所を使う必要はありませんが、万が一のトラブルに備えて必ず複数の取引口座を開設してくださいね!

取引所へのハッキングなど、万が一の事態への対策

2018年1月にコインチェックの NEM流出事件は記憶に新しいですよね。

それ以外にもマウントゴックス事件など、仮想通貨取引所からの流出騒動は過去にもありました。

こうした事件があると「仮想通貨は危ないのではないか」と考えてしまいますよね。

しかし、次の記事でも解説している通り、仮想通貨のシステム自体は非常に堅牢です。

つまり、仮想通貨取引所からの流出騒動は、取引所のセキュリティに問題があったということですね。

いずれにせよ、こうした騒動が起こるとしばらくは取引も入出金も停止してしまいます。

慌てて別の取引所を開設しようにも、本人確認など手続きに1週間以上かかるので、1つの取引所しか持たないのは大きなリスクです。

リスクヘッジの一環として、必ず取引所は複数用意しましょうね!

取引所によって取り扱う通貨が異なる

仮想通貨取引所によって、そもそも取り扱う仮想通貨が異なります。

とはいえ、ビットコインやイーサリアムは多くの取引所が取り扱っています。

しかし、リスク分散や利益の拡大を考えると、複数の仮想通貨を保有するのが一般的です。

そのため、さまざまな通貨をいつでも取引できるようにするため、2〜3ヶ所は口座開設するといいでしょう。

【主要な取引所の取り扱い通貨】

取引所取り扱い通貨
bitbankBTC、ETH、XRP、LTC、MONA、BCH
bitFlyerBTC、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK
DMM bitcoinBTC、ETH、XEM、BCH、XRP、LTC、ETC
ZaifBTC、MONA、 BCH、XCP、ZAIF、BCY、SJCX、PEPECASH、FSCC、CICC、NCXC、Zen、XEM、 ETH、CMS

また、仮想通貨取引所は、市場で取引するわけではありません。

各取引所のユーザー同士や仮想通貨取引所が運営する販売所で取引を行うことになります。

そのため、取引所によって取引金額に違いが生まれることがあります。

もちろん、ビットコインやイーサリアムなど、主要通貨はどの取引所でも同じような値動きをします。

しかし、草コインなど取引量の少ない通貨は、別の取引所では全く異なる値動きになることも。

この性質から、多くの取引所を持っていることで、1番取引量があり理想的な値動きをしている「有利な取引所」を見つけられる可能性があるのです。

ここまでのまとめ
  • システム停止やハッキング対策になる
  • 取り扱い通貨が取引所により異なる
  • 取引金額や流動性も取引所により若干異なる

仮想通貨で儲かっても半分は残すべき!?仮想通貨の税金関係

2017年に仮想通貨を始めた人が多く、大幅に利益を出した方の中には税金で苦しんだ方がかなり多いようです。

最低限の税関連の知識を持つことで、年度末に苦しい思いをしないように運用しましょう。

仮想通貨は「雑所得」

仮想通貨の利益は、税制上は「雑所得」に分類されます。

雑所得の税率は年間の所得額に応じて決まり、所得が多いほど税率が高くなる「累進課税制」です。

【所得税の税率一覧】

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円〜330万円以下10%97,500円
330万円〜695万円以下20%427,500円
695万円〜900万円以下23%636,000円
900万円〜1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円〜4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円〜45%4,796,000円

さらに住民税もかかるので、最大で55%が税金になってしまうということですね。

具体的な仮想通貨の税金計算は長くなるので次の記事で紹介しています。

tax-crypto仮想通貨の税金の計算と確定申告の方法を徹底解説!

実際に取引を始める前に、税について最低限の知識は持っておきましょうね!

今から仮想通貨を始める人が知っておくべきポイントまとめ

今回はこれから仮想通貨を始める方に向けて、知っておくべき3つのポイントを解説しました。

今回のまとめ
  • 仮想通貨は今後も価値が上昇するが、急騰は期待しない
  • 複数の取引口座を開設することで儲けるチャンス増加とリスク分散
  • 取引前に最低限の税知識は持っておく

仮想通貨全体の将来性は高く、過度な期待による価格の乱高下が収まった今こそ、仮想通貨に参入する絶好のチャンスです。

もちろん、2017年末のような急激な価格の上昇は起こりにくくなっているものの、長期的にホールドすれば大きな利益を出せる見込みがあります。

また、リスク分散と取引対象を増やすために、2〜3カ所の取引所を開設するのが主流です。

さらに、実際に取引を行う前に、ある程度の税知識を持たないと、利益を出した後に困ることも。

今回の解説を参考に、ぜひ仮想通貨で儲けてくださいね!