やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の今後の見通しを徹底予想!!【2019年決定版】

仮想通貨見通しサムネイル

仮想通貨って実際どうなの!?

2019年は仮想通貨はどうなるの!?

この記事に辿り着いた方の中には、仮想通貨の今後が気になる方が多いと思います。

今回の記事では、仮想通貨の基本的な仕組みを確認し、今後どうなっていくかを詳しく予想していきます。

ざっくり言うと...

  • そもそも仮想通貨とは、資金決済法で金融庁も認可した、インターネット上でどこでも誰でも使える通貨のこと。
  • ただし仮想通貨は、日本円であれば日本銀行のように管理する人がいないので、価格が安定しないのが長所であり短所でもある。
  • 世界有数の会計企業PwCの仮想通貨部門のトップHenri氏も2019年の仮想通貨は、大手の金融機関が仮想通貨業界に進出し、世界各国の法整備が見込まれて、機関投資家の参入が見込まれると発言するなど前向き。
  • 早速日本でも、2019年1月に金融庁が、仮想通貨ETF(上場投資信託)の認可を検討していると報道があり、環境整備が進みそう
  • 環境整備が進めば、長期的に仮想通貨の価格は上昇することが見込まれ、じわじわ価格が上がる可能性が十分考えられる
  • これからの価格上昇に向けて仮想通貨を買っておきたいという方は、無理ない少額での購入がおすすめ。
  • 仮想通貨は主にGMOコインBITPoint(ビットポイント)DMM Bitcoinといった金融庁に認可された仮想通貨取引所で購入することが可能。
  • 中でも GMOコイン が、上場企業が運営する安心さと、3回ボタンを押すだけでかんたんに仮想通貨が手に入る手軽さなので、おすすめです。

仮想通貨見通しgmo-cta-1

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

「ゼロはじ」読者が選んだ いま人気の取引所はこちら!
仮想通貨取引所ランキング1位1

CoinCheck

(4.0)
  • 東証一部マネックスグループ傘下、スマホアプリが非常に使いやすい
  • 取引手数料が無料で非常におすすめ!

CoinCheckの詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング2位2BitMEX口座開設

BitMEX(ビットメックス)

(4.0)

BitMEX(ビットメックス)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング3位3

GMOコイン

(4.0)
  • クリック証券でもおなじみの大手、GMOグループが運営!
  • 販売所なので、すぐに仮想通貨を購入することが可能!

GMOコインの詳細を見る

仮想通貨取引所ランキング ※CoinMarketCap 2018年8月29日、過去24時間のBitcoin Marketsに基づく。

仮想通貨とは?

仮想通貨見通しとは

仮想通貨の今後の見通しを確認する前に、基本的な仮想通貨の概念を解説していきます。

一般的に仮想通貨とは、次のような概念をもちます。

ビットコインの仕組み

  • インターネット上で使える新しい通貨
  • 送金が高速でしかも手数料が安い
  • 万国共通
  • 資金決済法で金融庁にも認可されている
  • 管理者が存在しない

順番に確認していきましょう。

インターネット上で使える新しい通貨

仮想通貨とは、ひとことでいえばインターネット上でならどこでも誰でも使える通貨のことです。

正式名称は暗号通貨(クリプトカレンシー)とも言われ、一般的には仮想通貨の名称で認知されています。

ブロックチェーンや電子署名といった暗号技術を組み合わせでインターネット上に存在しているもので、実物を手にとって決済するということはありません。

仮想通貨はナカモト・サトシという正体不明の経済学者によって投稿された論文で初めてその具体的な形が示され、最初の仮想通貨ビットコイン(BTC)が誕生しました。

送金が高速でしかも手数料が安い

仮想通貨は、世界中どこに送金しても手数料が格安かつ即時送金がおこなえることが特徴です。

銀行で海外送金をおこなう場合、約2500〜4000円程度の手数料がかかりますが、仮想通貨はこれら問題を解決します。

仮想通貨が金融機関にも注目されている最も大きな特徴であり、国内銀行においても仮想通貨の技術をどんどん採用している現状があります。

万国共通で利用可能

ビットコインを中心とした仮想通貨は万国共通で換金する必要なく利用することが可能です。

また、仮想通貨で支払いのできるお店は世界的に増えているのが現状です。

今後さらに仮想通貨決済のできるお店がもっと広がっていけば、海外旅行に行く際にレートをきにすることなく売買をおこなうことが可能です。

資金決済法で金融庁にも認可されている

仮想通貨は日本政府によって、資金決済に関する法律の第2条5項において定義されています。

ひとことでまとめると電子情報処理によって渡したり受け取ったりできる「財産的価値」のことを仮想通貨と呼ぶと定義されています。

仮想通貨というと怪しい響きがしますが、政府にもきちんとその存在を認められているわけですね。

仮想通貨は管理者主体がない

仮想通貨には、日本円でいう銀行といった管理主体が存在しません。

ビットコインを中心とした仮想通貨は、ブロックチェーンという強力なしくみに支えられています。

ブロックチェーンは、複数の取引の塊(ブロック)の情報を繋げる(チェーン)ことで過去データの改ざんがないかを、確認しています。

ブロックチェーンは、インターネット革命以来の『第四次産業革命』として様々なメディアで取り上げられており、取引履歴の改ざんができない非常に強固なシステムとして注目をあつめています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、『分散台帳管理技術』とも呼ばれ、ビットコインの中核となる『取引データ』技術を指します。

取引データを『トランザクション』と呼び、複数のトランザクションをまとめたものを『ブロック』といいます。

ブロックが連なるように記録された状態がブロックチェーンです。

仮想通貨と法定通貨の比較

仮想通貨見通しと法定通貨

仮想通貨は法定通貨と同じ様に決済に使用することが可能です。

ここでは日本円と比較することで、違いをしっかりと理解していきましょう。

ビットコイン日本円
単位BTC
発行量2100万BTC政府コントロール
信用負担ブロークチェーン政府による価値の裏付け
用途保存・決済・送金・投資保存・決済・送金・投資

仮想通貨は日本円と同等の機能をもちますが、管理主体が存在しなくとも維持運営が可能なしくみがあるといえます。

ビットコインの価格暴落の歴史〜2019年版〜

仮想通貨見通しビットコイン 歴史

仮想通貨の今後の見通しを確認する前にビットコインの過去の暴落タイミングを確認していきます。

仮想通貨の基軸通貨であるビットコインは、次のような暴落を経験しながら成長してきました。

ビットコイン暴落の歴史!2011年6月約90%下落

2011年6月、ビットコインの価格は約90%下落しました。

原因は、この当時最大の仮想通貨取引所であったマウントゴックスがハッキング被害を受けて115億円相当のビットコインを盗まれる事件がありました。

この事件によって、ビットコインの信用が低下してしまい、価格が暴落する結果となりました。

取引所のセキュリティーが問題視されるきっかけとなった事件(暴落)であったともいえます。

ビットコイン暴落の歴史!2013年12月約40%下落

2013年12月、ビットコインの価格は約40%下落しました。

原因は、中国政府が国内のビットコインの取り扱い禁止令を出したためです。

この結果、市場の混乱を招き、ビットコインの価格が暴落することになりました。

ビットコイン暴落の歴史!2015年1月約40%下落

2015年1月、マウントゴックスが取引所を閉鎖してから世界最大のビットコイン取引所であったイギリスのBitStampでハッキング被害が発覚したことで市場が混乱し、価格が下落しました。

ビットコイン暴落の歴史!2017年9月約30%下落

2017年9月、中国がICOを違法と判断し、全面禁止にしました。

また、国内のビットコインを含む仮想通貨の取引を制限したことによって価格が下落しました。

ビットコイン暴落の歴史!2018年11月約40%下落

一番記憶に新しい2018年11月にビットコインは約40%価格が下落しました。ビットコインキャッシュのハードフォークの影響があったと考えられています。

これらの暴落の原因としては、取引所のセキュリティー問題から政治的制限などがあげられます。

現在もビットコインは暴落していますが、多くの投資家が今後の高騰を予測しています。

次は、ビットコインの今後を占う情報を確認していきます。

2019年の仮想通貨の見通しを占う専門家の発言

仮想通貨見通し著名人発言

仮想通貨は影響力のある著名人の発言が市場価格に重要な影響力をもちます。

業界の専門家は、次のような見通しをしています。

2019年の仮想通貨の見通し①Changpeng Zhao

大手仮想通貨取引所バイナンス(BINANCE)のCEOのChangpeng Zhaoは、長期的に見て仮想通貨は1000倍に上昇する可能性があると述べていました。

John McAfeeの予想

  • 予想時期:2018年9月
  • 予想価格:(長期的に見て)2京1656兆円

Changpeng Zhaoは25日米有力紙ブルーグバークの取材に対し、2018年の仮想通貨事情と2019年の抱負を以下のように語っています。

Changpeng Zhaoの発言

  • 2018年は多くの仮想通貨関連のプロジェクトが立ち上がったが、失敗し消えていったものもあった
  • ブロックチェーン技術はすばらしく、今後もその発展に大いに期待している
  • 仮想通貨・ブロックチェーン技術に対して明確な規制が必要である

2019年の仮想通貨の見通し②John McAfee

仮想通貨業界で有名なMcAfeeは仮想通貨の価格予想をさらに足を伸ばし2020年半ばまで見ています。

価格は2020年半ばまでに50万ドルに達し、掛け金を最低でも100万ドル上回り、そして300万ドルになると予想しています。

John McAfeeの予想

  • 予想時期:2018年4月
  • 予想価格:2020年半ばまでに50万ドル(約5660万)

2019年の仮想通貨の見通し③Henri Arslanina

世界有数の会計企業PwCの香港と中国における「フィンテックと暗号資産」部門のトップを務めるHenri Arslaninaもまたブルーグバーグの取材で仮想通貨の2019年を次のように予想しています。

Henri Arslaninaの発言

  • 2019年は、これまで以上に多くの大手金融機関が仮想通貨業界に進出する
  • 2019年は、世界のあちこちの国で規制環境の整備・改善がなされ、多くの機関投資家の参入が見込まれる

2019年の仮想通貨の見通し④John Pfeffer

ロンドンに住む投資家のJohn Pfefferはビットコイン(BTC)が金融機関にとって“金”のような価値のあるものになり、“金”の投資市場からシェアすることができるとみています。

ビットコイン(BTC)は2019年1月までに7500ドル(約850万円)になるとの予想しています。

John Pfefferの発言

  • 予想時期:2018年1月
  • 予想価格:一年内に75000ドル(約850万円)

2019年の仮想通貨の見通し⑤Tim Draper

テスラやスカイプ、ビットコイン(BTC)の投資家である2022年から2023年の間にビットコイン(BTC)価格が250000ドル(約2800万円)になると示しています。

Tim Draperの予想

  • 予想期間:2018年11月
  • 予想価格:2022年~2023年に250000ドル(2800万円)

2019年の仮想通貨の見通しを占うファンダメンタルズ分析

株式投資をする際には、どの株に投資するのかということを判断する指標があります。

一般的には次の2つの手法をもちいます。

仮想通貨の分析指標

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

これらの手法は、株式市場と同様に仮想通貨市場にも存在します。

今回は、仮想通貨市場でとりわけ重要なファンダメンタルズ分析を中心に確認します。

仮想通貨のファンダメンタルズ分析とは?

仮想通貨の世界でも「テクニカル分析」は、チャートで価格の変動パターンを見ながら未来の価格が割安になるか割高になるかを予測する方法です。一方の「ファンダメンタルズ分析」は次の点が主な要素となります。

ビットコインの今後のポイント

  1. 企業との連携
  2. 新技術の発表
  3. 取引所の上場
  4. ミートアップ
  5. ハードフォーク
  6. ロックアップ
  7. バーン
  8. リブランディング
  9. 半減期
  10. ハッキングトラブル
  11. 国内法整備
  12. 各国政府の規制・報道

これらの中で最も重要なのが、著名人研究者などの発言です。

どのような人物が、どこで何を発言したかということは株式市場と比べてまだ歴史が浅い仮想通貨市場にとって重要な分析要素となります。

今回は経済学者で仮想通貨のトレーダーでもあるAlex Krügerのファンダメンタルズ要因をご紹介します。

Alex Krügerの分析① 2019年に仮想通貨市場が活性化する要因

Alex Krügerは2019年以降の仮想通貨市場を次の通りうらなっています。

Alex Krüger①の仮想通貨市場予想

  • フィデリティが2019年1月に仮想通貨カストディ(投資家に代わって有価証券の管理や保管を行うこと)へ参入
  • 2019年1月24日にBakktが裏付けられた先物取引の開始を予定
  • 大幅下落後の一時的な小幅回復を見せている仮想通市場の現在の状況
  • ビットメックスがドル口座を閉鎖するという噂
  • 年末のタックスセーリング噂後の状況の立て直し
  • コインベースが複数の仮想通貨を上場している状況

Alex Krüger氏の分析② 2019年に仮想通貨市場が低迷する要因

Alex Krüger②の仮想通貨市場予想

  • 2019年2月27日ビットコインETFが認められなかった場合
  • SATF(適格投資家向けトークン販売)で予想される投げ売りがあった場合
  • 米国証券委員会(SEC)がICOプロジェクトに対し、資金返却の要請を始めた場合
  • 自然な売り手への供給、つまり現在のビットコインマイナーの損益のない状態(運用維持費)は3250ドル辺りかかっているという状況
  • 年末のタックスセーリングは相殺になる可能性があるという状況

Krüger氏は、特に米国証券委員会(SEC)によるビットコインETF認可の有無が価格の変動に大きな影響を与えるとし、かりにビットコインETFが拒否された場合、価格の底値の可能性が高いと分析しています。

そして、仮想通貨の相場が強気傾向になる次のタイミングとしては、マイニング半減期後となると予想もしています。

半減期とは

半減期とは、新規発行量が半減することです。

半減期には、『インフレ防止』や『通貨価値の高騰』などの効果があります。

2019年の今後の仮想通貨市場を左右するニュース・出来事

2019年1月には、仮想通貨ETFの可能性について金融庁が発言

2019年1月7日、金融庁が仮想通貨のETF(上場投資信託)の認可を検討しているとのニュースがブルームバーグから報じられました。

ETFとは、証券取引所の上場投資信託に仮想通貨が含まれるようになることで、簡単にいうと、ETFに認可されると証券取引所でも仮想通貨の取引ができるようになりますよ、ということです。

仮想通貨がETFに認可されれば、仮想通貨の信頼度が高まることや証券会社などを通して仮想通貨に投資する人が増えることが予測されます。

米国での、ビットコインのETF承認が期待される中、金融庁がこのような仮想通貨市場に対しポジティブな発言をしたことは、下落傾向にあった仮想通貨市場にとっては明るい要素と言えるでしょう。

2019年版、仮想通貨の購入におすすめ取引所3選

金融庁のETF認可に関する発言など、再び盛り上がりを見せている仮想通貨業界ですが、仮想通貨は以下の3ステップでかんたんに購入することができます

  1. 仮想通貨の取引所や販売所に登録する
  2. コンビニや銀行から、取引所に入金する
  3. 日本円を仮想通貨に交換(購入)する

つまり、仮想通貨を購入するためには、仮想通貨の取引所への登録が必須です!

そこで仮想通貨を買うのにおすすめな取引所を3つご紹介します。

初心者の方から投資玄人の方まで、すべての人に向けたおすすめの取引所をまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

また、結論からお伝えすると、初心者から玄人の方まで、仮想通貨を購入する際にもっともオススメできる取引所はGMOコインです。

GMOコインは、初心者の方の場合は、仮想通貨販売所で3クリック程度で手軽に、仮想通貨を購入することができるので、非常におすすめです。

ビットコイン購入GMO1

また、リップルなどの、ビットコイン以外のアルトコインのレバレッジ取引に対応した、GMOコインは、投資経験のある玄人の方にとっても、取引の幅を広げることができる、最適な取引所です。

仮想通貨FX(ビットコインFX)GMOコインメリット

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第1位 GMOコイン

仮想通貨始め方

ポイント

  • 運営会社が東証一部上場のGMOインターネットグループ
  • アプリの使いやすさがバツグン
  • 取引所機能から販売所機能、アルトコインレバレッジまで幅広く対応

まずご紹介するのは、新垣結衣さんのCMでもおなじみのGMOインターネットグループが運営するGMOコインです。

GMOコイン 新垣結衣

GMOコインは、通常の仮想通貨取引から、仮想通貨の販売、アルトコインのレバレッジまで対応している国内でも屈指の仮想通貨取引所です。

他の取引所では、ビットコインのレバレッジ取引だけ対応していたり、取引機能だけで運営していたりするものです。

しかしGMOコインは、他の取引所と違い、通常の仮想通貨取引も、直接の販売機能も、ビットコイン以外のアルトコインのレバレッジ取引も、すべてに対応しています。

初心者の方には使いやすく、玄人の方には幅広い取引ができる取引所なので、仮想通貨取引を行う上で、まず作っておきたい取引所です。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨取引所 BITPoint

ポイント

  • 多くの取引手数料が無料!
  • ビットコインのレバレッジ倍率は、国内最大25倍!
  • とにかくコストを抑えて仮想通貨取引ができる。

BITPoint(ビットポイント)」の最大の特徴は、コストを限りなく抑えて仮想通貨取引ができるところです。

通常、仮想通貨取引を行うと手数料として数パーセント取られてしまうケースが大半です。

しかしBITPOINTは普通の取引手数料は無料で、レバレッジ手数料、入金出金手数料も無料です。

仮想通貨始め方BITPoint手数料

そのため、限りなくコストを抑えて仮想通貨取引を行うことができます。

ただ、取引の操作画面が少し複雑なので、投資経験者の方にオススメしたい取引所です。

仮想通貨始め方BITPointアイコン

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

第3位 DMM Bitcoin

仮想通貨始め方DMMBitcoin

ポイント

  • スマホで、本格的な取引が行える。
  • 2017年、FX取引での取引高733兆円の、実績十分なDMMグループが運営している。
  • アルトコインのレバレッジ取引にも対応。


DMM Bitcoin」はスマホアプリで本格的な取引トレードが行える仮想通貨取引所です。

他の取引所では、スマホ一つで、本格的な取引を行うのが難しいですが、DMM Bitcoinなら、DMM FXのノウハウが注ぎ込まれたわかりやすいチャートで、

仮想通貨始め方DMMビットコイン

パソコンがなくとも、スマホ一つで本格的な仮想通貨取引をすることができます。

スマホで、外出先からでも、本格的にトレードしたいという方は、DMM Bitcoinから仮想通貨を購入することがおすすめです。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨の今後の見通しを徹底予想!!のまとめ

仮想通貨見通しビットコイン今後

今回の記事では仮想通貨の基本的な仕組みを確認し、今後の見通しを詳しく確認しました。

ビットコインの今後をうらなうポイントをまとめると次の通りです。

仮想通貨の今後の見通しポイント

  • 多くの著名人・専門家が2019年以降の価格高騰を予想
  • ビットコインETF認可が価格に影響を与える
  • 仮想通貨の下落要因も捉えることが重要

仮想通貨を今後どんどん成長していくポテンシャルをもっています。

現在は価格が暴落していますが、今後は価格が上昇していくという予想が多いことが特徴的です。

仮想通貨の価格上昇が待ち遠しいですが、まずは無理ない金額で、GMOコインなどの仮想通貨を買ってみることから始めてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨FX(ビットコインFX)GMOコイン

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

また、仮想通貨取引には本人確認が必須で、口座開設から、取引開始までにだいたい3日程度かかりますので、無料でできる口座開設手続きはお早めがおすすめです。

GMOコインの口座開設はこちら