やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨でMT4に対応しているビットポイントとビットトレードとは


FXトレードを行っている人たちの間では広く知られている『MT4(メタトレーダー4)』

最近では仮想通貨取引においてもMT4が導入されるようになり、FXトレードをしていない人でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回はそんなMT4(メタトレーダー4)の魅力や、チャートの表示方法などを紹介していきたいと思います。

この記事を読み終わる頃にはMT4(メタトレーダー4)がどれだけ画期的なものなのかが理解でき、

今までの仮想通貨取引がさらに効率化できるはずです!

MT4(メタトレーダー4)とは?

出典: https://www.metatrader4.com/ja

MT4(メタトレーダー4)というのは、高性能を誇るFX取引のプラットフォームのこと。

世界的で最も利用者が多いプラットフォームで、テクニカル分析や自動取引など、とにかく高次元な機能が大きな魅力となっています。

MT4(メタトレーダー4)はロシアのMetaQuotes社によって開発され、『FXトレーダーには必須』といわれてるほど誰もが利用しています。

複数のテクニカル表示を同時に表示できたり、世界中の専門家によって開発されたインジケータやトレードシステムがのインストールが可能。

ですので、使い方に慣れてしまえば、初心者でもプロ並みのトレードができてしまうわけです!

もちろん、他のプラットフォームにも優れた機能があったりしますが、MT4(メタトレーダー4)では他に勝るほどのメリットが得られるため、プロトレーダーにも高く評価されています。

MT4(メタトレーダー4)のメリット

出典: https://www.metatrader4.com/ja

MT4(メタトレーダー4)は高性能を誇るプラットフォームですが、使ったことがない人にとってはその魅力が伝わりにくいかもしれません。

そこで、MT4(メタトレーダー4)が世界中で愛されるポイントをまとめてみました!

外部インジケータやEA(エキスパートアドバイザー)に対応

出典: https://www.metatrader4.com/ja

MT4(メタトレーダー4)の優れているポイントには、標準搭載しているインジケータ以外も使うことができるというのがあります。

一般的なプラットフォームでは、既に搭載されているテクニカル指標やインジケータしか使うことができないため、他の指標を使いたい場合は、その指標が搭載されているプラットフォームを使うしかありません。

しかし、MT4(メタトレーダー4)では『MQL4』という言語でプログラムされたものであれば、外部の指標をインストールして使うことができるんです。

ですので、プログラミングスキルがある人であれば、独自の指標を作ることも可能

実際にマーケットでは、そんな人たちが作成したたくさんの指標が無料、もしくは有料で販売されており、プラットフォームを自分仕様にカスタマイズできますよ。

多彩な分析機能

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

FXトレードで勝ち続けるには、何といってもテクニカル分析と相場判断が重要になります。

そのためMT4(メタトレーダー4)では、標準で50種類以上のテクニカル指標が搭載されているとともに、1つのチャート上での多重表示を可能としています。

多重表示については、他社のプラットフォームや取引ツールと比較しても圧倒的に優れている部分。

さらに、前述したように外部からの指標を取り込むこともできるため、自分にとって非常に使いやすいチャートで取引を行うことができるんですね!

多くの指標を表示できるだけではなく、カスタマイズしたチャートを分類することもできますから、チャートが見づらくなることもありません。

自動トレードが可能

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

MT4(メタトレーダー4)では『MQL4』を使ったEA(エキスパートアドバイザ)を使用することができます。

EA(エキスパートアドバイザ)とは、いわゆる自動売買ツールのことで、チャートに張り付いていなくても取引が行えるというというもの。

EA(エキスパートアドバイザ)の『ストラテジーテスター』と呼ばれる機能を使えば、指定した期間や条件の過去チャートを使った事前テストができ、EA(エキスパートアドバイザ)の選別に役立ちます。

これを使いこなすことができれば、継続的に利益を生み出せることになりますよね!

MT4(メタトレーダー4)を採用している仮想通貨取引所

他のプラットフォームにはないダントツの高性能を誇るMT4(メタトレーダー4)ですが、FX取引のみならず仮想通貨プラットフォームで使えるようになりました。

しかし、日本国内ではMT4(メタトレーダー4)に対応している業者が非常に少なく、どの取引所でも利用できるわけではありません。

そこで、現状MT4(メタトレーダー4)をいち早く導入している取引所というのを紹介しておきましょう。

BITPOINT(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/lp/?utm_source=at&utm_medium=affiliate

BITPOINT(ビットポイント)は、2016年に誕生した金融庁登録済みとなる仮想通貨取引所です。

それだけでも大きな信頼性があることがわかりますが、44億円という資本金の多さにも圧倒的な安心感を覚えますよね。

さらに、親会社となる株式会社リミックスポイント(Remixpoint, inc.)は、金融事業・エネルギー関連事業において東京証券取引所第二部に上場していますので、経営面においてもまず心配はなさそう。

BITPOINT(ビットポイント)の会社概要
商号株式会社ビットポイントジャパン
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00009号
貸金業者登録番号東京都知事(1) 第31660号
代表者小田 玄紀
設立 2016年3月3日
資本金44億3,000万円(資本準備金含む)
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

そんなBITPOINT(ビットポイント)では取引ツールにMT4(メタトレーダー4)を採用しており、チャート画面のカスタマイズ性が高く評価されている取引所です。

ただ、このMT4(メタトレーダー4)はBITPOINT(ビットポイント)のFX取引専用となっており、現物取引やレバレッジを利用する場合はブラウザでトレードするようになります。

チャート機能なども、本来のMT4(メタトレーダー4)と比べると劣る部分があるようですが、それでもかなり使いやすくなるのは確実でしょう!

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
取引タイプ販売所
レバレッジ最大25倍
現物取引の通貨ペア
  • ビットコイン(BTC) / 円(JPY)
  • ビットコイン(BTC) / 米ドル(USD)
  • ビットコイン(BTC) / ユーロ(EUR)
  • ビットコイン(BTC) /香港ドル(HKD)
  • ビットコインキャッシュ(BCH) /円(JPY)
  • イーサリアム(ETH) / 円(JPY)
  • ライトコイン(LTC) / 円(JPY)
  • リップル(XRP) / 円(JPY)
取引方法現物取引・レバレッジ取引・ FX取引
取引手数料無料
入出金手数料銀行手数料のみ自己負担

MT4(メタトレーダー4)チャートの表示設定方法

では、BITPOINT(ビットポイント)を利用して実際にMT4(メタトレーダー4)を表示させる手順を紹介していきましょう。

BITPOINT(ビットポイント)を利用するためには、まずアカウントを作成する必要がありますので、他の取引所同様に自分のアカウントを作成します。


BITPOINT(ビットポイント)の口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)のアカウント作成

出典: https://www.bitpoint.co.jp/tool/

まず、BITPOINT(ビットポイント)のトップページから『口座開設』を選択します。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/tool/

するとこのような画面が表示されますので、指示に沿って個人情報の入力、本人確認を行い口座開設を完了させましょう。

MT4(メタトレーダー4)のダウンロード

出典: https://www.bitpoint.co.jp/tool/

MT4(メタトレーダー4)のプラットフォームを使用するには、BITPOINT(ビットポイント)のチャート画面とは別でプラットフォームをダウンロードする必要があります。

これもBITPOINT(ビットポイント)の公式サイトからダウンロードできますので、手順通りに進めていきましょう!

1)BITPOINT(ビットポイント)の公式サイトで『取引ツール』メニューを選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

2)ダウンロードされた『bitpoint4setup.exe』を起動させるとこのような画面が表示されますので、『設定』をクリック。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

3)次の画面でインストールフォルダに『C:¥Program Files(×86)¥BITPoint Fx』、プログラムグループに『BITPoint Fx』と入力されていますので、それぞれ最後に『Live』を追加し、『次へ』をクリック。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

4)すると取引ターミナルに関するエンドユーザーライセンスの同意書が表示されますので、内容を確認し『次へ』をクリック。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

5)この画面までたどり着いたら、右上の『×』をクリックして画面を閉じます。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

6)MT4 Live 版のインストールが完了したら、『完了』をクリック。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

7)するとパソコンのデスクトップ上にこのようなアイコンが表示されますので、クリックして開きます。

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

8)ログイン画面が表示されますので、ログイン IDに『お客様コード』、 パスワードに『口座登録で登録したパスワード』、サーバで『BITPoint-FX Live』を選択してログイン。

 

出典: https://www.bitpoint.co.jp/manual/mt4_installation.pdf

9)次回ログインからは、デスクトップのショートカットアイコンをクリックし、『取引口座にログイン』を選択してログインします。

注意

操作画面を見て気が付いた人もいると思いますが、MT4(メタトレーダー4)はWindows 7 / 8.1 / 10が推奨環境となっているため、残念ながらMacOSでは利用することができません

どうしてもMacで使いたいのであれば、『Parallels Desktop』『VMware Fusion』といった仮想化ソフト、『BootCamp』などを使って試すという方法もあります。

しかし、100%Windows同様に使えるかは保障されていませんので、やはりWindowsでの利用がおすすめです。

FXTF MT4とは?

また、Macのパソコンを使用している方には、金融庁認可済みのビットトレードと提携しているFXTFでMT4を利用することをオススメします!

MT4(メタトレーダー4)は、Macだと仮想化ソフトを使って試す方法しかありませんでしたが、FXTF MT4では、Macでもダウンロード不要で簡単に使えるようになりました。

FXTF(FXトレーディングフィナンシャル)は、世界中で利用されているFX取引、運用に便利なMT4(メタトレーダー4)を採用し、FXTF MT4というサービスを提供しています。


「FXTF MT4」の利用登録はこちら

FXTF MT4は、MT4のデメリットを解消しています。

例えば、営業拠点、カスタマーサポートを日本国内に置いていたり、従来のMetaTrade4画面が見やすく、「FXTFミニターミナル(Mini terminal)」という無料で利用できる発注ツールで発注機能が改善されたり、カスタマイズ性の高いチャートが充実しており、投資家の為に有益な情報発信等を行っています。

取り扱い通貨ペアは31通貨ペアを用意。スプレッドに関しても、業界最狭水準の低スプレッドでご提供。ヒストリカルデータもダウンロードする事が可能なのでMT4取引には最適な環境が揃っています。

FXTF MT4のメリット


出典元:https://www.furusato-tax.jp/

メリット
  • Macでもダウンロード不要で利用できるようになった
  • スマートフォンアプリ、タブレットで世界中から利用できる
  • 100種類以上のテクニカル分析ができる
  • 国内業者なので安心できる
  • 業界差最狭水準スプレッド


「FXTF MT4」の利用登録はこちら

FXTFと提携している仮想通貨取引所

国内で唯一FXTF MT4と提携している仮想通貨取引所は、BitTrade(ビットトレード)のみです。

FXTF MT4を使った、チャートツール「Trading View」は、現在お試しでしか使えませんが、対象の仮想通貨4銘柄のレート、過去のチャートデータが見られます。

対象通貨
  • BTC/JPY(ビットコイン/円)
  • XRP/JPY(リップル/円)
  • MONA/JPY(モナーコイン/円)
  • BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)


「FXTF MT4」の利用登録はこちら

BitTrade(ビットトレード)

BitTrade(ビットトレートレード)は、2016年に設立された金融庁登録済みの仮想通貨取引所です。

BitTrade(ビットトレード)の会社概要
商号ビットトレード株式会社
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00007号
貸金業者登録番号
代表者閏間 亮
設立2016年9月
資本金1億100万円(準備金を含む)
公式サイトhttps://bittrade.co.jp/
BitTrade(ビットトレード)の特徴
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナーコイン(MONA)
取引タイプ取引所
現物取引の通貨ペア
  • ビットコイン(BTC) / 円(JPY)
  • リップル(XRP) / 円(JPY)
  • ライトコイン(LTC) / ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH) / ビットコイン(BTC)
  • モナーコイン(MONA) / 円(JPY)
  • モナーコイン / ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH) /円(JPY)
  • ビットコインキャッシュ(BCH) / ビットコイン(BTC)
取引方法現物取引
取引手数料Maker:0.20%〜0.30%
Taker:0.20%〜0.70%
入出金手数料入金手数料:銀行手数料のみ自己負担
出金手数料:648円

FXTF MT4チャートの表示設定方法

では、BitTrade(ビットトレード)を利用して実際にFXTF MI4のチャートを表示させる手順を紹介していきましょう。

FXTF MT4を利用するためには、まずそれぞれのアカウントを作成する必要がありますので、他の取引所同様に自分のアカウントを作成します。


BitTrade(ビットトレード)の口座開設はこちら

BitTRade(ビットトレード)のアカウント作成

まず、BitTRade(ビットトレード)のトップページから『口座開設』を選択します。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 日本円orビットコインを入金する
  3. 取引ができるようになる

FXTF MT4のログイン手順

BitTrade(ビットトレード)のアカウントの作成が完了したら、以下のページに移動してマイページにログインします。

参考 FXTF公式HP


BitTrade(ビットトレード)の口座開設はこちら

初回ログイン時、郵送書類の「口座開設完了のお知らせ」に記載の
「マイページ」ログインIDと初期パスワードでログインして下さい。
ログインは5回失敗するとロックがかかります。

引用元:https://www.furusato-tax.jp/