やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨のやり方・はじめ方を徹底解説!!【2019年最新版】

仮想通貨_やり方_始め方_アイキャッチ
仮想通貨ってなんなの?
仮想通貨投資のやり方はどうすればいいの?

この記事に辿り着いた方の中には、仮想通貨投資のやり方・はじめ方がきになる方が多いと思います。

今回の記事では、仮想通貨の基本から仮想通貨のやり方・はじめ方を詳しく解説していきます。

ざっくり言うと

  • 仮想通貨は資金決済法で認められたインターネット上の通貨
  • 仮想通貨はブロックチェーンという分散台帳管理技術に支えられている
  • 仮想通貨のやり方(口座解説から取引)には共通の手順がある
  • Zaifやコインチェックのように、選んだ取引所によってはあなたの資産に危険が及ぶことも
  • 初めての取引所はセキュリティの高さと使いやすさで選ぶのがおすすめ!
  • 安全性と使いやすさならGMOコイン、BITPoint(ビットポイント)、DMM Bitcoinが人気
  • 中でもビットコインもリップルもレバレッジ取引に対応していて、安心のGMOグループが運営する『GMOコイン』が使い勝手がよく一番オススメ

仮想通貨_稼ぐ_GMOアイキャッチ

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

仮想通貨とは!?

仮想通貨とは

仮想通貨とは、ビットコインをはじめとしたインターネット上の通貨です。

正式には暗号通貨という名称であり、cryptocurrencyといわれます。

ブロックチェーンや電子署名といった暗号技術の組み合わせることで、インターネット上に存在している実体のないデータの集まりをさします。

仮想通貨はナカモトサトシという正体不明の経済学者によって投稿された論文で初めてその具体的な形が示され、最初の仮想通貨ビットコインが誕生しました。

仮想通貨の特徴としては、大きくは次のような特徴が挙げられます。

仮想通貨の特徴

  • 資金決済法で金融庁に認められている
  • 管理主体が存在しない
  • 発行上限がある
  • 日本円に換金可能

資金決済法で金融庁にも認められている

仮想通貨 金融庁

仮想通貨は資金決済に関する法律の第2条5項において日本政府によって定義されています。

簡単にいうと電子情報処理によって渡したり受け取ったりできる「財産的価値」のと提唱されています。

仮想通貨は実体をもちませんが、日本政府によりその存在価値が正しく認められているということがいえます。

仮想通貨は管理主体がいない

出典: https://blockchain.info/ja/

仮想通貨最大の特徴いえるのが、管理主体が存在しないことです。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる非常に強固な改ざん不可能な仕組みが提供されています。

ブロックチェーンという名称は、複数の取引の塊(ブロック)の情報を繋げる(チェーン)ことで過去データを確認していることから由来しています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、分散台帳管理技術とも呼ばれ、ビットコインの中核となる『取引データ』技術を指します。

取引データを『トランザクション』と呼び、複数のトランザクションをまとめたものを『ブロック』といいます。

ブロックが連なるように記録された状態がブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、インターネット革命以来の『第四次産業革命』として様々なメディアで取り上げられており、取引履歴の改ざんができない非常に強固なシステムとして注目をあつめています。

仮想通貨は発行上限がある

ビットコイン メカニズム

仮想通貨は通貨ごとに発行上限が明確に定められています。

日本円においては発行上限が定められておらず、必要に応じて日本銀行によってコントロールされます。

ビットコインを例にとると、通貨量はマイニングによって増加し、最大2,100万枚が発行上限となります。

マイニングとは

マイニングとは、取引の承認のことをさします。

コンピューターリソースを駆使して取引情報の計算をおこない、ブロックチェーン上に取引情報を書き込むことで取引が承認されます。

この一連の計算作業をマイニングと呼び、取引の承認を行う人をマイナーと呼びます。

仮想通貨は換金可能

仮想通貨は、日本円をはじめとした法定通貨に換金することができます。

仮想通貨と比較される電子マネーは基本的には一度チャージしたお金を日本円に戻すことができません。

仮想通貨は電子マネーとは似て非なるものであり、決済手段・資産としても大きな価値があるものと考えられます。

仮想通貨のやり方の全体図

仮想通貨を購入する前に、まずは、各仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設からビットコインを購入するまでの流れは下記の通りです。

仮想通貨のやり方の流れ

  1. アカウント登録&本人確認書類の提出
  2. 口座作成完了
  3. 取引所の指定口座へ日本円を振込
  4. 取引所のアカウントへ残高が反映される
  5. 仮想通貨を購入する

取引所によって申請してから実際に取引が開始できるまでの期間が異なります。

余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

→ GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

ここでは、GMOコインを例として順番に解説していきます。

仮想通貨のやり方①【アカウント登録&本人確認書類提出】

最初にGMOコイン公式サイトへ移動します。

GMOコイン

口座開設をクリックします。

②登録したいメールアドレスを入力し、ロボット認証にチェックの上、無料口座開設をクリックします。

③ご登録のメールアドレス宛に認証メールが届きます。本文中のリンクをクリックして認証します。

④パスワードを入力の上、設定するをクリックします。

⑤次に電話番号を入力の上、SMSで認証コードを送信します。

⑥認証コードを設定し、次の画面が表示されれば設定完了です。

本人確認書類の提出

GMOコインを利用するためには、アカウント登録につづいて個人情報登録・本人確認書類の提出が必要になります。

ログイン完了後、口座登録申し込みの画面から次の情報登録・同意をおこなっていきます。

GMOコインの登録情報

  • 氏名・生年月日・住所・性別
  • 取引をおこなう目的
  • 職業
  • 米国納税義務の有無
  • 外国公人の有無
  • 規約への同意

次に、本人確認として身分証明書をアップロードします。

GMOコインでは本人確認書類として次の身分証明証を受け付けています。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

GMOコインでは、身分証明書類を提出後最短1日で取引が可能となります。

仮想通貨のやり方②【日本円の入金】

次に、日本円の入金方法を確認していきます。

GMOコインでは、日本円の入金方法には、振込入金即時入金があります。

振込入金は、わたしたちが通常利用する民間銀行からの入金をさします。

即時入金については次の3種類があり、ネットから即時にGMOコインへ振込ができる方法です。

GMOコインの取扱いネット銀行

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ペイジー

指定口座をしっかりとメモして間違えないように入金しましょう。

出金に関してはログイン後、『ダッシュボード』⇒『入出金』⇒『日本円』⇒【出金】を選択することで指定口座への出金が可能です。

出金に関するルール

  • 受付時間帯 18:00 – 翌17:00
  • 最低金額 10,000円/回(全額出金の場合、出金額に制限はありません)
  • 最高金額 1,000万円/日
  • 所要時間 翌 – 翌々金融機関営業日


17:00までの出金依頼は、翌金融機関営業日。18:00以降の出金依頼は、翌々金融機関営業日の出金となります。

仮想通貨のやり方③【仮想通貨を購入する】

GMOコインの仮想通貨売買機能の使い方はシンプルです。

【ダッシュボード】⇒【トレード】より、仮想通貨売買を選択します。

仮想通貨の売買は、次の3つのステップでおこないます。

GMOコインの仮想通貨売買手順

  1. 仮想通貨銘柄の選択
  2. 取引したい数量を設定
  3. 売却・購入ボタンをクリック


GMOコインの仮想通貨売買の使い方は非常にシンプルです。

初心者の方でも直感的に利用することができます。

また、金額指定(円)は、現在の最小注文数量以上の金額になるように設定する必要があります。

たとえば1BTCが800,000円だった場合、注文最低金額は80円(0.0001BTC)となります。

数量指定は、注文したい数量を入力してください。

最小注文数量は、仮想通貨ごとに異なります。詳しくは次のガイドラインを確認するようにしてください。

GMOコインお取引ルール

おすすめ仮想通貨取引所一覧

ここでは初心者の方が仮想通貨取引をおこなう上でおすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨取引所は、次の3つのポイントで選定することが重要です。

取引所選定の基準

  • セキュリティ
  • 取引額
  • サポート体制


また、仮想通貨取引所はアクセス過多により、サーバーが不安定になることがあります。

取引条件以外にも、サーバーサポート体制などもしっかりと考慮しておく必要があります。

それでは、おすすめの取引所をランキング形式でみていきましょう。

第1位 GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆

GMOコインとは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業です。

グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されている仮想通貨取引所で仮想通貨FXに特化していることが特徴としてあげられます。

BITPointと同じく取引・出金手数料が完全無料で利用できます。

また、レバレッジ取引に対応しており、最大10倍までレバレッジ倍率を設定可能であることが特徴的です。

GMOコインの特徴

  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • レバレッジ10倍


GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 BIPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★

イーサリアム取引所で最もオススメなのでがBITPoint(ビットポイントです。

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する国内仮想通貨取引所で電力事業や自動車関連事業を展開する株式会社リミックスポイントの完全子会社としてサービスを提供しています。

取扱仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5種類です。

 

BITPointは、金融業界出身者を中心に構成されておりセキュリティは業界随一です。

また取引・出金手数料においても完全無料で利用でき、ユーザーに寄り添ったサービス提供が特徴的です。

BITPoint(ビットポイント)の特徴

  • 取引手数料が全通貨ペアで無料
  • コールドウォレット対応
  • 顧客資産と会社資産の分別管理



BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPointの口座開設はこちら

第3位 DMM bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆

DMM Bitcoinは販売所形式の仮想通貨取引所です。

イーサリアム建てのFX取引ができるのが大きな特徴で、最大5倍のレバレッジで取引が可能です。

また、ETH/JPYだけでなくETH/BTCの通貨ペアもあるため、BTCでイーサリアムを購入したいという場合にも対応しています。

セキュリティにも力を入れており、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

DMM Bitcoinの特徴

  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • イーサリアム建てFXに対応



DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨のやり方・始め方を徹底解説!!のまとめ

仮想通貨 やり方 まとめ

今回の記事では、仮想通貨の基本から仮想通貨のやり方・はじめ方を詳しく解説しました。

ここまでの内容をまとめると次の通りです。

仮想通貨投資のやり方おさらい

  • 仮想通貨は日本政府に認められた通貨の一種
  • サトシ・ナカモトにより世界初の仮想通貨ビットコインが発案された
  • 仮想通貨はブロックチェーンを活用した分散管理
  • 仮想通貨の購入には販売所型・取引所型の2種類がある
  • 購入までの流れは、『アカウント作成→本人確認→振込→購入』

ビットコインをはじめとした仮想通貨は粛々と成長しています。

仮想通貨の今後に注目していきましょう。

MEMO
今後価格の高騰が予測されるビットコインを今のうちに購入しようと考えている方は、GMOコインから

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら