やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨は今後どうなる?これからの価格予想を徹底解説【2019年最新】

仮想通貨って今からはじめても遅い?
仮想通貨の今後はどうなるの?

といったことを思われている方が多いと思います。

今回の記事では、最新の仮想通貨を取り巻く環境から今後を予測し、今からはじめるのは本当に遅いのか?ということを詳しく検証していきます。

結論から言いますと、仮想通貨市場はまだまだ発展途上ですので、今から参入するのでも決して遅くありません!

仮想通貨が今後発展する可能性、また今から参入するのでも遅くない理由についても、詳しく解説していきます。

ざっくり言うと

  • 仮想通貨はまだまだ発展途上なので、今から参入しても全く遅くない。
  • 数多くの専門家は、これからの仮想通貨市場に対して前向きな価格予想を行なっている。
  • 仮想通貨に関連する環境(法整備・新サービス・さらなる市場)には日頃から注目し、しっかりと知識をつけておくことが重要。
  • 投資する仮想通貨選びも重要で、特に「リップル」や「イーサリアム」など、発行目的があって需要のあるアルトコインに投資するべき。
  • これから仮想通貨をはじめるなら、「リップル」「イーサリアム」を含む5つの有望コインを取り扱っていて、手数料が安い「coincheck」を利用するのがオススメ。
  • CoinCheckは2019年1月に、金融庁から認可されるなど、今のCoinCheckはセキュリティも高く評価されている!


CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)の登録はこちら

仮想通貨は今後も伸びる可能性が高い!その根拠は?

結論から言いますと、仮想通貨市場はこれからも拡大していく可能性が高いです。

ですので、「今から仮想通貨をはじめるのは遅いのかな…」と思っている方でも、まだまだ手遅れではありません!

仮想通貨市場が今後も伸びると考える根拠は、主に以下の3つになります。

仮想通貨市場が拡大する3つの根拠

  • 仮想通貨の専門家が、これからの仮想通貨市場に対して前向きな予想をしている。
  • 明確な発行目的があり、実用化に向けて実験をしている仮想通貨がある。
  • 仮想通貨の市場規模は、「株式取引」「FX」などの市場規模と比較するとまだまだ小さい。


今後の仮想通貨市場の動向に関しては多くの人が注目しており、たくさんの仮想通貨インフルエンサー・専門家が価格予想を行なっています。

専門家の価格予想を見てみると、現在の価格を上回るような価格予想をしている方が多く、これからの仮想通貨市場に対して前向きに考えていることが分かります。

さらに、国内で取引されている「リップル」や「イーサリアム」などの仮想通貨は、世の中を便利にするような可能性を秘めており、実用化に向けて進んでいるんです!

そして、現在の仮想通貨市場規模を「株式取引」「FX」の市場規模と比較すると、まだまだ圧倒的に小さいので伸び代があります!

以下では、「仮想通貨が今後拡大する3つの根拠」に焦点を当て、それぞれについて深掘りしていきます!

専門家による仮想通貨の今後の価格予想

仮想通貨に関して精通してる方々の価格予想を見てみると、非常に前向きな価格予想を行なっている方が多いです!

仮想通貨界の著名人による、これからの価格予想について見ていきましょう。

仮想通貨の今後の価格予想① アーサー・ヘイズ氏(ビットメックスCEO)

アーサー・ヘイズ氏は、海外の超大手仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」のCEOを勤めている人物になります。

ヘイズ氏は時価総額2位の仮想通貨「イーサリアム(ETH)」に大きな期待を抱いており、「ICOの復活でイーサリアムの価格は200ドル(約22,000円)に達するだろう」という予想をしています!

2019年3月下旬時点でのイーサリアムの価格は「1ETH=15,000円前後」で推移していますので、予想が正しければ現時点から「約30%」の価格上昇を果たすことになります!

仮想通貨イーサリアムの特徴

  • 分散型アプリケーション(Dapps)を開発するためのプラットフォーム
  • スマートコントラクト(自動契約技術)を導入している
  • ICO(資金調達)のトークン作成にも使われる


イーサリアムも、これから実用化・価格上昇が予想される有望通貨のうちの1つです。

すでに500社以上と提携を果たしており、実用化に向けた実験が進められています!

⬇︎仮想通貨イーサリアムについての詳細はコチラ⬇︎

イーサリアムの今後の注目イベントと価格をズバリ予測!【2019ver.】

仮想通貨の今後の価格予想② ジョン・マカフィー氏(McAfee創業者)

ジョン・マカフィー氏は、世界的に有名なセキュリティソフトウェア販売会社「McAfee」の創業者になります。

マカフィー氏は「2020年までにビットコインの価格は100万ドルに達する」という非常に強気な価格予想を行なっています!

100万ドルは日本円換算すると約1億1,000円。

予想が当たれば、現在の価格から100倍以上の価格上昇を果たすことになりますね。

またマカフィー氏は、「予想が外れたら自分の”アソコ”を食べる」と発言していますので、相当な自信ががあって価格予想していると考えられます。

⬇︎ビットコインの今後の価格予想についてはコチラ⬇︎

ビットコインの今後はどうなる!?2019年,2020年以降を大予想

仮想通貨の今後の価格予想③ ジャスティン・サン氏(仮想通貨トロン発案者)

ジャスティン・サン氏は、仮想通貨トロン(TRX)の発案者です。

サン氏自身の発案した「仮想通貨トロン(TRX)」も、2017年〜2018年の仮想通貨バブルにかけて数十倍もの価格上昇を果たしています!

そんなサン氏は、2019年のビットコインのレンジを「3,000ドル〜6,000ドル(約33万円〜66万円)」と予測しています。

ビットコインの他には、自信が発案した「トロン(TRX)」もオススメしており、「過去のイーサリアムの価格推移のように、価格は抜群に伸びていくだろう」と予測しています。

仮想通貨トロン(TRX)の特徴

  • 動画等のコンテンツを自由に投稿することが可能なプラットフォーム。
  • ICOが行われた際には、30秒ほどで完売した。
  • 2019年3月時点での時価総額は11位。


⬇︎ICO時に30秒で完売した「仮想通貨トロン(TRX)」についてはコチラ⬇︎

TRON非公開: 仮想通貨トロン(TRX)とは?価格や特徴と将来性を徹底分析!

仮想通貨の今後の価格予想④ トーマス・リー氏(Fundstrat Global Advisors創始者)

トーマス・リー氏は、アメリカの調査会社である「ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ」の創設者になります。

そんなリー氏は「2020年にビットコインは91,000ドルに達するだろう」という価格予想をしています!

91,000ドルは日本円に換算すると「約1,000万円」になりますので、この価格予想が本当なら現時点の価格から20倍もの価格上昇を果たすことになりますね!

仮想通貨の今後の価格予想⑤ アンディー・チャン氏(OKEX 運営責任者)

https://twitter.com/NEST25117201/status/1080709291831480321

アンディー・チャン氏は、海外仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)の運営責任者になります。

チャン氏は、2019年のビットコインのレンジを「3,000ドル〜20,000ドル」と予想しています。

日本円に換算すると「約33万円〜約220万円」になるので、幅広い範囲での価格推移をすると予想しているようですね。

またチャン氏は、最もオススメな仮想通貨を「イーサリアム」と答えており、ビットコインだけでなく他のアルトコインも伸びるだろうと予測しています!


このようにして、仮想通貨に関して精通している数多くの著名人は、今後の仮想通貨市場に「前向き」な考えを示しています!

専門家による予想なので比較的信憑性が高く、仮想通貨の実用化が進めば大きな価格上昇が期待できます。

安心・安全の取引所「GMOコイン」なら数百円〜数千円という少額から取引でき、今登録すればビットコイン(20,000satoshi)もらえますので、このタイミングで仮想通貨に参入する価値は大いにあります。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設

今後実用化する可能性が高い仮想通貨

今後、仮想通貨市場が拡大する理由として2つ目に考えられるのが「実用化する可能性が高い」という点。

もちろん、仮想通貨の中には明確な目的を持っていないものも存在しますが、国内取引所などで取り扱われている通貨は、比較的信頼性の高いものばかりです!

国内取引所の中で、実用化する可能性の高い仮想通貨をご紹介していきます!

実用化する可能性がある仮想通貨① リップル(XRP)

リップル_取引所_アイキャッチ

通貨名リップル(XRP)
発行上限1,000億枚
コンセンサスアルゴリズムProof of Consensus
発行目的国際送金システムの円滑化・低コスト化
リップルの特徴

  • リップル社が開発している「Ripple Net」という送金ネットワークは、国際送金を円滑化・低コスト化する可能性を秘めている。
  • 「Ripple Net」のなかで仮想通貨リップルは「ブリッジ通貨」の役割を担い、送金を行う2つの法定通貨間を結ぶ。
  • 送金時間は数分、送金手数料は数十円にまで抑えることができ、実用化に向かって実験が進んでいる。
  • リップル社は大手金融機関「200社以上」と既に提携を果たしており、有名企業からもその性能を評価されている!


仮想通貨リップル(XRP)は、国際送金をより便利にするという目標を持っている「リップル社」によって発行されている通貨。

従来の国際送金(海外送金)の場合、通貨を両替するためにたくさんの「コルレス銀行(両替用の銀行)」を経由するので、たくさんの送金時間・送金手数料がかかっていました。

しかしリップルを用いれば、2つの法定通貨間を「仮想通貨リップル(XRP)」が繋ぎますので、安価で早い国際送金が実現するんです!

さらにリップル社は、国内外問わずたくさんの銀行・金融機関と提携を果たしています。

2019年に入ってからも提携企業数は増加傾向にあり、その数なんと「200社」を突破。

リップルと提携している銀行・金融機関

  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • バンク・オブ・アメリカ
  • JPモルガン
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行
  • ブラデスコ銀行
  • アユタヤ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 東京スター銀行


上記のように、私たちが実際に利用しているような国内の大手銀行も、リップル社と提携を果たしているんです!

海外の銀行を用いた送金実験も開始されており、着々と実用化に向けて進んできます。

現在は「1XRP=30円前後」で価格推移していますが、2017年〜2018年の仮想通貨バブル時には一時「1XRP=400円前後」にまで価格上昇を果たしています。

リップルの実用化が進めば、最高値をも突破する価格上昇も考えられますので、リップルは非常に将来性のある仮想通貨の1つです!

⬇︎リップルの2019年以降の将来性・価格予想についてはコチラ!⬇︎

xrp-kongo-thumbnailリップル(XRP)の今後と特徴,2019年以降の価格予想をやさしく解説!これからの将来性や値動きは?

実用化する可能性がある仮想通貨② イーサリアム(ETH)

通貨名イーサリアム(ETH)
発行上限なし
コンセンサスアルゴリズムProof of Work
発行目的分散型アプリ(Dapps)開発のプラットフォーム
イーサリアムの特徴

  • 分散型アプリーケーションシステム(Dapps)開発のプラットフォームとして注目されている。
  • スマートコントラクト(自動契約技術)を導入している。
  • そのほか、ICO(資金調達)のトークン発行を行う際にも使用される。
  • イーサリアム企業連合(EEA)が発足しており、既500社以上が加盟している。
  • 2018年2月末には、3度目のアップデートが完了済!


イーサリアムは「分散型アプリ(Dapps)を開発するためのプラットフォーム」として知られています。

Dappsって?

「非中央集権」という特徴をもつアプリケーションのこと。中央管理者が存在しないので、より公平なネットワークを維持することが可能。

中央管理者が存在する「中央集権的」なシステムですと、内部での不正などのリスクが考えられてしまいます。

「仮想通貨取引所」などもそうですが、中央が顧客情報・資金などを全て握っているため、中央管理者がハッキングされてしまうと、その被害は顧客全体に広がってしまうことが懸念されます。

非中央集権的なシステムを用いている「Dapps」なら、そのようなリスクをしっかりと抑えることが可能。

さらにイーサリアムには「スマートコントラクト(自動契約技術)」という優れた機能も搭載されています。

スマートコントラクトって?

ブロックチェーン上に契約条件等をプログラムし、自動で契約を執行する技術のこと。

スマートコントラクトが普及すれば、契約にかかる時間や人件費の大幅削減が期待されます。

実際にスマートコントラクトは「不動産売買」や「レンタカー」などでの応用が考えられているんです!

そして「イーサリアム企業連合(EEA)」には「500以上」もの有名企業が加盟しており、たくさんの企業がイーサリアムの機能を認め、期待しています。

EEAに加盟している企業

  • マイクロソフト
  • JPモルガン
  • KDDI
  • トヨタ
  • NTT


このようにして、イーサリアムもリップルと同じく、たくさんの企業からの信頼を集めています。

2019年2月末には「コンスタンティノープル」というアップデートを終え、次は最終アップデートの「セレニティ」を控えています。

最終アップデート「セレニティ」が完了すれば、事実上イーサリアムが完成したことになりますので、価格も大きく上昇することが予想されます。

リップルと同様に、イーサリアムも投資対象として非常にオススメな仮想通貨なんです!

⬇︎イーサリアムの今後の将来性・価格予想についてはコチラ⬇︎

リップルとイーサリアムの今後や時価総額を比較!将来性と2018年の価格予想をかんたん解説!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設

実用化する可能性がある仮想通貨③ ビットコインキャッシュ(BCH)

通貨名ビットコインキャッシュ(ETH)
発行上限2,100万枚
コンセンサスアルゴリズムProof of Work
発行目的決済手段
ビットコインキャッシュの特徴

  • ビットコインからハードフォーク(分岐)してできた仮想通貨。
  • ビットコインを上回る性能を持っており、決済スピードが早い。
  • とはいえビットコインと比較すると、まだまだ「決済可能店舗」が少ない。
  • ビットコインキャッシュの性能が評価されていけば、今後決済手段としてさらに普及する可能性がある。


ビットコインキャッシュは、2017年8月に「ビットコイン」からハードフォーク(分岐)して誕生した仮想通貨になります。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの持つ「スケーラビリティ問題」を解決している、非常に優れた仮想通貨なんです!

スケーラビリティ問題って?

取引量の増加に伴ってブロック内に取引データを格納しきれなくなり、送金に時間がかかってしまう問題のこと。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもブロックサイズが大きく設計されていますので、一度により多くの取引データを格納することが可能なんです!

ブロックサイズの比較

  • ビットコイン:1MB
  • ビットコインキャッシュ:32MB


ビットコインキャッシュのブロック容量は、なんとビットコインの32倍。

単純計算をしても、ビットコインの32倍の取引データを格納することができるんです!

決済に関しては非常に優れた性能をもつ通貨なのですが、やはり「ビットコイン」と比較してしまうとまだまだ地名度も浅く、決済手段として導入している店舗数も少ないです。

ただし、ビットコインよりも送金スピードに関して優れているのは事実ですので、これからビットコインキャッシュの性能が評価されていけば、需要・価格共に上昇する可能性が高いです!

⬇︎ビットコインキャッシュの将来性・今注目すべき理由についてはコチラ!⬇︎

future-of-bchビットコインキャッシュの将来性を徹底検証!今注目すべき3つの理由

仮想通貨の市場規模はまだまだ小さい

仮想通貨が投資対象として注目され始め、メディアで大きく取り上げられ始めたのは2017年。

2017年末には仮想通貨取引所の「テレビCM」なども放映が開始され、取引者数が増加して「仮想通貨バブル」が発生しました。

ただし仮想通貨の歴史はまだまだ浅く、他の金融商品と比較すると、まだまだ市場規模が拡大する可能性があるんです!

市場規模比較

  • 仮想通貨市場:約3.5兆円
  • 為替市場(FX):約500兆円
  • 株式市場:約600兆円


仮想通貨の市場規模・取引量は、他の金融商品と比較するとまだまだ小さいです。

特に金融商品の「株式」「FX」と比較してみると、1日の取引量はFXの「1%」にも満たない規模になっています。

ですので、仮想通貨市場にはまだまだ伸び代があります。

上記で述べた「リップル」「イーサリアム」が実用化されて本格的に普及することを考えると、仮想通貨市場は「為替市場」「株式市場」と同じくさらに拡大することが予想されます。

ですので、仮想通貨は今後伸びていく可能性が高く、今から参入しても全く手遅れではないんです!

⬇︎仮想通貨の市場規模・今後の成長予測に関してはコチラ!⬇︎

仮想通貨市場規模仮想通貨の市場規模はどれくらい?今後の成長を一歩踏み込んで徹底予想!

仮想通貨の今後を左右する要因

仮想通貨を取り巻く環境は、2019年はさらに変化することが考えられます。

仮想通貨はもう遅いと考える前に、次の3つのポイントを注視していく必要があります。

仮想通貨を取り巻く環境

  1. 仮想通貨に関する法整備の加速
  2. 仮想通貨に関する新サービスの登場
  3. 仮想通貨のさらなる普及

①仮想通貨に関する法整備の加速

1つ目は、仮想通貨に関する法整備が整っていくということです。

2017年〜2018年にかけて仮想通貨バブルが発生し、数倍・数十倍に価格上昇した仮想通貨も出現しました。

しかしながらその一方で「coincheck(コインチェック)NEM流出事件」や「Zaif(ザイフ)ハッキング事件」なども発生し、仮想通貨の規制・法整備についての重要性が訴えられる事態になりました。

仮想通貨の取引所を運営している会社を仮想通貨交換業者といいます。

仮想通貨交換業者は、金融庁の登録を受けることが必要です。

登録を受けるにあたっては、経営管理体制やセキュリティレベルなどの顧客保護整備に関して金融庁のチェックを受けることになります。

チェックは厳しくなっているため、顧客保護体制の整備は進むことが考えられます。

利用者にとっては口座開設要件や取引条件などが厳しくなる可能性はあります。

仮想通貨交換業者とは

資金決済法上の仮想通貨交換業とは、以下のように定義されています。

【資金決済法2条7項】の法律において仮想通貨交換業とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、仮想通貨の交換等とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいう。

定礎

一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換
二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理
三 その行う前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること。

このように、仮想通貨の売買の媒介、取次ぎ又は代理(2号)を、業として行うことも、仮想通貨交換業にあたるとされています。

出典: http://elaws.e-gov.go.jp/

②仮想通貨を活用した新サービスの登場

2つ目は、仮想通貨を活用した新サービスの登場が期待できることです。

仮想通貨は、投資対象としてだけでなく、決済や送金などにも使えます。

またイーサリアムのように自動契約技術」などの機能を持っている仮想通貨を使った新しいサービスが導入される可能性もあるでしょう。

仮想通貨を活用した新サービスが広がっていく余地は大きいといわれています。

③仮想通貨のさらなる普及

3つ目は、仮想通貨のさらなる普及に関してです。

まだまだ不透明な部分が多い仮想通貨は、今後さらに人々の生活に利用されるようになるが予測はできません。

また、長期的には時価総額の大きな仮想通貨だけが生き残るのかどうかなどもわかっていません。

普及するか衰退するかに関して、不確実性があることを踏まえて投資をする必要があるといえます。

国内企業の仮想通貨事業への参入状況

不確定な要素が多い仮想通貨ですが、国内有数のサービス会社も仮想通貨に関する様々な事業を開始しています。

仮想通貨事業を展開する国内企業

  • 楽天
  • Line(ライン)
  • メルカリ

これらの企業の事例を確認することで、仮想通貨はもう遅いということは決してなく、これからさらに発展していく分野であるということがご理解いただけるとおもいます。

順番に各社の取り組みを確認していきましょう。

【楽天】の仮想通貨事業

楽天 仮想通貨

出典: https://www.rakuten.co.jp/

日本最大級のネット通販で知られる楽天は、2018年8月31日に仮想通貨取引所であるみんなのビットコインを買収し、運営しています。

楽天は早くから仮想通貨事業に積極的に参入しており、楽天ブロックチェーン・ラボを英国に設立し、次世代の決済プラットフォームであるブロックチェーン技術の研究を進めてきました。

将来的には、Eコマース・実店舗での決済手段として仮想通貨が大きな役割を担っていくと強調しています。

LINE】の仮想通貨事業

出典: https://line.me/ja/

わたしたちが常日頃からコミュニケーション手段として活用しているLINEも仮想通貨事業に参入しています。

LINEでは、2017年7月17日よりBITBOXという仮想通貨取引所を本格的に運営しています。

運営はシンガポールのLINE子会社により行われており、現状は日本およびアメリカユーザーは取引できません。

BITBOXでは、基軸通貨としてLINKトークンという独自通貨を採用しており、LINEポイントにも還元可能となっています。

【メルカリ】の仮想通貨事業

mercari_header

出典: https://www.mercari.com/jp/

フリマアプリの国内最大手であるメルカリも子会社であるメルペイを通して、仮想通貨交換業の登録申請をおこなっています。

メルペイでは、Mercari Xという新たなプラットフォームでブロックチェーンを活用したサービスを提供する予定です。

アプリ内の決済に仮想通貨が利用されることで、商品の売買にさらなる流動性がうまれることが考えられます。

メルカリは国内6000万人以上のダウンロード数を記録しており、強力な顧客基盤の中で重要な決済手段の一つとして仮想通貨を利用する方針です。

【ヤフー】の仮想通貨事業

仮想通貨_今後_ヤフー

出典:https://www.yahoo.co.jp/

国内最大手のメディア事業を手がけるヤフーも、仮想通貨事業に参入してきました。

同社が運営するのはTaoTao(タオタオ)という取引所で、金融庁の認可もしっかりと取得しています

現在は事前登録の受け付けを行っており、正式なサービス開始は2019年5月中旬ごとを予定しています。

国内ではグーグルと同じくらい、ヤフーのユーザーが多いことでも有名です。

国内でも最大規模のメディアを運営する同社の参入は、仮想通貨全体の信頼性を高めてくれることでしょう。

【IIJ(アイアイジェイ)】の仮想通貨事業

仮想通貨_今後_IIj

出典:https://www.iij.ad.jp/

インターネットインフラを中心に事業展開するIIJも、仮想通貨事業に参入してきています。

同社は東証一部上場企業として、1992年の設立から長年にわたって日本の通信を支えてきました。

法人向けのサービスが強いですが、個人向けにも格安シムの提供などを行っています

同社が運営する取引所ディーカレットでは、ビットコインや国内でも人気の高いリップルが購入できます。

楽天と同じ平成31年3月25日に、金融庁からの認可も取得しています。

老舗企業の仮想通貨事業参入で、日本市場全体が大きく盛り上がっていくことが期待できるでしょう。

海外企業の仮想通貨事業への参入状況

ここまで、国内企業の仮想通貨事業への参入状況を見てきました。

ここからは、海外企業の仮想通貨事業への参入状況を確認していきたいと思います

【Facebook】の仮想通貨事業

仮想通貨_今後_Facebook

出典:https://ja-jp.facebook.com/

米国発のSNSサービスFacebookは、仮想通貨事業への参入を予定しています。

具体的な事業内容は、まだ明らかになっていません。

しかし、ベンチャーキャピタルなどから、1,000億円を超える資金調達を行ったとの報告が出ています

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャー企業、スタートアップなど、ハイリスクの投資を専門的に行う投資会社のことです。

一説によると、事業内容には自社のメッセンジャーアプリ、WhatsAppで利用できる仮想通貨を発行予定とのことです。

また、この仮想通貨はドルとのペッグ通貨(ステーブルコイン)になると噂されています。

世界中で20億人以上のユーザー数を誇る同社の参入は、仮想通貨の地位をさらに確固たるものにしてくれることでしょう。

【Amazon】の仮想通貨事業

仮想通貨_今後_Amazon

出典:https://www.amazon.co.jp/

世界的に事業を展開する通販大手のAmazonも、仮想通貨事業へ参入してきています。

同社は企業が自社のブロックチェーンを手軽に開発できる、「Amazon Managed Blockchain」を提供しています。

ブロックチェーンは、仮想通貨と共に誕生した重要な技術です。

Amazonのような世界的な大企業も、その可能性に着目しビジネスに取り入れています

こうした動きは、今後世界各地でさらに増えていくことでしょう。

仮想通貨の2019年以降の動向や展望

ここまで、国内と海外の大手企業の仮想通貨事業を見てきました。

2019年に入ってからは、特に各社の動きが活発になってきましたね。

そうなると、これから仮想通貨がどのように発展していくのかも、気になってくるところです。

ここからは、2019年以降の仮想通貨の動向や展望を見ていきましょう

2019年の目玉となるビットコインETFの存在

仮想通貨_今後_ビットコインETF

出典:https://www.vaneck.com/row/

2019年にもっとも注目すべきは、ビットコインETFの存在です。

ビットコインETFとは?

ビットコインを投資対象に含めた、上場投資信託のことです。

ざっくりいうと、株・不動産・債権とビットコインを組み合わせたセット商品みたいなものです。

ビットコインETFの取り扱いが始めると、大口投資家の資金が流入してくるといわれています。

いっぽうでビットコインETFは、SEC(米国証券取引委員会)という公的機関から上場のための承認をもらう必要があります。

そして、これまで数多くの企業がSECの承認にチャレンジし、ことごとく失敗してきたのです。

これらの失敗を踏まえて、研究に研究を重ねたVanEck社のビットコインETFが、ふたたび承認にチャレンジしています。

同社のビットコインETFは、SECが懸念している不正や価格操作などの内容を、可能な限りカバーする仕組みです。

そのため、2019年はいよいよ承認されるのではないかと、大きな期待が集まっているのです。

もし承認された場合には、今までの仮想通貨市場を破壊的に成長させるほどの資金の流入が期待できます

スイスの証券取引所にリップルのETPが上場

仮想通貨_今後_ETP

出典:https://www.six-group.com/exchanges/index_de.html

スイスの証券取引所であるSIX Swiss Exchangeに、4月2日リップルのETPが上場しました。

ETPとは?

ETPとは、上場取引型金融商品のことです。

証券取引所で取引される、様々な投資商品という意味を持っています。

ETPは株や金などの商品と価格が連動しますが、実際に所有権を得ているわけではないという点が特徴です。

現時点では、上場後の1日あたりの出来高は、4,000万円とそこまで大きくありません。

しかし、公的機関が認可した取引所で取り扱われたという点は、市場全体にとって非常にポジティブといえるでしょう

ジャマイカ証券取引所で仮想通貨の取り扱い開始予定

仮想通貨_今後_ジャマイカ証券取引所

出典:https://www.jamstockex.com/

ジャマイカ証券取引所(JSE)では、2019年中に仮想通貨取引の開始が予定されています。

これは、カナダのブロックチェーン企業であるBlockstationと提携して行っているものです。

現在わかっている取り扱い予定の銘柄は、ビットコインとイーサリアムです。

そのほかにも、幾つかのトークンが取り扱われる予定となっています。

すでに取引のトライアルテストも完了しており、プロジェクトも順調に進展していることが伺えます。

2018年のプロジェクト発表以降、2社の株価は大幅に値上がりしています

投資家たちの期待度も、非常に高いことがよくわかりますね。

仮想通貨の今後の課題

仮想通貨_今後_課題

2019年の最新動向は、非常にポジティブなものでしたね。

ここからは、仮想通貨の今後の課題を見ていきたいと思います

仮想通貨の今後の課題としては、以下の3点が挙げられます。

仮想通貨の今後の課題

  1. 大口投資家の参入を促すセキュリティの向上
  2. 規制を行い「安心・安全」の意識を社会が持つこと
  3. 実生活での利用が進むこと

それぞれの詳しい内容を、確認していきましょう。

課題① 大口投資家の参入を促すセキュリティの向上

仮想通貨_今後_セキュリティ

仮想通貨の市場が成長するためには、大口投資家(機関投資家)の参入が必要不可欠です。

ここでいう大口投資家とは、保険会社や年金基金などを指しています。

こうした投資家は、自分たちの顧客から資金を集めて投資を行います。

そのため、顧客に対して責任ある資金の運用が求めれるのです

大口投資家には仮想通貨のリスクが高い

株や金といった商品は、保管場所が襲撃されない限り盗難されることはありません。

これに対して仮想通貨は、インターネット上のデジタルなお金です。

その特徴から、ハッキングという独自のリスクを抱えています

大口の投資家の投資対象になるためには、このリスクを限りなく「ゼロ」に近づける必要があります。

そのためには、セキュリティの向上が必須です

実際に、顧客資産の保管業務を行うカストディサービスが、ここ最近では増加傾向にあります。

大口投資家の参入のためには、強力なセキュリティが求められることがわかる、良い例といえるでしょう。

セキュリティの向上は、仮想通貨市場をさらに成長させるために、乗り越えなければならない課題といえます。

課題② 規制を行い「安心・安全」のイメージを社会が持つこと

これまでの仮想通貨は、政府による規制が大きな敵であったといえます。

実際に規制のニュースが流れると、価格が下落することが頻繁にありました。

いっぽうでこれからの仮想通貨を考えると、こうした規制は必要になるといえます

政府が規制を行うことで、仮想通貨のイメージも「安心・安全」なものに変化していきます。

これによって、仮想通貨に対してネガティブなイメージを持っていた人の意識も変わるでしょう。

新たな市場参加者を増やすためには、こうした規制は必ず必要となるのです。

そして、これは課題③にも繋がっていきます。

課題③ 実生活での利用が進むこと

仮想通貨_今後_実生活

仮想通貨の3つ目の課題は、実生活での利用が進むことです

これまでの仮想通貨は、投資目的での購入がほとんどでした。

ここからさらに市場が成長するためには、日常生活で仮想通貨が普及することが必要です。

世界では日常生活での利用が進みつつある

こうした流れは、すでに世界各国で起こりつつあります。

たとえば、アルゼンチンではSUBEカードという、公共交通機関の支払いで利用できるカードがあります。

日本でいうところの、Suicaのような存在ですね。

SUBEカードへのチャージは、アルゼンチンの法定通貨だけでなくビットコインを利用することもできます

また、ウクライナの首都キエフでも、公共交通機関の支払いにビットコイン決済を導入することが再検討されています

ウクライナは、2024年にEUに加盟予定であることを公表しています。

キエフのビットコイン決済導入の再検討も、EU加盟によってさらにプラスに働くことが期待されます。

国境をまたいで利用できるビットコインは、EU圏内の観光客にも重宝することでしょう。

日常生活での仮想通貨の普及は、課題であるいっぽうですでに進みつつあるのです。

仮想通貨今後の予測

仮想通貨_今後_予測

ここまでで、仮想通貨の課題はだいたいイメージがつきましたね。

ここからは、今後の仮想通貨の具体的な予測を見ていきましょう。

仮想通貨市場の今後は大きな成長が期待できる!

仮想通貨_今後_大きな成長

ここまで見てきた情報を踏まえると、今後の仮想通貨市場には大きな期待を持つことができます。

大口投資家の資金流入は、おそらくそう遠くないうちに起こりそうです。

国内でも楽天やヤフー、LINEやメルカリなど、信頼性の高い大手企業が続々と参入していきます。

課題のところで確認したように、仮想通貨の実生活での利用がすでに始まりつつある事実もあります。

こうした点より、今後の仮想通貨は価格の上昇も非常に高い確率で考えられるでしょう

今後もっとも成長が期待できる仮想通貨はリップル!

リップル_取引所_アイキャッチ

今後仮想通貨が成長するのであれば、どの銘柄が伸びるのかも気になりますよね。

結論をいうと、今後にもっとも成長が期待できる仮想通貨はリップルです!

リップルは現在発行されているすべての仮想通貨の中で、もっとも大規模かつ順調にプロジェクトが進んでいます。

そして2019年には、本格的に商用利用がスタートする予定です。

長期的な値上がりはもちろんですが、場合によっては2019年中にも大幅な値上がりが期待できます

専門家の予想も確認しておこう!

2019年に仮想通貨がどうなるか、専門家の予想も確認しておきましょう。

今回はビットコインの価格予想を見ていきます。

BitMEXのCEOアーサー・ヘイズ氏「1,000〜1万ドル」

仮想通貨_今後_アーサー・ヘイズ

出典:https://twitter.com/cryptohayes

まずは仮想通貨取引所BitMEXのCEOである、アーサー・ヘイズ氏の予想を見ていきましょう。

同氏は2019年のビットコイン価格を、1,000〜1万ドルと予想しています。

最安値と最高値の振れ幅が、かなり大きいですね。

また、同氏はTwitterで「冬の時代はまだ続く」とツイートしています。

いっぽうで最高値を1万ドルとしていることから、仮想通貨の価格上昇も可能性としてあると捉えているようです。

アーサー・・ヘイズ氏のTwitterはこちらから!

仮想通貨トロンの創業者ジャスティン・サン氏「3,000〜6,000ドル」

仮想通貨_今後_ジャスティン・サン

出典:https://twitter.com/justinsuntron

次に仮想通貨トロンの創業者である、ジャスティン・サン氏の予想を確認しましょう。

同氏の予想では2019年のビットコイン価格を、3,000〜6,000ドルとしています。

また、2019年はイーサリアムなど、dApps開発ができるプロジェクトに注目しているようです。

ジャスティン・サン氏のTwitterはこちらから!

仮想通貨取引所の口座開設手順

ビットコインをはじめとした仮想通貨投資をはじめるためには、各販売所・取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設から実際に仮想通貨を購入するまでの流れは、下記の通りです。

口座開設から仮想通貨購入までの流れ

  1. アカウントを作成(メールアドレスや個人情報などを入力)
  2. 本人確認書類をアップロード
  3. 数日後、『本人確認完了のハガキ』が郵送されてくる
  4. ハガキ記載の本人確認コードを入力
  5. 取引所へ日本円を入金
  6. 希望の仮想通貨を購入する

取引所へ登録する際には「本人確認書類のアップロード」を行う必要があり、業者側の審査もありますので、取引開始までに最低でも「1日〜2日」は必要になってしまいます。

取引タイミングを逃さないためにも、余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設

おすすめ仮想通貨取引所ランキング

ビットコイン_購入_買い方_取引所_おすすめ

次に、初心者の方が仮想通貨取引をおこなう上でのおすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨取引所は、以下の3つのポイントを意識して選択するのがオススメです。

取引所選定の基準

  • セキュリティ・安全性の高さ
  • 使いやすさ
  • 各種手数料の安さ


自身の大切な資産を守るためにも、セキュリティ・安全性の高さは最も重要。

特に2018年には「コインチェック」「Zaif(ザイフ)」など有名な取引所のハッキングを受けていますので、安全な取引所を利用するのは非常に重要です。

金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けている取引所を利用しましょう。

そして長期的に取引を行うなら「使いやすさ」も重要でして、特に「スマホアプリ」からの操作で取引ができると、利便性は非常に高まりますね!

さらに、利益を最大限に引き出すには「各種手数料の安さ」も重要でして、なるべくコストのかからない取引所を利用するのが良いでしょう。

以上の「3つのポイント」を総合的に評価して、オススメ仮想通貨取引所ランキングをご紹介していきます!

オススメ取引所ランキング 第1位:GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆

GMOコインは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業。

グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されている仮想通貨取引所で仮想通貨FXに特化していることが特徴としてあげられます。

各種取引手数料がほとんど無料で、「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウを持っているので、安全性は非常に高いです。

また、レバレッジ取引に対応しており、最大10倍までレバレッジ倍率を設定可能であることが特徴的です!

スマホアプリがリリースされており、初心者の方にとっても非常に使いやすく、仮想通貨入門に最もオススメな取引所です!

GMOコインの特徴・メリット

  • 厳選された5つの仮想通貨の現物取引・レバレッジ取引に対応。
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料。
  • スマホアプリ「ビットレ君」を持ちれば、アプリからでもサクサク取引可能。
  • 運営会社は東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ」なので信頼性抜群。
  • キャンペーン中の今登録すれば、ビットコイン(20,000satoshi)もらえる!


GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設

⬇︎50人の人に聞いたGMOコインの生の口コミ・評判はコチラ!⬇︎

gmo-hyoubanGMOコインの評判は実際どう?50人の本音で分かったメリット・デメリット

オススメ取引所ランキング 第2位:DMM bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆

DMM Bitcoinは、数々の事業を展開している東証一部上場企業「DMMホールディングス」を親会社にもつ仮想通貨取引所です!

仮想通貨の現物取引ももちろん取り扱っていますが、DMM Bitcoinは「レバレッジ取引」がメインの取引所。

国内では非常に多い「7種類」の仮想通貨のレバレッジ取引に対応しており、レバレッジ倍率は初心者の方でも安心の4倍。

セキュリティにも力を入れており、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

DMM Bitcoinもスマホアプリをリリースしており、使いやすさ・手数料の安さに関しては「GMOコイン」に匹敵する優秀さを誇っています!

現在DMM Bitcoinが実施しているキャンペーンを利用すれば、なんと口座開設するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることが可能ですので、かなりおトクですよ!

DMM Bitcoinの特徴・メリット

  • 「取引手数料」「日本円出入金手数料」「仮想通貨送付手数料」が無料。
  • DMMグループが保有している多彩なセキュリティを導入している。
  • 国内では珍しい「ネム(NEM)」や「イーサリアムクラシック(ETC)」のレバレッジ取引にも対応。
  • 新規口座開設するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることができる!



DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinで無料口座開設

⬇︎50人に聞いたDMM Bitcoinの生の口コミ・評判集はコチラ!⬇︎

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は実際どう?50人の本音で分かったメリット・デメリット

オススメ取引所ランキング 第3位:BIPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★

イーサリアム取引所で最もオススメなのでがBITPoint(ビットポイントです。

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する国内仮想通貨取引所で電力事業や自動車関連事業を展開する株式会社リミックスポイントの完全子会社としてサービスを提供しています。

取扱仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5種類です。

 

BITPointは、金融業界出身者を中心に構成されておりセキュリティは業界随一です。

また取引・出金手数料においても完全無料で利用でき、ユーザーに寄り添ったサービス提供が特徴的です。

BITPoint(ビットポイント)の特徴

  • 取引手数料が全通貨ペアで無料
  • コールドウォレット対応
  • 顧客資産と会社資産の分別管理



BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPointで無料口座開設

仮想通貨はもう遅い!?今後を徹底検証のまとめ

今回の記事では、最新の仮想通貨を取り巻く環境から、今からはじめるのは本当に遅いのか?を検証しました。

結論もう一度言うと、仮想通貨はまだまだ発展途上で、これから大きく価格・市場規模が拡大する可能性を秘めています。

大事なのは、仮想通貨を品定めして「将来性」のある通貨に投資をすること。

特に「リップル(XRP)」「イーサリアム(ETH)」などのアルトコインはこれからの動向が非常に注目されていますので、これから投資する価値は大いにあるでしょう。

これから仮想通貨を初めてみたい方は、安心・安全で各種手数料無料の「GMOコイン」から、仮想通貨デビューしてみてくださいね!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設