やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨はもう遅い!?今後を徹底検証【2019最新版】

仮想通貨はもう今からは遅い
仮想通貨の今後はどうなるの?

といったことを思われている方が多いと思います。

今回の記事では、最新の仮想通貨を取り巻く環境から、今からはじめるのは本当に遅いのか?を詳しく検証していきます。

ざっくり言うと

  • 仮想通貨を今からはじめることは決して遅くない
  • 仮想通貨に関連する環境(法整備・新サービス・さらなる市場)を注視することが重要
  • Zaifやコインチェックのように、選んだ取引所によってはあなたの資産に危険が及ぶことも
  • 初めての取引所はセキュリティの高さと使いやすさで選ぶのがおすすめ!
  • 安全性と使いやすさならGMOコインBITPoint(ビットポイント)DMM Bitcoinが人気
  • 中でも GMOコイン は東証一部上場の大手グループ運営で、スマホからも楽々取引が可能
  • 各種手数料が無料で、今なら口座開設で 20,000satoshi もらえる!

仮想通貨_稼ぐ_GMOアイキャッチ

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

仮想通貨を今から始めるのは遅い?

仮想通貨_遅い

近頃の仮想通貨市場の低迷から、仮想通貨投資を今から始めるのではもう遅いのではないかと心配している方が多いです。

しかし、こういったときこそ仮想通貨を取り巻く環境を冷静に分析することが大切です。

仮想通貨投資開始の判断を行うためには、特に仮想通貨市場の状況を把握することが重要になります。

仮想通貨の価格面での変化

仮想通貨の価格は、2017年の後半に大幅な上昇を見せました。

その後2018年に入ってからは爆発的な勢いが衰え、2019年現在は落ち着いた状況になっています。

投資はご自身が始めたいと思うタイミングから始めるのが一番であるため、いつでも仮想通貨投資を始めることができます。

爆発的な勢いが衰えた現在も相場が大きく動く場合があるため、今から始めるても決して遅くはありません。

仮想通貨の法整備

また、日本では仮想通貨のハッキング事件などの教訓から、仮想通貨交換業者に対する規制が厳しくなっています。

法規制や顧客保護体制の整備が進んでいることも、これから仮想通貨投資を始める人にとってはプラスといえるでしょう。

ただし、規制が厳しくなった分、ビットコインが大流行した2017年のようなブームはすぐには再来しない可能性もあることは認識しておく必要があるといえます。

仮想通貨交換業者とは

資金決済法上の仮想通貨交換業とは、以下のように定義されています。

【資金決済法2条7項】の法律において仮想通貨交換業とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、仮想通貨の交換等とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいう。

定礎

一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換
二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理
三 その行う前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること。

このように、仮想通貨の売買の媒介、取次ぎ又は代理(2号)を、業として行うことも、仮想通貨交換業にあたるとされています。

出典: http://elaws.e-gov.go.jp/

仮想通貨の今後はどうなる?

仮想通貨の今後

仮想通貨を取り巻く環境は、2019年はさらに変化することが考えられます。

仮想通貨はもう遅いと考える前に、次の3つのポイントを注視していく必要があります。

仮想通貨を取り巻く環境

  1. 仮想通貨に関する法整備の加速
  2. 仮想通貨に関する新サービスの登場
  3. 仮想通貨のさらなる普及

①仮想通貨に関する法整備の加速

1つ目は、仮想通貨に関する法整備が整っていくということです。

仮想通貨の取引所を運営している会社を仮想通貨交換業者といいます。

仮想通貨交換業者は、金融庁の登録を受けることが必要です。

登録を受けるにあたっては、経営管理体制やセキュリティレベルなどの顧客保護整備に関して金融庁のチェックを受けることになります。

チェックは厳しくなっているため、顧客保護体制の整備は進むことが考えられます。

利用者にとっては口座開設要件や取引条件などが厳しくなる可能性はあります。

②仮想通貨を活用した新サービスの登場

2つ目は、仮想通貨を活用した新サービスの登場が期待できることです。

仮想通貨は、投資対象としてだけでなく、決済や送金などにも使えます。

さらに、自動契約などの機能を持っている仮想通貨を使った新しいサービスが導入される可能性もあるでしょう。

仮想通貨を活用した新サービスが広がっていく余地は大きいといわれています。

③仮想通貨のさらなる普及

3つ目は、仮想通貨のさらなる普及に関してです。

まだまだ不透明な部分が多い仮想通貨は、今後さらに人々の生活に利用されるようになるが予測はできません。

また、長期的には時価総額の大きな仮想通貨だけが生き残るのかどうかなどもわかっていません。

普及するか衰退するかに関して、不確実性があることを踏まえて投資をする必要があるといえます。

国内企業の仮想通貨事業への参入状況

GMOコイン_FX_やり方・使い方

不確定な要素が多い仮想通貨ですが、国内有数のサービス会社も仮想通貨に関する様々な事業を開始しています。

仮想通貨事業を展開する国内企業

  • 楽天
  • Line(ライン)
  • メルカリ

これらの企業の事例を確認することで、仮想通貨はもう遅いということは決してなく、これからさらに発展していく分野であるということがご理解いただけるとおもいます。

順番に各社の取り組みを確認していきましょう。

【楽天】の仮想通貨事業

楽天 仮想通貨

出典: https://www.rakuten.co.jp/

日本最大級のネット通販で知られる楽天は、2018年8月31日に仮想通貨取引所であるみんなのビットコインを買収し、運営しています。

楽天は早くから仮想通貨事業に積極的に参入しており、楽天ブロックチェーン・ラボを英国に設立し、次世代の決済プラットフォームであるブロックチェーン技術の研究を進めてきました。

将来的には、Eコマース・実店舗での決済手段として仮想通貨が大きな役割を担っていくと強調しています。

LINE】の仮想通貨事業

出典: https://line.me/ja/

わたしたちが常日頃からコミュニケーション手段として活用しているLINEも仮想通貨事業に参入しています。

LINEでは、2017年7月17日よりBITBOXという仮想通貨取引所を本格的に運営しています。

運営はシンガポールのLINE子会社により行われており、現状は日本およびアメリカユーザーは取引できません。

BITBOXでは、基軸通貨としてLINKトークンという独自通貨を採用しており、LINEポイントにも還元可能となっています。

【メルカリ】の仮想通貨事業

mercari_header

出典: https://www.mercari.com/jp/

フリマアプリの国内最大手であるメルカリも子会社であるメルペイを通して、仮想通貨交換業の登録申請をおこなっています。

メルペイでは、Mercari Xという新たなプラットフォームでブロックチェーンを活用したサービスを提供する予定です。

アプリ内の決済に仮想通貨が利用されることで、商品の売買にさらなる流動性がうまれることが考えられます。

メルカリは国内6000万人以上のダウンロード数を記録しており、強力な顧客基盤の中で重要な決済手段の一つとして仮想通貨を利用する方針です。

仮想通貨取引所の口座開設手順

ビットコインをはじめとした仮想通貨投資をはじめるためには、各販売所・取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設から実際に仮想通貨を購入するまでの流れは、下記の通りです。

口座開設から仮想通貨購入までの流れ

  1. サイトへアクセスし、アカウントを作成(メールアドレスや個人情報などを入力)
  2. 本人確認書類を写真に撮り、アップロード
  3. 数日後、『本人確認完了のハガキ』が郵送されてくる
  4. ハガキ記載の本人確認コードを入力
  5. 口座作成完了
  6. 取引所の指定口座へ日本円を振込(入金確認まで数分から数時間かかることもあります)
  7. 取引所のアカウントへ残高が反映される
  8. 希望の仮想通貨を購入する

取引所によって申請してから実際に取引が開始できるまでの期間が異なります。

余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

おすすめ仮想通貨取引所一覧

ここでは初心者の方が仮想通貨取引をおこなう上でおすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨取引所は、次の3つのポイントで選定することが重要です。

取引所選定の基準

  • セキュリティ
  • 取引額
  • サポート体制


また、仮想通貨取引所はアクセス過多により、サーバーが不安定になることがあります。

取引条件以外にも、サーバーサポート体制などもしっかりと考慮しておく必要があります。

それでは、おすすめの取引所をランキング形式でみていきましょう。

第1位 GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆

GMOコインとは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業です。

グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されている仮想通貨取引所で仮想通貨FXに特化していることが特徴としてあげられます。

BITPointと同じく取引・出金手数料が完全無料で利用できます。

また、レバレッジ取引に対応しており、最大10倍までレバレッジ倍率を設定可能であることが特徴的です。

GMOコインの特徴

  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • レバレッジ10倍


GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 BIPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★

イーサリアム取引所で最もオススメなのでがBITPoint(ビットポイントです。

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する国内仮想通貨取引所で電力事業や自動車関連事業を展開する株式会社リミックスポイントの完全子会社としてサービスを提供しています。

取扱仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5種類です。

 

BITPointは、金融業界出身者を中心に構成されておりセキュリティは業界随一です。

また取引・出金手数料においても完全無料で利用でき、ユーザーに寄り添ったサービス提供が特徴的です。

BITPoint(ビットポイント)の特徴

  • 取引手数料が全通貨ペアで無料
  • コールドウォレット対応
  • 顧客資産と会社資産の分別管理



BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPointの口座開設はこちら

第3位 DMM bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

総合評価セキュリティ手数料取扱い通貨数
★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆

DMM Bitcoinは販売所形式の仮想通貨取引所です。

イーサリアム建てのFX取引ができるのが大きな特徴で、最大5倍のレバレッジで取引が可能です。

また、ETH/JPYだけでなくETH/BTCの通貨ペアもあるため、BTCでイーサリアムを購入したいという場合にも対応しています。

セキュリティにも力を入れており、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

DMM Bitcoinの特徴

  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • イーサリアム建てFXに対応



DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨はもう遅い!?今後を徹底検証のまとめ

仮想通貨 もう遅い

今回の記事では、最新の仮想通貨を取り巻く環境から、今からはじめるのは本当に遅いのか?を検証しました。

仮想通貨はもう遅いということはなく、まだ始まってもいない発展途上であることがご理解いただけたと思います。

安全性の高い仮想通貨取引所で口座開設をおこない、取引を始めておくことをおすすめします。

MEMO
今後価格の高騰が予測されるビットコインを今のうちに購入しようと考えている方は、GMOコインから

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら