やさしい仮想通貨の始め方を解説

レバレッジ取引に最適な仮想通貨取引所とは?【2018年最新版】

2018年、仮想通貨業界は金融庁も大きく介入して盛り上がりを見せています。

仮想通貨は時間・場所を選ばずに送金できることが特徴的で、今もユーザー数をどんどん伸ばしています。

また、大きく価格変動することも特徴的で投資対象・投機対象としても大変人気があります。

そして、仮想通貨の世界でも法定通貨と同様にFXを中心としたレバレッジ取引が可能で、多くの億万長者を生み出しています。

この記事に辿り着いた方の中には、

ポイント
  • 仮想通貨の取引の種類は、どんなものがあるの?
  • 友達が仮想通貨FXで稼いでいるらしいけど、どうやってやるの?
  • 仮想通貨のレバレッジ取引って何?儲かるの?
といったことを思われている方も多いと思います。

今回の記事では、仮想通貨の取引方法の基礎から、レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所比較までを詳しく解説していきます。

仮想通貨の取引方法

出典: https://zaif.jp/

仮想通貨の取引方法には大きくわけて、次の2種類が存在します。

仮想通貨取引の種類
  • 現物取引
  • レバレッジ取引

それでは、順番に確認していきましょう。

現物取引

現物取引とは、実際に投資対象となる仮想通貨を購入し、自身で保有する取引手法です。

実際のモノを売買する事と同様に、仮想通貨を売買します。

現物取引は、仮想通貨取引の最も一般的な取引手法として多くの方に親しまれている手法です。

保有している仮想通貨は自身の資産となるため、自由に買い物をしたり、サービスの決済に利用することも可能です。

現物取引の特徴としては、次があげられます。

現物取引の特徴
  • 仮想通貨の保有者は購入者自身
  • 保有している資産内でしか取引ができない
  • 株式取引などと同様に『指値注文・成行注文』が可能

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、仮想通貨取引所に資金を保管し、その資金(証拠金)を元に取引を行う取引手法です。別名、証拠金取引と呼ばれます。

レバレッジ取引では、証拠金をもとに実際の保有資金より大きな金額の取引が可能です。

現物取引では、通常『安い時に購入して、高いときに売る』という取引方法になりますが、レバレッジ取引では『高い時に売って、安いときに買う』という事で利益を生み出すことが可能です。

また、このことはポジションという呼び方をします。

MEMO

ロングポジション:『安く買って、高く売る』

ショートポジション:『高く売って、安く買う』

レバレッジ取引の特徴は、次の通りです。

レバレッジ取引の特徴
  • 買いだけでなく、取引を売りから始めることができる
  • レバレッジを効かせることで、自身が保有している資産以上の取引が可能

 

仮想通貨のレバレッジ取引の種類

仮想通貨のレバレッジ取引では、次の3種類の取引が可能です。

レバレッジ取引の種類
  • FX型:(仮想通貨取引所が代わりに売買)
  • 信用取引型:(仮想通貨取引所にお金を借りて自身で売買)
  • 先物取引型:(仮想通貨取引所に約束をして売買)

それぞれのレバレッジ取引の違いをしっかり理解して、ご自身のスタイルにあった手法を選択してください。

FX型:(仮想通貨取引所が代わりに売買)

FXは、仮想通貨取引所に証拠金を預けることで取引所に代わりに売買してもらう取引手法です。

レバレッジ取引の中で最も一般的な手法で、正式名称は『外国為替証拠金取引』といいます。

FX型のレバレッジ取引では、証拠金を仮想通貨取引所に預けることで仮想通貨取引所が自身に代わりコインの売買を行い、その結果が残高に反映される差金決済です。

返済期限はなく、どのタイミングで決済しても問題ありません。

しかし、金利(手数料)の支払いがあるため、長期保有には向きません。

信用取引型:(仮想通貨取引所にお金を借りて自身で売買)

信用取引は、仮想通貨取引所から資金(通貨)を借りて取引をおこなう取引手法です。

信用取引型のレバレッジ取引では、融資であるため返済期限もあります

返済期限になると、自動で再借入れをして取引を継続することも可能ですが、FX型と同様に金利(手数料)が発生します。

先物取引型:(仮想通貨取引所に約束をして売買)

先物取引とは、特定の期日に特定の商品を特定の金額で売買する約束をする取引手法です。

先物取引型のレバレッジ取引では、事前に約束をして取引を行うため約束をした日から決済日までの差額分が利益または損失となります

先物取引の約束の月のことを限月(げんげつ)といい、通常は限月がきたら取引は終了です。

ただし、限月がくる前に取引を終了させることも可能であり利益がある程度でている状態であれば、限月が来る前に決済をすることが一般的です。

3つのレバレッジ取引の相違点

前述の3つのレバレッジ取引は、いずれも自身の保有資金以上での取引が可能です。

それぞれの取引手法の最も大きな違いは、返済期限の有無です。

状況に応じて適切な取引手法を選択してください。

FX型期限無し
信用取引返済期限あり
先物型限月(げんげつ)で決済

仮想通貨取引所のレバレッジ比較

ここでは、国内仮想通貨取引所のレバレッジ取引における倍率とその他の条件を比較します。

また、それぞれの用語の意味も確認していきます。

実際に少額で運用することで、ご自身にあった取引所を選定してください。

取引所名レバレッジ倍率スワップポイント追証ロスカット
GMOコイン5倍0.04%75%
DMM Bitcoin5倍0.04%80%
Zaif7.77倍0.04%30%
bitFlyer15倍0.04%80%50%
bitbank TRADE20倍0%20%
QUOINEX25倍0.05%110%
BITPoint25倍0.04%100%
みんなのビットコイン25倍0.05%110%
スワップポイントとは

スワップとは、2通貨間の金利差を指します。

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うポジションを保有している場合、

金利差から得られる利益をスワップポイントとして受け取ることができます。

逆に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買っている場合、スワップポイント分の金額を支払うことになります。

追証とは

追証とは、レバレッジ取引において証拠金が不足した際に生じる追加の証拠金です。

 

レバレッジ取引を行う投資家の資金余力をもたせるために設けられています。

ロスカットとは

ロスカットとは、ポジションを強制的に決済するしくみのことです。

レバレッジ取引で通貨の売買をおこなってポジション(未決済の通貨)を保有している状態で、為替相場の変動によって含み損が一定レベルに達したとき、ポジションを強制的に決済されます。

レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所ランキング

ここでは、国内の仮想通貨取引所を次の3点をポイントに、ランキング形式でご紹介します。

取引所選定の基準
  • レバレッジ倍率
  • 手数料
  • 取扱い通貨数

また、仮想通貨取引所はアクセス過多により、サーバーが不安定になることがあります。

取引条件以外にも、サーバーやサポート体制などもしっかりと考慮しておく必要があります。

それでは、順番におすすめの取引所をみていきましょう。

第一位 bitbank.cc(ビットバンク)

出典: https://bitbank.cc/

bitbannk(ビットバンク)の評価(5点満点)
総合評価
(4.5)
レバレッジ倍率
(5.0)
手数料
(5.0)
取扱い通貨数
(3.0)

bitbank.cc(ビットバンク)は、急成長している国内の仮想通貨取引所です。

全通貨ペアの取引手数料が無料で利用することができ、仮想通貨のレバレッジ取引だけでなく、現物売買を頻繁に行うユーザーに人気があります。

また、全通貨コールドウォレット・マルチシグ対応しており、セキュリティ面でも定評があります。

レバレッジ取引は最大20倍での取引が可能であり、トレーダーの使いやすさに配慮した設計となっています。

bitbank.cc(ビットバンク)の種類
  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • レバレッジ最大20倍

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

第二位 DMM Bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinの評価(5点満点)
総合評価
(4.5)
レバレッジ倍率
(4.0)
手数料
(5.0)
取扱い通貨数
(5.0)

DMM Bitcoinとは、2018年1月11日にオープンした日本の仮想通貨販売所です。

インターネットサービス業として様々なしくみを展開しているDMMが運営元で、大変話題となりました。

国内仮想通貨取引所としては珍しく、アルトコインでのレバレッジ取引にも対応しています。

対応しているアルトコインは、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、NEM(ネム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETC(イーサリアムクラシック)の6種類です。

また、インターネットサービス業としてのメリットを活かし様々なレバレッジ取引用ツールを提供しています。

DMM Bitcoinの種類
  • アルトコインでのレバレッジ取引が可能
  • 24時間365日のサポート体制
  • 様々なレバレッジ取引用ツールの提供

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

第三位 Liquid(リキッド)

出典: https://ja.quoinex.com/

Liquid(リキッド)の評価(5点満点)
総合評価
(4.0)
レバレッジ倍率
(5.0)
手数料
(3.0)
取扱い通貨数
(4.0)

Liquid(リキッド)はもともとQUOINEXという名称だった仮想通貨取引所。

2016年よりシンガポールと日本の2拠点で運営されている仮想通貨取引所です。

日本への進出は遅く、国内最大手であるbitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)と比べると知名度は高くありませんが、徐々に取引の出来高に高まっています。

様々な法定通貨に対応していることが特徴的であり、取引手数料においてもBTC/JPYが現物取引・レバレッジ取引ともに完全無料で利用できます。

顧客資産は常にコールドウォレットで保管されており、堅牢なセキュリティ体制を維持していることも特筆すべきポイントです。

Liquid(リキッド)の種類
  • BTC(ビットコイン)取引手数料が無料
  • 様々な法定通貨に対応
  • 堅牢なセキュリティ・運営体制

Liquid by Quoine公式サイトはこちら

Liquid by Quoineの登録はこちら

レバレッジ取引に最適な仮想通貨取引所とは?のまとめ

今回は、仮想通貨取引の種類の基礎を確認し、レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所をまとめていきました。

相場変動が大きい仮想通貨取引においては、現物取引をおこない安定的に資産を増やして行く手法が一般的です。

しかし、この相場変動を利用したレバレッジ取引は、現物取引では達成できない利益率をうみだすことも事実です。

今回の記事を参考に、リスクを最小限度にとどめてレバレッジ取引にチャンレンジしてみてください。