やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の予想価格|2019年の価格予想を銘柄ごとに徹底解説!

仮想通貨予想価格が知りたい・・・!

2019年はどの仮想通貨がおすすめ?

こんな気持ちを抱いていませんか?

2018年の仮想通貨は、バブルと暴落を一度に体験できた、豪華な1年となりました。

この記事では、2019年の仮想通貨の予想価格を徹底解説しています!

仮想通貨で頭がいっぱいの「仮想通貨オタク」が、最新情報から独自の分析でお伝えしていきます。

予想をする銘柄は、時価総額の上位通貨と、日本で人気の高い通貨です。

この記事を読めば、2019年の仮想通貨の予想価格のすべてがわかります!

ざっくり言うと

  • 2019年はビットコインETF仮想通貨市場は盛り上がりそう
  • イーサリアム時間をかけてゆるやかに値上がりするだろう
  • トロン大企業との提携が決まれば大幅に値上がりするかもしれない
  • 2019年に値上がりしそうなもっともおすすめの仮想通貨は間違いなくリップル
  • 2019年注目の通貨はGMOコインから購入しよう
  • リップルやイーサリアムはBITPointでは手数料を抑えて購入できる、初心者でも簡単に購入できるのはGMOコイン

仮想通貨_価格予想_GMO
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら



「ゼロはじ」読者が選んだ いま人気の取引所はこちら!
仮想通貨取引所ランキング1位1

CoinCheck

(5.0)
  • 東証一部マネックスグループ傘下、スマホアプリが非常に使いやすい
  • 取引手数料が無料で非常におすすめ!

CoinCheckの詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング2位2

DMM Bitcoin

(4.0)
  • ローラさんのテレビCMでも有名な、DMMグループが運営!
  • ネムのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング3位3GMOコイン

GMOコイン

(3.0)
  • 業界大手のGMOグループの仮想通貨取引所!安心してレバレッジ取引ができる!
  • 販売所だからすぐに仮想通貨が買える!

GMOコインの詳細を見る

ビットコイン(BTC)2019年の予想価格

仮想通貨_ランキング_ビットコイン

ビットコインは、サトシ・ナカモトという人物が開発した、世界ではじめての仮想通貨です。

ビットコインの現状

ビットコインは、発行から現在に至るまで、仮想通貨の象徴的存在です

仮想通貨の中でも、もっとも知名度が高く、世界中でその存在が認知されています。

その証拠として、単純な決済の役割だけではなく、価値の保存先としても、2018年は実際に使われています。

たとえば、現在通貨危機が行っているアルゼンチンなどの国では、ビットコインの取引高が増えているのです

価値の保存先としては、従来であれば「金」などの、歴史のある金融資産が使われていました。

つまりビットコインも、「金」と同様に価値があるものとして、人々が認めてきたと考えることができます。

ビットコインの今後

仮想通貨_予想価格_ビットコイン

2018年は、ビットコインETFの話題で持ちきりでした。

ビットコインETFとは?

ビットコインを使った、上場投資信託(英語の略称でETF)のことです。

通常の仮想通貨と違い、ビットコインETFは公的な機関が認可した取引所で取り扱われます。

「でもそれって、具体的に何がすごいねん?」と思うかもしれませんね。

ビットコインETFのすごいポイントは、以下の2つです。

ビットコインETFのすごいところ

  • 信頼性が高いので、機関投資家(大口の投資家)の資金が流入してくる
  • 世間一般のビットコイン認知度が大幅に上がる

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、「危ないもの」という悪いイメージが強いです。

みなさんのご両親などに聞いてみれば、99.99%くらいそんなイメージだと答えると思います。

しかし、公的な機関が認可した取引所で取り扱われることで、そういった悪いイメージも、良いイメージに変わります。

さらには、信頼性の高い取引所で取り扱われることで、機関投資家が参入してくる可能性が高いと言えます。

これによって、仮想通貨の市場に大規模な資金が流入してきます

そして、このビットコインETFは、早ければ来年中にも実現する可能性があるのです

2019年の予想価格

とにもかくにも、ビットコインは今後も特別な存在であることは、間違いありません。

「仮想通貨の市場の成長=ビットコインの成長」と考えてOKです。

そして、さきほど解説したように、2019年はビットコインETFが待っています。

こうしたことからも、「2019年はビットコインの価格が大幅に上昇する可能性が高い」と言えるでしょう。

イーサリアム(ETH)2019年の価格予想

仮想通貨_ランキング_イーサリアム
出典: https://www.ethereum.org/

イーサリアムはカナダ人プログラマーの、ヴィタリック・ブテリンによって開発された仮想通貨です。

アプリケーションの開発を行うことが、発行された目的となっています。

イーサリアムの現状

イーサリアムの現状は、あまりよくありません。

2018年12月時点では、イーサリアムの暴落により、関連プロジェクトで大規模な人材の解雇が行われています。

たとえば、ブロックチェーンコンサルティングを行う企業、Consensys(コンセンシス)では全従業員の50%~60%を解雇しています。

同社の顔でもある創業者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアムの共同創業者としても有名です。

同社の事業は、イーサリアムの価格が100ドル以上であることが前提だったようです。

そしてその100ドルを割り込んでしまったことで、大規模なリストラにつながったと考えられます

イーサリアムの今後

仮想通貨_予想価格_イーサリアム

現状はあまり良くないイーサリアムですが、今後の展望は非常に明るいと考えることができます

その理由の1つとして、現在発行されている仮想通貨のほとんどが、イーサリアムのネットワークを使っていることが挙げられます。

仮想通貨に限らず、どんな商品やサービスも、多くの場所でさまざまな人に使われることが非常に重要です

この点において、イーサリアムは他の仮想通貨と比べてもダントツで、いろんなプロジェクトで使われています。

こうしたことからも、今後の展望は非常に明るいと考えることができます。

2019年の予想価格

イーサリアムの2019年の価格予想は、「そこそこ価格が上昇するだろう」です。

プロジェクト自体がアプリケーションの開発を目的としたもので、すぐに結果がでるものではありません。

2019年は大規模なアップデートが控えていますが、それが終わっても多分価格は上昇しません

2019年以降は長い時間をかけて、ゆっくり価格が上昇していくことでしょう。

ここまで見てきたように、イーサリアムが優れていることは間違いないので、こうした結論となりました。

リップル(XRP)2019年の価格予想

仮想通貨_ランキング_リップル

出典: https://ripple.com/ja/xrp/

リップルは銀行間の国際送金を行うことを目的として、発行された仮想通貨です。

発行から供給のコントロール、PR活動から運営までを「リップル社」が行っています。

リップルの現状

リップルは、現在発行されている仮想通貨のなかでも、もっとも順調にプロジェクトが進んでいます

それと同時に、もっとも規模が大きいプロジェクトでもあります

国際送金は、数十兆円や数百兆円という、わけがわからないくらい大きな市場です。

この市場で、リップルはすでに100社以上の大手企業や有名銀行が、その技術を採用しています

口で言うのは簡単ですが、これはとてつもなく凄いことです。

こうしたことからも、リップルの現状は間違いなく「良い感じ」だと言えるでしょう。

リップルの今後

仮想通貨_予想価格_リップル

現状でも解説しましたが、リップルはもっとも大規模かつ順調にプロジェクトが進行しています。

着実に事業基盤を固めてきたこともあり、今後はさらにその成長が加速することでしょう

今後の展望は、「とことん明るい未来が待っている」と言うことができます。

2019年の予想価格

ここで断言しますが、2019年もっとも値上がりが期待できるのは「リップル」です

ここまで解説してきた現状も、今後の将来性に関しても、間違いなくダントツで有望です

2019年どの仮想通貨を買えば良いかわからない方は、リップルを買っておくことをおすすめします。

ビットコインキャッシュ(BCH)2019年の価格予想

仮想通貨_ランキング_ビットコインキャッシュ
出典: https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュは、ビットコインがハードフォークして誕生した仮想通貨です。

ハードフォークとは?

仮想通貨の機能を改善するために行われる、アップデートのことです。

多くの場合、ハードフォークと合わせて新しい仮想通貨が誕生します。

ビットコインキャッシュの現状

ビットコインキャッシュは自身のハードフォーク問題で、コミュニティ内が対立しています。

これによって、新しくビットコインキャッシュから、ビットコインSVという仮想通貨が誕生しています。

現在は双方が和解したようですが、この一連の騒動で、ビットコインキャッシュの価格は大幅に下落しています。

こういったこともあり、ビットコインキャッシュの現状は、非常に不安定であるということができます

ビットコインキャッシュの今後

仮想通貨_予想価格_ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ「送金速度が速く」「送金手数料が安い」という、2つの特徴を持っています。

これはビットコインの弱点でもある、「送金速度が遅く」「送金手数料が高い」というデメリットを克服したものです。

しかし、ビットコインライトニングネットワークの導入などで、こうしたデメリットを改善しつつあります。

ライトニングネットワークとは?

ブロックチェーンの外側に、決済専用のネットワークを作り取引を行う仕組みのことです。

送金速度が速く」「送金手数料が安い」という2つの特徴を持っています。

こうしたことからも、ビットコインキャッシュの存在価値は、徐々に薄れつつあります。

しかし、ビットコインキャッシュは著名人にも愛好家が多くいます。

たとえば、ビットコイン長者ロジャー・バー氏は、その愛好家の1人として有名です。

今後はこうした著名人たちによる後押しや、さらなる機能の改善が、成長の鍵となりそうです。

2019年の予想価格

2019年のビットコインキャッシュの予想価格は、「そこまで価格は上がらない」です。

ここまでで見てきたように、ビットコイン自体の性能が上がってきており、その存在感が薄れてきています。

ビットコインキャッシュを使うメリットが、正直あまり感じられません。

こういった点から、今回はこのような結論となりました。

ステラ(XLM)2019年の価格予想

仮想通貨_ランキング_ステラ

出典: hhttps://www.stellar.org/

ステラは個人間の送金で使うことを目的として発行された、仮想通貨です。

国際送金を目的としたリップルをベースにして、作られています。

送金速度が速く、送金から着金までわずか5秒という、とてつもない速さで送金を行うことができます。

ステラの現状

ステラの現状は、非常に良い状態です

アメリカのソフトウェア開発大手のIBMと提携し、国際送金の市場に参入することを発表しています。

つまり、リップルライバルですね。

このように、ステラは大企業が大きなプロジェクトに採用するほどの、確かな技術力を持っています

ステラの今後

仮想通貨_予想価格_ステラ

ステラの今後は、非常に明るいと言えるでしょう

先ほど解説したように、ステラには大企業が採用するほどの、確かな技術力があります。

IBMとの国際送金のプロジェクトが、着実に進行すれば、リップルをおびやかす存在になることは間違いありません。

2019年の予想価格

2019年のステラの価格予想は、「高い可能性で価格は上昇する」です。

ここまでで確認したように、IBMという大企業とのプロジェクトがステラにはあります。

IBMは世界中の銀行の98%以上を、顧客として持っています。

こうした点からも、ステラがさまざまな場所で使われるようになる可能性は高く、価格も上昇すると予測できます。

カルダノ(ADA)2019年の価格予想

仮想通貨_ランキング_カルダノ

出典: https://www.cardano.org/ja/home-2/

カルダノは、オンラインカジノのチップとして使うことを目的として発行された、仮想通貨です。

イーサリアムの開発にも携わった、チャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっています。

ビットコインイーサリアムに次ぐ、第3世代の仮想通貨として注目を集めています。

日本でもICOが行われたことから、日本人保有者も多いのが特徴です。

カルダノの現状

カルダノは、自身のプロジェクトを順調に進めています。

新しいロードマップには、チップとしてだけでなく、世界で使われる通貨を目指すと書かれています。

また、将来的に仮想通貨の敵となる、量子コンピューターへの耐性も備わっています。

カルダノの今後

仮想通貨_予想価格_カルダノ

カルダノは運営元がしっかりしています。

今後も着実に研究開発を進めていき、大企業政府との提携などが決まれば、さらなる成長が見込めるでしょう

現状の優れた機能をもとに、世界中で利用される可能性を持っている仮想通貨です。

2019年の予想価格

2019年のカルダノの予想価格は、「そこまで価格は上がらない」です。

優れた機能を持っており、将来的には世界中で使われる可能性があることは、間違いありません。

しかし、それはすぐに起こらないだろうと考えています。

今後に関して大きな噂もないので、少なくとも、2019年はさほど上がらないと今回は結論付けました。

ネム(XEM)2019年の価格予想

出典: https://nem.io/

ネム「新しい自由な経済活動を創出する」をコンセプトに発行された、仮想通貨です。

ネム財団の会長であるロン・ウォン氏が中心となり、PR活動などを行っています。

ネムの現状

ネムは日本国内でも人気の高い仮想通貨です。

日本ではネムの愛好家が集うバーがあったり、芸能人でもネム好きを公言する人がいます。

国内でも多くのユーザーがいる、コインチェックという取引所で取り扱っていたことが、その要因となっています。

仮想通貨としての性能も高く、「送金速度が速く」「送金手数料が安い」という2つの特徴を持っています。

ネムの今後

仮想通貨_予想価格_ネム

ネム財団はリップル社などと協力し、「Blockchain for Europe(欧州ブロックチェーン協会)」という団体を立ち上げています。

これは欧州の規制当局への、正しい情報提供を行うことを目的とした団体です。

また、近畿大学マレーシアUCSI大学などと提携し、ブロックチェーンの技術開発も行っています。

こうした点からもプロジェクト自体の運営がしっかりしており、将来性があると考えることができます。

2019年の予想価格

2019年のネムの価格予想は、「そこまで価格は上がらない」です。

ここまで見てきたように、運営もしっかりしており、人気もあり、性能も優れています。

しかし、ネムが実際にさまざまな場所で使われるようになるのは、まだ当分先でしょう

すくなくとも、2019年中にはそれは起こらないと思います。

こうした点から、今回はこの結論とさせていただきました。

トロン(TRX)2019年の価格予想

出典:https://tron.network/index?lng=en

トロンは中国人実業家の、ジャスティン・サンによって発行された仮想通貨です。

トロンのプラットフォームを使って、誰でも気軽にエンターテイメントを発信できることを、目的としています。

トロンの現状

トロンのプロジェクトは他の仮想通貨と比較しても、情報発信に積極的です

TwitterなどのSNSを使い、開発状況を一般に向けて頻繁に報告しています。

創業者のジャスティン・サンはプロジェクトの顔として、メディアでの発言やPR活動を積極的に行っています

MEMO
ここ最近では、イーサリアム関連で失業したエンジニアなどを、希望があれば雇用するといった声明も出しています

ちなみに、この雇用には条件があります。

現在開発しているアプリを、トロンのネットワークに持ってきて、開発を継続するというものです。

イーサリアムトロンにとって、アプリケーション開発を発行目的に掲げている、もっとも大きなライバルです

人材や開発したアプリがトロンに流れることで、イーサリアムにとっては大きな痛手となります。

こうした点からもジャスティン・サンは、やり手の経営者という感じがしますね。

トロンの今後

仮想通貨_予想価格_トロン

トロンはECサイトなどを運営する、中国の大手企業アリババとの提携も噂されています。

実際に創業者のジャスティン・サンは、アリババの会長と親交があるようです。

こうした大企業との提携が決まれば、今後のトロンの成長に大きな影響を与えることでしょう。

2019年の予想価格

2019年のトロンの価格予想は、「場合によっては大きく値上がりする」です。

トロンイーサリアムと同じく、アプリケーションの開発が主な発行目的です。

リスク(LSK)2019年の価格予想

出典:https://lisk.io/products

リスクはアプリケーションの開発を目的として発行された、仮想通貨です。

マックス・コーデック氏オリバー・ベドウス氏によって開発されました。

ブロックチェーンの外側に、さらに別のブロックチェーンを作る、「サイドチェーン」が特徴です。

リスクの現状

リスクはソフトウェア開発大手の、マイクロソフトが出資したことでも話題を集めました。

2018年はアプリの公開や、メインネットの移行など、着実にプロジェクトが進展しています。

リスクの今後

仮想通貨_予想価格_リスク

リスクは大手企業が注目している、確かな技術力があります。

今後は大手企業との提携などが行われるかどうかが、ポイントとなるでしょう。

2019年の予想価格

2019年のリスクの価格予想は、「そこまで価格は上がらない」です。

現状、着実にプロジェクトが進んでいますが、こういったアプリのプラットフォームは普及に時間がかかります。

大企業との提携などの噂なども現時点ではないため、こうした結論になりました。

2019年おすすめ銘柄が買える国内取引所TOP3

仮想通貨_いくらから_ランキング

ここからは、2019年におすすめの銘柄が買える、国内取引所TOP3を紹介していきたいと思います。

当サイト独自の5段階評価もつけているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

第1位 GMOコイン(ジーエムオーコイン)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://coin.z.com/jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(4.5)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(4.0)

安心度
(5.0)


おすすめの国内取引所、第1位はGMOコインです。

GMOコインでは以下の銘柄を取り扱っています。

GMOコイン取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

2019年に価格が上昇しそうな、ビットコインリップルも取り扱っています。

GMOコインの特徴「見やすく使いやすい取引画面」

仮想通貨_いくらから_GMOコイン

出典:https://coin.z.com/jp/

GMOコインの特徴は、「見やすく使いやすい取引画面」です。

仮想通貨の取引に不慣れな方でも、直感的にシンプルに、簡単に仮想通貨を購入することができます

こうした使いやすさが、GMOコインが国内取引所の中でも、人気を集めている理由の1つとなっています。

運営企業は東証一部上場企業の「GMOインターネット株式会社」

仮想通貨_いくらから_GMO

出典:https://www.gmo.jp/

GMOコインの運営企業は、東証一部上場企業の「GMOインターネット株式会社」です。

金融業界で長年にわたって事業を行ってきた同社は、蓄積されたノウハウでユーザーに最適な取引環境を提供します。

また、上場企業のため、資金力信頼性に関してもバツグンに高いと言えるでしょう。

何かトラブルが起こった際にも、補償はもちろんスピーディーに対応してくれること間違いなしです。

どこの取引所に登録すれば良いかわからないという方は、GMOコインに登録することをおすすめします!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://www.bitpoint.co.jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(4.5)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(5.0)

安心度
(5.0)


おすすめの国内取引所、第2位はBITPointです。

BITPointでは、以下の銘柄を取り扱っています。

BITPoint取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

GMOコインと同様に、2019年に価格が上昇しそうな、ビットコインリップルも取り扱っています。

BITPointの特徴は「取引手数料無料」で「スプレッドも狭い」こと

BITPointの特徴は「取引手数料無料」で仮想通貨を購入できる点です。

通常、仮想通貨を購入する場合には、取引手数料が発生します。

しかし、BITPointではこの取引にかかる手数料を無料で、仮想通貨を購入することができます。

さらにBITPointは、取り扱っている仮想通貨をすべて「取引所」で購入することができます。

取引所とは?
「取引所」では、取引板というものを使い、ユーザー同士が直接仮想通貨を取引できます。

スプレッド(買いと売りの価格差)が狭い点が特徴です。

一般的に、ほかの国内取引所では、販売会社から直接仮想通貨を購入する「販売所」が主流です。

「販売所」では、簡単に仮想通貨を購入することができますが、スプレッドがおおきくなる傾向があります。

これに対して、「取引所」ではスプレッドが狭いことで、仮想通貨の取引にかかる費用を安くすることができます。

そのためBITPointでは、取引手数料無料と合わせて、よりお得に仮想通貨を購入することができるのです

MEMO

スプレッドについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください!

spread-thumbnail仮想通貨取引所のスプレッドは差が小さい方がいい!どこがお得か徹底比較してみた

運営企業は東証二部上場企業の「株式会社Remxpoint」

仮想通貨_いくらから_remix

出典:https://www.remixpoint.co.jp/

BITPointの運営企業は、東証二部上場企業の「株式会社Remxpoint」です。

あまり聞きなじみのない会社かもしれませんね。

しかし、同社は仮想通貨の取引所以外にもさまざまな事業を手掛けています。

そのため、単純に上場企業というだけでなく、しっかりとした経営基盤に支えられた、信頼性の高い企業です

「できるだけ安心できる取引所で、お得に仮想通貨を購入したい!」という方は、BITPointがおすすめです!

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

第3位 フィスコ仮想通貨取引所

仮想通貨始め方スマホ

出典: https://fcce.jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(5.0)

使いやすさ
(4.5)

手数料
(4.5)

安心度
(5.0)


おすすめの国内取引所、第2位はフィスコ仮想通貨取引所です。

フィスコ仮想通貨取引所では、以下の銘柄を取り扱っています。

フィスコ仮想通貨取引所取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

2019年に価格が上昇しそうな、ビットコインが購入できちゃいます。

フィスコ仮想通貨取引所の特徴「他では買えない仮想通貨が買える」

フィスコ仮想通貨取引所の特徴は「他では買えない仮想通貨が買える」という点です。

ここまで見てきた2社は、取り扱い通貨が全体的に似ていましたね。

これに対してフィスコ仮想通貨取引所では、モナコインカイカコインなど珍しい仮想通貨を購入することができます。

また、独自に発行しているフィスココインも購入することができます。

このコインは、フィスコが提供するさまざまなサービスに利用することもできる、優れたコインです。

こうした珍しい仮想通貨を購入できる点は、独自の特徴と言えるでしょう。

運営企業は金融の老舗メディア「株式会社フィスコ」

フィスコ

出典:http://www.fisco.co.jp/

フィスコ仮想通貨取引所の運営企業は、金融の老舗メディアを運営する「株式会社フィスコ」です。

同社は長年にわたって、国内外の金融関係の情報を配信してきました。

ヤフーなどの大きなメディアにも、情報を提供しています。

また、金融関係の事業だけでなく、アパレルや旅行事業など、さまざまな業種を運営している企業です。

そのため、信頼性資金力どちらも申し分ないということができるでしょう。

「信頼性のある取引所で、他では買えない珍しい仮想通貨が買いたい」という方には、非常におすすめの取引所です。

→ Fisco(フィスコ)の公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

仮想通貨予想価格まとめ

仮想通貨_予想価格_まとめ

以上、仮想通貨の予想価格について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると

  • 2019年はビットコインETFビットコイン価格は上昇する可能性が高い
  • イーサリアム徐々に価格が上昇しそう
  • トロン噂になっているアリババなどの大企業との提携が決まれば大幅に値上がりするかもしれない
  • 「リップル」2019年ントツで値上がりしそうな銘柄
  • GMOコインは2019年一押しのリップルが買える!初心者でも見やすく使いやすい取引画面でおすすめの取引所!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら


2018年の仮想通貨は、暴騰と暴落で非常に波の大きな1年間でした。

2019年は仮想通貨にとって、今後を占う大事な年となることでしょう。

みなさんも、今後の仮想通貨の動向に、ぜひ注目してみてくださいね!