やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の2019年予想を徹底解説|バブルは来る?狙い目もわかる決定版!

仮想通貨2019_アイキャッチ

仮想通貨2019年の予想が知りたい!

2019年バブル狙い目の仮想通貨は?

こんな気持ちを抱いていませんか?

2018年は、バブルとその崩壊で、ジェットコースターのような1年でした。

この記事では、さまざまな情報をもとに、2019年の主要な仮想通貨の予測を徹底的に行っていきます!

この記事を読めば、仮想通貨の2019年の予測のすべてがわかります!

ざっくり言うと
  • ビットコインETFの承認がおりればビットコインの価格は大幅に上昇するだろう
  • イーサリアム2019年はそこそこ価格が上昇する!長期的にみればさらに上昇する
  • トロン大企業との提携が決まるかが価格上昇の分岐点となる
  • リップル2019年にほぼ間違いなく価格が上昇する期待度の高い仮想通貨
  • GMOコインはそのリップルが買える初心者でも使いやすいおすすめの取引所!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

ビットコイン(BTC)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_ビットコイン

ビットコインは世界ではじめて誕生した仮想通貨です。

サトシ・ナカモトという謎の人物が、ネット上に投稿した論文をもとに開発が行われました。

結論を言うと、2019年のビットコイン「大幅に値上がりし、信頼性も向上する」と言えます。

なぜこうした結論になるのか、詳しい内容を確認していきましょう。

2019年のビットコイン予測の詳細

仮想通貨_予想価格_ビットコイン

2018年は、ビットコインETFの話題で仮想通貨市場は持ちきりでした。

ビットコインETFとは?

ビットコインを使った、上場投資信託のことです。

経済指標と連動した、安定したパフォーマンスが期待できます。

ビットコインETFは、公的な機関に認可された証券取引所で取り扱われるため、信頼性が高い点が特徴です。

そのため、機関投資家(大口の投資家)が仮想通貨市場に、参入してくると言われています。

これによって、ビットコインのみならず仮想通貨市場全体が、大きな成長を遂げる可能性があります

ビットコインETFSEC(証券取引委員会)という機関に、上場のための承認を受けなければいけません。

2018年中には実現すると言われていましたが、2019年の1月に承認の判断が持ち越しになってしまいました

逆に言うと、2019年の1月に上場が承認された場合、機関投資家の大量の資金が流入してきます。

こうしたことから、先ほどの「大幅に値上がりし、信頼性も向上する」結論が導き出されました。

イーサリアム(ETH)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_イーサリアム
出典: https://www.ethereum.org/

イーサリアムは、アプリケーションの開発を目的として、発行されました。

開発者はカナダ人プログラマーの、ヴィタリック・ブテリンという人物です。

仮想通貨の世界では、非常に影響力のある人物なので、知らない方はぜひこの機会に覚えてくださいね。

2019年のイーサリアム予測の結論を言うと、「性能がさらに向上し、そこそこ価格が上昇する」です。

どうしてこういった結論が出たのか、詳しい内容を確認していきましょう。

ヴィタリック・ブテリンのTwitterはこちらから!

2019年のイーサリアム予測の詳細

仮想通貨_予想価格_イーサリアム

イーサリアムはバブル崩壊後から、急激に価格が下落しています

関連したプロジェクトでも、価格の下落によって大規模なリストラが行われています

しかし、性能や開発チームの技術力・信頼性が確かなことは間違いありません

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

イーサリアムの優れているところ
  • 現在発行されているほとんどの仮想通貨は、イーサリアムプラットフォームを使っている
  • 自動で契約を実行してくれる機能「スマートコントラクト」が実装されている
  • 開発者のヴィタリック・ブテリンは天才で非常に誠実な人物

また、2019年中にはマイニング方式の変更など、大規模なアップデートも予定されています。

こうしたことから、長期的に考えればイーサリアム確実に値上がりすることが期待できます

しかし、その時が来るのは、イーサリアム実生活のさまざまな場所で使われるようになった時です

2019年中にそれが起こるとは考えづらいでしょう。

「性能がさらに向上し、そこそこ価格が上昇する」という結論になりました。

リップル(XRP)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_リップル

出典: https://ripple.com/ja/xrp/

リップルは、国際送金で使うことを目的として発行されました。

発行からPR活動、供給のコントロールまで、「Ripple Inc.」という企業が行っています。

結論を言うと、「リップルは間違いなく値上がりし、より多くの場所で使われる」と言えます。

ここからは、その詳細を確認していきましょう。

「Ripple Inc.」のホームページはこちらから!

2019年のリップル予測の詳細

仮想通貨_予想価格_リップル

リップルは現在発行されている仮想通貨の中でも、もっとも大きなスケールで順調にプロジェクトが進んでいます

2018年時点でのリップルの実績
  • リップルが提供するネットワークには、国内外からすでに100社以上が参加している
  • リップルを使った国際送金の実証実験が数多く行われている
  • リップルの技術を使った個人間送金アプリ「MoneyTap」がすでにリリースされている

ここで紹介したのは、ほんの一部であり、これ以外にも2018年だけで数多くのポジティブなニュースがありました

リップルには、実際に使われているという実績があり、さらに大規模に使われる基盤がすでに作られています

そして、2019年はさらにその成長速度が加速することでしょう。

こうしたことから、「リップルは間違いなく値上がりし、より多くの場所で使われる」という結論を出すことができました。

2019年に仮想通貨取引で利益を出したい人は、リップルが狙い目です!

ビットコインキャッシュ(BCH)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_ビットコインキャッシュ
出典: https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュは、ビットコインをベースに作られた仮想通貨です。

ビットコイン長者のロジャー・バー氏など、著名人にも愛好家が多くいます。

結論を言うと、ビットコインキャッシュの2019年は「価格も上昇せずパッとしない」です。

どうしてこのような結論が出たのか、詳細を確認していきましょう。

ロジャー・バー氏のTwitterはこちらから!

2019年のビットコインキャッシュ予測の詳細

仮想通貨_予想価格_ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、コミュニティ内が大荒れで、非常に不安定な状態にあります

もともとビットコインキャッシュは、ビットコイン悪い部分を改善するために開発されました。

しかし、ビットコインはさまざまな技術の開発が行われたことで、その悪い部分が改善されつつあります。

そうなると「ビットコインキャッシュって必要なくね?」と考えることができます。

もちろんこれは個人的な見解ではありますが、将来的にはその存在意義が危ぶまれるのではないかと思います

こうしたことより、2019年は「価格も上昇せずパッとしない」という結論となりました。

ステラ(XLM)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_ステラ

出典: hhttps://www.stellar.org/

ステラは仮想通貨のリップルをベースに、個人間の送金で使うことを目的として発行されました

送金にかかる時間はわずか5秒と、とてつもない速さで送金をすることができます。

結論を言うと、ステラの2019年は「価格も上昇し未来は非常に明るい」ということができます。

2019年ステラ予測の詳細

仮想通貨_予想価格_ステラ

ステラは大手企業のIBMと提携し、「IBM Blockchain Wire」という国際送金のプロジェクトを行っています。

IBMという大企業とのプロジェクトは、ステラさまざまな場所で使われる可能性が高いことを示しています

これによってステラの価値は、大幅に上昇することが期待できます。

また、すでにIBMは世界中の銀行を顧客に持っています。

そのため、プロジェクトの進行スピードは速いと考えることができます。

こうしたことから、ステラの2019年は「価格も上昇し未来は非常に明るい」と結論を出しました。

カルダノ(ADA)2019年の予測

仮想通貨_ランキング_カルダノ

出典: https://www.cardano.org/ja/home-2/

カルダノは、オンラインカジノのチップとして使うことを目的として発行されました。

イーサリアムの開発にも携わった、チャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっています。

結論を言うと、2019年のカルダノ「堅実にプロジェクトが進み、そこそこ価格が上昇する」です。

ここからは、その詳細を確認していきましょう。

チャールズ・ホスキンソン氏のTwitterはこちららから!

2019年のカルダノ予測の詳細

仮想通貨_予想価格_カルダノ

カルダノのここ最近の運営体制に対して、チャールズ・ホスキンソン氏らは不満の声をあげていました。

しかしここにきて、CEOであるMichael Parson氏が辞任したことで、組織が再編成されています。

カルダノには、将来的に仮想通貨の敵となる量子コンピューターへの耐性があり、第3世代の仮想通貨と言われています。

しかし、実際にどこかで採用されたという事実や、大企業と提携したといったビッグニュースは出ていません。

こうした点を踏まえて、「堅実にプロジェクトが進み、そこそこ価格が上昇する」という結論を出しました。

トロン(TRX)2019年の予測

出典:https://tron.network/index?lng=en

トロンはエンターテイメントコンテンツを作成し、発信できるプラットフォームです。

中国人実業家の、ジャスティン・サン氏によって発行された仮想通貨です。

結論を言うと、トロンの2019年は「爆発的な値上がりと普及が起こるかもしれない」です。

詳しい内容を確認していきましょう。

ジャスティン・サン氏のTwitterはこちらから!

2019年トロン予測の詳細

仮想通貨_予想価格_トロン

トロンジャスティン・サン氏は、中国の大手企業であるアリババの会長とも親交があります。

また、自身のTwitterで「大手企業との提携の予定がある」とツイートしています。

この大手企業というのが、アリババであるのではないかという噂が流れています。

もしこの提携が実現すれば、トロンの価格上昇は間違いないです。

さらにその信頼性も向上し、広範囲で普及する可能性があります。

こうしたことから、「爆発的な値上がりと普及が起こるかもしれない」という結論に達しました。

2019年値上がりしそうな仮想通貨が買える国内取引所TOP3

仮想通貨_いくらから_ランキング

ここからは、おすすめの国内取引所TOP3を紹介していきたいと思います。

当サイト独自の5段階評価もつけているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

第1位 GMOコイン(ジーエムオーコイン)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://coin.z.com/jp/

取引所の評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.0)
安心度
(5.0)

おすすめの国内取引所、第1位はGMOコインです。

GMOコインでは、以下の銘柄を取り扱っています。

GMOコイン取り扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

今回紹介した仮想通貨も、たくさん取り扱っていますね。

GMOコインの特徴「見やすく使いやすい取引画面」

仮想通貨_いくらから_GMOコイン

出典:https://coin.z.com/jp/

GMOコインの特徴は、「見やすく使いやすい取引画面」です。

わかりやすい取引画面で、購入から売却までワンタッチででき、簡単に仮想通貨の取引ができます

運営企業は東証一部上場企業の「GMOインターネット株式会社」

仮想通貨_いくらから_GMO

出典:https://www.gmo.jp/

GMOコインの運営企業は、東証一部上場企業の「GMOインターネット株式会社」です。

同社は、金融業界で長年にわたって事業を行ってきています。

そのため、資金力信頼性の面では非常に優れています。

どこの取引所に登録すれば良いかわからない、特に初心者の方は、GMOコインに登録することをおすすめします!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://www.bitpoint.co.jp/

取引所の評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(5.0)
安心度
(5.0)

おすすめの国内取引所、第2位はBITPointです。

BITPointでは、以下の銘柄を取り扱っています。

BITPoint取り扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

GMOコイン同様に、今回紹介した仮想通貨も多く取り扱っていますね。

BITPointの特徴は「お得に仮想通貨を購入できる」

BITPointでは、取引手数料無料で、お得に仮想通貨を購入することができます。

「少しでも費用を抑えて仮想通貨を購入したい!」といった方には、まさにピッタリの取引所です。

運営企業は東証二部上場企業の「株式会社Remxpoint」

仮想通貨_いくらから_remix

出典:https://www.remixpoint.co.jp/

BITPointの運営企業は、東証二部上場企業の「株式会社Remxpoint」です。

仮想通貨以外にも、電力の事業など、多方面で活躍している企業です。

上場企業の信頼性ある取引所で、お得に仮想通貨を購入したい方はBOTPointがおすすめです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

第3位 フィスコ仮想通貨取引所

仮想通貨始め方スマホ

出典: https://fcce.jp/

取引所の評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
手数料
(4.5)
安心度
(5.0)

おすすめの国内取引所、第3位はフィスコ仮想通貨取引所です。

フィスコ仮想通貨取引所では、以下の銘柄を取り扱っています。

フィスコ仮想通貨取引所取り扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

今回紹介した通貨だと、ビットコインビットコインキャッシュが購入できますね。

フィスコ仮想通貨取引所の特徴「ちょっと珍しい通貨も買える」

フィスコ仮想通貨取引所では、モナコインカイカコインなど、ちょっと珍しい仮想通貨を買うことができます。

また、取引所で独自に発行しているフィスココインも購入可能です。

運営企業は老舗の金融メディア「株式会社フィスコ」

フィスコ

出典:http://www.fisco.co.jp/

フィスコ仮想通貨取引所の運営企業は、金融の老舗メディアを運営する「株式会社フィスコ」です。

そのため、信頼性はバツグンに高いと言えます。

それだけでなく、とてつもない資金力も持っています。

その証拠として、2018年に起きた国内取引所Zaif(ザイフ)のハッキング事件があります。

この事件では、数十億円という被害額を、フィスコが買収する形で補填しています。

「信頼性と資金力のある取引所で、さまざまな仮想通貨を購入したい!」という方には、まさにピッタリの取引所です。

→ Fisco(フィスコ)の公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

仮想通貨の2019年予想を徹底解説のまとめ

仮想通貨_予想価格_まとめ

以上、仮想通貨の予想価格について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると
  • ビットコインETFによってビットコインだけでなく仮想通貨全体が上昇する
  • イーサリアムの性能や技術力は確かなもの!しかし普及には時間がかかる
  • トロンアリババとの提携で大化けするかもしれない
  • リップルもっとも順調にプロジェクトが進んでいる!2019年も間違いなく上昇するだろう
  • GMOコインはそのリップルが買える初心者に超おすすめの国内取引所!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

今回予測したもの以外にも、要注目の仮想通貨が数多くあります。

みなさんも、今後の仮想通貨の動向に、ぜひ注目してみてくださいね!