やさしい仮想通貨の始め方を解説

2019年最強の取引所はどこだ?仮想通貨取引所の完全比較ランキング!

仮想通貨_取引所_比較_アイキャッチ

2019年最強の取引所を見つけるため、様々なニーズや目的別に仮想通貨取引所を比較し、その比較ポイントを元にランキングにしています。

初心者だけどどこの取引所で口座開設するべき?
仮想通貨FXにおすすめの取引所ってどこ?
リップルを買いたいけど、どこで買うのがベスト?

など、あなたの取引所選びの参考になれば幸いです。

なお「bitFlyer」と「Zaif」は口座開設の新規申し込みを一時停止中ですので、比較対象に加えていません。

bitFlyer業務改善命令について
2019年7月5日(金)更新 一時、bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていませんでしたが、現在では新規登録の受付を再開しています。
Zaifの新規口座受付停止について
2018年9月29日(土)更新 現在Zaifは、不正アクセス被害により新規口座開設を中止しています。 受付が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

【最新版】2019年最強の仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨_取引所_比較_ランキング

国内のすべての取引所を様々な面から比較し、比較ランキングにしています。

取引所選びに迷った方はこちらから選んでみてはいかがでしょうか?

1位:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

東証一部上場のGMOグループが運営している取引所です。

販売所・取引所・FXと多彩な取引に対応しており、初心者から上級者まで多くのユーザーに使われています。

特徴はなんといっても圧倒的に使いやすいユーザーインターフェースで、少々の独特の取引画面になっていますが、初心者でも直感的に使うことができます。

スマホアプリも使いやすいと評価が高く、2019年イチオシの取引所です。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

動画配信サービスやネット証券、FXなどで有名なDMMグループが運営している取引所です。

上場企業ではないですが、非常に資金力のある会社なので、タレントのローラさんをイメージキャラクターにしたテレビCMなども放映されています。

販売所とFXのみとなり板取引はできませんが、FXではネムやリップルなどアルトコインの通貨ペアも充実しています。

口座開設で1,000円プレゼントや取引で最大1万円キャッシュバックなど、太っ腹なキャンペーンも開催しています。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

3位:ビットポイント

 

ビットポイントの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

ホットウォレットとコールドウォレットを組み合わせた独自の自社開発ウォレットにより高いセキュリティを実現しています。

初心者でも簡単に仮想通貨の売買ができるWEB取引ツールやFXの自動売買などもできるMeta Trader4など豊富な取引ツールによって、初心者から上級者まで多くのユーザーに支持されている取引所です。

各種入出金手数料や取引手数料も無料とコスパにも優れています。

本田圭佑さんをイメージキャラクターにし、口座開設+5万円入金で3000円相当のビットコインをプレゼントなど、キャンペーンも随時開催しており、いま人気急上昇中の取引所です。
BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

4位:コインチェック

コインチェック

コインチェックの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(4.0)

使いやすさ
(5.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

NEM盗難事件により著しく評価を下げてしまいましたが、マネックスグループによる再建は順調に進んでおり、着々と人気を取り戻してきています。

非常に使いやすいWEB取引画面やスマホアプリ、豊富な取り扱い通貨など取引所としての基本スペックは高いので今後が楽しみな取引所のひとつです。

レバレッジ取引はなく、販売所と取引所のみとなっています。
bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

5位:ビットバンク

ビットバンク

ビットバンクの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(4.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

洗練されたトレード画面、サクサク動き使いやすいスマホアプリなど取引ツールが充実している取引所です。

取引量も多く、特にリップルの取引量の多さは世界でも有数です。

セキュリティレベルも非常に高く、取り扱い通貨のほぼすべてをコールドウォレット&マルチシグネチャに対応させています。

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

6位:Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(4.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(4.5)

Quoine(コインエクスチェンジ)が大幅なリニューアルをして誕生した取引所が「Liquid(リキッド)」です。

高い流動性と豊富な取り扱い通貨を誇り、国内の取引所では珍しく米ドルやユーロなど海外の法定通貨との通貨ペアも充実しています。

現物取引とレバレッジ取引に対応し、取引手数料も無料です。

Liquid by Quoine公式サイトはこちら

Liquid by Quoineの登録はこちら

7位:Huobi

Huobi

Huobiの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(4.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(4.5)

Huobiは中国を本拠地として世界130カ国に展開する大手海外取引所です。

日本の取引所「ビットトレード」の親会社となることで、本格的に日本市場へ進出することとなりました。

約300人の大手企業出身のエンジニアを擁し、安定したシステムと高いセキュリティを誇っている世界有数の取引所です。
BitTrade公式サイトはこちら

BitTradeの登録はこちら

8位:フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所の評価

コスト・手数料
(4.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(4.0)

取り扱い通貨
(4.0)

総合評価
(4.5)

トレーダー向けに投資支援サービスなどを行っているジャスダック上場企業「フィスコグループ」が運営する取引所です。

あまり目立った存在ではありませんでしたが、Zaifへの金融支援を発表し、Zaifの運営を開始することになり一躍知名度がアップしました。

これまでの良い意味でも悪い意味でも尖っていたZaifを上場企業が運営することで、どのような科学変化が起きるか期待されています。

ただしいまのところフィスコ仮想通貨取引所とZaifは別々の取引所として運営していくようです。→ Fisco(フィスコ)の公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

9位:BTCボックス

BTCボックス

BTCボックスの評価

コスト・手数料
(3.0)

運営会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(4.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(4.0)

2014年から運営しており取引所として老舗の部類に入ります。

取り扱い通貨が「BTC」「BCH」「LTC」「ETH」の4種類のみと少ないですが、システムの安定性が非常に高く、運営開始からこれまで一度もシステムダウンを起こしたことがありません。

派手さがなく地味なイメージのためかあまり評判は良くありません。

とはいえ取引所として必要十分な機能は持っている堅実な取引所です。

BTCボックスの公式サイトはこちら

BTCボックスの登録はこちら

10位:VC TRADE

VC TRADE

VC TRADEの評価

コスト・手数料
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

取り扱い通貨
(5.0)

総合評価
(5.0)

ネット証券やネットバンクなどでも有名なSBIグループ「SBIバーチャル・カレンシーズ」が運営している取引所です。

SBIグループ代表の北尾吉孝氏は、以前からリップルの将来性に大きな期待を寄せていることを何度も公言しています。

取り扱い通貨が「XRP(リップル)」「BTC(ビットコイン)」「BCH(ビットコインキャッシュ)」「ETH(イーサリアム)」の4種類のみで、板取引はなく販売所形式(簡単売買)のみとなっています。

日本円の入金は住信SBIネット銀行のみからとなっています。

VC TRADEの公式サイトはこちら

VC TRADEの登録はこちら

初心者におすすめの2019年最強の取引所はここ!

仮想通貨の取引が初めて!という初心者の方におすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

初心者の方は高機能・多機能な取引所よりも、まずは簡単ですぐに取引ができる取引所を選び、仮想通貨に慣れることから始めましょう。

ランキングの最後では初心者の方が仮想通貨取引所を選ぶときの重要比較ポイントと、その比較ポイントを元にした各取引所の比較表も記載していますので参考にしてみてください。

2位:ビットポイント

ビットポイント

ビットポイントの評価

スマホアプリの使いやすさ
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(5.0)

ユーザーサポート
(5.0)

総合評価
(5.0)

初心者から上級者まで対応できる4種類の取引ツールを備え、各種手数料も無料。

現在、総合力でもっとも高いレベルにある取引所です。

取引所の中で唯一フリーダイヤルによる電話サポートを提供しており、何か分からないことがあったときも通話料無料で親切・丁寧なサポートを受けることができます。

正確には販売所形式(簡単売買)ではなく取引所形式(板取引)となりますが、簡単売買のような手軽さで取引できる使いやすい取引ツールが魅力です。

板取引となるので購入価格も販売所形式よりも安いです。
BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

1位:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価

スマホアプリの使いやすさ
(5.0)

運営会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ対策
(4.0)

ユーザーサポート
(4.0)

総合評価
(4.5)

販売所形式と取引所形式を併設しており、慣れるまでは販売所、慣れてくれば取引所を使うという風に簡単に使い分けることができます。

さらに仮想通貨FXもでき、仮想通貨の取引ならほぼなんでもできるオールマイティさを備えています。

スマホアプリの使いやすさには定評があり、いつでもどこでもスマホで簡単に取引できるのも魅力です。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

3位:コインチェック

コインチェック

コインチェックの評価

スマホアプリの使いやすさ
(5.0)

運営会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ対策
(3.0)

ユーザーサポート
(4.0)

総合評価
(4.0)

まだまだNEM盗難事件のマイナスイメージは払拭できていないですが、買収したマネックスグループの元、着々と再建は進んでいます。

元々、使いやすい取引画面・アプリが魅力でユーザー数を伸ばしていた取引所なので、懸念材料である運営会社の信頼性とセキュリティ対策をクリアできれば、ナンバーワンに返り咲くのも夢ではないでしょう。

電話でのサポート窓口を設けてはいますが、こちらは苦情や不正ログインなどの緊急時のみの対応となっています。

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

coincheck(コインチェック)の登録はこちら

初心者が取引所を選ぶときの重要比較ポイント!

「仮想通貨に興味を持ってはいるものの、買い方・売り方もまったく分からない!」そんな初心者さんはとにかく簡単で使いやすい取引所がおすすめです。

さらに何か分からないことがあったり、困ったときに頼れるサポート体制が充実していることも重要。

また取引所が倒産したり、不正出金などの被害に遭わないように、運営会社の信頼性や取引所のセキュリティがしっかりしていることも大事なポイントです。

比較ポイントその1:販売所あり

仮想通貨の取引所には主に「販売所形式(簡単売買)」と「取引所形式(板取引)」の2種類があります。

販売所形式は別名「簡単売買」とも呼ばれ、その名の通り誰でも簡単に仮想通貨の購入・売却ができるのが特徴です。

ネット通販で買い物するような感覚で、ボタンひとつで仮想通貨の取引ができるので、初心者さんは「販売所形式(簡単売買)」を採用している取引所を選ぶようにしましょう。

「取引所形式(板取引)」は魚の競りのような感じで、多くのユーザーが集まってお互いに売買の条件を出し合い、マッチングすれば取引が成立する形式です。

板と呼ばれる注文パネルにそれぞれのユーザーの注文が掲載されるので「板取引」とも呼ばれます。

簡単売買よりもお得な相場価格で取引できるメリットがありますが、独特の取引方法や注文方法などに慣れるまではちょっと難しいです。

比較ポイントその2:スマホアプリが使いやすい

スマホアプリを使った方がパソコンでやるよりも簡単・手軽に取引できるので便利です。

スマホアプリにはiOS版、Android版があり、両方に対応している場合と、どちらかにしか対応していない場合があります。

またスマホアプリにはパソコン版と同等の機能を持っているものと、機能が制限されている場合があるので注意が必要です。

比較ポイントその3:会社の信頼性が高い&取引所のセキュリティが高い

初心者だけでなく、すべてのユーザーにとって重要な項目ですが、取引所の運営会社の信頼性、不正アクセスや盗難対策などの取引所のセキュリティ対策などは非常に重要なポイントです。

仮想通貨が盗まれるなどのトラブルが起こらないようにしっかり対策していることはもちろん、万が一、起こってしまった場合にしっかり補償できるような体力のある企業であることが重要ですね。

比較ポイントその4:サポートが充実

やはり初心者のうちは注文方法が分からなかったり、何かトラブルが起こったときに頼れるサポート体制が充実している方が安心です。

取引所のサポートには、サポートサイトなどに掲載されている「よくある質問と回答」などでの自己解決する方法と、メールや電話でオペレーターに問い合わせる方法があります。

サポートサイトの情報が充実していればわざわざ問い合わせしなくてもすぐに解決することができます。

オペレーターへの問い合わせ方法もメールだけでなく、チャットや電話など多彩な手段に対応している方が使い勝手が良いですね。

また電話サポートもフリーダイヤル対応の方が電話料金を気にせず、じっくりと不明点を問い合わせることができます。

比較表

2018年2月6日現在

取引所販売所形式(簡単売買)スマホアプリ運営会社の信頼性取引所のセキュリティサポート
Liquid by Quoine×BAメール
ビットバンク×BAメール
VC TRADE×AB電話
GMOコインABメール
チャット
Huobi×AndroidのみAAメール
BTCボックス×CCメール
ビットポイントAAメール
電話(フリーダイヤル)
DMM Bitcoin×ABメール
LINE
フィスコ仮想通貨取引所×ABメール
電話
コインチェックBCメール
電話(苦情・緊急時のみ)

※運営会社の信頼性は、運営歴、資本金の多寡、株主構成や親会社などを元に、著者独自の基準にてABCの3段階で評価しています。(A:良い、B:普通、C:イマイチ)

 

※取引所のセキュリティは2段階認証、コールドウォレット・マルチシグの対応状況、SSL評価などを元に、著者独自の基準にてABCの3段階で評価しています。(A:良い、B:普通、C:イマイチ)

仮想通貨FXに最適な2019年最強の取引所はここ!

仮想通貨FXをするのにおすすめの取引所をランキング形式で紹介しています。

仮想通貨FXは取引所のスペックが非常に重要になってきますので、慎重に選ぶようにしましょう。

ランキングの最後では仮想通貨FXをする取引所を選ぶための重要比較ポイントを解説しています。

さらにその比較ポイントを元にした各取引所の比較表も記載していますので参考にしてみてください。

1位:Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの評価

取引手数料・スプレッド
(5.0)

レバレッジ手数料
(5.0)

流動性
(5.0)

サーバーの安定性
(5.0)

レバレッジ
(5.0)

通貨ペア
(4.0)

総合評価
(4.5)

CoinMarketCapによる取引量による世界の仮想通貨取引所トップ100でも39位にランクイン(2018年2月6日現在)しており、非常に高い流動性が魅力です。

レバレッジも最大25倍と国内の取引所の中ではもっともハイレバレッジでの取引が可能です。

レバレッジ手数料も1日あたり0.025%と国内取引所の中ではもっとも低いので、スイングトレードなど日をまたいでポジションを保有し続ける場合のコストも安いです。

もう少しアルトコインの通貨ペアも増えてくれるとさらに良くなるでしょう。

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

coincheck(コインチェック)の登録はこちら

2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価

取引手数料・スプレッド
(5.0)

レバレッジ手数料
(4.0)

流動性
(3.0)

サーバーの安定性
(4.0)

レバレッジ
(4.0)

通貨ペア
(5.0)

総合評価
(4.0)

流動性とサーバーの安定性に課題はあるものの、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、ネムなど多数のアルトコインの通貨ペアを取引できます。

また円建てだけでなく、ビットコイン建ての通貨ペアも充実しています。

レバレッジは固定4倍とそこまでハイレバレッジの取引はできません。
DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

3位:ビットポイント

ビットポイント

ビットポイントの評価

取引手数料・スプレッド
(5.0)

レバレッジ手数料
(4.0)

流動性
(4.0)

サーバーの安定性
(5.0)

レバレッジ
(3.0)

通貨ペア
(3.0)

総合評価
(4.0)

取引高はLiquid by Quoineに次いで2番目で、高い流動性を誇っています。

レバレッジは最大4倍とあまりハイレバレッジでの取引ができないのが玉に瑕ですが、MetaTrader4(MT4)に対応しており、自動売買をすることもできます。

ビットコインの通貨ペアのみとなり、アルトコインのFXができないのがマイナスポイントです。
BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

仮想通貨FXをする取引所選びの重要比較ポイント

仮想通貨FXに最適な取引所選びの主な基準は下記の7点です。

仮想通貨FXをする取引所選びの重要比較ポイント

  • 取引手数料の安さ・スプレッドの狭さ
  • レバレッジ手数料(スワップ手数料)の安さ
  • サーバーの安定性・強さ
  • 取引高が多く、流動性が高い
  • レバレッジ
  • 通貨ペア

考慮するべきポイントが少し多いですが、どれも重要なポイントなのでしっかりと比較検討するようにしましょう。

取引手数料の安さ・スプレッドの狭さ

仮想通貨FXは現物取引とは違い「一度購入して置いておく。」というような取引ではありません。

購入したなら必ず売却する必要があるので、最低でも2回のトレードが必要です。

またスキャルピングやデイトレードなどでは1日に何度も取引をするので、取引手数料が高いとその分、余計な手数料を多く支払うことになります。

FXをするに当たって取引手数料の安さは最重要ポイントと言っても過言ではありません。

またスプレッドの狭さも重要です。

スプレッドとは購入価格と売却価格の差額で、スプレッドが広い(大きい)とポジションを持った瞬間に大きな損失を抱えることになります。

利益を出すためのハードルが高くなるので、スプレッドが極力狭い取引所を選ぶことが重要です。

レバレッジ手数料(スワップ手数料)の安さ

取引所によって「レバレッジ手数料」「スワップ手数料」「日次手数料」など呼び名は異なりますが中身は同じです。

ポジションを保有したまま決済せずに日をまたぐと、1日ごとに保有ポジション数に応じた手数料がかかります。

スキャルピングやデイトレなどその日のうちにポジションを決済するスタイルの方は問題ないですが、スイングトレードなど数日間ポジションを持ち続けるスタイルの方は、レバレッジ手数料ができるだけ安い取引所を選ぶようにしましょう。

サーバーの安定性・強さ

ポジションを持っている状態で相場が急変し、1秒でも早く損切りしないといけない場面を想定してみてください。

そんなときに取引所のサーバーが落ちてしまい、いつまでも経っても損切りできずに損失が膨らんでいく…。

考えただけでもゾッとしますね。

サーバーが落ちていたせいでロスカットされたとしても、基本的に取引所は何の補償もしてくれません。

ですので、相場急変時などどんな状況でもサーバーが安定的に稼働する強い取引所を選ぶ必要があります。

取引高が多く、流動性が高い

FXは他ユーザーとの板取引なので、いくらサーバーが安定していてもそこで取引しているユーザーがいなければ約定させることはできません。

どのような状況でも確実に約定できるよう、アクティブにトレードしているユーザーが多い板が厚い取引所を選ぶことが重要です。

レバレッジ

FXの魅力はなんといってもレバレッジを効かせて、少ない資金でも大きく儲けられる可能性があることです。

設定できるレバレッジが大きい方がより少ない資金でも大きな金額のトレードをすることができます。

もちろんレバレッジを大きくすればするほど損をしたときのリスクも増すので、大きければ大きいほど良いというわけでもありません。

通貨ペア

仮想通貨FXでは、ビットコイン(BTC)/ 日本円(JPY)の通貨ペアだけでなく、イーサリアムやビットコインキャッシュ、リップルなど様々なアルトコインで取引できる取引所もあります。

アルトコインFXはビットコインよりもボラティリティ(価格変動率)が大きい傾向があり、その分、利益を出すチャンスが多いです。

もちろんその逆に損失を出すリスクも増すので注意が必要です。

比較表

2018年2月6日現在

取引所取引手数料レバレッジ手数料サーバー取引高レバレッジ
Liquid by Quoine無料0.025% / 日AA最大25倍
GMOコイン無料0.04% / 日CC最大10倍
ビットポイント無料0.035%/ 日AB最大4倍
DMM Bitcoin無料0.04% / 日BC固定4倍

※スプレッドはそのときの相場状況によって変動するため比較表には掲載していません。

 

※サーバーの安定性は今までのサーバートラブル歴、実際に使っているユーザーの口コミ等を元に著者独自の基準にてABCの3段階で評価しています。(A:良い、B:普通、C:イマイチ)

通貨ペア
取引所通貨ペア
Liquid by QuoineBTC/JPY、BTC/USD、BTC/EUR、BTC/AUD、BTC/SGD、BTC/HKD、BTC/CNY、BTC/IDR、BTC/PHP、ETH/JPY、ETH/BTC、XRP/JPY
GMOコインBTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPY
ビットポイントBTC/JPY、BTC/USD、BTC/EUR、BTC/HKD
DMM BitcoinBTC/JPY、ETH/JPY、XEM/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、ETC/JPY、BCH/JPY、ETH/BTC、ETC/ETH、XEM/BTC、XRP/BTC、LTC/BTC、ETC/BTC、BCH/BTC

もっとも安くリップルを購入できる取引所はここ!

リップルの将来性に魅せられ、リップルを長期保有したいがために仮想通貨を初めて買うという方も多いことでしょう。

こちらでは初めて仮想通貨を買う&リップルを長期保有したいという方に最適な取引所をランキング形式で紹介しています。

ランキングの最後では、リップルを買う取引所を選ぶ重要比較ポイントや、その比較ポイントを元にした比較表も掲載しています。

1位:ビットバンク

ビットバンク

ビットバンクの評価

リップルの安さ
(5.0)

取引手数料
(5.0)

会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ
(5.0)

総合評価
(4.5)

ビットバンクはリップルの取引量で世界1位になったこともあるなど、非常にリップルの取引が盛んな取引所です。

リップルの価格も安く、常に全ての取引所の中で安いかどうかは分かりませんが、恐らく多くの場合において一番安くリップルを買える取引所と言ってしまってもよいでしょう。

簡単売買はなく本格的な板取引のみとなるので、初心者の方には少々敷居が高いかもしれません。

しかし取引のしかたによっては取引手数料がマイナス0.05%となり、手数料を逆に受け取ることができます。

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

2位:ビットポイント

ビットポイント

ビットポイントの評価

リップルの安さ
(4.0)

取引手数料
(5.0)

会社の信頼性
(5.0)

セキュリティ
(5.0)

総合評価
(4.5)

ビットポイントもかなり安くリップルを買える取引所です。

ビットバンクは板取引のみとなりますが、ビットポイントの場合、簡単売買のように簡単に取引できるツールもあります。

ビットバンクの使い方がよく分からないという場合は、ビットポイントでリップルを購入するのも良いでしょう。

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

3位:Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの評価

リップルの安さ
(4.0)

取引手数料
(5.0)

会社の信頼性
(4.0)

セキュリティ
(5.0)

総合評価
(4.5)

ビットバンク、ビットポイントに次いでリップルを安く買えるのがLiquid by Quoineです。

取引手数料は無料で、リップルの流動性も高いです。

ビットバンク同様、板取引のみとなるのが初心者にはちょっとネックかもしれません。

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

coincheck(コインチェック)の登録はこちら

リップルを買う取引所選びの重要比較ポイント

リップルを購入する取引所選びの基準は「リップルの安さ」「長期保有の安心さ」の2点に絞られます。

国内のリップルを取り扱っている7つの取引所をこの2点で比較しています。

価格&取引手数料の安さ

リップルの価格は同日・同時刻であってもどこの取引所で買うかによって価格が違います。

どこで買ってもリップルはリップルですので、どうせなら少しでも安い取引所で購入したいですね。

もちろん価格だけでなく取引手数料も考慮したトータルで考えましょう。

会社の信頼性&セキュリティ

リップルの将来性に魅力を感じて購入するということは長期保有することが前提ですね。

長期保有するなら取引所のセキュリティや運営会社の信頼性は非常に重要です。

倒産のリスクが低い強固な財務体質を持っている会社、ハッキング等による盗難のリスクに対して高いセキュリティ対策を施している取引所を選びましょう。

比較表

取引所1XRPの購入価格会社の信頼性セキュリティ
Liquid by Quoine31.71円BA
ビットバンク31.672円BA
VC TRADE32.2円AB
GMOコイン31.749円AB
Huobi31.9999円AA
ビットポイント31.67円AA
コインチェック32.612円BC

※1XRPの購入価格は2019年2月6日13:00頃の価格です。価格は常に変動しますのでご参考程度にお願いいたします。

 

※運営会社の信頼性は、運営歴、資本金の多寡、株主構成や親会社などを元に、著者独自の基準にてABCの3段階で評価しています。(A:良い、B:普通、C:イマイチ)

 

※取引所のセキュリティは2段階認証、コールドウォレット・マルチシグの対応状況、SSL評価などを元に、著者独自の基準にてABCの3段階で評価しています。(A:良い、B:普通、C:イマイチ)

まとめ

以上、様々なニーズや目的別に仮想通貨取引所を比較・ランキングにて紹介しました。

もし「取引所がたくさんあってよく分からない。」という場合は、とりあえず「ビットポイント」を使うことをおすすめします。

今回は「初心者におすすめ」「仮想通貨FXなら」「リップルを買うなら」という3タイプで比較しましたが、どのパターンでもトップ3にビットポイントは入っています。

GMOコインは総合力に優れた取引所であまり弱点が見当たりません。

2019年最強の仮想通貨取引所は「GMOコイン」と言ってしまっても良いでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら