やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨のやり方って実際どうするの?かんたんな仮想通貨取引の始め方・購入手順とは

今回の記事では、仮想通貨取引をするのが初心者の方向けに、

仮想通貨のやり方・買い方をわかりやすく解説していきたいと思います!

本記事を見れば、仮想通貨の買い方はもちろん、仮想通貨の基礎知識や、覚えておきたいセキュリティ対策までマスターできます。

正しい方法で仮想通貨取引を行えば、しっかりとコツコツ利益を出せるかと思いますので、是非最後までご覧ください!

本記事の内容

・仮想通貨についての基礎知識のおさらい

・仮想通貨の購入方法

・仮想通貨購入後にするべきこと

・初心者にオススメのトレード方法

・仮想通貨のレバレッジ取引(仮想通貨FX)について

初心者でも仮想通貨の取引は簡単

仮想通貨取引所法人口座の開設方法その他
今までに投資の経験がない方からしたら、仮想通貨投資は非常に高いハードルだと思うかもしれません。

ですが、仮想通貨投資は非常に簡単に始めることが可能です。

実際に口座を開設して仮想通貨を購入する手順もご紹介しますが、まずは仮想通貨の基礎知識をおさらいしていきましょう。

そもそも仮想通貨とは?

最近、テレビやニュースで報道されることが多い仮想通貨。

仮想通貨とはいったいどのようなものでどのように使われるのでしょうか?

仮想通貨の主な特徴をまとめました。

仮想通貨の特徴

・ネット上にのみ存在する通貨

・日本円の『日本銀行』のような発行母体が存在しない

・発行上限枚数が決まっている(2100万枚)

・電子マネーとは別物

一口に『仮想通貨』と言っても、その用途は非常に様々です。

一番有名な『ビットコイン』などは主にお金のような決済手段として使用されますが、

決済としてではなく、違う用途を持つ仮想通貨も存在します。

また、電子マネーと混同してしまう方も多いように見受けられますが、仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

仮想通貨と電子マネーの違い

電子マネー・・・日本円などの法定通貨をチャージして使用する

仮想通貨・・・日本円を仮想通貨に両替して使用するので、1つの通貨としての価値を持つ

ビットコインの他に仮想通貨はある?

『仮想通貨=ビットコイン』というイメージを持たれている方が多いように見受けられます。

ビットコインも仮想通貨の1つですが、世界には約1500種類の仮想通貨が存在します。

ビットコイン以外の仮想通貨の総称を『アルトコイン』と呼び、決済手段以外にも様々な用途を持ったアルトコインが存在します。

アルトコインの中でも価格が低く、1通貨1円にも満たない通貨は『草コイン』などと呼ばれたりします。

明確な目的が決まっていない場合が多く、投資をするには少々リスキーですが、

数日間で数百倍もの価格上昇を見せた草コインも存在します。

実際に仮想通貨を購入しよう

仮想通貨の知識をおさらいしたところで、次は実際に仮想通貨を購入していきましょう。

仮想通貨の購入は以下の3つのステップで進めていきます。

仮想通貨購入の手順

①取引所で口座開設する

②入金する

③仮想通貨を購入する

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)を例として用いて解説していきたいと思います。

BTIPointは、仮想通貨初心者の方が取引を行うのに非常にオススメな取引所です。

仮想通貨取引所BITPointの特徴

・売買手数料・入出金手数料が無料

・セキュリティレベルが高くて安心(コールドウォレット・SSL暗号化通信など)

・スマホアプリが使いやすく、初心者でもラクラクかんたんに操作可能

手数料を抑えることができ、セキュリティレベルも高くて安心安全な取引所です!

①取引所で口座開設する

BITPointのトップページから、口座解説ボタンをクリックすると、上記のような画面が表示されます。

日本に国籍がある方は、左側の『個人のお客様』をクリックしましょう。

そうすると上記の画像のように、利用規約の確認や個人情報の記入が求められますので、

そちらを正確に記入していきましょう。

個人情報の記入が完了すると、本人確認書類の提示が求められますので、書類のアップロードを進めて行きましょう。

本人確認書類は、

・住所や氏名、生年月日が記載され、顔写真がついている本人確認書類1点(マイナンバーや免許証)

・顔写真無しの本人確認書類2点(保険証など)

上記の2パターンから選ぶことができます。

本人確認書類のアップロードができましたら、口座開設は終了になります。

後日、株式会社ビットポイントジャパンから、ログインIDとログインパスワードが記載された書類が届きますので、そちらでログインすれば口座開設完了になります。

②入金する

次に、仮想通貨を購入するための資金を入金していきましょう。

ホームから『出入金』→『入金先口座情報』の順にボタンをクリックします。

そうしますと、振込先の銀行名、支店名、口座番号等が表示されますので、そちらに日本円を振り込めば、入金完了になります。

③仮想通貨を購入する

BITPointのメニューバーの『仮想通貨取引』をクリックすると、上記のような画面が表示されます。

この画面から仮想通貨を購入していきます。

仮想通貨取引が初心者の方は、まずはビットコインを購入してみましょう!

まず、画面左上の通貨ペアが『BTC/JPY』になっていることを確認しましょう。

通貨ペアとは、どの通貨でどの通貨を購入するのかを表しており、この場合は、

『JPY(日本円)でBTC(ビットコイン)を購入する』

ということを表しています。

画面中央に上記画像のような項目が見られますが、こちらはビットコインの『購入価格』と『売却価格』を表しています。

買(ask)に表示されているのが現在のビットコインの価格なので、

この場合は1BTC=746,000円で取引されています。

いよいよビットコインを購入していきます!

画面右側の『現物取引注文内容』という所に、数量などを記入していきます。

ビットコインは1BTC以下の価格でも取引可能ですので、少額で取引することができます。

成行注文と指値注文の違い

成行注文・・・現在の価格でそのまま購入する注文方法

指値注文・・・価格を指定して、指定した価格になったら自動で購入される注文方法

指値注文は非常に便利な機能ですが、初心者の方は一番オーソドックスな『成行注文』で購入していきましょう。

必要事項を入力して注文ボタンを押せば、購入完了になります!

仮想通貨購入後にすべきこと

仮想通貨はネット上で取引される通貨ですので、セキュリティ対策が非常に重要になってきます。

仮想通貨購入後は、自分の通貨をしっかり安全に管理するために、対策をとっていきましょう。

初心者の方がすべきセキュリティ対策を3つほどご紹介していきます!

二段階認証を設定する

二段階認証は、ログイン時にIDやパスワードだけでなく、ワンタイムパスワードを利用することによって不正ログインを防ぐ、といったセキュリティ対策になります。

二段階認証は『Google Authenticator』を利用したものが一般的ですので、そちらの手順を説明してきます。

二段階認証専用のgoogleアプリがありますので、あらかじめそちらをインストールしておきましょう。

まずはBITPointのメニューバー右側上部の『ユーザー設定』をクリックします。

そうしますと上記のような画面が出てきますので、中央の『Google Authenticator』にチェックを入れましょう。

チェックが完了しましたら、下にスクロールして『登録』ボタンをクリックします。

そうしますと、このような画面が出現します。

『認証番号取得』という青いボタンを押すと、登録してあるメールアドレスに認証番号が届きますので、そちらを空欄に入力し、登録ボタンをクリックします。

そうしますと専用のQRコードが出現しますので、そちらをGoogle Authenticatorで読み取れば、Google AuthenticatorにBITPointのアカウントが追加されます。

また、『シークレットキー』と『バックアップコード』も表示されますので、しっかりとメモをとっておきましょう。

シークレットキーとバックアップコード

シークレットキー・・・機種変更・データのバックアップに使用することができる

バックアップコード・・・認証アプリが使用不可能になった時に認証を解除することができる

非常に重要なので、必ずメモを取るようにしましょう!

ハードウェアウォレットを利用する

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保存しておく財布のようなものです。

仮想通貨取引所内にもウォレットがありますが、オンライン上で保管されるため、リスクが伴います。

ハードウェアウォレットはネット環境から切り離されているので、安心して仮想通貨を保管することが可能になります。

LedgerNanoS(レジャーナノS)

レジャーナノSは、ビットコインなどの主要通貨に加え、アルトコインであるイーサリアムやリップルも保管することが可能です。

 

TREZOR(トレザー)

トレザーもレジャーナノSと同様、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどの比較的有名な通貨を保管することが可能になります。

ネム(NEM)のナノウォレットとも提携ができますので、ネムを保有している方にはイチオシのハードウェアウォレットになります。

資産管理アプリを導入する

仮想通貨のレートを確認するために、毎回取引所にログインして確認するのは非常に面倒ですし、時間もかかります。

仮想通貨の保有資産が一目で確認できる『資産管理アプリ』というものがありますので、そちらを利用するのが非常にオススメです。

 

自分の保有する通貨の数量を入力するだけで資産表示してくれますので、とても簡単に資産を把握することが可能になります。

 

初心者にオススメの仮想通貨トレード方法

『仮想通貨を購入したはいいものの、どうやってトレードしたらいいのかわからない』

そう思う方も少なくはないと思います。

ですので、初心者にオススメの仮想通貨のトレード方法について解説していきたいと思います。

①長期保有する

仮想通貨は取引をする度に『スプレッド』という手数料が取られます。

スプレッドは買いレートと売りレートの価格差のことで、この価格差が実質の取引所に支払う手数料のような役割を持っています。

ですので、短期売買を繰り返してしまうとスプレッドがかなり取られてしまいます。

また、明確な根拠がなく短期売買を繰り返すのも非常にリスキーですので、初心者の方には『長期保有』を強くオススメします。

まずは仮想通貨を長期保有し、慣れるのが重要です。

②有名な通貨を保有する

有名で、かつ目的がしっかりしている通貨を保有することをオススメします。

極端に価格が低い『草コイン』などの場合は、発行元や運営元が明確でない場合があります。

最悪の場合、取引高が少なくなると売却することすら難しくなってしまいます。

ですので、取引高が多くて有名な通貨である、『ビットコイン』『イーサリアム』などの通貨を保有することをオススメします!

慣れてきたらレバレッジ取引(仮想通貨FX)にもチャレンジ!

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引(仮想通貨FX)にもチャレンジしてみると良いかもしれません。

レバレッジ取引の特徴

・少額の資産で大きなお金を動かすことが可能

・現物取引よりもたくさんの利益を生み出すことが可能

・大きなお金を動かす分、現物取引以上にリスク管理が必要

大きな利益を生み出せる可能性がある反面、リスク管理を徹底しないと思わぬ損失を出してしまう可能性がありますので、しっかりと資産管理をしながら行いましょう!

初心者向け仮想通貨のやり方 まとめ

今回の記事では、『初心者向けの仮想通貨取引方法』について解説しました。

いかがでしたでしょうか?

口座開設と入金さえ終えてしまえば非常に簡単に取引をすることができます。

仮想通貨は現在かなり注目されていますので、これから需要が増加すれば価格は上昇していく可能性が非常に高いです。

少額でも取引できますので、まだ仮想通貨をお持ちでない方は、是非仮想通貨を購入してみて下さいね!