やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FXの初心者向け!はじめてのレバレッジ取引の始め方をやさしく解説

仮想通貨投資初心者だけど

仮想通貨FX取引をやってみたい!

こんな方のために、この記事では仮想通貨FXについて詳しくご紹介していきます。

仮想通貨FXでは、元本の何倍ものお金を運用することが可能。

場合によっては元本の何倍もの利益を生み出すこともできるんです!

こちらの記事を見れば、仮想通貨FXの概要、実際に取引所で本人確認をしてから仮想通貨FX取引を開始するまでの手順についてバッチリとマスターできるでしょう。

この記事で仮想通貨FXの要点を学び、初心者を脱却しましょう!

本記事の内容
  • 仮想通貨FXについての概要
  • 仮想通貨FXメリット・デメリット
  • 仮想通貨FXで初心者が失敗しないようなトレード方法
  • 口座開設〜実際に仮想通貨FXを開始するまでの流れ
  • 初心者にオススメの仮想通貨FX取引所3選

仮想通貨FXとは?

仮想通貨FXとは一体どのようなもので、仮想通貨の現物取引とはどのような違いがあるのでしょうか?

まずは仮想通貨FXの基礎情報をしっかりとおさらいしていきましょう!

仮想通貨FXについての概要

仮想通貨FXとは、証拠金と呼ばれる元本を預けて、その証拠金の金額の数倍〜数十倍のお金を運用することができるトレード方法のことです。

小さい資金で大きなお金を動かすことができるので、上手く使えば元本以上の利益を生み出すことさえ可能です!

「リスクを取ってでも大きな利益を狙っていきたい!」という方には非常にオススメなトレード方法です。

しかし、リスク管理(資産管理)を怠ってしまうと、思わぬ損失を被ってしまいますので注意が必要です。

仮想通貨FXをする際の注意点については、本記事にて後述します。

現物取引と仮想通貨FXの違い

仮想通貨の現物取引は、支払う金額と同じ価値の仮想通貨を購入する取引方法です。

具体例を用いて説明していきたいと思います。

仮想通貨の現物取引 具体例

1BTC=100万円の時に1BTCを購入したとします。

その状態で1BTC=90万円になったら、10万円の損失になります。

反対に、1BTC=110万円になった場合は、10万円の利益になります。

私たちがスーパーで買い物をするのと同じように、現物(この場合はBTC)をお金で購入するので「現物取引」というんですね。

仮想通貨FXについても、具体例を用いて解説していきます。

仮想通貨FX 具体例

レバレッジ10倍の取引口座で、1BTC=100万円の時に100万円分の日本円残高があったとします。

1BTC(100万円)×10(レバレッジ倍率)で1000万円分の取引が可能です。

すなわち、レバレッジが大きいほどそれだけ保有資金より多い金額の取引ができます。

仮想通貨FXでは「レバレッジ」という機能を使って、その資金の数倍〜数十倍の取引が可能になります。

保有資金を担保にして大きな利益を狙える反面、損失額も大きくなってしまうため注意が必要です。

仮想通貨FXのメリット

仮想通貨FXには、現物取引にはない様々なメリットがあります。

仮想通貨FXの取引口座を開設する前に、しっかりとおさらいしておきましょう!

仮想通貨FXのメリット① 小さい資金で大きく利益を出すことができる

先ほどもお話しした通り、仮想通貨FXでは「レバレッジ」によって、保有している金額以上の資金を運用することが可能になります。

「レバレッジ」とは、日本語で「てこ」という意味で、その名の通り小さい資金で大きい資金を運用することを表しています。

レバレッジの例

レバレッジ20倍の取引口座に100万円の日本円があるとします。仮に1BTC=100万円だとすると、

100万円(保有資金額)×20(レバレッジ倍率)=2000万円

となり、最大で2000万円分の取引をすることが可能になります。

大きな資産を運用することができる反面、資金管理を怠れば思わぬ損失を被ってしまう可能性もありますので注意が必要です。

仮想通貨FXのメリット② 土日でも取引が可能

FX(外国為替取引)などは、株式市場が休場である土日・祝日はトレードをすることができません。

ですが、仮想通貨FXの場合は24時間365日いつでもトレードをすることが可能になります。

いつでもトレードができますので、会社勤務の方は夜間、学生の方は昼間などライフスタイルにあったトレードをすることができます。

仮想通貨FXのメリット③ 売り注文を出すことができる

仮想通貨の現物取引の場合は、基本的に現物を購入することになりますので売り注文を出せません。

しかし、仮想通貨FXの場合は、買い注文と売り注文の両方を出すことができます!

イメージとしては、売却時にその通貨を取引所から借りて売却し、買い戻す時に余った資金が自分の利益になる、といったような形になります。

こちらも具体例を用いて説明していきます。

売り注文の具体例

1BTC=100万円の時に1BTC分の売り注文を出し、1BTC=90万円の時に買い戻すとします。

その際のイメージとしては、まず売りに出す1BTCを取引所から借りて売却します。

そうすると自分の手元には100万円が残り、1BTC=90万円になったらまた買い戻します。

その場合、手元に10万円が残りますので、そちらが利益になります。

下落時にも大きな利益を出せるということですので、仮想通貨FXは非常に魅力的ですね。

仮想通貨FXのメリット④ 仮想通貨FXで利益を出した人が続出している

「本当に仮想通貨FXで利益を出している人なんているの?」

と思う方向けに、実際に仮想通貨FXで爆益を出している方々をご紹介します。

https://twitter.com/taka45954257/status/1045511655348559872

この方は、ビットコインFXで利益をだしているようです。

因みに、ロング=買い注文のことを表しています。反対に、ショート=売り注文を表します。

仮想通貨FXでよく出てくる用語ですので、覚えておくのがおすすめです!

この方もロングで利益を出していました。

1日で400万円ですので、かなり儲かっていますね!

仮想通貨FXのデメリット・注意点

仮想通貨FXでは大きく利益を出せる可能性がある反面、デメリット注意点もあります。

メリットだけ理解して取引するのは非常に危険ですので、デメリットと注意点もしっかりと押さえておきましょう。

仮想通貨FXのデメリット・注意点① ロスカットで資金を失う可能性がある

ロスカット」とは、ポジション(保有している通貨)が強制的に決済されてしまうシステムです。

取引所が定めたレベル以上に損失が膨らみすぎたタイミングで発動します。

ロスカットされると損失が確定されるため、口座内の資金が減ってしまいます。

ロスカット制度は資金額以上の損失を出すのを防ぐ目的で設けられていますが、ロスカットされる前に損切りをしてトレードするのが大切です。

長期的に見て利益を出すことが投資ですので、一喜一憂したり感情に流されないように注意しましょう。

自分でトレードルールを作るのも非常に有効的です。

仮想通貨FXのデメリット・注意点② 元本以上に損失を被る可能性もある

国内の仮想通貨取引所には全て「ロスカット」制度がありますが、相場が乱高下しているときは処理が追いつかない場合があります。

損切りするために注文を入れたとしても、注文が追いつかずに保有資金額以上の損失を出してしまう可能性もあります。

その場合は「追証(おいしょう)」と言って、不足分の資金を口座内に追加で入れないといけなくなってしまいます。

それを防ぐには、

  • 資金に余裕を持ってトレードする
  • レバレッジを高くしすぎない

などのことを頭に入れつつ、トレードするのが重要になってきます。

仮想通貨FXのデメリット・注意点③ 仮想通貨FXで負けてしまった人も

仮想通貨FXで損をしている方も多く見受けられましたので、そちらもご紹介していこうと思います。

この方は、損切りをしなかったために想定を超える損失を出してしまったようです。

このことからも、損切りの重要さが伺えますね。

この方もかなり損失を被ってしまったようです。

損失額も80万円と大きいので、かなりの痛手になってしまったと思われます。

仮想通貨FXで失敗しないためにオススメのトレード方法

結局どうやってトレードしたら

いいのかわからない…

そんな仮想通貨FX初心者の方のために、失敗の確率を下げるオススメトレード方法についてご紹介していきます!

こちらも非常に重要な項目ですので、しっかり押さえておきましょう。

仮想通貨FXのトレードルール① 指値注文を入れておく

保有している通貨を決済するタイミングが一番難しいと思います。

まだいける、と思って決済しなかったらどんどん損失が膨らんでしまったり、その逆もまた然りです。

人間の感情が邪魔をしてしまい、正確なトレードができなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時のために、決済のための指値注文を入れておくことをオススメします!

指値注文とは?

指定した金額にレートが近づいてきたら、自動的にその金額でポジションが決済されるシステムのこと

この注文を入れておくだけで、損切りを伸ばしたりすることがなくなります。

本来損切りをすべきラインできることができるのでオススメです。

仮想通貨FXのトレードルール② ポジションを翌日に持ち越さない

仮想通貨はボラティリティ(値動きの幅)がまだ安定しておらず、レートが乱高下することが多々あります。

ポジションを決済せずに寝てしまい、翌日に持ち越すのは非常に危険です。

寝て起きたらロスカットされてた…

なんてこともよくありがちですので、寝る前までにはポジションを決済させておきましょう。

仮想通貨FXのトレードルール③ スプレッドを理解する

スプレッド」とは、購入価格と売却価格の差のようなもので、取引所が得る手数料に当たります。

スプレッドが広ければ当然取られる手数料も高くなりますし、狭ければ安いです。

仮想通貨FXでは1日に何回も売買を繰り返すことが多く、その度にスプレッドが取られます。

そのため、スプレッドが安い仮想通貨FXの取引所を利用するのがオススメです。

【初心者必見】口座開設~仮想通貨FX取引開始までの流れ

いよいよ、口座開設の流れを解説していきたいと思います!

仮想通貨取引所BITPointは仮想通貨FXをする際に最もオススメな取引所です。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

こちらの取引所を用いながら解説していきたいと思います。

全体の流れとしては、まずは総合口座を開設して、それからFX口座への申し込みをする形になります。

①総合口座開設・本人確認をする

まずは下のボタンから登録画面にアクセスし、口座開設を進めます。

BITPOINTの公式HPはこちら

日本国籍の方は、左側の「個人のお客様」をクリックします。

そうすると、確認事項や名前、住所などの記入がありますので、そちらを正確に記入していきましょう。

記入が終わると、本人確認書類をアップロードする画面が出ます。

画像をアップロードしていきましょう。

本人確認書類は、住所や氏名、生年月日が記載されていて顔写真がついている本人確認書類1点(マイナンバーカードや免許証)か、顔写真なしの本人確認書類2点になります。

本人確認書類がしっかりアップロードできたら、申し込み完了となります。

後日、株式会社ビットポイントジャパンからログインID、ログインパスワードか記載された書類が自宅に届きます。

そちらのIDとパスワードを使ってログインすると完了になります。

②ビットポイントFX取引口座を開設する

総合口座を開設し終わった後に、ビットポイントFX取引口座を開設する必要があります。

まずは「口座管理」から「各種口座開設状況」をクリックします。

そうすると「ビットポイントFX取引口座」という欄がありますので、右側の「申し込み」をクリックしましょう。

これで審査申し込みが完了になります。

ビットポイントFXには口座開設基準というものがあり、その条件に満たない場合は口座開設できない場合があります。

③口座に入金する

次に、トレードするための資金を入金していきましょう。

ホームから「出入金」→「入金先口座情報」とクリックします。

そうすると振込先の銀行名、支店名、口座番号等が表示されますので、そちらに振り込めば入金完了になります!

④実際にトレードしてみよう

上部のメニューの「仮想通貨取引」をクリックすると、取引画面が表示されます。

中央に表示されているのが、現在のビットコインの買いのレートと売りのレートです。

下にスクロールすると、細かいチャートが表示されます。

右側にはこのような注文画面がありますので、こちらに数量、成行or指値、暗証番号等を入力していきましょう。

注文ボタンを押せば、取引完了になります。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

初心者にオススメの仮想通貨FX取引所3選

次に、初心者の方にオススメな仮想通貨取引所についてご紹介していきたいと思います。

取り扱い通貨数や手数料、使いやすさなど様々な観点から比較していきます!

MEMO

海外も含めた仮想通貨FX取引所はこちらの記事でご紹介しています。

仮想通貨上級者を目指したい!という方はチェックしてみてください。

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所比較ランキングTOP5+海外取引所

初心者向け仮想通貨FX取引所 第一位:BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)の評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(5.0)
安心度
(5.0)

仮想通貨取引所BITPoinは、本田圭佑選手がCMに出演していることでも話題になっている取引所です。

BITPointで口座開設するメリットは以下の通りです。

BITPointのメリット
  • レバレッジ手数料が無料
  • 取引画面が非常に見やすい
  • MT4(Meta Trade4)というツールを用いて、高度なテクニカル分析が可能
  • 高度なセキュリティ(マルチシグ、コールドウォレット、SSL暗号化通信)

BITPointはセキュリティに力を入れており、非常に強固なセキュリティを誇っています。

近年、大手仮想通貨取引所のハッキングが相次いでおり、その原因の多くは管理体制にあります。

セキュリティが強固なBITPontなら、ハッキングのリスクも最小限までに抑えられます!

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

初心者向け仮想通貨FX取引所 第二位:GMOコイン

GMOコインの評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(3.0)
安心度
(4.0)

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」が運営している仮想通貨取引所になります。

運営元が大手企業ですので、安心感が非常に高いですね!

GMOコインのメリット
  • アルトコインを用いてレバレッジ取引できる
  • セキュリティが強固
  • スマホアプリが非常に使いやすい

GMOコインでは、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)でもレバレッジ取引ができます。

様々な通貨を取引したい方にはうってつけの取引所です!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

初心者向け仮想通貨FX取引所 第三位:DMM Bitcoin

GMOコインの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(3.0)
安心度
(4.0)

DMM Bitcoinは、モデルのローラさんがCMに出演していることでも話題になっている取引所です。

運営元のDMM.comも非常に大きな企業ですので、安心感が強いですね。

DMM Bitcoinのメリット
  • 日本円の出金手数料が無料
  • 様々なアルトコインのレバレッジ取引に対応している

こちらもアルトコインの取り扱い数が非常に多いのが特徴です。

複数のアルトコインでレバレッジ取引したい方には非常にオススメです。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

初心者向け仮想通貨FX まとめ

今回の記事では、仮想通貨FXの特徴・やり方について解説しました。

いかがでしたでしょうか?

本記事内で述べた仮想通貨FXのメリット、デメリット、オススメ取引所を参考にしつつ、口座開設や取引を進めてみて下さい。

初心者だからという理由で尻込みせず、まずは仮想通貨FX取引所を使ってみて感触を確かめるのが大切です。

オススメ取引所の特徴を見比べつつ、自分に最も合うと思った取引所で取引してみましょう!

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら