やさしい仮想通貨の始め方を解説

CFTC、イーサー先物上場を目指し一般コメント募集へ【フィスコ・アルトコインニュース】

 米商品先物取引委員会(CFTC)は先物商品としての上場を考慮しイーサリアムの精査に入った。11日にRequest for Inputを公表し、仮想資産のメカニックや市場に関する意見を公募する。

Cboeグローバルマーケッツは昨年12月にビットコイン先物を開始したのち、イーサー先物の上場を検討していると報じられている。CboeのCOOは8月にブルーンバーグとのインタビューで、「次の先物の上場はイーサーになる可能性がある」と語った。

SECは一般の意見が潜在的な派生商品などを検討する上で助けになると、指摘。
質問には、「イーサーネットワークの正常な機能を人為的に混乱させるなどの事象から
市場参加者を保護する手段があるのか」などが含まれる。結果は、CFTCが派生商品市場を開設したり、市場の規制強化でシステムリスクを減らす、または、市場を監視する上で、役立つとした。