やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコイン投資のやり方・始め方を徹底解説!!【2019年最新版】

ビットコインってどうやって買うの?
ビットコイン投資のやり方ってどうればいいの?

この記事に辿り着いた方の中には、ビットコインの今後がきになる方が多いと思います。

今回の記事では、ビットコインの基本情報から実際のビットコイン投資の方法・やり方を詳しく予想していきます。

ざっくり言うと

  • ビットコインはサトシナカモトの論文をもとに開発された世界初の仮想通貨
  • ビットコインの購入方法は大きく分けて ①取引所や販売所で購入、②OTC取引、③ATM の3
  • ビットコインは仮想通貨取引所で購入するのが一般的!
  • Zaifやコインチェックのように、選んだ取引所によってはあなたの資産に危険が及ぶことも。
  • 初めての取引所はセキュリティの高さと使いやすさで選ぶのがおすすめ!
  • 安全性と使いやすさならCoinCheck(コインチェック)GMOコインDMM Bitcoinが人気。
  • 中でもCoinCheck(コインチェック)は東証一部上場の大手グループ運営で、スマホからも楽々取引が可能。
  • CoinCheckは2019年1月に、金融庁から認可されるなど、今のCoinCheckはセキュリティも高く評価されている!

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)の登録はこちら

ビットコインの基本情報

出典: https://www.bitcoin.com/

通貨名称ビットコイン
発行日2015/7
通貨単位 BTC
発行枚数21,000,000BTC
公式フォーラムhttps://bitcoin.org/ja/
時価総額¥6,358,726,756,769 第1位(2018/12/15現在)

ビットコインとは、2008年にサトシ ナカモトという人物が発表した論文を元に開発された『世界初の仮想通貨』です。

『仮想』の『通貨』なので実態は存在しませんが、日本円と同じ様に取引の決済に使用できる通貨の一種といえます。

米フロリダ州のプログラマーが、ピザ2枚を1万BTCで購入した事は、ビットコインで商取引が成立した最初の例として有名な話となっています。

ビットコインの仕組みとメカニズム

ビットコイン メカニズム

ビットコインは、次の2つの仕組みに支えられています。

ビットコインの仕組み

  • 取引を『ブロックチェーン』に記録する
  • 『マイニング』により正しさを証明する

出典: https://blockchain.info/ja/

ビットコインの基盤となる仕組みであるブロックチェーンは、複数の取引の塊(ブロック)の情報を繋げる(チェーン)ことで過去データの改ざんがないかを、確認しています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、分散台帳管理技術とも呼ばれ、ビットコインの中核となる『取引データ』技術を指します。

取引データを『トランザクション』と呼び、複数のトランザクションをまとめたものを『ブロック』といいます。

ブロックが連なるように記録された状態がブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、インターネット革命以来の『第四次産業革命』として様々なメディアで取り上げられており、取引履歴の改ざんができない非常に強固なシステムとして注目をあつめています。

出典: https://www.bitcoin.com/

マイニングとは、取引の承認のことを指します。

ビットコインの取引は、マイニングなくしては成立しません。

マイニングにおいて、チェックしているポイントは次の通りです。

マイニングのポイント

  • 送金した人が、そのビットコインの正しい保有者なのか?
  • ビットコインを重複して使用していないか?
  • 実際には保有していないビットコインを使用していないか?

これらのポイントを、コンピューターリソースを駆使して、計算(取引情報の書き込み)の上、確認していきます。

取引の承認を行う人は、その対価として最初にこの取引情報をブロックチェーンに書き込んだ人に対して、新たなビットコインが支払われる仕組みとなっています。

この一連の計算作業をマイニングと呼び、取引の承認を行う人をマイナーと呼びます。

テレビや多くのメディアで解説されていますので、初めて耳する方はいないと思いますが、復習もかねて順番に理解を深めていきましょう。

ビットコイン(BTC)の今後の分析をする前に、しっかりと仕組みを理解していることが何よりも大切です。

ビットコイン(BTC)の購入方法

ビットコイン 取引形態

ビットコインをはじめとした仮想通貨には、2種類の購入方法があります。

仮想通貨取引所の販売形態

  • 販売所:販売所が決めた値段で、販売所から直接購入する
  • 取引所:買い手と売り手が直接売買する

仮想通貨販売所とは

ビットコイン買い方購入販売所

販売所形式では、仮想通貨取引所が保有する通貨をユーザーに販売している形です。

販売所形式のメリット・デメリット

  • メリット:販売所から買うため、確実に購入できる
  • デメリット:手数料が、取引所と比べると高い

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所

反対に、取引所形式では、ビットコインなどの仮想通貨を買いたい人と売りたい人を、マッチングさせるサービスを提供しています。

取引所形式のメリット・デメリット

  • メリット:販売所より、比較的手数料がお得
  • デメリット:買い手と売り手の値段がマッチしなければ、いつまでたっても売買できない

これらのことから、『確実にビットコインを取引したい方は販売所形式』『少しでも安く取引したい方は取引所形式』でビットコインを購入するのがおすすめです。

それでは、実際の仮想通貨取引所についてみていきましょう。

各取引所毎に手数料等が異なるため、自分自身に合った仮想通貨取引所を見つけてください。

一番のおすすめは、仮想通貨取引手数料が無料のCoinCheckです。

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

ビットコインを購入できる販売所・取引所

仮想通貨スマホ始め方個人情報

各仮想通貨取引所には、それぞれのメリットがあります。

そのため、どのような目的でビットコインを購入するかによって、最適な購入方法は変わります。

おすすめの仮想通貨取引所は次の通りです。

おすすめ仮想通貨取引所

  • GMOコイン
  • BITpoint
  • DMM bitcoin
  • BitTrade
  • bitbank

販売所形式

仮想通貨スマホ始め方入金

ビットコインを購入できるオススメの販売所は以下の通りです。

販売所形式

  • GMOコイン
  • DMM bitcoin

取引所名取引手数料スプレッド送金手数料出金手数料
GMOコイン無料無料無料
DMM bitcoin無料無料無料

GMOコイン・DMM bitcoinでは各種手数料が無料で利用することができます。

仮想通貨取引所側の利益が上乗せされた形で販売されているため取引所型の販売形式に比べて割高です。

この上乗せ分のことをスプレッドといいます。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

取引手数料

取引手数料とは、取引時にかかる手数料のことです。

多くの取引所では、この取引手数料は明文化されており、ひと目でいくらかかるかわかるようになっています。

また、現在は、取引手数料を無料にしている販売所も多くあります。

スプレッド

スプレッドは、購入価格と売却価格の差額で実質販売所への手数料となっている手数料のことです。

購入する時に含まれるコインの価格に含まれているため、見過ごされがちな部分でもあります。

スプレッドは、販売所毎に設定されており通貨の値動きの大きさによって変動するため、一概に決まってはいません。

下記はGMOコインのビットコインの仮想通貨現物売買の画面です。

購入価格と日本円参考総額の差額が、購入手数料にあたります。

購入価格が826,687円・売却価格が823,687円のため、差額の3,000円が手数料です。

ビットコイン スプレッド

送金手数料

送金手数料は、ウォレットや他の取引所の口座に送金する際の手数料です。

ほとんどのウォレットや口座では、同一ウォレット・口座間での送金は無料となっています。

外部のウォレット・口座に送金する際に、手数料がかかるため注意が必要です。

出金手数料

出金手数料は、日本円を取引所・販売所の口座から、自分の銀行口座に振り込む際にかかる手数料です。

多くの取引所・販売所は、提携銀行をもっており、提携銀行との手数料が安くなることがあります。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

取引所形式

ビットコインを購入できる取引所形式の取引所は以下の通りです。

取引所形式

  • CoinCheck
  • GMOコイン
  • bitbank

取引所形式では、ユーザーが指定した価格で購入できることが特徴的です。

このことを指値取引とよびます。

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

取引所比較

取引所名maker手数料taker手数料通貨ペア送金手数料出金手数料
BITPoint0%0%日本円無料無料
Bittrade0.2 - 0.3%0.2 - 0.7%日本円165円648円
bitbank0%0%日本円0.15XRP540円

maker手数料は、取引所で、売却する際にかかるもので、購入する際にかかるのがtaker手数料です。

上記でご説明したように、取引所は売りたいユーザーと購入したいユーザーのマッチングをする場所でした。

売りたいユーザーは、売りたい金額を指定して注文をだし、購入したいユーザーは買いたい金額を指定して注文します。

売りたいユーザーは流動性を作りだしているという意味からmaker、購入するユーザーは売られているものを取って自分のものにするため、takerと呼ばれます。

流動性を生み出す役目を持つことから、makerの方が手数料が安い場合がほとんどです。

上記はCoinCheckの例ですが、CoinCheckは両方の手数料が無料になっています。

通貨ペア

通貨ペアは、売買可能な通貨の組み合わせのことです。

ここでは、ビットコインの購入に利用できる通貨を指します。

CoinCheckは国内最大の9種類の仮想通貨が購入可能です。

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

ビットコインの購入までの流れ

ビットコイン

ビットコインを購入する前に、まずは、各販売所・取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設からビットコインを購入するまでの流れは下記の通りです。

ビットコイン購入までの流れ

  1. サイトへアクセスし、アカウントを作成(メールアドレスや個人情報などを入力)
  2. 本人確認書類を写真に撮り、アップロード
  3. 数日後、『本人確認完了のハガキ』が郵送されてくる
  4. ハガキ記載の本人確認コードを入力
  5. 口座作成完了
  6. 取引所の指定口座へ日本円を振込(入金確認まで数分から数時間かかることもあります)
  7. 取引所のアカウントへ残高が反映される
  8. ビットコインを購入する

取引所によって申請してから実際に取引が開始できるまでの期間が異なります。

余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)の登録はこちら

ビットコイン投資のやり方・始め方を徹底解説!!まとめ

リップル投資のやり方

今回の記事では、ビットコインの基本情報から実際のビットコイン投資の方法・やり方まで確認しました。

ここまでの内容をまとめると次の通りです。

ビットコイン投資のやり方おさらい

  • ビットコインはサトシ・ナカモトにより発表された世界初の仮想通貨
  • ビットコインはブロックチェーンを活用した分散管理
  • ビットコインの購入には販売所型・取引所型の2種類がある
  • 購入までの流れは、『アカウント作成→本人確認→振込→購入』

ビットコインをはじめとした仮想通貨は粛々と成長しています。

2019年以降はビットコインをはじめとした仮想通貨に注目していきましょう。

MEMO
今後価格の高騰が予測されるビットコインを今のうちに購入しようと考えている方は、CoinCheckから

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)の登録はこちら