やさしい仮想通貨の始め方を解説

事業者向けのつなぎ資金とは?調達方法からおすすめまで徹底解説

会社の資金繰りに困った場合は「つなぎ資金」を考えてみましょう。

つなぎ資金は個人の方が新しく住宅を立てる際に利用されるものもありますが、今回は事業者向けのつなぎ資金について解説していきます。

今回の記事では事業者向けのつなぎ資金とはどう言うものなのか?から解説を始め、主な調達手段やその中でもおすすめの調達手段、さらにつなぎ資金の調達に大事なポイントなどを徹底解説していきます。

今回の記事を読んでいただければ、つなぎ資金を理解し、ご自身の会社にあった調達手段を判断することができます!

この記事からわかること

  • つなぎ資金とはそもそもなにか?
  • つなぎ資金の主な調達手段
  • つなぎ資金のおすすめ調達手段とメリット
  • つなぎ資金はいつ必要になるのか
  • つなぎ資金融資の際に大事なポイントを5つ解説
ざっくり言うと

  • つなぎ資金は長期的な融資ではなく、1時的な融資!
  • つなぎ資金はしっかりと必要な理由や正確な金額などポイントを抑えることで融資を受けやすくなる!
  • つなぎ融資には手形割引・ビジネスローン・不動産担保貸付・日本政策金融公庫・ファクタリングなどの手段がある!
  • その中でも「ファクタリング」が一番おすすめ!
  • ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却して本来の回収スパンよりも早く現金を得る方法!
  • ファクタリングは最短即日で現金化可能で、借り入れではないため信用情報に影響を一切与えない方法!
  • ファクタリング会社を選ぶなら「七福神」がおすすめ!
  • 七福神は全国対応可能で最短即日での現金化も可能!

>>>七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら<<<

七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら

つなぎ資金とは?

つなぎ資金とは

つなぎ資金とは名前通り、長期間ではなく、一時的につなぐ目的の資金です。

長期的な借り入れではなく、一定期間や一時的な借り入れです。

つなぎ資金は「資金が足りなくなった時の穴埋めとして利用される資金」です。

つなぎ資金には「個人向け」と「事業者向け」の2種類がある

つなぎ資金というと一般的には個人の方向けの住宅ローンなどの「つなぎ融資」の方をご存知の方が多いかもしれません。

個人の方が利用する「つなぎ融資」は「これから一軒家を立てる」というような場合には住宅ローンが使えないため、そのような事態に対応するために個人の方が利用するつなぎ融資は利用されます。

事業者の方が使う、つなぎ資金は別名ブリッジローンなどと呼ばれ、のちに回収する売掛金などを返済資金として融資が行われます。

事業者向けのつなぎ資金とは?

今回の記事では事業者向けのつなぎ資金について解説していきます。

会社は基本的に商品を売ったりサービスを提供することによって売上を上げています。

商品やサービスを提供するためには原料や人件費、施設費など様々な費用が必要です。

しかし、取引先からの入金遅れや売掛金の貸し倒れになった場合など、なにかトラブルが起きて手元の資金が不足していまい、事業の継続が厳しいとなることもあり得ます。

そのような際に会社の営業活動を止めないように一時的に資金を調達して、運転を続けるための資金が「つなぎ資金」と言います。

事業者向けつなぎ資金の主な調達方法は?

つなぎ資金調達方法

つなぎ資金の調達方法としてメジャーなのは5種類あります。

つなぎ資金の調達方法

  • 手形割引
  • 銀行やノンバンク
  • 日本政策金融金庫
  • 不動産担保貸付
  • ファクタリング

上記の5種類がつなぎ資金として調達される主な手段です。

それでは1つ1つの方法について具体的に解説していきます!

つなぎ資金の調達手段①銀行やノンバンク系

つなぎ資金調達方法①銀行ノンバンク系

銀行やノンバンクで資金を調達するのがつなぎ資金では一般的です。

銀行やノンバンクはつなぎ資金としてではなく、事業者向けローンカードローンとしてパッケージを商品化しています。

ビジネスローンは基本的に無担保・第三者保証が不要であるということがメリットです。

特にノンバンク系のビジネスローンなら銀行とは違い、貸し渋り比較的少ないため、査定も通りやすいと言えます。

しかし、必ず融資が受けられるというわけではありません、審査を通らなければ銀行もノンバンクも融資を受けられません。

ビジネスローン

ビジネスローンを利用する際のメリット

無担保・第三者保証不要
審査にあまり時間がかからない場合が多い

ビジネスローンを利用する際のデメリット

審査に必ず通るというわけではない。
借りれる金額があまり大きくない。

つなぎ資金の調達手段②日本政策金融公庫を利用する

つなぎ資金調達方法2日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は国が100%出資している金融機関です。

日本政策金融公庫の融資制度もつなぎ資金として使うことができます。

日本政策金融公庫をつなぎ資金として使うと低金利かつ高額な融資まで受けることができるため、かなり注目度が高い調達方法になっています。

しかし、日本政策金融公庫の融資を受けるためには非常に厳しい審査を通らなければいけないという点や入金までのスピードが他の手段よりも遅いというのがデメリットです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫を利用する際のメリット

手数料が非常に低く、かなりの高額まで融資を受けることができる

日本政策金融公庫を利用する際のデメリット

審査が非常に厳しく審査通過率が低い。
融資までのスピードがつなぎ資金の調達手段ではかなり遅い

つなぎ資金の調達手段③不動産担保貸付

つなぎ資金調達方法3不動産担保貸付

所有している不動産を担保につなぎ資金を調達することも可能です。

金融機関からすると担保を設けることによって貸し倒れ等のリスクが低くなるため、比較的審査に通りやすいです。

さらに担保物件の価値によりますが、基本的に高額の融資を得ることができます。

しかし、不動産を担保とする場合用意しなくてはいけない書類が多かったり、審査にかなり時間が要します。

不動産担保貸付

不動産担保貸付のメリット

審査に通りやすく、比較的高額まで融資を受けることが可能

不動産担保貸付のデメリット

書類等の準備がかなり大変
融資までの期間がかなり長い

つなぎ資金の調達手段④手形割引

つなぎ資金調達方法4手形割引

つなぎ資金の調達手段の4つ目は「手形割引」です。

手形は基本的に満期日を待たなくては現金化できませんが、手形割引を用いることによって満期日以前に現金化することができます。

手形割引は即日融資に対応している金融機関もあるため、どうしても早く現金が欲しい!という方で比較的安全な手形を持っている方にはおすすめのつなぎ資金調達方法です。

手形割引は支払日までの利息差し引き分の資金を受け取ることができます。

しかし、手形が不渡りになってしまった場合はまた買い戻す義務が発生します。

手形割引

手形割引のメリット

入金スピードがかなり早い。

手形割引のデメリット

不渡りになってしまった場合、買い戻し義務がある。

つなぎ資金の調達手段⑤ファクタリング

つなぎ資金調達方法5ファクタリング

つなぎ資金の調達手段、最後は「ファクタリング」です。

ファクタリングは売掛金を現金化するサービスです。

ファクタリングは担保が不要で、上記の手形割引とは違い不渡り時の買い戻し義務もありません。

ファクタリングは担保不要で最短即日で資金調達が可能な手段です。

さらに、ファクタリング会社によってはファクタリング利用者には経営コンサルティングなどを利用できる場合があります。

ファクタリング

ファクタリングのメリット

ファクタリングは担保不要で最短即日で資金調達が可能!
売掛債権が不渡りになっても買い戻し義務がない場合が多い。
事前準備もほぼ無しでOK

ファクタリングのデメリット

手数料が他の手段と比べるとやや高くなる

事業者向けつなぎ資金の調達は「ファクタリング」がおすすめ!

事業者の方の資金調達はファクタリングがおすすめです。

ファクタリングはそもそも借金ではない上に、最短即日での資金調達が可能とかなり良い点を豊富に挙げられます。

ファクタリングのメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

ファクタリングのメリット

  • 資金を最短即日で調達可能
  • 審査が比較的緩く、どんな会社状況でも利用可能
  • 保証人・担保がいらない
  • 信用情報に影響無し
  • 誰にも知られることなく資金調達可能

それではまずは、ファクタリングについて解説していきます!

そもそもファクタリングとは?つなぎ資金として適している?

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスです。

ファクタリングを利用することによって本来の売掛金回収スパンよりも早く現金を得ることができます。

ファクタリングは売掛債権を買い取るサービスなので、銀行などの融資とは違い、借り入れではないです。

ファクタリングは今回紹介したどのつなぎ資金調達手段よりも速く・ローリスク・簡単という点で非常につなぎ資金調達方法として優れています。

ファクタリングに関しては以下の記事でどこよりも詳しく解説しています。

ファクタリング おすすめ厳選ファクタリングでおすすめの人気会社10選!|一覧比較や選び方のポイントを徹底解説!

つなぎ資金の調達手段としてファクタリングを利用するメリット

今回は「つなぎ資金の調達方法」ということで、ファクタリングを利用してつなぎ資金を調達するメリットを解説していきます。

ファクタリングをつなぎ資金として利用するメリットは大きく分けて3点あります。

つなぎ資金調達にファクタリングを利用するメリット

  1. 早く現金を得ることができる。
  2. 審査基準が他の手段よりも緩く、必要書類も少ない
  3. 担保・保証人が不要で不渡りになっても回収義務がない

メリット①早く現金を得ることができる

つなぎ資金が必要な場面として「運転資金が1時的に足りない」という場面が多いですね。

そのような時に資金調達の方法として重要視するのが「資金調達スピード」が挙げられると思います。

銀行など金融機関からの融資を受ける際には資金調達まで1週間以上かかるなんてことはよくありますが、ファクタリングは最短即日で長くても3日以内に調達できるファクタリング会社が大多数です。

そのため、1時的にしのぐつなぎ資金ができるだけ早く欲しい!という方にはファクタリングをお勧めできます。

メリット②審査基準が他のつなぎ資金調達手段よりも緩く、必要書類も少ない

ファクタリングをつなぎ資金の調達手段とするメリットとして審査がゆるく、必要書類も比較的少ないという点も挙げれます。

金融機関や不動産担保貸付などを利用する場合用意しなくてはいけない書類等がかなり多く、事前準備にも手間取ってしまう可能性があります。

その上、審査に落ちてしまって更に時間を無駄にしてしまうということが頻繁に起こり得ます。

その点ファクタリングは事前に必要な書類も比較的少ない上に、会社によっては審査通過率98%を謳うところもあり、大多数の方が審査に通っているという実績もあります。

法人がファクタリングを行う際に要求されるのは以下の書類が多いです。

ファクタリング利用に必要な書類例

  • 会社概要を説明する資料
  • 売り上げを示す請求書等(売掛金証明)
  • 売掛先入金口座の入金実績

メリット③担保・保証人が不要で不渡りになっても回収義務がない

手形割引や手形貸付などを利用してつなぎ資金を調達した場合、もし手形の発行先にトラブルがあった場合には手形を金融機関から買い戻しをしなくてはいけません。

この買い戻した手形は割引手形となっているので、注意が必要です。

手形割引を利用する際はある程度のリスクを意識しておく必要があります。

しかし、ファクタリングを利用する場合には基本的に売掛金回収義務がない場合がほとんどです。

売掛回収義務のことを償還請求権と言いますが、ファクタリングは大体この償還請求権がありません。

そのため、何か不測の事態により取引先が倒産した場合でもファクタリング会社から未回収の売掛金を請求されるということはありません。

つなぎ資金調達のファクタリングなら「七福神」がおすすめ!

つなぎ資金を調達する際のファクタリングなら七福神というファクタリング会社がおすすめです。

七福神は平成30年と比較的設立されたファクタリング会社にも関わらず、既にファクタリング業界トップクラスの取引実績を誇っている大人気のファクタリング会社です。

七福神は公式サイトにプライバシーポリシーや個人情報の取り扱いについて詳細に記載されており、ファクタリング会社の中でも信頼性はかなり高い方と言えます。

七福神のファクタリングを利用するメリットは以下の通りです。

七福神でファクタリングを行うメリット

  • 最短で即日の入金が可能!
  • 日本全国各地で対応が可能!
  • 償還請求権なしで保証人・担保が一切不要

という点が挙げられます。

つなぎ資金の調達をファクタリングで行うなら七福神がイチオシです。

>>>七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら<<<

七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら

ファクタリング会社「七福神」に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリングの七福神って実際どう?評判や口コミ、手数料をわかりやすく解説!

事業者向けのつなぎ資金はどういう時に必要になる?

つなぎ資金が必要となる場合は、商品やサービスの売り上げを現金ではなく、売掛金で回収している場合です。

売掛金は即時入金ではなく、1ヶ月または2ヶ月など比較的長いと言えるスパンで回収するものです。

そのため、その間にはその売り上げは現金化されません。

したがってその回収スパンの間に何らかのトラブルや人件費が足らなくなった場合に、当面をしのぐための現金を作る必要があります。

そのような時に使いやすい1時金が「つなぎ資金」です。

つなぎ資金が特に必要になりがちなのが「建設業」や「不動産業」です。

建設業が基本的に売上金が入金されるのは工事が完了した後です。

そのため、工事中に何かトラブルが起こってしまうと、資金が足りずに、設備人材が不足してしまい工事を完了することができなくなります。

不動産業では土地の売買をワンストップで行なっている場合、売却するまで現金が手に入らないという事態になります。

上記のような建設業や不動産業ではつなぎ資金が頻繁に利用されています。

特に売掛金を即時に現金化することができるファクタリングは上記2つの業界で使われています。

>>>七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら<<<

七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら

つなぎ資金の融資ポイントを徹底解説!

つなぎ資金融資ポイント

つなぎ資金を融資・調達をどの手段を用いてするかに限らず、しっかりと押さえるべきポイントがあります。

今回はつなぎ資金の融資を確実なものとするため、融資ポイントを5つ紹介していきます。

つなぎ融資のポイント

  • つなぎ資金が必要な利用(用途)をはっきりしておく
  • どれくらいの金額が必要かを正確に理解する
  • 必要書類を事前に準備しておく
  • 返済の根拠を明示する
  • 審査で特に見られる部分を理解しておく

それでは1つ1つ解説していきます。

①つなぎ資金が必要な理由をはっきりさせる

事業者が行うつなぎ資金は「運転資金」の1部ということができます。

そのため、急に起こってしまった資金不足だったとしても運転資金と考えた場合、理由は確実に存在します。

運転資金が不足する理由としては「経常運転資金」「季節運転資金」「設備運転資金」「増加運転資金」「減少運転資金」などに分類されることができます。

つなぎ資金自体が「不足してしまった運転資金の融資を受けるまでのつなぎ」という利用を目的としているため、「なぜ短期間のつなぎ資金が必要になっているのか?」を明確にして説明をしっかりとできるようになっておくと良いです。

②つなぎ資金でどれくらいの金額が必要なのかを正確に理解する

つなぎ資金が必要な理由を把握した次には「必要な金額」も正確に理解しましょう。

つなぎ資金は基本的に長期間の借入とは違い、返済も一括返済となる場合が多いと思います。

そのため、つなぎ資金の金額が正当・正確ではない場合金融機関は融資を断る場合もあり、資金調達が難しくなる可能性があります。

運転資金が不足した際のつなぎ資金は売掛金・買掛金・棚卸し資産等を正確に把握し、必要な金額を明確にしましょう。

③必要書類を事前に準備しよう!

必要な金額を金融機関等に詳しく正確に説明するための書類を調達前に準備しましょう。

売掛金や買掛け金を正確に把握する場合には詳しい試算表を用意しましょう。

もし建設業や不動産業の方で、つなぎ資金が工事代金の場合は原価計算の書類の準備等をしましょう。

つなぎ資金の調達には事業計画書などの書類は特に必要ないので、売り上げを証明する書類や原価のを証明する書類等は正確には提出できるようにしましょう。

もし、ファクタリングを利用する場合は基本的に売掛金を証明する書類で事前準備はOKなことが多いです。

④返済の根拠を明示しよう

つなぎ資金は通常融資と異なり、短期間の融資となります。

そのため利息も大幅に少ないです。

しかし、融資の性質上返済が一括になることが多いです。

そのため、返済の根拠が明確ではないと調達は難しいと言えます。

返済の根拠を明確にするためには、つなぎ資金をしっかりと返済できるという確実な根拠を金融機関に明示する必要があります。

詳しく言うと、事業を行なっている相手との契約書等、契約内容を証明する書類の提示が必要です。

金融機関が一番嫌うのは返済が保証されていない融資のため、返済が確実にできると判断されれば融資が断られる確率は格段に減ります。

④つなぎ資金が必要な理由をはっきりさせる

つなぎ資金を調達する側がすべきことは上記の4点ですが、最後につなぎ資金の融資を金融機関が審査する際に特に見られるポイントは理解しておきましょう。

金融機関は以下の3点を特に重要視しています。

金融機関が重要視するポイント

  • 融資先の企業が安全か?
  • 取引先は安全か?
  • 事業の収益性

これら3点は全て「融資しても安全で大きいリスクなどはないか」と言うことをチェックしています。

そのため、返済の根拠となりうる取引先企業の信頼性などもしっかりと見られます。

事業者向けのつなぎ資金まとめ

つなぎ資金まとめ

いかがだったでしょうか。

事業を続けていくと、突発的に資金が足りなくなってしまい資金調達方法を探すと言うこともあります。

どのような時でも資金が不足してしまうことが予測される事態になったら「つなぎ資金」の調達を検討してみてください。

つなぎ資金で一時的に資金不足を解消できると言うことをあらかじめ知っておけばあらゆる事態にも対応できるはずです。

つなぎ資金の中でもおすすめの調達手段がファクタリングです。

ファクタリングは借金ではなく、売掛金をファクタリング会社に売却すると言う形なので、信用情報に一切影響を与えず、最短即日で現金化できると言う資金調達手段です。

>>>七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら<<<

七福神(しちふくじん)公式サイトはこちら