やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットトレックス(Bittrex)の使い方を完全ガイド!登録方法から手数料や評判までやさしく解説!

ビットトレックスってどんな取引所?

ビットトレックスを使ってみたいけど、本当に大丈夫?

アメリカ発の大手仮想通貨取引所「BITTREX(ビットトレックス)」について解説しています。

手数料や取り扱い通貨などのサービス内容の紹介、入出金やトレードのしかたなどの使い方の解説など、このページを見ればビットトレックスについてカンタンに知ることができますよ。

「ビットトレックスをこれから使ってみようかな?」という方はぜひご覧ください。

ビットトレックスの登録はこちらから

ビットトレックスってどんな取引所?

ビットトレックスは2014年に設立されたアメリカ発の仮想通貨取引所です。

スペルは「BITTREX」で、「ビットレックス」と呼ばれる場合もありますが、この記事では「ビットトレックス」と表記しています。

約200種類のアルトコインを取り扱っており、ICOを終えたばかりの新規トークンも続々と上場されるなど、これから伸びるかもしれない新しいトークンを探すのに最適な取引所です。

創業者は以下の3名です。

肩書き氏名経歴
共同創業者兼CEOBill Shihara元Amazonのセキュリティエンジニアマネージャー
共同創業者兼CIORichie Lai元Amazonの情報セキュリティチームのリーダー
共同創業者兼COORami Kawach元Amazonのプリンシパルセキュリティエンジニア

2018年12月4日現在の取引高ランキングでは37位となっています。(参考:取引量による仮想通貨取引所トップ100|CoinMarketCap

世界展開のために新しい取引所が開始!

2018年11月1日には米国外の顧客向けに、マルタを拠点とする「Bittrex International(ビットトレックス インターナショナル)」が開始されました。

これにより米国在住の顧客は「Bittrex(https://bittrex.com/)」、ヨーロッパや日本など米国外の顧客は「Bittrex International(https://international.bittrex.com/)」と分離されるようになりました。

参考 Blog: Ready, Set, Go! Bittrex International is LiveBittrex News&Blog

日本からBittrexにアクセスすると自動的にBittrex Internationalに転送されるようになっています。

Bittrex Internationalでは今までのBittrex同様の快適な操作性、高度なセキュリティによる取引所サービスを提供しています。

Bittrex Internationalでは新規トークンの上場審査プロセスが革新され、これまで数ヶ月かかっていた審査が数週間で完了するようになました。

さらに上場手数料もかからないことから、今後どんどんBittrex Internationalだけの新規ICOトークンが増えてくることが予想されます。

日本のユーザーで従来のBittrexに口座開設していた方は同じメールアドレスとパスワードでBittrex Internationalにログインできます。

新規でBittrexを利用する日本のユーザーはBittrex Internationalに口座開設することになります。

以降、この記事で取り扱う「Bittrex(ビットトレックス)」は「Bittrex International(ビットトレックス インターナショナル)」のことを指しています。

サービス内容一覧表

ビットトレックスの取り扱い通貨数やできる取引の種類などサービス内容について一覧表にまとめています。

ざっくりとどんな取引所なのか把握したい方は参考にしてみてください。

2018年12月4日現在

取り扱い通貨数212種類
通貨ペアUSD建て:12種類
BTC建て:210種類
ETH建て:46種類
USDT建て:25種類
入出金手数料入金:無料
出金:要ネットワーク手数料(通貨により異なる)
取引手数料一律0.25%
トレードの種類現物取引
アプリなし
APIあり:ドキュメント
日本語対応なし
ソーシャルTwitter
Facebook

取り扱い通貨について

ビットトレックスの取り扱い通貨数は212種類です。

海外取引所の中でも取り扱い通貨数は多い部類に入ります。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)などメジャー処の仮想通貨はもちろん、カルダノエイダコイン(ADA)、モナコイン(MONA)など日本人の人気のコインも取り扱っています。

また最近注目されているPumaPay(PMA)やPundiX(NPXS)も上場しています。

メジャーな通貨から今後が楽しみな新興トークンまで幅広く取引ができます。

ビットトレックスの主な取り扱い通貨

その他、ビットトレックスの取り扱い通貨一覧はビットトレックス公式サイトをご確認ください。

ビットトレックスの通貨ペアについて

基軸通貨は「米ドル(USD)」「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「テザー(USDT)」の4つです。

海外取引所では珍しくフィアット(法定通貨)を取り扱っていますが、一般の顧客は米ドルを入金することはできません。

通貨ペアは「USD建て:12種類」「BTC建て:210種類」「ETH建て:46種類」「USDT建て:25種類」と、ほとんどがビットコイン建てに集中しています。

ビットコインで色々なトークンを取引してみたい方には特に使いやすい取引所となっています。

取引手数料は一律0.25%と少々お高め

取引手数料は一律0.25%です。

世界最大級の仮想通貨取引所「バイナンス」だと一律0.1%で、さらに独自トークンBNBで支払うことで最大50%の割引もあります。

ビットトレックスにはバイナンスのような手数料割引制度もないので、0.25%の取引手数料は少し高いですね。

もう少し取引手数料も安くなってくれるとうれしいところです。

ビットトレックスの口座開設手順

ビットトレックスで取引を始めるために口座開設の手続き方法を解説しています。

ビットトレックスで入出金および取引をするためには本人確認手続きが必須となっています。

口座開設に必要なものは「メールアドレス」と「パスポート」です。

ビットトレックスのアカウント種別

ビットトレックスでは本人確認手続きや2段階認証の設定の有無によって、出金限度額が変わります。

種別必要な手続きできること
New/Unverified Accountsメールアドレスで登録入出金不可なので登録しただけでは何もできません。
Basic Verified Accounts上記に加えて
名前や住所などの個人情報を登録
同上。
個人情報登録と本人確認書類による認証はほぼセットになっているので、個人情報登録のみではNew/Unverified Accountsと変わりません。
ID Verified Accounts (without 2FA)上記に加えて
本人確認書類による認証
入出金および取引が可能になります。
ただし出金限度額は1日1 BTC相当額まで。
ID Verified Accounts (with 2FA enabled)上記に加えて
2段階認証の設定
出金限度額が1日100 BTC相当額までとなります。

メールアドレスで登録

  • STEP.1
    公式サイトを開く
    下のボタンをクリックしてビットトレックスの公式サイトを開きます。

    ビットトレックスの登録はこちらから

  • STEP.2
    sign upを開く
    ビットトレックス登録手順その1

    公式サイトの中央にある「Sign Up(新規登録)」ボタンをクリックします。

  • STEP.3
    メールアドレスとパスワードを入力
    ビットトレックス登録手順その2

    メールアドレスとパスワードを入力して「Sign Up」をクリックします。

  • STEP.4
    メール認証
    ビットトレックス登録手順その3

    メールアドレスの確認が入ります。

    「受信メールを確認してください。」と表示されるのでメールを確認しましょう。

    ビットトレックス登録手順その4

    「Bittrex Account Verification」という件名で上図のようなメールが届いているはずです。

    メール内のURLをクリックします。

  • STEP.5
    ログインする
    ビットトレックス登録手順その5

    メールの認証が完了しました。

    「Return to Login」をクリックしてログインページを開きます。

    ビットトレックス登録手順その6

    メールアドレスとパスワードを入力して「Log In」をクリックします。

  • STEP.6
    規約に同意する
    ビットトレックス登録手順その7

    「Terms of Service(利用規約)」と「Privacy Policy(プライバシーポリシー)」を確認して、「Accept Terms(同意する)」をクリックします。

個人情報登録

ログインするとそのまま名前や住所などの個人情報登録画面になります。

個人情報登録と本人確認手続きを済まさないと何もできないので、そのまま登録手続きに進みましょう。

  • STEP.1
    個人情報を入力する
    ビットトレックス口座開設~個人情報登録~

    入力が必要な項目は「生年月日」「Country(国)」「Street address(町名番地)」「Apt or unit(マンション名と部屋番号)」「City(市区町村)」「State or province(都道府県)」「Postal or zipcode(郵便番号)」「電話番号」です。

    電話番号のみ任意ですが他の項目は必須です。

    英語での住所入力に慣れていない方が戸惑いそうな項目について入力例を記載しておきます。

    項目日本語の場合英語での入力例
    Street address東京都港区芝公園4丁目2-84-2-8 , Shibakoen
    Apt or unitレジデンス大森507号室#507 Residence-omori

    入力間違いがないか確認してから「Submit」をクリックします。

  • STEP.2
    本人確認手続きに進む
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその1~

    「Submit」をクリックすると特に確認画面にもならず本人確認手続きに進みます。

    「Start Verification」をクリックします。

  • STEP.3
    登録内容を確認
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその2~

    登録した個人情報の確認画面が開きます。

    この内容と本人確認書類の内容が一致している必要があります。

    この時点で入力間違いに気づいた場合は、サポートから問い合わせる必要があります。

    問題なければ「Proceed to identity verification(本人確認手続きに進む)」をクリックします。

本人確認手続き

本人確認手続きには「パスポート」と「自分の顔写真」2つの画像が必要です。

あらかじめ準備してから手続きに進みましょう。

画像の注意点
  • Take a fresh selfie and ensure that nothing is blocking the full view of your face
    (昔の写真を流用せず)新しく撮影してください。顔全体が何かで隠されずしっかり写っていること。
  • Do not use the same image from your identification documents
    本人確認書類に写っている顔写真を流用しないでください。
  • Do not use a professional profile picture
    プロが撮影したプロフィール画像を使わないでください。
  • Do not manipulate the image of your identification in anyway, including the addition of watermarks or blacking out certain information
    本人確認書類に透かしを入れたり、黒く塗りつぶしたりして画像処理をしないでください。
  • Do not crop the image of your ID such that any portion of the ID is removed, including edges
    本人確認書類の画像を切り抜いたりして一部が欠けるようなことはしないでください。
  • STEP.1
    本人確認手続きに進む
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその3~

    画面を少しスクロールして下部にある「Start ID verification」をクリックします。

  • STEP.2
    アップロードする書類を選ぶ
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその4~

    日本の場合、「Passport(パスポート)」「Identity card(IDカード)」「Driver’s license」の3つから選ぶことができます。

    ただし「Identity card」の場合、どのIDカードならOKなのかが不明ですし、「Identity card(IDカード)」「Driver’s license」の場合、本人確認手続きに時間がかかるとのことなので、パスポートを選んでおくのが無難です。

    パスポートであれば本人確認手続きは数分~10分程度で完了します。

  • STEP.3
    パスポートの画像をアップする
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその5~

    パスポートの画像アップロード画面になるので、「Choose file」をクリックして画像をアップロードします。

    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその6~

    アップロードできれば「Confirm」をクリックします。

  • STEP.4
    顔写真をアップロードする
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその7~

    次に同様の手順で顔写真をアップロードします。

    アップロードできれば「Confirm」をクリック。

  • STEP.5
    チェックを待つ
    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその8~

    本人確認書類のチェックが入るので、ブラウザを閉じずにそのまま待ちます。

    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその9~

    「本人確認手続きに10分ほど待ってください。」と表示されます。

    ビットトレックス口座開設~本人確認手続きその10~

    「SETTING」から「My Activity」を開いて、「Status」が「Verified」になれば本人確認手続き完了です。

2段階認証の設定

本人確認手続きが済んだだけでは出金限度額は1日1BTCまでに制限されており、2段階認証の設定をすることで1日100BTCに増やすことができます。

出金限度額が1日1BTCあれば十分という方も、セキュリティ対策のために2段階認証の設定は必ずしておきましょう。

2段階認証の設定には認証アプリ「Google Authenticator」が必要です。

まだインストールしていない方は下記からダウンロードできます。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
  • STEP.1
    2段階認証の設定画面を開く
    2段階認証の設定その1

    「SETTINGS」から「Two-Factor Authentication」をクリックします。

  • STEP.2
    QRコードをスキャン
    2段階認証の設定その2

    スマホのGoogle Authenticatorアプリを立ち上げて、表示されているQRコードをスキャンします。

  • STEP.3
    Security Keyをメモ
    2段階認証の設定その3

    「Security Key」をメモします。

    万が一、スマホを紛失したり故障したりしてGoogle Authenticatorアプリを利用できなくなった場合に必要になります。

  • STEP.4
    2段階認証コードを入力
    2段階認証の設定その4

    Google Authenticatorに表示されているビットトレックスの2段階認証コードを入力します。

    「Enable 2FA」をクリックします。

  • STEP.5
    メール認証
    2段階認証の設定その5

    メールでの認証が入ります。

    受信メールを確認しましょう。

    2段階認証の設定その5

    「Bittrex Two-Factor Authentication」という件名で上図のようなメールが届いているはずです。

    メール内のURLをクリックします。

  • STEP.1
    2段階認証コードを再入力
    2段階認証の設定その7

    2段階認証コードを再度入力し「Enable Two-Factor Authentication」をクリックします。

    2段階認証の設定その8

    以上で2段階認証の設定が完了です。

ビットトレックスの使い方~入金方法~

ビットトレックスでトレードを始めるためにまずは資金を入金しましょう。

入金できるのはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のみで、日本円や米ドルなどの法定通貨は入金できません。

一部の顧客は銀行口座情報をビットトレックスに登録することで米ドルの入金が可能になるようですがその条件などは不明です。

ビットトレックスへは米ドルの入金はできません

米ドルの入金をしようとするサポートへ連絡してくださいと表示されます。

どうしても米ドルを入金したい方は一度サポートに問い合わせてみてもいいでしょう。

今回は例としてビットコインを入金する手順を解説します。

  • STEP.1
    walletsを開く
    ビットトレックスへの入金手順その1

    右上のメニューから「Wallets」を開きます。

  • STEP.2
    入金画面を開く
    ビットトレックスへの入金手順その2

    ビットトレックスに入金できる通貨一覧が表示されます。

    通貨一覧の左端にある緑のアイコンが入金アイコンです。

    入金したい通貨の緑の入金アイコンをクリックします。

  • STEP.3
    ウォレットアドレスを取得する
    ビットトレックスへの入金手順その3

    「New Address」をクリックしてウォレットアドレスを生成します。

    ビットトレックスへの入金手順その4

    ちなみに本人確認手続きが済んでいない場合、ウォレットアドレスを生成しようとすると上図のようにエラーとなります。

    先に本人確認手続きを済ませましょう。

  • STEP.4
    アドレスをコピーする

    ウォレットアドレスができると「Copy」ボタンをクリックしてコピーします。

    このアドレス宛に他の取引所等から送金すればOKです。

    基本的なことですが、ビットコインのアドレスにはビットコインを、イーサリアムにはイーサリアムをというようにウォレットアドレスと送金する通貨を間違わないようにしましょう。

    万が一、間違ってしまうとその仮想通貨はなくなってしまいます。

  • STEP.5
    入金履歴を確認する
    ビットトレックスへの入金手順その6

    通貨一覧画面の下部までスクロールすると、入出金履歴が確認できるようになっています。

    ビットトレックスがブロックチェーン上に入金予定の通貨を把握すると、「PENDING DEPOSITS」に反映されます。

    必要なConfirmation(承認)が済み、入金が完了すると「DEPOSIT HISTORY」に反映されます。

    今回は0.0309 BTCを入金してみました。

ビットトレックスの使い方~出金方法~

出金時にはネットワーク手数料を支払う必要があります。

金額は通貨によって異なり、出金時の画面で確認できます。

MEMO

最低出金可能額はネットワーク手数料の3倍より大きくなければなりません。

たとえばビットコインの場合、ネットワーク手数料は0.0005 BTCなので、最低出金可能額は0.00150001 BTCからとなります。

  • STEP.1
    Walletsを開く
    ビットトレックスの出金手順その1

    右上のメニューから「Wallets」をクリックします。

  • STEP.2
    出金する通貨を選ぶ
    ビットトレックスの出金手順その2

    通貨一覧画面になるので、出金したい通貨の左端のオレンジ色のアイコンをクリックします。

  • STEP.3
    出金内容を入力する

    「Withdrawal amount」に出金したい数量を入力します。

    手数料はこの金額から引かれるので手数料込みの数量を入力します。

    「TRANSACTION FEE」がブロックチェーンのマイナーに支払うネットワーク手数料です。

    「TOTAL WITHDRAWAL」が手数料を引いた実際に送金される金額です。

    「Address」に出金先の取引所等のウォレットアドレスを入力します。

    ビットコインを出金する場合はビットコインのウォレットアドレスをというように、出金する通貨と出金先のウォレットアドレスを間違わないようにしましょう。

    万が一、違うウォレットに出金してしまった場合はその仮想通貨は永久に失われてしまいます。

  • STEP.4
    2段階認証コードを入力

    確認画面となりますので、出金内容を確認して、間違いなければ2段階認証コードを入力します。

    さいごに「Withdraw BTC」をクリック。

  • STEP.5
    出金履歴で確認

    出金処理は「PENDING WITHDRAWALS」に反映されます。

    ステータスは「Authorized(承認済み)」となっています。

    ビットトレックスの出金手順その6

    少し待てば出金処理が完了し、「WITHDRAWAL HISTORY」にステータスが「Completed」として反映されます。

    出金先の取引所に入金されるのを待ちましょう。

ビットトレックスの使い方~トレード~

ビットトレックスでは「USD MARKETS」「BTC MARKETS」「ETH MARKETS」「USDT MARKETS」の4つの基軸通貨があります。

ビットトレックスの使い方

トップページでは基軸通貨ごとに通貨ペア一覧が表示されています。

ビットトレックスの通貨ペア絞り込み

右上の検索フォームから表示する通貨ペアを絞り込みできます。

ビットトレックス取引する通貨ペアを選ぶ

取引したい通貨ペアをクリックすればトレード画面を開くことができます。

トレード画面

ビットトレックスのトレード画面はシンプルで分かりやすい構成になっています。

ビットトレックスのトレード画面

上部には選択中の通貨ペアとそれらの24時間の高値・安値や取引高などが表示されています。

ビットトレックスのチャート

チャートは大きく、様々なインジケーターを表示することもでき本格的なテクニカル分析にも使えるレベルとなっています。

デプスチャートに切り替えることもできます。

ビットトレックスのトレード画面

下部にスクロールしていくと、取引履歴や自身の注文一覧や注文履歴などが表示されます。

ビットトレックスの通貨ペアの切り替え

左サイドメニューの「MARKETS」からはトレードする通貨ペアの切り替えができます。

注文方法の種類

ビットトレックスの注文パネル

注文パネルは中央にあります。

ビットトレックスの注文パネル

注文方法の種類は「Limit(指値注文)」と「Conditional(条件指定注文)」があります。

「Limit(指値注文)」は価格と数量を指定して注文する方法です。

買いの場合、指定した価格より安くなれば約定し、売りの場合、指定した価格より高くなれば約定します。

ビットトレックスのConditional(条件指定注文)

「Conditional(条件指定注文)」は設定次第で指値注文や逆指値注文のように使える便利な発注方法です。

「Conditional(条件指定注文)」を選ぶと「CONDITION」と「TARGET PRICE」の入力欄が追加されます。

ビットトレックスのConditional(条件指定注文)

「CONDITION」では「None(なし)」「Greater Than Or Equal To(TARGET PRICE以上)」「Less Than Or Equal To(TARGET PRICE以下)」の3つの条件を選ぶことができます。

これにより「(TARGET PRICEに入力した金額)以上になれば(BID PRICEに入力した金額)で指値注文を発動させる。」といった柔軟な注文が可能になります。

注文の有効期限

ビットトレックスでは注文の有効期限を「Good ‘Til Cancelled」と「Immediate or Cancel」の2つから選択できます。

ビットトレックスの注文有効期限

デフォルトでは「Good ‘Til Cancelled」となっています。

この場合、自身で注文をキャンセルするか約定するまで注文は有効です。

「Immediate or Cancel」を選択した場合、発注後すぐに約定しない場合は注文は自動的にキャンセルとなります。

まとめ

以上、ビットトレックスのサービス内容や使い方について解説しました。

少し取引手数料が高いのがネックですが、日本の取引所では取り扱っていない多くのアルトコインを取引でき、今後新しく上場するトークンもどんどん増えてくることが期待できます。

仮想通貨はこれまでの投機対象としての商品から実生活に根付いていく段階に入ってきていると言われています。

ビットトレックスで今後実際に活用されていくような新しいICOトークンを見つけることができれば、大きな利益も期待できるかもしれませんね。

ビットトレックスの登録はこちらから