やさしい仮想通貨の始め方を解説

BITPoint(ビットポイント)の使い方が早わかり!取引の注文方法や入金と出金、アプリやMT4などの取引ツールの使い方

現在、本田圭佑の出演のCMで人気急が上昇している仮想通貨取引所「BITPoint(ビットポイント)」。

その取引ツールと基本的な使い方を解説しています。

ビットポイントには、販売所のように簡単に仮想通貨を売買できるツールや、本格的なトレードができるツール、さらに自動売買も可能なMetaTrader4など、初心者から上級者まで使えるツールが充実しています。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)の登録はこちら

投資スタイルに合わせて選べる3つのサービス

ビットポイントでは、手堅く長期的な投資をしたい方から、リスクを取って大きく運用したい方まで幅広く使える仮想通貨取引所となっており、投資スタイルに合わせて「現物取引」「レバレッジ取引」「ビットポイントFX」の3つのサービスがあります。

現物取引

もっとも簡単に仮想通貨を売買できる商品が「現物取引」です。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5種類の仮想通貨を売買でき、さらに日本円だけでなく、米ドル、香港ドル、ユーロでもビットコインの売買ができます。

取引ツールは「リッチWEB取引ツール」「BITPoint ADVANCE」「BITPoint Lite」に対応しています。

ただし日本円以外の法定通貨の通貨ペアも含め、すべての通貨ペアを取引できるのは「リッチWEB取引ツール」のみとなっています。

取り扱い仮想通貨ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
通貨ペアBTC / JPY
BTC / USD
BTC / EUR
BTC / HKD
BCH / JPY
ETH / JPY
LTC / JPY
XRP / JPY
取引ツールリッチWEB取引ツール
BITPoint ADVANCE(円建てのみ)
BITPoint Lite(円建てのみ)

レバレッジ取引

最大レバレッジ25倍の証拠金取引ができるのが「レバレッジ取引」です。

通貨ペアはビットコイン / 円のみ。

取引ツールは「リッチWEB取引ツール」「BITPoint ADVANCE」となっています。

取り扱い仮想通貨ビットコイン
通貨ペアBTC / JPY
取引ツールリッチWEB取引ツール
BITPoint ADVANCE
レバレッジ2倍、5倍、10倍、25倍から選択可
注意
レバレッジ取引を開始するには、BITPointの口座開設をした後、さらにレバレッジ口座を申し込む必要があります。

別途、審査があるので総合口座を開設できてもレバレッジ口座は開設できないこともあります。

ビットポイントFX

レバレッジ取引では「BTC / JPY」のみの通貨ペアでしたが、米ドル、ユーロ、香港ドルでも最大レバレッジ25倍の証拠金取引ができるのが「ビットポイントFX」です。

さらに主に外国為替証拠金取引(FX)で世界中で使われている取引プラットフォーム「MetaTrader4(MT4)」を使うことができます。

取り扱い仮想通貨ビットコイン
通貨ペアBTC / JPY
BTC / USD
BTC / EUR
BTC / HKD
取引ツールMetaTrader4(MT4)
レバレッジ2倍、5倍、10倍、25倍から選択可
注意
ビットポイントFXを開始するには、BITPointの口座開設をした後、さらにFX口座を申し込む必要があります。

別途、審査があるので総合口座を開設できてもFX口座は開設できないこともあります。

パソコンでもスマホでも使える高機能な4つの取引ツール

リッチWEB取引ツール

ウェブブラウザ上で動作するもっともスタンダードな取引ツールです。

現物取引とレバレッジ取引に対応しています。

ブラウザベースなのでパソコンもスマホでも使うことができます。

BITPoint ADVANCE

チャートや買い板・売り板などの価格情報や注文パネルなどを一画面に収め、初心者から上級者まで本格的なトレードができる取引ツールです。

ブラウザ上で動作するのでパソコンへのインストールは不要です。

推奨画面サイズが1920px × 950px(最小画面サイズ1024px × 768px)となっているので、スマホには対応していません。

MetaTrader4

MetaTrader4は、外国為替証拠金取引(FX)をしている方ならご存じの方が多いでしょうが、世界750社以上の金融機関で取引プラットフォームとして採用されているトレーディングツールです。

多数のテクニカル分析ツールも搭載し、自動売買プログラム「EA(Expert Advisor)」も利用することができます。

ブラウザベースではなく、インストール型リッチクライアント形式のアプリケーションとなっており、iOS・Android対応アプリもあります。

ビットポイントFXで利用できます。

BITPoint Lite

BITPoint Liteはスマートフォンで簡単に現物取引ができるアプリです。

レバレッジ取引には対応していませんが、シンプルなインターフェイスで簡単に仮想通貨の売買ができます。

iOS、Androidに対応しています。

ビットポイントでの入金・出金の方法

日本円の入金

日本円の入金方法には「銀行振込」と「クイック入金」があります。

どちらも入金手数料は無料ですが、「銀行振込」の場合は金融機関ごとの振込手数料がかかります。

「クイック入金」の場合、取り扱い金融機関は「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」に限られますが、手数料無料で365日即時入金が可能です。

銀行振込の場合

  • STEP.1
    入金先口座情報を開く

    ログイン後、上部メニュー「入出金・振替」をクリックし、法定通貨入出金の「入金先口座情報」をクリックします。

  • STEP.2
    振込先口座を確認する

    入金先の銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義が表示されます。

    入金先の銀行はジャパンネット銀行です。

    こちらで表示された口座にネットバンキングやATMから振り込みをすれば入金できます。

    振込手数料は客負担です。

クイック入金の場合

注意
クイック入金を始める前にお使いのブラウザでポップアップブロックが有効になっている場合は、無効にするか、URLを指定し「https://trade.bitpoint.co.jp」に許可の設定をしておきましょう。

住信SBIネット銀行の口座開設、スマート認証の設定は済んでいるとして進めます。

  • STEP.1
    即時入金を開く

    ログイン後、上部メニュー「入出金・振替」をクリックし、法定通貨入出金の「即時入金」をクリックします

  • STEP.2
    金融機関と入金額を入力

    即時入金に対応している銀行は「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の3つです。

    今回の例では「住信SBIネット銀行」から1万円入金してみます。

    金融機関を選択し、入金額を入力、さいごに「確認画面」と書いてある青いボタンをクリックします。

  • STEP.3
    取引暗証番号を入力

    取引暗証番号を入力し、「入金依頼」をクリック。

  • STEP.4
    住信SBIネット銀行にログイン

    ポップアップウィンドウで住信SBIネット銀行へのログイン画面が立ち上がります。

    ユーザーネームとWEBログインパスワードを入力してログインします。

  • STEP.5
    即時決済サービスの確認

    住信SBIネット銀行の即時決済サービスの確認画面となります。

    内容を確認して問題なければ「WEB取引パスワード」を入力し、「スマート認証」をクリック。

  • STEP.6
    スマート認証待機中

    スマートフォンでのスマート認証待機中となります。
    スマホでスマート認証アプリを立ち上げます。
  • STEP.7
    スマホアプリでスマート認証を行う

    スマート認証アプリを立ち上げると「取引の承認」画面が開きます。
    内容を確認して「OK」をタップ。

    確認メッセージに「OK」をタップ。

    もうひとつメッセージが表示されるので、こちらも「OK」をタップ。
  • STEP.8
    完了

    スマート認証が終わると住信SBIネット銀行の待機中の画面がビットポイントの画面に戻り、「即時入金が完了しました。」と表示されます。

仮想通貨の入金

仮想通貨の最低預入数量について
ビットコイン:少数第8位まで

ビットコインキャッシュ:少数第8位まで

イーサリアム:少数第8位まで

ライトコイン:少数第8位まで

リップル:少数第6位まで

  • STEP.1
    仮想通貨の「受金(預入)」を開く

    上部メニューの「入出金・振替」をクリックし、「仮想通貨送受金」から「受金(預入)」をクリックします。

  • STEP.2
    ウォレットアドレスを表示

    ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルそれぞれのウォレットアドレスが一覧で表示されます。

    こちらで表示されているアドレスに他取引所等から送金すればOKです。

注意
リップルのみ最初はアドレスステータスが「無効」と表示されています。初回のみ20XRP以上を送金することで有効になります。20XRPはウォレットの有効化費用としてブロックチェーン管理者に徴収されます。

日本円の出金

  • STEP.1
    日本円の出金を開く

    上部メニューの「入出金・振替」をクリックし、「法定通貨入出金」から「出金」をクリックします。

  • STEP.2
    出金内容を入力する

    ビットポイントの口座開設時に出金先の口座は登録済みです。

    登録済みの出金先口座情報が表示されるので、この口座で問題なければ出金額を入力し「確認画面」をクリック。

  • STEP.3
    出金依頼

    出金依頼の確認画面となるので、内容を確認し「取引暗証番号」を入力し、「出金依頼」をクリックします。

16時までの受付分は翌々営業日に振り込みされます。

振込手数料は客負担となります。

仮想通貨の出金

  • STEP.1
    仮想通貨の送金を開く

    上部メニューの「入出金・振替」をクリックし、「仮想通貨送受金」から「送金(送付)」をクリック。

  • STEP.2
    出金内容を入力する

    「出金する仮想通貨」「送金先のアドレス」「出金する数量または日本円換算額」を入力し、「認証番号取得」をクリックします。

    メールアドレスまたはSMSで認証番号が送られるので、取得した認証番号を入力し、取引暗証番号を入力できれば「確認画面」をクリック。

    出金内容の確認画面となるので、内容を確認し問題なければ「執行」ボタンをクリックすれば完了です。

「リッチWEB取引ツール」の基本的な使い方

ログイン後のホーム画面上部メニューから「仮想通貨取引」を開くと、「仮想通貨取引」と「BITPoint ADVANCE」のメニューが表示されます。

リッチWEB取引ツールへは「仮想通貨取引」をクリックします。

こちらがリッチWEB取引ツールです。

必要な情報がシンプルに収まった使いやすいデザインとなっています。

上図のようにスマホで開くと各パネルが縦に配置され、スマホでも取引できるようになっています。

取引する通貨ペアの切り替えは左上から選択できます。

リッチWEB取引ツールでは、「現物取引」と「レバレッジ取引」が可能です。

両者の切り替えは通貨ペアの右横のボタンメニューから行います。

リッチWEB取引ツールでの注文の種類は「ストリーミング注文(成行・指値)」「シングル(成行・指値)」「逆指値(成行)」の5種類となっています。

ストリーミング注文

ストリーミング注文とは、Bid(売)とAsk(買)の2ウェイプライスが表示され、任意のタイミングで「売」「買」ボタンをクリックすることで売買できる注文方法です。

ストリーミング指値の場合、提示されているレートで必ず約定させるので、相場の変動が激しいとき等にはなかなか約定しないこともあります。

ストリーミング成行の場合、提示されているレート以外で約定することもありますので、不利なレートで約定することもあります。

売買したい数量を入力し、「成行」か「指値」かを選択し、取引暗証番号を入力します。

あとは任意のタイミングで「売」「買」ボタンをクリックするだけなので、初心者でも簡単に取引ができる注文方法です。

シングル

シングルは一番ポピュラーな注文方法です。

シングル(成行)なら売買数量のみ指定して注文すれば、そのときの相場ですぐに約定します。

シングル(指値)であれば、「買い」なら指値以下になれば、「売り」なら指値以上になれば約定します。

逆指値

逆指値はシングル(指値)の逆で、買いの場合、指値以上になったら成行で発注し、売りの場合、指値以下になったら成行で発注する注文方法です。

「売り」か「買い」かを選択し、取引したい数量、逆指値価格を指定し、取引暗証番号を入力して、注文をクリックすれば発注完了です。

「BITPoint ADVANCE」の基本的な使い方

ログイン後のホーム画面上部メニューから「仮想通貨取引」を開くと、「仮想通貨取引」と「BITPoint ADVANCE」のメニューが表示されます。

「BITPoint ADVANCE」をクリックします。

本格的なトレード画面が表示されます。

スクロールせずに収まる一画面にすべてのパネルが表示されるようデザインされており、非常に分かりやすく使いやすいインターフェースとなっています。

①ロゴ

メンバートップページへ戻ります。

②取引条件選択

現物取引とレバレッジ取引を切り替えます。

③通貨ペア選択

取引する通貨ペアを選択します。

④口座情報

口座内の残高や損益などを表示しています。

⑤お知らせ

ビットポイントから何かお知らせがある場合に表示されます。

⑥アカウント

クリックするとプルダウンメニューが開き、FAQ、お問い合わせ、設定、入出金などのメニューを表示します。

⑦チャート

選択中の通貨ペアのチャートを表示しています。

⑧板情報

選択中の通貨ペアの板情報を表示しています。

⑨注文画面

売りか買いの注文を行う画面です。

⑩価格情報

各通貨ペアの価格情報を表示しています。

⑪照会画面

当日の資産状況や注文履歴、約定履歴などを表示しています。

⑫執行中の注文

現在、約定待ちのアクティブな注文を表示しています。

⑬約定履歴

当日中の約定履歴を表示しています。

⑭全取引履歴

全ての取引履歴を表示しています。

BITPoint ADVANCEの注文方法

BITPoint ADVANCEでの注文の種類は、「指値」「成行」「逆指値」の3種類となっています。

成行

指値

逆指値

「MetaTrader4」のインストールと使い方

BITPoint FX MT4のダウンロードはこちらです。

MT4の推奨環境
OS : Windows 7 / 8.1 / 10
(MacOSには非対応)
CPU : 2.0GHz以上
Mem : 2.0Gbyte以上
HDD : 30GB以上

スマートフォン版のMT4は下記からダウンロードできます。

MetaTrader 4

MetaTrader 4
開発元:MetaQuotes Software Corp.
posted withアプリーチ

パソコン版MetaTrader4のインストール

  • STEP.1
    セットアップファイルを起動

    ダウンロードした「bitpoint4_setup.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

  • STEP.2
    設定を開く

    「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックを入れ、「次へ」ではなく「設定」をクリックします。

  • STEP.3
    インストールフォルダを変更する

    インストールフォルダの「C:¥Program Files(x86)¥BITPoint FX」とプログラムグループ「BITPoint FX」の後ろに「Live」を追加します。

    「Live」を追加できれば「次へ」をクリック。

  • STEP.4
    インストール完了を待つ

    インストールが始まります。

    インストールは正常に完了しましたと表示されれば、「完了」をクリックします。

    インストールの途中で上図のような画面が表示された場合は普通に閉じて大丈夫です。(ただの広告です。)

  • STEP.5
    MT4を起動する

    デスクトップに上図のようなアイコンができているはずです。

    ダブルクリックしてMT4を起動します。

  • STEP.6
    ログインする

    デモ口座申請のウィンドウが表示されますが、このウィンドウは右上の×ボタンで閉じます。

    ビットポイントFX口座のログインIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてログインします。

注意
ビットポイントFX口座はBITPointの総合口座を開設した後、別途申し込みが必要です。

総合口座のログインIDとパスワードではログインできないので注意しましょう。

iPhone版MetaTrader4の使い方

  • STEP.1
    MetaTrader4を起動

    インストールが完了するとiPhoneの画面に上図のようなアイコンができます。

    タップして起動します。

  • STEP.2
    設定を開く

    起動後、右下のメニューから「設定」をタップします。

  • STEP.3
    新規口座をタップ

    新規口座をタップ。

  • STEP.4
    既存アカウントにログイン

    既存のアカウントにログインをタップ。

  • STEP.5
    サーバ検索

    会社名またはサーバの検索画面が開くので、「BITPoint」を検索します。

    bitだけでもOKです。

    「BITPoint-FX Live」が表示されればタップします。

  • STEP.6
    サインイン

    ビットポイントFX口座のログインIDとパスワードを入力して、右上の「サインイン」をタップ。

注意
ビットポイントFX口座はBITPointの総合口座を開設した後、別途申し込みが必要です。

総合口座のログインIDとパスワードではログインできないので注意しましょう。

MetaTrader4の注文方法

MetaTrader4では「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」「IFD注文」「OCO注文」「IFDOCO注文」「トレイリングストップ」など多彩な注文方法が可能となっています。

さらに外部から取得したEAファイルや自作したEAファイルを利用し、自動売買をすることもできます。

もっと詳しいMetaTrader4の使い方はビットポイントのMetaTrader4操作マニュアルをご参照ください。

参考 MetaTrader4操作マニュアル(PDF)ビットポイント

「BITPoint Lite」のインストールと使い方

BITPoint Liteのダウンロードは下記からできます。

BITPoint Lite

BITPoint Lite
開発元:BITPoint Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
  • STEP.1
    アプリを起動する

    BITPoint Liteのアイコンをタップして起動します。

  • STEP.2
    メニューを開く

    左上の赤枠で囲ったメニューをタップします。

  • STEP.3
    ログイン画面を開く

    メニューから「ログイン」をタップ。

  • STEP.4
    ログイン

    BITPoint総合口座のログインIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ。

  • STEP.5
    ログイン完了

    ログイン完了し、チャートが表示されました。

BITPoint Liteでの仮想通貨の買い方

BITPoint Liteではシンプルに仮想通貨を売ったり買ったりするしかできません。

指値や逆指値などの多彩な注文方法はなく、2ウェイプライスでの成行注文のみとなります。

  • STEP.1
    取引する通貨を選ぶ

    通貨名をタップするとオレンジ色の丸が移動します。

  • STEP.2
    購入をタップ

    買いたい通貨にオレンジ色の丸が付いている状態で「購入」をタップ。

    今回の例ではETH(イーサリアム)を選択しています。

  • STEP.3
    数量を指定して注文

    希望購入数量を入力すると、そのときのレートに応じて「想定支払合計金額」に日本円での料金が反映されます。

    問題なければ「取引暗証番号」を入力し「注文」をタップして完了です。

まとめ

以上、ビットポイントの3つのサービスと4つの取引ツールについて紹介しました。

ビットポイントは商品やツールが豊富で、初心者の方だと少しややこしく思うかもしれませんが、まずは簡単に仮想通貨は売買できるスマホアプリ「BITPoint Lite」で、仮想通貨の売買を始めてみましょう。

慣れてくれば「リッチWEB取引ツール」や「BITPoint ADVANCE」で本格的なトレードに挑戦してみましょう。

MT4での自動売買はプログラミングのスキルが必要なので少々敷居が高いですが、仮想通貨はラティリティが高く自動売買とは相性が良いので、ぜひ挑戦してみたいですね!

こんな感じで色々な投資ができる幅の広い取引所なので、口座開設しておいて損はないです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)の登録はこちら