やさしい仮想通貨の始め方を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方は?3つのステップで簡単取引!

bitFlyer使い方

仮想通貨取引所『ビットフライヤー』の特徴

出典: https://bitflyer.jp/

仮想通貨取引を行ううえで必ず必要になるのが取引所。

国内・海外共にいろいろな取引所が存在しますが、そんな中でも高い人気を誇っているのが『ビットフライヤー』なんです。

ビットフライヤーは、利用者数と取引量が共に国内最大となっており、大手企業からも多くの出資を受けている国内取引所。

その資本金は41億円という多大なる金額で、他の国内取引所と比べてもはるかに多いのが特徴といえます。

また、ビットコイン/円での現物取引ではかなり手数料が安くなっていますので、ビットコイン取引をしたい人には特におすすめ!

今回は、そんなビットフライヤーの使い方を紹介していきたいと思います。

ビットフライヤー公式サイト

ビットフライヤーの使い方

出典: https://bitflyer.jp/

どの取引所でもそうですが、利用するためにはまず『アカウント登録』をする必要があります。

ビットフライヤーのアカウント登録は無料となっていて、比較的簡単に登録ができますから、とりあえずアカウントだけ作っておくというのも良いでしょう。

実際に取引を行うまでのステップも「アカウント作成」「入金」「仮想通貨購入」の3つだけなので、初心者でも簡単に取引を始めることができますよ!

ビットフライヤー公式サイト

① アカウント作成

出典: https://bitflyer.jp/

まずは、ビットフラーやーのトップページにある画面からメールアドレスを入力していきます。

他にも、『Facebook』『Yahoo!』などのアカウントと連携させることもできるので、自分の使いやすい方法を選びましょう。

そうすると、入力したメールアドレスに「アカウント登録メール」が届きますから、メールに記載されている『キーワード』を登録画面に入力すればOK!

1: 二段階認証の設定

出典: https://bitflyer.jp/

キーワードの入力までが完了すると、今度は二段階認証を誘導する画面が出ます。

二段階認証をしなければ取引ができない!というものではありませんが、安全に取引を行うためにも一緒に設定を済ませておきましょう。

ビットフライヤーでは、『認証アプリ』『SNS』『メール』での認証が選択できるようになっていますので、これも自分の使いやすいものを選ぶと良いですよ。

2: 個人情報の入力

出典: https://bitflyer.jp/

二段階認証の設定が完了したら、今度は個人情報を入力していきます。

二段階承認で『SNS』を選択した場合は、すでに携帯電話番号が入力されていますので、他の情報を入力していきましょう。

3: 本人確認

出典: https://bitflyer.jp/

個人情報の入力が完了すると、今度は本人確認資料の提出をします。

「本人確認資料の提出」となると、コピーをとったり郵送したり…と面倒なイメージがあるかもしれませんが、ビットフライヤーでは提出画面に身分証の写真をアップロードするだけ

運転免許証の場合であれば、裏表の両面を撮影しアップロードします。

本人確認資料
  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 登記事項証明書(法人)

5: 銀行口座の登録

出典: https://bitflyer.jp/

最後に、仮想通貨を購入する際に使用する銀行口座を登録します。

今後は、登録した銀行口座から入出金を行うことになりますので、仮想通貨取引に使っても差し支えのない口座を登録するようにしましょう。

登録できるのは『アカウント画面内から選択できる金融機関および支店のみ』となっていますが、主要銀行であればほとんど登録することができます。

② 日本円入金

出典: https://bitflyer.jp/

アカウント作成が完了し、ビットフラーやー側で全項目の確認が取れたら、さっそく仮想通貨取引を開始しましょう!

そのためにはまず、仮想通貨を購入するためのお金をビットフライヤーの口座に入金します。

画面左下にある『入出金』をクリックし、次の画面で入金したい通貨を選択しましょう。

出典: https://bitflyer.jp/

銀行振込

銀行振込をする場合は、画面に表示されている『三井住友銀行』『住信SBIネット銀行』のどちらかの口座に振り込むようになります。

どちらかの銀行を選択すると、アカウント作成時に登録した自分の銀行口座も表示されますので、そのまま振込を行います。

入金の際、ビットフライヤー側での手数料は無料ですが、銀行側の振込手数料は自己負担となります。

クイック入金

クイック入金というのは、指定されたネットバンクコンビニPay-easyなどで入金をするという方法。

24時間365日入金ができ、反映されるのも早いので、銀行の営業時間外などには大変便利なサービスといえますね。

しかし、1件あたり324円という少々高めの手数料がかかりますので注意が必要!

③仮想通貨購入

出典: https://bitflyer.jp/

ビットフライヤーの口座に入金が反映されたら、いよいよ仮想通貨を購入していきますので、ここではビットコインの購入方法を紹介しましょう。

1)まず、取引画面左の『ビットコイン取引所』をクリックし、下の画面を表示させます。

出典: https://bitflyer.jp/

この画面では直近の売買情報が動いているので、常に数字が変化している状態。

2)相場を参考にしながら画面中央に、ビットコインの『数量』『レート』を入力しましょう。

3)そのまま『コインを買う』をクリックすれば取引の申し込みが完了し、その条件で売りたいユーザーが現れれば取引成立になります。

注意

ただし、レートの変動が大きい時などは、入力をしている間にもどんどん数字が変化し、取引の申し込みをした時点で既にレートが相場と大きくかけ離れてしまうことも…。

そうなると「取引相手がなかなか見つからない」という状況に陥ってしまうため、購入のタイミングには十分に注意しましょう!

『販売所』は手数料が高くなる!

さて、ニットコインを購入する際には『ビットコイン取引所』をクリックすると紹介しましたが、画面には『ビットコイン販売所』『アルトコイン販売所』という文字も…。

ですので、「ビットコイン販売所じゃダメなの?」と思いますよね!

ビットフライヤーでは、ビットコインを「販売所」「取引所」の2ヶ所から購入することができます。

「販売所」は、ビットフライヤーが保有しているビットコインをビットフライヤーから購入したり、自分が持っているビットコインをビットフライヤーに売ったりできるところ。

簡単にいうと、『ビットフライヤーと売買を行う』という場所です。

一方「取引所」は、ビットフライヤーを利用しているユーザーと売買をする場所で、お互いが希望する価格で取引を行います。

『取引所」と『販売所』の違い
  • 取引所・・・ビットフライヤーを利用する他のユーザーから通貨を購入する
  • 販売所・・・仮想通貨販売元(ビットフライヤー)から通貨を購入する

そのため、販売所では売値は安く買値は高く』なるんです。

例えば、ビットコインを124万円ほどで購入し、そのまますぐに売ろうとしても121万円でしか売れない…という感じ。

この差額は『スプレッド』と呼ばれていて、いわゆるビットフライヤーに支払う手数料みたいなもの。

こういった無駄な手数料がかかってくるため、『取引所』での購入がおすすめなんです。

取引所で購入できるのは『ビットコイン』のみ!

しかし、ビットフライヤーの画面には『ビットコイン販売所』『アルトコイン販売所』『ビットコイン取引所』の3つしかないことに気が付いたでしょうか?

そう、ビットフライヤーの取引所を利用できるのは『ビットコインのみ』なんです!

ですので、他のアルトコインを購入するとなると『販売所』を利用するしかなく、スプレッドが適用になってしまいます。

そのため、ビットフライヤーはビットコインで取引をする人におすすめの取引所となっているんですね。

スマホやタブレットでも簡単取引!

出典: https://bitflyer.jp/

ビットフライヤーは、専用アプリをインストールするとスマホやタブレットでも取引を行えるようになります。

アプリ画面はPC版よりもさらに使いやすくなっており、これも人気のポイントといえます。

また、ホーム画面にはQRコードに似た記号があり、これをタッチするとカメラが起動。

実店舗で仮想通貨決済をする際は、このカメラでQRコードを読み込み、送金先アドレスを簡単に入手できるので非常に便利ですよ。

ビットフライヤー公式サイト

レバレッジが利用できる『bitFlyer Lightning』

出典: https://bitflyer.jp/

ビットフライヤーでは、一般的な仮想通貨取引の他に『bitFlyer Lightning』という機能があります。

bitFlyer Lightningというのは、レバレッジを設定して大きな金額を売買したり、取引所よりもさらに複雑な取引を行うことができる場所のこと。

背景が黒になっており、通常の取引画面より表示内容も多くなっているため、なんとなく上級者向けというのがわかります。

bitFlyer Lightningでは、ビットコインの現物・FX・先物取引と、イーサリアムの現物取引ができ、FXと同じ感覚で取引を楽しむことができます。

また、『Lightning FX(ビットコイン FX)』『Lightning Futures(ビットコイン先物)』では、最大15倍のレバレッジで取引ができるので、少ない金額でも効率的に資産を増やせるんです。

使い方もやや難しそうに思えますが、基本的な売り買い操作は取引所画面と同じ

ですので、仮想通貨取引に慣れてきたらぜひ使ってみましょう!

bitFlyer Lightningの基本的なメニュー

メニュー内容
トレード『ビットフライヤーライトニング』の取引画面表示
チャットルーム他のユーザーと意見交換ができる
ニュース仮想通貨関連のニュースが見られる
経済指標カレンダー仮想通貨に影響する経済指標速報が見られる
損益履歴グラフ化された損益履歴から、損益状況を確認できる
お取引レポート取引履歴の確認
入出金クイック入金や出金、送金、証拠金の預け入れなどをする
ランキング日・週ごとに、有効取引量が多いアカウントのランキングを表示
API プログラムを利用して自動取引をする
設定 取引画面のカスタマイズや、操作方法を確認できる

ビットフライヤー公式サイト