やさしい仮想通貨の始め方を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い?他社の手数料とも徹底比較!

bitFlyer手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)って手数料が高いって聞くけどほんとかな?

他のところと比べるとbitFlyer(ビットフライヤー)の手数料って安いの?高いの?

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を行う上で、気になるのが「手数料」ではないでしょうか。

国内でも人気の仮想通貨取引所である、bitFlyer(ビットフライヤー)ですが、仮想通貨取引を行うことができる取引所はたくさんあります。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

仮想通貨取引所とは、ユーザーが仮想通貨と法定通貨や、異なる仮想通貨同士を交換できるサービス事業者だ!

そのため、他の取引所と比較したときの手数料が気になっている人も多いと思いますので他の取引所とも徹底比較してみました!

この記事を読めば、bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料についての理解も深まりますしすぐに取引をすることもできます!

この記事を書いた人

ゼロはじ編集部(株式会社カボ)
ゼロはじ編集部(株式会社カボ)

日本最大級の仮想通貨取引所比較サービス「ゼロはじ」は最新かつ正確な情報をお届けしています。 運営する株式会社カボは一般社団法人仮想通貨ビジネス協会の準会員です。

ざっくり言うと…
  • bitFlyer(ビットフライヤー)は日本最大の取引量とユーザー数を誇る取引所
  • 高いセキュリティで取引も安心
  • 『販売所』と『取引所』で手数料に違いがある
  • 取り扱い通貨は取引量の多い7種類の通貨

bitFlyer業務改善命令について
2019年7月5日(金)更新 一時、bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていませんでしたが、現在では新規登録の受付を再開しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本国内で一番人気といっても過言ではないほどユーザー数の多い仮想通貨取引所です。

その理由はなんといっても日本で初めて作られた仮想通貨取引所だからです。

当然金融庁の許可を得て営業しているため信頼も厚く、今後もとても期待することができる仮想通貨取扱所になっています。

仮想通貨の人気は増加傾向にあることから、たくさんの仮想通貨取引所が誕生しています。

中でも、安心して取引を行いたい人におすすめなのがbitFlyer(ビットフライヤー)です。

初心者から上級者までどんな人でも『安心して資産を任せることができる仮想通貨取引所』といえるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の概要
会社名  株式会社bitFlyer
設立2014年1月9日
資本金41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役平子 惠生
本社東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
公式サイト https://bitflyer.jp/

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)がとても信頼できる仮想通貨取引所であることがわかりました。

ただ取引するうえで絶対に気になるのが『手数料』です。

手数料が高いと利益が出しにくいですし、誰しもできるだけおさえていきたいものです。

そこで、bitFlyer(ビットフライヤー)にはどんな手数料があるのかを解説していきます。

①bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントに関わる手数料

アカウント作成手数料無料
アカウント維持手数料無料

出典:bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は、現在アカウントの作成を開始していますが、アカウント作成などに関する手数料は全くかかりません

取引を行ってみたい人はまずアカウント作成から行ってみましょう。

②ビットコイン・アルトコイン売買手数料

ビットコイン売買手数料ビットコイン簡単取引所約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所無料

(※ 実質的に 0.1% ~ 6.0% の手数料を含んだ購入・売却価格をお客様に提示しております。ただし、価格の急変時や市場の流動性の状況などにより、当該手数料の範囲を超える購入・売却価格を提示する場合があります)

アルトコイン売買手数料Lightning 現物(ETH/JPY)約定数量 × 0.2%(単位: 各アルトコインで異なります)
Lightning 現物(ETH/BTC)
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所無料

(※ 実質的に 0.1% ~ 6.0% の手数料を含んだ購入・売却価格をお客様に提示しております。ただし、価格の急変時や市場の流動性の状況などにより、当該手数料の範囲を超える購入・売却価格を提示する場合があります)

イーサ(イーサリアムクラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所

出典:bitFlyer

ビットコイン、アルトコインを売買する時の手数料に関しては基本的には無料です。

ただし、現物取引をするときには手数料がかかるので、注意して下さい。

現物取引の場合の手数料は、価格によって変わります。

ビットコインの売買手数料
 10 万円未満 0.15%
 10 万円~ 20 万円未満 0.14%
20 万円~ 50 万円未満0.13%
50 万円~ 100 万円未満0.12%
100 万円~ 200 万円未満0.11%
200 万円~ 500 万円未満0.10%
500 万円~ 1,000 万円未満0.09%
1,000 万円~ 2,000 万円未満0.07%
2,000 万円~ 5,000 万円未満0.05%
5,000 万円~ 1 億円未満0.03%
1 億円~ 5 億円未満0.02%
5 億円以上 0.01%

また、現在売買手数料が無料であったとしても、今後手数料がかかってくる可能性があります。

その場合には無料期間が終了する『2週間前』には告知されるので、基本的に手数料を気にする必要はありません。

③bitFlyer(ビットフライヤー)の入金に関する手数料

銀行振込手数料各銀行所定額
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行からご入金の場合)無料
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外からご入金の場合)330 円(税込)/件

出典:bitFlyer

住信SBIネット銀行を利用すれば、bitFlyer(ビットフライヤー)に対しての入金が無料になります。

それ以外の場合でもクイック入金を利用することで手数料は330円です。

クイック入金を利用すればすぐにでも取引を行う事ができるので、おすすめです。

また、24時間365日入金することができるので、大型連休でも銀行の休日でも問題なく取引することができます。

とはいえ、住信SBIネット銀行出ない場合は1件につき330円かかってしまいますので何度も何度もクイック入金を繰り返してしまうと手数料がかかってしまいます。

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引するのであれば、住信SBIネット銀行を開設しておきましょう。

④bitFlyer(ビットフライヤー)の出金に関する手数料

3万円未満の出金3万円以上の出金
お客様の銀行が 三井住友銀行 の場合220 円(税込)440 円(税込)
お客様の銀行が 三井住友銀行 以外の場合550 円(税込)770 円(税込)

出典:bitFlyer

3万円を境に手数料に違いがでるのがbitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料です。

また、三井住友銀行に出金するのかそうでないのかでも大きな違いがあります。

ですので、できるだけ手数料をおさえたいのであれば三井住友銀行にしておくのがおすすめです。

ただし、入金と同様に何度も細かく出金していると手数料が多くなってしまいますので、できるだけまとまった金額を出金するようにしましょう。

⑤FXトレードに関する手数料

Lightning FX/Futures無料

(終了の 2 週間前に告知いたします。)

出典:bitFlyer

最後にLightning FX/Futuresを使ったときの手数料ですが、これは無料になります。

ただし、Lightning FX/Futuresを利用すると、スワップポイントがかかります。

建玉スワップポイント
買建玉(建玉金額の絶対値 × 0.04% /日)の合計(単位: 円)(※6)
売建玉

出典:bitFlyer

基本的に毎日このスワップポイントがかかってくるので、長期投資にはおすすめできませんが何度も短期で取引を行うのであれば、Lightning FX/Futuresはおすすめです。

注意
現在(2019年10月26日時点)手数料が無料であっても、手数料は予告なく変更される可能性があるので注意しましょう。

【比較】bitFlyer(ビットフライヤー) VS 他FX取引所の手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料についての理解が深まったと思います。

ただ、bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料だけみても結局高いのか安いのかと疑問が晴れてないことでしょう。

そこで、bitFlyer(ビットフライヤー)と他の取引所の手数料を比較してみたいと思います。

取引所スワップ手数料取引手数料
bitFlyer0.04%/日0%
coincheck売:0.05%/日買:0.04%/日0%
Zaif0.039%/日0%
GMOコイン0.05%/日0%
DMM Bitcoin0.04%/日0%

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い』といわれてみますが、実際に比較してみるとどうでしょう。

スワップ手数料に関しても他とあまり変わりませんしとりわけ高いわけでもありません。

ともなれば、安心と信頼性の高いbitFlyer(ビットフライヤー)が取引するのにおすすめです。

【注目】bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を抑える3つのポイント

bitFlyer(ビットフライヤー)だけでなく、手数料というのはかかってしまうものです。

仕方ないか』と肩を落とす前に、手数料を抑えるための方法を3つ紹介するので実践してみて下さい。

手数料を0円にすることは難しくとも、工夫次第でおさえることはできます。

①使用する口座の工夫

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するのであれば『使用する口座』を工夫してみましょう。

入金住信SBIネット銀行
出金三井住友銀行

bitFlyer(ビットフライヤー)に入金するなら『住信SBIネット銀行』のクイック入金がおすすめです。

なんといっても手数料が0円なのが嬉しいところですし、即入金できるのもトレーダーとしてはありがたい限りです。

そして出金も『三井住友銀行』を利用すれば他銀行と比べて300円お得になります。

出金する際の300円の差はとても大きなものなので、口座を持っていない方はこれを機にぜひ解説してみてください。

②取引所の使用

販売所の場合、スプレッドがかかってしまいますので購入価格と販売価格には違いがでます。

ただし、取引所での売買を行えば双方の提示金額により取引を行うので、スプレッドはありません

その分手数料をぐっと抑えることができるので、取引所を利用するのがおすすめです。

③入出金をまとめて行う

入金は住信SBIネット銀行のクイック入金を利用すれば今のところは0円ですが、出金に関してはどうしても手数料がかかってしまいます。

ですので、ちょこちょこと出金しているとせっかくの利益も手数料に消えかねません。

そこで、利益をすぐに出金したい気持ちをぐっと抑えまとめて出金を行うのがおすすめです。

入金に住信SBIネット銀行は利用しないという人も、まとめて入金を行っておくことで手数料をおさえることができます。

高い?安い?bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関する評判

実際に高いのか安いのか、bitFlyer(ビットフライヤー)を利用している人の声を見てみましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関する良い口コミ

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関する良い口コミですが、取引の手数料が無料であったり送金手数料が安いと感じている人が多かったです。

他にも、手数料はそこそこであるものの安心感があるという口コミもありました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関する悪い口コミ

前項の比較表からもわかるとおり、bitFlyer(ビットフライヤー)よりも手数料が安いところはまだまだたくさんあります。

そのため、bitFlyer(ビットフライヤー)は手数料が高めであると感じてしまう人も多いようです。

また、取扱いすることができる通貨に関しても悩んでいる人がいました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関するまとめ

kasoutuka-hikaku-tesuryo

いかがだったでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料ですが、他と比較してみても異常なまでに高いということはありませんでした。

むしろ、同等くらいの手数料で信頼と安心の取引をすることができるのでお得ともいえるのではないでしょうか。

初心者でも上級者でもbitFlyer(ビットフライヤー)は使いやすいのでおすすめです。

メリットも多いですし、これから始めたいと思っている人はぜひbitFlyer(ビットフライヤー)を利用して取引してみてはいかがでしょうか。

その使いやすさを実際に登録して実感してみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料まとめ
  • bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は他の取引所と同等程度
  • 同等程度の手数料で安心と信頼性の高い取引ができる
  • 入金は住信SBIネット銀行を利用すれば0円になる
  • 販売所ではなく取引所を利用すればスプレッドがないため安い

この記事に登場した専門家

ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト ひろぴー

  2010年から外国為替FX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、外国為替FX取引で資産を急激に増加、この年から外国為替FX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。   2014年には、ZAIFXとYahooファイナンスのコラボレーション企画で、タレントのボビー・オロゴンさんや福田萌さんとのトレードバトルが話題となり、2016年から2019年まで、ラジオNIKKEIの外国為替FX番組「トレードパーティー」でラジオパーソナリティーを務める。   現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。

Twitter @hiropi_fx

ZAIFX×Yahooファイナンスのコラボレーション特設ページ

ラジオNIKKEI「トレードパーティー」公式サイト